【こべっこランド】無料&屋内で楽しめる!室内なのに遊具も充実、絵本やパソコンも完備で1日遊べるこどものあそび場!

こべっこランドに行ってきました

雨の日で天気が悪かったり、夏の暑い日に屋外で遊ぶのが難しかったり、でも子どもと一緒にどこかに遊びに行きたい!っていうシーンは多いです。

そして、室内で遊べてさらに無料で楽しめる場所となると、結構限られるわけで…

そんな時におすすめなのが、JR神戸駅から徒歩で行けるところにある「こべっこランド」という屋内型の施設です。

室内・無料・遊具充実・1日遊べる】が揃っています。

実際に遊びに行ってきたので、どんなところだったのかご紹介したいと思います。

こべっこランドについて

こべっこランド 外観

建物は1F~8Fまでありますが、主に5F~8Fが遊んだり過ごしたりできるフロアになっています。

各フロアの紹介

各フロアの紹介

5F

プレイルーム
  • プレイルーム
  • コンピュータールーム
  • 図書コーナー

メインで遊ぶとなると、このフロアです。

ゴンドラやボールプール、空中トンネルといった遊具が揃っているプレイルームや、パソコンが使えるコンピュータールーム、さらには絵本が揃っている図書コーナーなど、子どもたちがたくさん遊べるフロアです。

小さい子どもから、小学生ぐらいまでみんな遊んでました。

5Fフロアの詳細は、以下でご紹介しています。(クリックで下部にジャンプします)

6F

造形スタジオ
  • 造形スタジオ
  • 音楽スタジオ
  • 料理教室

紙や色んな材料を使って工作をする造形スタジオ。

ドラムやギターなど、さまざまな楽器に触れることができる音楽スタジオ。

簡単クッキングにチャレンジできる料理教室。

2歳にはまだ上手にはできませんが、自由にやらせてあげる分には楽しめるフロアです。

授乳室やおむつ替えコーナーもこのフロアにあります。

7F

  • こべっこホール
  • 研修室

いろんな催しが行われるこべっこホールと、研修室があります。

こべっこホールでは、音楽会や人形劇などが行われるほか、親子で参加できるイベントが開催されていることもあります。

こちらのページ(こべっこランドの色んなお申し込みができるページ)を事前にチェックして、参加できるものがないか調べておくと良いですよ!

我が家が行った際は、夏休みで巨大迷路に挑戦できるイベントを開催していたのですが、時間が合わず参加できませんでした。

8F

  • トレーニング室
  • おべんとうひろば

トレーニング室は、小学生を対象に体力テストやトレーニングができるスペース。

持ち込んだご飯を食べられるスペースが、おべんとうひろばです。

おべんとうひろばは、利用可能時間が11:00~15:00となっています。

場所

最寄駅はJR神戸駅ですが、改札を出てからはちょっと歩きます。

住所 神戸市中央区東川崎町1-丁目3-1
電話番号 078-382-1300
開館時間 9:30~17:00
休館日 月曜日

休館日が月曜日であることが注意です!(祝日の場合は次の平日が休み)

アクセス

こべっこランドには専用駐車場がありません。

電車で行く場合

最寄駅は、JR神戸駅、市営地下鉄ハーバーランド駅となっています。

公式ページでは、どちらの駅からも徒歩5分となってますが、子どもの足だと10分前後です。

以下、JR神戸駅からの行き方をご紹介します。

▼中央改札を出ます。JR神戸駅 中央改札

アンパンマンミュージアムの看板がデカデカと出てますが、こべっこランドはその道中にあります。

改札を出て右に進みます。

▼改札を出て右を向いたところ。改札を出て右を向いたところ

この先のエスカレーターを降りて、「デュオ神戸」という地下街を進んでいきます。

▼地下街を真っ直ぐ進みます。地下街

▼突き当りを左折します。突き当りを左折

▼すぐ右手にあるエスカレーターをあがります。エスカレーター

▼こべっこランドと案内がありますよ!こべっこランドと案内

▼地上にあがってからも直進します。地上に出てからも直進

▼2~3分歩くと右手にこべっこランドが見えてきます。こべっこランド 外観

▼到着です。こべっこランド 外観

車で行く場合

専用駐車場がないので、周辺にある神戸ハーバーランドの駐車場(クリックで公式ページへ)に駐車するのがおすすめです。

▼神戸ハーバーランド駐車場マップ神戸ハーバーランド駐車場マップ

P4・P5・P6は「umie」という商業施設の駐車場となっており、平日は3時間、土日祝は2時間が無料となっています。

umieの駐車場情報については、公式ページのこちら(umieアクセスガイド > 車でのアクセス)を参考にどうぞ!

スポンサーリンク

実際に遊んできた感想

というわけで、こべっこランドで遊んできました。

午前中はアンパンマンミュージアムを堪能し、午後からこべっこランドに行きました。

5F プレイルームで遊ぶ!

到着してまずは5Fのプレイルームへ行きました。

入口で大人と子どもの人数を書いて入ります。

ボールプール

ボールプール

底は思ったより浅かったです。

なので、ダイブなどはしない方がいいでしょう。

ゴンドラ

ゴンドラ

人気遊具の1つがゴンドラです。

自分でロープを引っ張って進むのですが、2歳児ひとりではまだ引くのが難しいです。

でも、このゴンドラは大人と子どもが一緒に乗ってOKだったので、僕も一緒に乗って遊びました。

ゴンドラ

空中トンネル

空中トンネル

個人的に一番良かったのがこれ。

天上に網でつながったトンネルです。

空中トンネル いりぐち 空中トンネル 空中トンネル

楽しいものは「もういっかい~」と言うニョロ助(息子のこと)ですが、1回終わってソッコー「もういっかい~」と言ってました。

子どものみが利用できます。

ローラーすべり台

ローラーすべり台

傾斜も少ないローラーすべり台です。

スピード大好きニョロ助には物足りませんでした。

おままごとができるスペース

おままごとができるスペース おままごとができるスペース

野菜や料理ができるようなキットなど、色んなおままごとセットが揃ってました。

おもちゃで遊べるスペース

おもちゃスペース おもちゃで遊べるスペース

小さい子どもが遊べるような線路+電車のおもちゃから、オセロなどもありました。

しばし遊んで、絵本を読みに行こうと移動しました。

5F 絵本コーナー+コンピュータールームへ!

絵本コーナー+コンピュータールーム

移動したと言ってもプレイルームと同じフロアです。

奥にパソコンと絵本が置かれたスペースがあります。

コンピュータールーム

コンピュータールーム

僕らの時代では考えられませんでしたが、今はこうやってパソコンが無料で設置されて遊べるんですね。

絵本コーナー

絵本コーナー

絵本の他に、隣にはマンガも置かれてました。

やはり体を動かしたいのか、2冊読んだら「もう行く~」となりました。w

乳幼児専用エリアもありました

乳幼児専用エリア

まだハイハイなどしか出来ない乳幼児専用のエリアもありました。

プレイルームは活発なキッズで溢れてるので、こういうスペースはありがたいですね。

6F 造形スタジオへ

造形スタジオ

工作ができるところです。

ニョロ助にはまだ難しいかな?と思いつつ、ちょっと体験してみようかなと思って行ったものの、結局「やらない~」となってしまったので参加は断念。

土日祝や夏休みなどは予約制になるので、ご注意を!

ちなみに、音楽スタジオもスルーでした…。w

6F 授乳室もあります

授乳室

ニョロ助は授乳は終わってますが、おむつ替えで利用しました。


あとは、またプレイルームに戻っていっぱい体を動かして、おもちゃで遊んで、がっつり2時間ぐらい遊びました。

こべっこランド|まとめ

ベビーカー置き場

▲5Fにはベビーカー置き場がありました。

体をいっぱい動かしたい2歳児。

とは言っても、真夏の炎天下に長時間屋外で遊ばせるのも難しかったりします。

そんな時に、室内型で充実した遊具が揃っているあそび場はホント重宝します。

そして、何といっても無料なのがありがたすぎます。

 

我が家はアンパンマンミュージアムと合わせて行ってきましたが、1日モリモリフルコースで楽しめますよ!

ぜひ行ってみてください!

公式ページ:こべっこランド

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)