【東三国|耽羅 (たんら)】ヘジャンク専門店で、辛すぎない・こってりすぎない・でも美味しい、牛肉へジャンクを食べてきました!

ヘジャンク

東三国にへジャンクという韓国料理の専門店があります。

店名は「耽羅」と書いて「たんら」です。

ずっと存在は知っていたものの、なかなか行けないままはや数年、ついに行ってきました。

韓国料理と聞くと辛いイメージがありますが、へジャンクという料理は見た目ほどに辛くなく、こってりもしていないので、食べやすくておいしかったです。

へジャンクがどんな料理かも含めて、実際に食べてきたのでレポートをお届けします。

ヘジャンクとは

ヘジャンク

▲今回注文して食べた牛肉ヘジャンク。

へジャンクって一体どんな料理?と思いますが、お店の看板に書かれていたものを引用すると、

ヘジャンク(解腸湯)

韓国伝統のスープで、牛骨を一昼夜煮込み、数種類の野菜を煮合わせたヘルシースープで滋養強壮にも良いとされている料理です。

十五穀米ご飯と一緒にお召し上がりください。

とのこと。

特定の料理というよりは、二日酔いの朝に酔い覚ましを目的に食べるスープは全てヘジャンクと言うんだとか。

どうりで、見た目以上にさっぱりしてるというか辛すぎないというか、食べやすくておいしい料理なんですね。

耽羅 (たんら)はヘジャンクのみの専門店です。

スポンサーリンク

耽羅 (たんら)について

提供しているのはヘジャンクのみ。(以前はサムギョプサルもやってたみたいですが、今はメニューに載ってませんでした。違うかったらごめんなさい)

という一本勝負で営業しているお店です。

が、それでも十分やっていける味だと思えます。

お店の場所

住所 大阪府大阪市淀川区東三国1-33-1
電話番号 06-6392-4949
営業時間 18:00~26:00
定休日 日曜日

大阪メトロ御堂筋線・東三国駅の4番出口からは徒歩1分ほどの場所にあります。

お店を出た後も電車にすぐ乗れるので、飲んだ帰りの〆にも良さそうです。

専用駐車場などはないので、車なら近くのコインパーキングの利用が必要です。

店内

店内

カウンターが10席ほどあるだけのこじんまりとした店内です。

お客さんの入りが落ち着いてるときは、カウンター向かって右側の方に店主さんが座るので、右の方に座ってしまうと向かい合って食べることになると思います。w

訪問したときは僕1人でしたが、幸い左端に座って事なきを得ました。

気にならない人はいいですが、僕は目の前に店員さんがいる状態で食べるのが苦手なので。。。

メニュー

メニュー

メニューは、ヘジャンク専門店なので、豆腐・納豆・野菜ヘジャンク(900円)と牛肉へジャンク(950円)のみです。

トッピングは種類があります。

数年前は800円だったみたいですが、消費税の関係でか値上がりしています。

サムギョプサルはメニューとして載ってなかったので、今はもうやっていないのかなと思います。

ビールでも一杯飲もうかと思いましたが、生ビールではなく缶ビールのみの取り扱いだったのでなし。

今回は牛肉ヘジャンクのみの注文にしました。

牛肉ヘジャンク(@950円)はこちら!

注文時に「にんにくは入れますか?」と聞いてくれるので、入れてもらうようにしました。

調理の間にキムチとサラダが来ます。

▼カクテキとだいこんサラダカクテキとだいこんサラダ

キムチは辛いというより甘めで、サラダはドレッシングが美味しかったです。

ピリ辛感はほんのちょっとだけ後からきます。

▼牛肉へジャンクはこちら牛肉へジャンク

アツアツの器にグツグツ煮えたぎっています。

辛そうな雰囲気ありますが、全然そんなことありません。

牛肉へジャンクにチャプチェ、十五穀米(銀色の器)、生卵のセットです。

 

事前知識がなかったので、卵の食べ方が分からず…

「どうやって食べるのがおすすめですか?」と聞いてみると、「お好みでどうぞ」と言われました。

Non太
お好み…?ヘジャンクの中にそのままドボンすればいいのか?

なんて迷いつつ、ドボンさせました。

牛肉へジャンク

基本それでいいみたいです。w

卵をかき混ぜて入れても美味しいと思います。

とりあえずスープを一口すすって、、、美味しい!です。

牛骨を煮込んだスープとのことで、ちょっとした牛の匂いはありますが、くさみを感じるほどではありません。

にんにくの風味もあってうまし。

▼十五穀米十五穀米

ご飯は一回のみおかわりOKだそうですが、ちょっとべちゃっとしてました。

でもヘジャンクとご飯のセットは相性抜群で、バクバクいけます。


1人でご飯を食べるサク飯にはかなりおすすめできるお店でした。

カウンターのみなので、ファミリーで来ることは難しいですが、1人飯をする際にはまた利用しようと思います。

耽羅 (たんら)のヘジャンク|まとめ

店内

風貌は少しいかつめのおじさんが1人でやれている耽羅 (たんら)。

ブスッとした感じの人なのかな?と思いきや、話すと物腰柔らかくめちゃくちゃ感じの良い人で、ギャップにやられました。

お客さんが僕1人でも、ずいずい話かけてくるわけでもなかったので良かったかなと(ぐいぐい来られるのが苦手なタイプ)。

このヘジャンクは納豆とも相性が良いそうなので、にんにくたっぷりで次の日のにおいを気にしなくていいときに、また訪問したいと思います。

ヘジャンク美味しいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)