子どもと一緒に目一杯楽しめるアドベンチャーワールドの「ふれあい広場」。色んな小動物たちと触れ合えるよ!

あひると子ども

アドベンチャーワールドにある「ふれあい広場」というエリアが、見るだけじゃなく触れ合える小動物がたくさんいて楽しいです。

1歳4ヶ月の子ども(以下:ニョロ助)を連れて行きましたが、柵の中にいるだけじゃなく歩いている動物たちを見ては大興奮。

遠くから指を差したり、近くに寄っていって優しくなでなでしたり、それを見て楽しむ親である僕たち。

大人から子供まで楽しめるふれあい広場だったので、どんなところだったのかレビューとともにご紹介します。

ふれあい広場について

小さい子ども向けっぽくおもわれがちですが、大人もいっぱい楽しめます。

小動物がたくさんいるエリア

ふれあい広場の看板

小動物しかいない、というわけじゃありませんが、このエリアにはかわいらしいちっちゃめの動物たちが多く揃っています。

どんな動物がいるかと言うと…

  • コツメカワウソ
  • カピバラ
  • レッサーパンダ
  • アルパカ
  • マーラ
  • ワオキツネザル
  • チンパンジー

…などなど、20種類以上の小動物がいます。

また、エリア内には「フレンドハウス」と呼ばれる建物があり、そこにはウサギやモルモットなどと触れ合えます。

▼フレンドハウスフレンドハウスの外観

動物に触れるのが苦手!初めて触る!といった人でも触れ合えるように、設置されています。

ニョロ助ももふもふのうさぎの毛をなでなでしました。

やっているアトラクション(イベント)

コツメカワウソの食事タイム

このエリアでは、4つのイベントがやっていました。

▲クリックでアドベンチャーワールドのページに飛びます。

インコの食事は1回100円で有料です。

たまたま行った時にコツメカワウソの食事タイムを見ることが出来ましたが、可愛らしくて楽しかったですよ!

楽しむワンポイント

見て回るだけで十分楽しいのですが、やっているイベントが1日1回のものが多いので、実施スケジュールを見つつタイミングを見ながら回るのがおすすめです。

個人的には、マーラとの触れ合いが一番良かったです。

マーラに触れる写真

一瞬カピバラかと思いましたが、これがマーラという動物だそうで。

そっと近づくと逃げないので、ニョロ助と一緒になでなで出来ました。

マーラと触れ合って、16時から開催されるカピバラウォーキングなんかを見るのも良いかもしれません。(我が家はカピバラウォーキングを見る前にお土産に移動しちゃいました)

スポンサーリンク

動物たちと触れ合ってきました!

ここからは実際に我が家がふれあい広場に行って動物たちとたわむれたというレポートです。

ニョロ助があちこち動きまわってなかなか写真撮影が出来ませんでしたが、楽しい時間を過ごせました。

コツメカワウソの食事タイムがキュート

コツメカワウソの食事タイム

ふれあい広場に入ると、なにやら人だかりができていたので行ってみると、、、

コツメカワウソの食事タイムがやっていました。

動物がご飯を食べている姿って、なんであんなに可愛らしいんでしょうね。

▼こんな感じに見下ろす感じで見られます。コツメカワウソの食事タイム

アヒルの放し飼いに遭遇

アヒルを見る子供の後ろ姿

歩いていくとアヒルが放し飼いにして、お気楽にいました。

アヒルのことを「ガーガー」と言い始めているニョロ助は、終始興奮。

近付こうとしては逃げられ、楽しんでました。

興奮する子供

どこを指さしてるんでしょうか。

アヒルは近寄りはするものの、触るのは怖かったようです。

ミーアキャットが空を見上げていました

空を見上げるミーアキャット

ミーアキャットに触れることは出来ませんでしたが、普段見慣れない動物だったので可愛くかんじます。

なぜかみんな上を向いていることが多く、可愛さ満点です。

空を見上げるミーアキャット

カピバラのぶさかわがたまらない

カピバラの横顔

カピバラのぶさかわがたまりません。

カピバラの横顔

カピバラウォーキングの時は、触れ合える距離に出てくるので、触るチャンスかもしれません。

我が家が行った時はまだ柵の中にいるだけでしたが。

▼カピバラのえさカピバラのえさ

1カップ100円でカピバラのえさが設置されていましたが、残念ながら売切れでした。

▼この真正面の顔はたまりません。カピバラ

フレンドハウスでうさぎに触れる

フレンドハウスの外観

うさぎに触れられるということで来ました。

中にはうさぎが数匹元気に動き回ってましたが、ニョロ助も僕が抱っこして触りました。

うさぎに触れる子供

子どもの背丈では触れない高さにうさぎがいるので、触るために親が抱っこしてあげないといけません。

しゃがんで子供が自分で触れる距離にあるともっと良かったんですけどね。

でもモフモフで触り心地抜群でした。

マーラとの触れ合いが最高!

ふれあい広場で一番楽しかったのが、マーラが広場で自由にしているところでした。

ニョロ助が一番興奮して、「ウーウー」と声をあげて楽しんでたのもここです。

いっぱい触れ合えました。

▼至近距離で草を食べてます。マーラの散歩

マーラの散歩

動物をじかに触れ合えるのって子どもだけじゃなく大人でも楽しいですからね。

ふれあい広場良いです。

隣のわんわんガーデンも立ち寄るのがおすすめ!

わんわんガーデンの看板

ふれあい広場を楽しんだ後、次はイルカショーでも楽しみに行こうと思っていたら、「わんわんガーデン」というエリアがありました。

犬が放し飼いにされていて、自由に犬と触れ合えるようになっています。

ニョロ助も犬はすでに判別できるので、「わんわん」と言って楽しんでました。

わんわんガーデンの犬

▼りりしい顔の犬ですね。わんわんガーデンの犬

この芝生スペースから犬は出ていなかないので、ちゃんと教育されてるんですね。

ニョロ助はやはり、ちょっと大きい犬になるとちょいちょいビビりが入ってました。w

子連れファミリーにふれあい広場はおすすめ / まとめ

ふれあい広場

大人から子供まで動物と触れ合えるのがたのしいふれあい広場。

まだ年齢が1歳ぐらいの子連れファミリーには特におすすめしたいエリアでもあります。

個人的な感想として、イルカショーやアニマルショーは、ニョロ助が楽しむにはまだもう少し時間がかかるようでした。

それに比べてふれあい広場では終始テンションがアゲアゲだったので、ニョロ助も小さくてかわいい動物たちとたわむれるのが楽しかったみたいです。

子供が楽しそうにしてるのを見るのって、親としてはそれが一番幸せ感じられる時ですからね。

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)