ジョイントマットの厚さは1cmと2cmどっちの方が良いか?実際に使った感想とレビューをまとめました!

ジョイントマット

どうもー子供用のジョイントマットを最近買い替えたNon太(@LoveWifeLives)です。

子どもが生まれると、防音や衝撃を吸収してくれるジョイントマットの購入を検討する人は多いでしょう。

僕も同じクチで、ニョロ助(息子のこと)が生まれてしばらくして、ハイハイが始まる少し前に買いました。

が、ジョイントマットについて調べはじめると、

  • そもそも種類多すぎ!
  • 厚さの種類もありすぎ!
  • 結局ワケ分からん!

といった感じで、色んな口コミがありすぎて、もうどれがどれか分からない!となりました。

なので、

  • これから購入しようかと考えている
  • 1cmと2cmだとどっちの方が良い?

と考えている人に、1cmと2cmの厚さのジョイントマットを使った僕の感想やレビューを、実体験としてまとめることにしました。

購入時の参考として、ぜひ活用してください!

ジョイントマットの厚さ、我が家は断然2cmをおすすめします!

なぜ?という細かな理由は後述するとして、我が家では断然2cmの厚さのジョイントマットをおすすめします。

一番の理由は、1cmじゃ厚さが足りないと感じたから。

論より証拠、以下の写真で見比べてみてください。

▼厚さ1cmのジョイントマット。(2枚重なっています)厚さ1cmのジョイントマット

▼厚さ2cmのジョイントマット。厚さ2cmのジョイントマット

同じような写真を並べましたが、1cm違うだけでこれだけ違います。

体感してみると分かりますが、踏んだ時の衝撃の吸収具合は、正直1cmでは物足りません。(と感じました)

値段の違いはあるものの(2cmの方が少し高い)、最初から2cmを買っておけばよかったなー!と、妻と良く言っています。

以下、実際に使った流れとともに、感想&レビューをまとめました。

スポンサーリンク

生後3ヶ月、大判60cm・32枚6畳用・厚さ1cm・@4,680円を購入

色々と調べた挙句、とりあえず6畳ぐらいは敷ける大きさで、価格もリーズナブルな1cmを買おうということで購入しました。

実際に買ったのは、楽天のこちらのお店。

同じようなのが、AmazonにもYahooショッピングにもあります。

 

  • とりあえず6畳ぐらいはあった方が良いよね。
  • 厚さがありすぎると、段差が出来て子供がつまずきやすいらしいから1cmにしとこう。
  • 色は人気のグリーン×ベージュがさわやかでいいよね。
  • 安いに越したことはないし、種類がありすぎて良く分からないから、とりあえず楽天で人気のこのジョイントマットにしてみよっか。

これが我が家がこのジョイントマットを選んだ理由です。

使った感想・レビュー

ジョイントマット

実際使ってみてどうだったかと言うと、

厚みが薄すぎて1枚だと使う気になれない⇒結局2枚重ねて使うしかない!

なんかジョイント(結合)がうまくはまらへんやん⇒これはもう仕方ないのかな…

というなんとも微妙な結果でした。

それでも1年近く使いましたが。

 

1枚だけで使うにはあまりにも薄く感じ、踏んだ感覚もクッション性が少なく地面の硬さが感じられました。

その結果、2枚を重ねて厚さを2cmにして使ったんです。

ですが、重ねた部分が何度もずれるので、その度に重ね直さないといけないところが面倒でした。

 

また、たまたまなのか常にそうなのかは分かりませんが、ジョイント(結合)部分がうまくハマらないものが多数ありました。

うまくフィットしなくて、隙間があくんです。

安いしそういうものなのかなと観念しましたが、これが率直な感想です。

厚さが1cm⇒2cmになると、子どもはつまずきやすいのか?

ジョイントマット

最初は6畳用を買ったのに、2枚重ねにしたので3畳分しか敷き詰められませんでした。

なので、床一面に敷き詰めたわけじゃなく、リビングの一部に敷く感じ。

ところどころ、床とジョイントマットの段差ができている状態です。

 

ハイハイの頃は大して気にならなかったものの、歩き始めた途端に床との段差が気になりました。

で、実際のところつまずくのか?というと、2cmの厚さは確かに子どもがつまずいたりします。

毎回とは言わないまでも、コントのように豪快にこけることもしばしばでした。

そのつまずいた勢いで、顔面を壁の角に強打してギャン泣きしたこともあります。

 

とは言え、よちよち歩きを覚えた頃は、どんなものでもつまずきやすいので、1cmの段差でもつまずいていたんじゃないかと思います。

実際は1cmのまま使ってないので、恐らくとしか言えませんが。

 

一応それを回避するために、段差の境目にトミカのプレイマットを敷いたりして、出来る限りつまずくのを避けられるようにしました。

▼プレイマットはこちら。

結局は、このマットはすぐにめくることができるので、ニョロ助が遊んでめくり、毎日のようにずれてましたが。w

 

つまずくのを加味しても、重ねて厚さ2cmの方が使い心地が良いということで、結果的に約1年使い続けました。

1歳3ヶ月、大判60cm・16枚3畳用・厚さ2cm・@4,980円を購入

ジョイントマットの箱

▲絶対「グリーン」じゃなくて、「グリー」って書かれてる…w

1cmを使い出してから1年後、「今後も使って行くなら手間が少ないものの方が良いよね」ということで、2cmのものを買いなおすことにしました。(買いなおすのが遅いw)

敷き詰めていたのは3畳スペースでしたが、それでしっくり来ていたので、同サイズで厚さ2cmのものを購入することに。

▼買ったのはこちら。

1cmのものを2枚重ねにした3畳用(いわゆる通常6畳用)と、厚さ2cmの3畳用との価格では、2cmの方が少し高くなっていました。

4,680円4,980円です。(我が家が買ったお店で比較しただけなので、店舗によって価格は変動します)

使った感想・レビュー

ジョイントマット

同じグリーン×ベージュのジョイントマットでしたが、1cmのものと比べると、グリーンの色味が濃かったです。

それはさておき、使ってみた実際の感想はと言うと、

しっかり厚さを感じられて良い感じ!

ジョイント部分が全部しっかりハマってくれてスッキリ!

といったところ。

今のところ不満点は特に出てきていません。

 

たまたまかもしれませんが、1cmの方は結合部分がスカスカでうまくかみ合わないところがたくさんありました。

一方、2cmの方は全てのマットがしっかりと組み合わさって、スカスカ感はゼロでした。

こういう細かい部分は大切ですよね。

よちよちから歩きがしっかりしてきた1歳3ヶ月を過ぎた今では、つまずくこともほとんどありませんので、段差があっても特に気になりません。

Non太
やっぱり最初から2cmを買っておけばよかったー!

ジョイントマットの厚さは2cmをおすすめしたい!/ まとめ

ジョイントマット

段差ができるのがイヤだからということもあり、最初は1cmを購入したものの、厚さに不満を覚え2cmを購入しました。

結論としては、最初から2cmを買っておけばよかったね、ということです。

防音や衝撃などを重視するなら、1cmでは物足りなく感じるんじゃないかと思います。

床との段差を出来る限り少なくしたい(もしくは出来る限り低コスパで全体に敷き詰めたい)、を重視するなら、1cmを選んだ方が安い上に枚数多めで満足できるかもしれません。

 

結局はどこを重視するかにもよりますが、我が家は衝撃の緩和を一番に重視したので、2cmがしっくりきたというところです。

これからジョイントマットを買おうかなと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1cmにしろ2cmにしろ、ジョイントマットは買っておいて損はない育児グッズだと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)