【湯快リゾート】白浜・彩朝楽の露天風呂付き客室はどんな感じなのか?大浴場と合わせてお風呂レビュー!

彩朝楽の露天風呂

和歌山・白浜に家族旅行に行ってきました。

宿泊したのは湯快リゾートプレミアムの白浜・彩朝楽という宿泊施設で、リッチに露天風呂付客室を予約しました。

と言っても、想像していた金額よりもかなり安い価格だったので泊まれただけですが。

宿泊前は、露天風呂が付いている部屋ってどうなの?と思ってたので、利用してみた感想含め、大浴場と合わせてお風呂レビューをしたいと思います。

白浜・彩朝楽の露天風呂付き客室

露天風呂付客室は人生初の宿泊です。

部屋にお風呂が付いてていつでも入浴できるなんて最高!と想像してましたが、ちょっとイメージと違う部分もありました。

部屋のお風呂だけではイマイチ感もありますが、総合的に考えるとなかなか良かったと言えます。

予約したのは、彩朝楽のプレミアムルームの露天風呂付客室。

と言っても、1泊1人15,000円ぐらいの価格なので、そんなに高くありません。

▼宿泊したのは1103号室1103号室

今回は1103号室を案内されました。

号室的に11階かと想像しますが、1階の部屋です。

▼入口ドアを開けたところ。入口はいった所

ベビーカーはちょっと入れにくい広さでしたが、ドアを開けた瞬間からヒノキのミストの香りが漂ってきて空気はさわやかでした。

あとから気付きましたが、部屋に灰皿があったので禁煙室ではなかったようです。

禁煙室が良かったですが、とりあえずたばこ臭さが気にならなかったので、何とか大丈夫でした。

▼ここを通って部屋に入ります。二畳の通り

室内

部屋はかなり綺麗です。

全体像が見にくいですが、撮影した部屋の中がこちら↓↓↓

▼ベッドベッド

入室すると、すでに布団は敷かれてました。

畳に直接布団ではなく、マットレスの上に布団です。

▼テレビやテーブル、空気清浄機テレビやテーブル、空気清浄機

加湿器は常設されてなかったので、フロントに電話して言えば貸してもらえました。

▼洗面所洗面所

▼トイレトイレ

▼冷蔵庫や湯沸かし器冷蔵庫

といった感じの部屋です。

室内は十分きれいで、広さもたっぷり。

ニョロ助(息子のこと)が動き回るには十分な大きさでした。

露天風呂がこちら!

部屋に付いていた露天風呂がこちらです↓↓↓

▼脱衣所になるところ脱衣所になるところ

露天風呂前に専用の脱衣所などはなく、↑で服を脱いで外に行きます。

▼露天風呂がこちら。露天風呂

写真はちっちゃく見えますが、家族三人で入るにも十分な浴槽でした。

とは言え残念なことも多く、床(地面)に砂や木々がたくさん落ちていたこと。

外だからしかたないとは言え、歩けば石を踏むし、洗い終わって部屋に入るまでに、数歩あるくだけで足の裏がまた汚れます。

せめてすのこなどが敷かれていれば・・・といった気分になりました。

 

さらに…

天井であるはずの屋根は隙間があいている仕様だったため、雨粒は落ちてくるし、上階の部屋のベランダから見える設計になってました。

僕が上を見上げるとベランダが見えてたってことは、向こうからも見えてるはずですよね。

お風呂に入ってる時に雨が降ってきて、屋根にすきまがあいてたので、雨粒をくらいまくりました。

雨自体は天候の問題なので仕方ないものの、降ってきても上からは濡れない設計にしててほしかったかなと。

露天風呂の景色

結果的に、お風呂に入る時は照明をかなり暗めにして入り、湯船につかる時は傘をさして入浴するという、何とも意味不明なお風呂になりました。

ちなみに、外の景色を楽しめるような景観はありません。

だからなおさら、せめて洗い場と浴槽部分は、屋根を付けて雨などに濡れない設計がほしかったといったところです。

正直、もう少し露天風呂付客室の醍醐味を楽しみたかったなぁというお風呂でした。

スポンサーリンク

大浴場

彩朝楽の大浴場の入口

部屋の中の露天風呂は若干物足りませんでしたが、翌朝、せっかくなので彩朝楽の大浴場にも入りに行きました。

彩朝楽の大浴場は温泉!

彩朝楽の大浴場は温泉です。(源泉掛け流しではない)

▼温泉分析書。温泉分析書

画像があらくて見にくいですが。

▼源泉掛け流しではなく、また消毒もありと書かれています。彩朝楽の大浴場の温泉

源泉掛け流しが一番良いですが、衛星を保つために仕方ないところですね。

▼彩朝楽では他に貸切風呂があり、そこだけは源泉掛け流しでやっていると書かれていました。彩朝楽のお湯

どんな泉質でどんな効能があるのか、といったところは、彩朝楽の公式ページに書かれています。

脱衣所

彩朝楽の大浴場の脱衣所

脱衣所はゆったりしていました。

▼タオルも常備されています。タオルも常備

部屋に1人1枚という旅館も良くあるので、いつでも使えるタオルが常備されているのは嬉しいポイント。

▼化粧台スペース化粧台スペース

▼アメニティも完備されています。アメニティ

▼休憩スペース。休憩スペース

内風呂

朝に入浴して、僕以外誰も入っていなかったので撮影出来ました。

大浴場

▼入って左はサウナルーム。サウナルーム

▼右は洗い場。洗い場

▼床面が畳敷きになっています。床面が畳敷き

安全性と快適性を高めるために、この仕様にしているんだとか。

あまり気付きませんでしたが、滑り止めとしては大活躍してると思われます。

▼奥にも湯船がありました。湯船

露天風呂

彩朝楽の露天風呂

まわりは岩に囲まれてますが、広い露天風呂です。

▼奥に寝転ぶ用のベッドもありました。彩朝楽の露天風呂

大浴場の露天風呂は屋根も付いてるので、雨が降ってたとしても入浴できますね。

気持ち良いお風呂でした♪

彩朝楽の露天風呂付客室と大浴場 / まとめ

初めて露天風呂付客室という部屋に宿泊しましたが、雨に降られる仕様だった屋根や、地面が汚かったこと、上階のベランダから見える(見えてる気がする)、という点がイマイチで、大満足とまでは行きませんでした。

とは言え部屋は綺麗で広かったし、大浴場は気持ち良かったので、総合的には満足しています。

もし次泊まるなら、露天風呂付客室は選びませんが。w

夕食や朝食のバイキングは美味しくてかなりおすすめなので、大浴場を利用するプランで宿泊したいところです。

彩朝楽の露天風呂付客室や大浴場がどんな感じか気になっていた人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)