【白浜・ホテル千畳】宿泊レビュー。源泉掛け流しの温泉に豪華バイキング、さらには天然温泉プール!子連れでも楽しめるホテルを堪能しました

ホテル千畳 アイキャッチ

和歌山県の白浜に3家族(我が家・義両親・義兄家族)で旅行に行きました。

義両親の希望もあり、宿泊したのは湯快リゾートプレミアムの白浜・ホテル千畳。

  • 源泉掛け流しの温泉
  • 豪華バイキング
  • 天然温泉プール

といった具合に、大人も子どもも楽しめるホテルだったので、宿泊レビューとして白浜・ホテル千畳の体験記をご紹介したいと思います。

ホテル千畳についての情報

2018年8月にリニューアルオープンしたホテル千畳。

湯快リゾートの宿泊施設ですが、料理が豪華でプレミアムバイキングとして堪能できるホテルになっています。

場所

住所:〒649-2211 和歌山県 西牟婁郡 にしむろぐん白浜町 しらはまちょう1680-1

アクセス

基本的に車の方が楽ちんで迷いにくいですが、車とバスでのアクセスをご紹介します。

車で行く場合

車なら、先程の住所をカーナビに入れれば一発です。

気を付けるべきは駐車場。

ホテル千畳の駐車場は、ホテル入口前にはなく、その周辺に3ヶ所あります。

▼Google Mapで見る駐車場の位置ホテル千畳 駐車場

▼第1駐車場ホテル千畳 第1駐車場

第1駐車場であれば、階段でホテル入口横まで直通で繋がっています。

ホテル入口前にちょっとしたパーキングスペースはあるので、一旦そこまで行き、駐車場の場所を確認した上で駐車しに移動するといいかもしれません。

バスで行く場合

電車で白浜駅まで来たことを前提にすると、ホテル千畳まではバスで行くのが良いでしょう。

徒歩だと約6kmほどの道のりなので。

白浜駅からは、明光バスという白浜一帯を運行している路線バスがあり、20分~30分に1本の割合で走っています。

三段壁行きのバスに乗車すれば、大体20分前後で到着できます。運賃は440(記事執筆時点で)。

降りるバス停は「千畳口」です。

▼Google Mapで見る「千畳口」バス停の場所千畳口バス停

地図で見たら分かるように、バスを降りたらもうすぐにホテル千畳があります。

外観

ホテル千畳 看板

▼ちょっと全体の写真が撮れませんでしたが、外観はこんな感じの入口になっています。ホテル千畳

ホテル千畳 入口

リニューアルされてまだそこまで時間が経っていないため、外観はかなり綺麗な造りになっていました。

フロントや館内

フロント

入口を入るとすぐ右手にフロントがあります。

白と青のコントラストが綺麗ですね。

フロント周辺 フロント周辺 フロント周辺

浴衣コーナー

浴衣コーナー

湯快リゾートは、フロントでチェックイン後、自由に浴衣を選べます。

廊下

廊下

じゅうたんが敷かれている廊下でした。

売店・横の休憩スペース

売店 休憩スペース

売店は営業時間外で閉まってましたが、昼間もあまり人が入ってませんでした。

イスが置かれているところは、なかなかオシャレな造りになってます。

客室

客室 客室

今回は僕たち家族(僕・妻・ニョロ助)と、妻両親の5人が同じ部屋に宿泊しましたが、座敷に布団が2つ、ベッドが2つの部屋で十分な広さがあります。

▼ちょっとしたオーシャンビューでベランダからはプールも。オーシャンビュー

大浴場と露天風呂

大浴場「千寿の湯」

▲大浴場「千寿の湯」

▼露天風呂「黒潮の湯」露天風呂「黒潮の湯」の入口

ホテル千畳には2つのお風呂があります。

詳細は別の記事でまとめました。

バイキング

白浜・ホテル千畳のバイキング

「湯快リゾートプレミアム」というように、夕食バイキングがプレミアムに豪華です。

ホテル千畳 夕食バイキング

▼朝食も充実しています。ホテル千畳 朝食バイキング

チェックイン時にバイキングの時間を決めることができます。

こちらも別の記事で詳細をまとめました。

天然温泉プール

天然温泉プール 天然温泉プール

温泉を利用して温度調節がされており、年中利用出来るプールです。

ニョロ助が「入らない!」と言ったので利用しませんでしたが、義兄の子どもたちは楽しみまくってました。

営業時間は9002100ということで、夜はライトアップされたナイトプールが楽しめます。

キッズパーク

キッズパーク

こちらも子供達には大人気。

ホテルの正面入口を入って左側にあるキッズスペースです。

▼トランポリンがあったり、トランポリン

▼ボールプールがあったりボールプール

他にもボルダリングが出来たり、なかなかな充実度だと思います。

その他館内施設

まんが・インターネットコーナー

まんが・インターネットコーナー まんが・インターネットコーナー

数はそこまで多くありませんが、マンガも置かれています。

▼ゲームゲーム

昔懐かしのスーファミのミニが置かれていました。

もう1つのモニターでは、インターネットに接続できるスペースがあります。

キッズコーナー

キッズコーナー

入口左にあるキッズスペースよりも、さらに小さい子供向けのあそび場です。

キッズコーナー

ハイハイしたりまだヨチヨチ歩きの幼児にも遊べるスペースと言えそうです。

マッサージコーナー

マッサージコーナー

旅館に来ると、なぜかマッサージを試したくなるのは何でなのでしょうか。w

▼何となくよさげなマッサージ器もありました。マッサージ器

ゲームコーナー

ゲームコーナー

マッサージコーナーのすぐ隣にゲームコーナーがありました。

ゲームコーナー

ニョロ助ももう少し大きくなったら、レースゲームなども一緒に楽しめそうです。

卓球コーナー

卓球コーナー

卓球台は3卓。

▼予約が必要です。予約シート

と言っても予約シートに記入するだけですが。

カラオケコーナー

カラオケコーナー

ジャンカラと湯快リゾートはグループですからね、ちゃんと歌えるスペースがありました。

▼全部で10部屋。10部屋

1900までは何と無料!

19:00~24:00までは、ルーム料金として1540となっていました。

リラクゼーションコーナー

リラクゼーションコーナー

有料のマッサージが受けられるスペースもありました。

スポンサーリンク

実際に宿泊した感想

ホテル千畳 正面入口

実際に宿泊した感想を一言で言うなら、「十分満喫できた」です。

部屋も十分な広さだし、温泉は源泉掛け流しだし、バイキングは種類が豊富で豪華だったし、子どものあそび場として、キッズスペースに天然プールと充実していて子連れでも楽しめたからです。

小さい子どもがいるからこそ感じますが、子連れでも一緒に楽しめる宿泊施設はやっぱり良いなって思います。

白浜には湯快リゾートプレミアムの宿泊施設が3つありますが、以前に宿泊した「彩朝楽」とも良い勝負だと言えるぐらいに良かったです。

湯快リゾートプレミアム・ホテル千畳|まとめ

天然温泉プール

3ファミリーで和歌山・白浜旅行に行った際に宿泊した、ホテル千畳についてレポートしてみました。

個人的に湯快リゾートはかなりお気に入りということもあるので、白浜に行くならホテル千畳を宿泊候補ホテルに入れ込むことを激しくおすすめします。

と言ってもかなりの人気なので、数ヶ月先まで週末はほとんど予約が埋まっていますが…

コスパはかなり良いので、ぜひ旅の参考にしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)