【トイトイパーク】大阪福島にあるプラレールやおもちゃが遊び放題の屋内施設!息子と2人で遊びに行ってきました!

トイトイパーク

我が家の息子(以下ニョロ助)の2回目のクリスマスは1歳8ヶ月のときで、その時に初めてプラレールをプレゼントしました。

それからプラレール&トーマスにハマり、毎日のように遊んでいます。

先日、僕とニョロ助の男2人旅をすることになり、どこにいこうか考えていたところ、大阪の福島に「トイトイパーク」というプラレールやおもちゃが大量にあって遊び放題の施設があることを知りました。

ニョロ助に行ってみる?と聞いてみると、0.5秒で「行く!」と返事が来たので行くことに。

というわけで、トイトイパークがどんなところか、感想とともにご紹介したいと思います。

プラレール好きなら楽しいところですよ!

トイトイパークについて

トイトイパーク自体は、大阪市に2店舗あります。

大阪の福島(JR福島駅から徒歩5分ぐらい)と、西区にあるイオンモール大阪ドームシティ店の中です。

ちなみに、大阪港店が2017年までありましたが、そのお店がイオンモール大阪ドームシティ店に移転となっています。

今回は福島店について。

場所

住所 大阪市福島区福島7-13-7 高木ビル3階
営業時間 平日:10:00~16:00
土日祝:9:30~17:00
定休日 毎週火曜日

毎週火曜日は定休日ですが、祝日の場合は営業しています。(記事執筆時点での情報)

アクセス

トイトイパークの専用駐車場はないので、電車がおすすめです。

電車で行く場合

JR福島駅 改札

電車で行く場合、トイトイパークの最寄り駅はJR福島駅です。

改札を出てから徒歩5分前後で行ける距離にあります。

▼Google Mapで見る福島駅からトイトイパークまでのルート。福島駅からトイトイパークまでのルート

駅構内に改札は1つしかないので、迷うことはありません。

改札を出てすぐ左折し、踏切を渡ります。

そのまま真っ直ぐ、阪神高速の高架下を進み、JRの高架をくぐったら左折です。

▼左折したところトイトイパークのルート

線路沿いを真っ直ぐ進むと右手に見えてくる建物です。

▼ワイン色のこの建物に入っています。トイトイパーク

▼3Fがトイトイパークです。トイトイパークの入口

このビルにはエレベーターがないため、3Fまでは階段を上らないといけません。

ベビーカーはこのドアの入口付近に置いている人もいました。

車で行く場合

トイトイパークには専用駐車場がないため、車で行く場合は近くのコインパーキングなどに駐車する必要があります。

一番近いコインパーキング⇒GSパーク 福島駅前第三駐車場

駐車コインパーキングは駐車可能台数が多いわけでもない(10台)ので、駐車場難民にならないようにお気を付けください。

利用料金

名札

利用料金は、平日は1時間250円、土日祝は350円となっています。

大人も子供も同料金となっており、0歳8ヶ月未満の赤ちゃんまでは無料という料金設定です。

我が家はとある週末にニョロ助と2人で入ったので、1時間で700円かかりました。(結局2時間滞在で1,400円w)

スポンサーリンク

トイトイパークで遊んできました!

というわけで、トイトイパークに行ってきました。

午前中から電車を乗り継ぎニョロ助と2人旅。久しぶりの2人なので僕はもう朝からワクワクです。

ニョロ助とパパ

JR福島駅を降りて歩いて向かいました。

▼トイトイパークの入口前トイトイパーク 入口前

トイトイパーク 入口前

結構な角度のある階段をのぼり、ドアをあけて入ります。

 

ちゃんとした受付はなく、ドア前でちょっとした説明を受け、名札をもらえばそのままスタートとなりました。

プラレールに興奮する2歳児

入った瞬間、僕が説明を受けている時にそそくさと中に入っていくニョロ助。

▼気付けばもう座って遊んでました。トイトイパーク

トイトイパークのすごいところは、ホントに大量のプラレールが常備されているところ。

何から何まで揃っています。

プラレール
プラレール

撮った写真が上記2枚しかなかったのでショボく見えますが、個人では到底揃えられないレベルの線路に橋脚にトンネルに車両が揃っています。

廃盤になった車両なんかもあるみたいです。

まぁ、まだ2歳児にはその辺まではわかりませんが。

線路を作ってはあっちにフラフラ、車両で遊んではこっちにフラフラと楽しんでました。

トイトイパーク トイトイパークで遊ぶニョロ助

他のおもちゃも大量にあり!

おもちゃ

プラレールだけかと思いきや、他にも色んなおもちゃが揃っていました。

おもちゃ
おもちゃ
おもちゃ
おもちゃ

▼仮面ライダー系の変身グッズも。仮面ライダー系の変身グッズ

ニョロ助はまだハマってないのでほとんど見向きもしませんでしたが、腰にベルトを巻いたり腕に巻いたりできるおもちゃも色々とありました。

といった具合にところせましとおもちゃがあったのですが、他にも行きたいところがあったので、1時間で帰る予定をしていることをニョロ助に伝えてみると…

▼もうすぐ1時間だから帰ろっか?と聞いてみた時のニョロ助の態度ニョロ助の態度

よっぽどイヤだったようで、顔をうずめちゃいました。w

結局2時間遊び倒してトイトイパークを後にしました。

トイトイパークで遊ぶときの注意点と知っておくと便利なこと

トイトイパーク

トイトイパークで遊んだ感想を一言で言うなら「楽しかった」なのですが、ちょっとした注意点やあらかじめ知っておくと便利なこともあるなぁと思ったので、行ってきた人間の感想としてまとめておきたいと思います。

ベビーベッド・おむつ替え台はない

遊べる子どもしか来ないのが前提なので、ベビーベッドはなくてもいいとは思うのですが、ちゃんとしたおむつ替えができるスペースもありませんでした。

一応店員さんに声をかければ、入口前にシートを敷いて寝ころんでおむつを替えられるみたいですが、う〇ちだった場合なかなか微妙です。

僕やニョロ助が良くても、周りの子たちが気にするでしょうから。

トイトイパークに入店して10分、実はニョロ助がう〇ちをしました。

そんな事情を知らずトイレに駆け込むと…

▼トイレ内がこちら。トイトイパークのトイレ

1畳ほどのスペースにトイレだけしかありませんでした。

子どもも大人も兼用トイレなので、床に色んな水滴が飛んでおり…さすがにここにゴロンと寝転ばせることは出来ず。

何とか立たせたままじっとさせて替えました。

おむつが替えられるスペースがあると嬉しかったかなぁと思いつつ。

おしっこだけの場合の交換なら、立たせたままでも楽にできるので問題なかったんですけどね。

ちなみにおむつは持ち帰りです。

ちなみにちなみに、トイレは1つです。トイレ

混雑したり足の踏み場もなくなるぐらいのカオスがあったり

トイトイパーク

やはり小さい子どもたちはなかなかうまく遊んだものを片付けられないことも多く、遊んだら遊びっぱなしで次の場所に行ってしまいます。

僕たちが行ったときは、幼稚園ぐらいの活発な子供たちがやってきて、箱に入ってる大量の線路をそのままひっくり返して全部出すということをやる子たちがいたので、もう地面がカオスな時がありました。

親が片付ける人もいましたが、そのまま放置の人もたくさんいるので片付けが追い付かずの状態。

トイトイパーク

おもちゃに夢中になってる子どもに言い聞かせるのは至難の業でもあるので、うまく親が調整しつつ片付けつつ遊びやすい環境にしてあげたいところですね。

飲食OKスペースがある

飲食OKスペース

トイトイパーク内は飲食禁止ですが、奥まった一部分のスペースだけ、飲食可能スペースとなっていました。

幼稚園ぐらいの子どもたちのグループが、外から買ってきたおにぎりやジュースを食べたり飲んだりして過ごしていたので、持ち込みも問題ないようです。

コインロッカーもあり

コインロッカー

100円入れて鍵をしめて、鍵をあけたら100円が返ってくる仕様のコインロッカーがありました。

全部で10個ぐらいだったので、タイミングによっては全部埋まってることもあるかもしれませんが、荷物を預けられるのはありがたいですね。

プラレールの販売もあり

プラレールの販売

ニョロ助は全く見向きもしませんでしたが、トイトイパーク内でプラレールの販売もやっています。

遊んで興奮してほしくなった子どもにそのまま買ってあげられるという、何ともうまくシステム化されていて感心します。

ニョロ助はほしいとは言いませんでしたが。w

トイトイパークで男2人遊び|まとめ

ニョロ助と2人で遊んだトイトイパーク。

夢中になっているところを見ると、何とも可愛らしさでいっぱいになります。

とは言え、大人も子どももいればいるほどお金がかかるので、今回の僕たちのようにパパかママかどちらかだけが連れてくるのが賢明かもしれません。

今回は2時間滞在で2人で1,400円でしたが、これが3人なら2,100円だったわけなので。

なので、我が家の結論としては、

  • 家族みんなで遊びに行くようなところではない
  • パパかママかどちらかとだけで出かけなきゃいけない時などは重宝する
  • 雨の日のあそび場としても重宝する

といったところ。

まぁ、プラレール好きなら楽しめるのは間違いないと思います。

最後に、ニョロ助は全く興味を示さなかったので取り上げてませんが、トイトイパークの部屋の中から列車が走る姿を見ることができます。

電車の車両に興味がある子どもに取ったら、生唾ものかもしれませんね。

親子で室内で遊べるあそび場としては、重宝する場所だと思いますよ~

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)