サラリーマン勤務、即帰宅後からの全力育児、寝かしつけが終わってからの副業ブログを2年半続けたけど体力の限界がきた話

家族3人写真

僕は朝から夕方まではサラリーマンとして働いています。

仕事を終えて帰宅したら、即息子(以下:ニョロ助)と公園に遊びに行ったり、自転車に乗ってサイクリングをしたり、買い物に行ったりという育児という名の全力遊びをしています。

また家に戻ってきて、ご飯を食べてお風呂に入って寝かしつけを終えてやっとひと段落をしたと思ったら、もう夜の23時をすぎてたりひどいと日付回って0時を過ぎます。

それから自分タイムということで、副業としてのブログを書いたり、やらなきゃいけない調べものをしたり。

 

それでもできるのは夜中の2時ぐらいまでが限界です。

次の日も朝の6時半に起床して、仕事に行かなきゃいけませんから。

 

状況や気持ちとしては、

  • 妻と子どもと3人で過ごす家族の時間は大切にしたい
  • 特に育児にはたくさん関わりたい(子どもの成長を近くで見続けたい)
  • でも本業の給料だけでは生活できないから何とかしないといけない
  • 仕事を変えると育児に携わる時間が減ってしまう
  • だから今の環境をそのままに何とかして副業で収入を得ないといけない

といった状況だったので、ブログを副業にして生活を維持するという選択をしていました。

 

そんな毎日眠たい日々を何とか奮い立たせて乗り越えてきてましたが・・・体力の限界を迎えました。

 

さすがに毎日の睡眠時間が4時間以下が続いたり、休みの日も朝から晩まで子どもと過ごし、昼寝したときにPCに向かい起きたらまた子どもと過ごして、寝かしつけが終わってからまたPCに向かうといった活動になっていたので、体力的にブログを書くことが大変になってしまいました。

書きたい気持ちはあるけど、肉体がついていかない感じ。

 

で、記事を更新するのを2ヶ月ぐらい控えていましたが、2019年も終わることだし、パーソナルブログとしての側面でもあるこのブログに、今の想いを書き綴っておこうと思います。

睡眠時間が少ない期間が続くと体がおかしくなってくる

1週間に1回ぐらいは子どもの寝かしつけで寝落ちして、そのまま6時間ぐらい寝られることがあるものの、基本4時間前後の睡眠時間。

寝かしつけで寝落ちしてしまい、夜中の2時や3時にハッと目が覚めたときは、そこからPCに向かい5時ごろまで作業をし、また1時間ぐらい寝るという日も多々あったり。

 

昔から睡眠時間が短いことには慣れているタイプでしたが、なんかおかしいんですよね。

体がだるいし、イライラしやすい気分になったり。

幸い、外での仕事がそこまで多忙を極めるような仕事ではなく、追いつめられるようなものはないので良かったですが、殺伐とした職場だったらヤバかった気がします。w

とにかく常にだるい感じがずっと続いてました。

人間やっぱり寝ないとダメですね。

スポンサーリンク

ブログの収入が途絶えたら生活できなくなるという強迫観念みたいなものがあったかもしれない

ブログという存在には本当に感謝しています。

なんせ2015年4月に産声をあげて早4年半、ひたすらに記事を書き続け総記事数は800を越え、一時期はブログからの収入が本業を超えるほどになることもありました。

 

自分で言うのもなんですが、うぬぼれることもなく淡々とやってきたことが功を奏したというか、外で働きつつ子どもや妻とこれだけの時間を一緒に過ごせる環境を維持しながらの結果と考えると、自分の中ではよくやってきた方だと思ってます。

本業以外でこれだけの収入がもらえたのは、ホントにありがたい以外の言葉は見つかりませんでした。

でも、それは言いかえればブログの収入がないと生活ができない、という気持ちが強かったから続けられたという側面があります。

 

僕一人の人生であれば秒速で転職してました。

拘束時間が長くてもいいから、とにかくたのしくてプラス給料がちゃんとある仕事に就いていただろうなと。

でもそれをしてしまうと家族との時間が出来なくなってしまうので、簡単に転職できないし、でも…みたいなジレンマ的なのがずっとありました。

 

で、選んだ本業+ブログ副業。

副業と言いながら、ブログがなくなったら生活破綻のゲームオーバー。

妻が働けば済む話ではあるのですが、妻も子どもが幼稚園に入るまでは働かずに子どもと一緒にいたいと言ってくれる人だったので、僕の収入だけでやりくりするしかありません。

だから、睡眠時間が短くなろうがなんとかやれてきたのですが、常にGoogleの変動にビビりながら、毎日収益があがってくれることを祈りながらの生活だった気がします。

本業の収入(年収)が100万円以上アップ

幸いなことに、来年から本業の方での職位があがり、年収を100万円以上アップしてもらえることになりました。

フリーランスや自営業ならまだしも、年収ベースだとはいえ、サラリーマンで1年で一気に100万円以上アップするなんてあんまり聞かないですよね。

もともとのベースが新入社員の初任給よりも安いぐらいの給料だったので、多分これでもギリギリ生活できるかできないかぐらいにしかならないのですが、正直ホッとしています。

 

これで強迫観念的なブログで稼がないといけない…という気持ちはだいぶやわらぎました。

難しくなるアクセスアップやSEO、少なくなるブログに向き合える時間

子どもが生まれる前、ブログには毎日10時間以上は向き合っていました。

一時期は働かずに引きこもってブログをひたすら書いていた時期もあり、その当時は朝起きてPCに向かい、妻を仕事に見送ってPCに向かい、昼ご飯も食べず飲み物も飲まず、ひたすらPC作業。

妻が仕事から帰ってきたらお帰りと言ってPC作業。

ご飯が出来たよということで一時中断して晩ご飯を一緒に食べ、終わったらPC作業。

妻は寝るというのでお休みと言って先に寝てもらってPC作業。

一日18時間ぐらいはずっとやってたんでしょうか。

 

それでも独立するほどにはなれませんでした。

センスもなければ努力の方向性も間違ってたのかもしれません。

とは言え、持ってるブログ全体を合わせると、最高でPVは40万ぐらいまでいったし、収益も30万円ぐらいまでは伸びたことがあります。

でも、これだけやってもそれぐらいにしかなりませんでした。

 

2015年、2016年、2017年と少しずつ伸ばしてこれましたが、子どもが生まれて以来、ブログにさける時間は1日5時間になり、4時間になり、今は2時間あれば良い方です。

ブログに向き合える時間が減っていく一方で、どんどんどんどん難しくなってくるアクセスアップやSEO。

Googleの理不尽とも思える変動に一喜一憂しながら、2018年頃からはGoogle大変動と呼ばれる順位変動が起こって、自分のブログが上位表示という流れはまったく来なくなりました。

 

こうなってくると今の生活がヤバい…と悪循環な考え方と挑戦をしにくい発想ばかり出てきます。

自分の得意でもあり、一番のメインにしたかった「想い」や「感想」を書き綴るブログは影をひそめ、ただただ見に来てくれる人が情報を取りやすいように、可もなく不可もなくなブログへと変わっていってしまったかなと、思う部分もあります。

当時の僕の考えとしては、時間をかけられなくなったからこそ、アクセスを維持するためにはという視点で見るとそうやるしかなかったのでしょう。

なかなか難しいものです。

ブログを書くことは辞めないけど、収益を追うブログは辞めるかもしれない

ブログってホントにすごくて、心理的なマーケティングを覚えないといけなかったり、時代の流れを見ながらの記事構成を考えないといけなかったり、ターゲットをどうやって絞るか、どんな形で記事をアプローチしていくかなど、覚えないといけないこと、やらなきゃいけないことがたくさんあります。

 

文章を書くことは今でも得意ではありませんが、読書感想文とか文字を書くということが大嫌いだった僕が、試行錯誤を続けたおかがでたまに人の心をふるわすほどの言葉を書き綴ることが出来るようにもなりました。

(今日の文章は構成とか考えずに思いのままに書いてるのでぐちゃぐちゃかもw)

 

なので、ブログというものをやめないなぁという気持ちはありません。

やってる時って色んなことを調べて、色んな挑戦をして、試行錯誤の毎日が楽しかったりもしたので。

でも、収益を維持しないといけない、これがないとヤバい…みたいな形でのブログの継続はやめるかもしれません。

 

まぁ、続けるからには少しぐらい見に来てほしいとは思うので、考えながら書くことはやめませんが。

夫婦円満・家族円満が続けられる形を模索していきます|まとめ

家族3人写真

このブログを始めたきっかけは、夫婦円満でいられることの素晴らしさを伝えたくて始めました。

収入を得たいこともありましたが、そういう記事を書きながら収入になれば最高だなと。

子どもが生まれ、父親が育児に向き合っていくことで、夫婦円満・家族円満が生まれることは間違いないものだと確信しています。

 

やはり収益を追わずに原点回帰していくとなると、僕が綴っていくべきは夫婦・家族のことなのかなと。

まだまだどうなるかは分かりませんが、色々模索しながら、最適な形を見つけていければいいと思ってます。

 

2ヶ月ぐらい更新が滞って心配の連絡をくれた方々、メッセージをくれた方々、ホントにありがとうございます。

夫婦も家族も順調に穏やかに過ごしていますので、ご心配なく。w

2019年も読みに来てくれた皆様ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)