【湯快リゾート】白浜・彩朝楽のバイキングは夕食も朝も豪華!コスパ抜群で子連れでもゆっくり堪能できました!

彩朝楽の夕食バイキング

白浜へ家族旅行に行った時、湯快リゾートの白浜・彩朝楽に宿泊しました。

湯快リゾートと言えば夜も朝も食事がバイキングなのですが、この彩朝楽は「湯快リゾートプレミアム」ということで、ワンランク上の食と空間を提供してくれるとのことで、ちょっとばかし期待していきました。

で、行ってビックリ、想像を超えるほどに豪華で美味しくてボリューム満点、コスパで考えても大満足な食事が出来ました。

そして子連れでもゆっくり食べられる空間。

というわけで、彩朝楽のバイキングがどんな感じだったのかレポートしたいと思います。

夕食バイキング

全150種類以上の豊富なメニューが用意されているというバイキングです。

数えてませんが、確かにそれぐらいに種類が豊富で彩り豊かだったのは確かです。

チェックイン時に夕食の時間を決める

我が家はチェックインを16時頃に済ませました。

その時に受付の方から、「お食事の時間は二部制になってます」と言われ、

  • 18:00~19:30
  • 19:30~21:00

のどちらかを選択できます。

事前に、「18:00の部は大変混み合っておりますので、おすすめは19:30からの方です」と言われましたが、1歳過ぎの子連れでさすがに19:30からのご飯は難しかったので、18時からを選びました。

実際のところ、バイキング開始の頃は少し混雑してましたが、一巡すると特に並ぶこともなくどの料理も食べられてます。

ちなみに、完全入れ替え制とかではなかったです。

仮に18時から食べていた人が、19時半を過ぎて残っていたとしても、何か言われている人はいませんでした。(毎回そうなのかは分かりませんが)

席は自由席で早いもの順

彩朝楽の夕食バイキングの席

席はどこでも好きな場所を取ってOKで、早いもの順で埋まっていきます。

基本は上記写真のようなテーブル席ですが、4つぐらい、入口右手に長ソファーのような席がありました。

18:05頃に行った時にはすでに全て埋まってましたが…。

でも、ちゃんとベビーチェアが完備されているので安心です。

▼ベビーチェアベビーチェア

これも早いもの順で、ちょっとばかし取り合い合戦みたいになってました。

我が家が行った時は、入口入って右奥に置かれていました。

豪華夕食バイキング

彩朝楽の夕食バイキング

海鮮系で寿司や刺身はもちろん、ステーキにローストビーフ、ピザも生地から作ってたり、美味しい料理がこれでもか!って並びます。

ニョロ助(我が家の息子)が動き回ってなかなか写真が撮れませんでしたが、一部だけ。

寿司
ローストビーフ
寿司を取ってる人
揚げ物
デザート
デザート

 

▼ピザは生地からこねて作ってました。ピザ

▼ラーメンは自分で茹でて作ります。和歌山ラーメン

とにかく種類がたくさんあるので、時間があっという間に過ぎています。

っていうか、ホントに種類が多いので、色んな料理を食べたいなら少量ずつつまんでいくのがいいと思います。

個人的には、やっぱり海鮮の刺身が身も大きくて良かったですよ!

アップルパイが美味しい

アップルパイ

しばらくすると、レストランのスタッフの方が「出来立てのアップルパイはいかがですか~」と巡回してきました。

僕と妻で1個ずつもらいましたが、これがかなりのクオリティで美味しかったです。

まわってきた時はぜひ!

乳児用のベビーフードも少しアリ

赤ちゃん用で、レンジでチンするだけで食べられるベビーフードも設置されていました。

僕等が行った時はキューピーのベビーフードが数種類置かれていました。

▼こういうのです。

まだ親と同じものをあげていなかったニョロ助のご飯をどうしようかと考えていたので、この点はありがたかったです。

とは言え、ベビーフードだけで足りないと想定していたので、持ち込みでフルーツやいつも食べてるご飯を持参して食べさせました。

レンジがあるのでチンOKです。

マグロの解体ショーが間近で見られます!

スタートから一時間ほどすると、店内が大きい掛け声で盛り上がります。

マグロの解体ショーの始まりです。

▼こんな大きさのマグロです。マグロの解体ショー

マグロの解体ショー
マグロの解体ショー
マグロの解体ショー
マグロの解体ショー

こうやって解体した後、さばいたばかりのマグロの中落ちが提供されていました。

子供も楽しめるイベントですね。

キッズ用のスペースあり!

キッズ用スペース

そこまで大きくないものの、靴を脱いで上がれるキッズスペースも完備されていました。

子供はじっと座ってることにすぐ飽きるので、こういう場所が用意されているのも、子供向けに配慮されたとこだなと感じます。

大がかりな遊具などはありませんが、ブロックは置かれています。


といった感じで、豪華な夕食バイキングを堪能しました。

スポンサーリンク

朝食バイキング

彩朝楽の朝食バイキング

出入り自由、着席自由

朝食バイキングは決められた時間制限はなく、出入り自由で着席も自由。

やっている時間が朝の7:00~10:00の間だったので、その時間内であればいつでもOKでした。

▼奥の方は空いてました。店内奥

和食・洋食が揃った朝食バイキング

朝食バイキング

夕食ほどではないにしろ、朝食も種類の多いバイキングでした。

▼こんな感じでいろんなメニューがあります、

朝食バイキング
朝食バイキング
朝食バイキング
朝食バイキング
朝食バイキング
朝食バイキング

▼漬物バイキングもありました。漬物バイキング

▼野菜ジュースと牛乳。野菜ジュースと牛乳

パンが美味しい

パン

朝食でパンは王道ですが、ここのパンはかなり美味しかったです。

▼パンを取りまくりました。トレーに載せたパン

余談ですが、↑のようなカートがあるので、利用すると手がふさがらずに料理を取れるので便利ですよ!

フレンチトーストやフルーツサンドなどもあり、朝食もやっぱり種類が豊富です。

フレンチトーストはニョロ助も気に入ったのか、ばくばく食べてました。


こんな感じで朝食バイキングもたっぷり堪能しました。

白浜・彩朝楽のバイキング / まとめ

彩朝楽のキッズスペース

食べる量を気にせず好きなだけ食べられるご飯にしたい!ということでバイキングを選びましたが、結果的に大満足の夕食・朝食が出来ました。

さらに、ベビーフードも用意されていたり、なによりキッズスペースが完備されていたことで、ニョロ助を遊ばせつつ親である僕らがゆっくり食べることも出来たのが良かったです。

(ニョロ助をみながらだったので、夫婦二人が一緒に落ち着いて食べるというのは、若干難しかったですが)

バイキングはもちろん、湯快リゾートの彩朝楽は良い宿泊施設だったので、和歌山・白浜旅行を検討しているなら候補にいれてもいいかもしれませんよ!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)