【日本食研】もつ鍋スープ まろやか味噌味。想像していたよりも薄味でもう少し濃厚さが欲しかったのがホントのところ

もつ鍋スープ味噌味

我が家の行きつけのお肉屋さんに行った際に、今まで見たことのないもつ鍋のスープの素を見つけました。

▼それがこちら。もつ鍋スープ味噌味 パッケージ

日本食研のもつ鍋スープ まろやか味噌味です。

美味しいもつ鍋の市販のスープを探し歩いている我が家としては、ソッコーで買って食べてみることに。

正直な感想としては、想像していた味より薄めでガツンとしたものを感じられなかった、といったところでしたが、どんな味だったのかレビューしたいと思います。

日本食研からの鍋スープなら、こちらの方が良かったです。

もつ鍋 まろやか味噌味とはこんな鍋スープの素

もつ鍋スープ味噌味 パッケージ

この鍋スープは日本食研から販売されていますが、市販されているもつ鍋スープはそこまで種類が豊富じゃない気がするので、もつ鍋というだけで結構貴重かもしれません。

▼原材料名原材料名

味噌が最初に書かれているので、しっかり濃厚さを感じられるのかなと思ってましたが。。。

▼材料例材料例

一般的なもつ鍋の具材推奨です。

もつを買うなら、小腸がいいですよ。

▼作り方作り方

こちらも一般的な鍋の作り方と遜色ありません。

もつ入れて煮立たせて、野菜をドンで、最後にニラを入れれば完成です。

にんにくの風味は多少ありますが、にんにくの欠片などは入れた方が美味しさは増しそうです(我が家は今回はなし)

▼〆は雑炊ではなく味噌ラーメンとのこともつ鍋の〆

パッケージには味噌ラーメンがおすすめされていました。

我が家の〆は、もつ鍋スープ × チーズリゾット派ですが、今回は〆は作っていません。

スポンサーリンク

もつ鍋 まろやか味噌味で夫婦2人鍋をしました!

概要はこれぐらいにして、早速作っていきます。

▼スープを土鍋に投入!スープを土鍋に投入

濃い!というよりはまろやかな感じがしますね。

▼もつは事前にさっと湯煎します。もつ 湯煎

もつはスープに投入する前に事前に湯煎しておくと、くさみがほぼゼロで、プリプリ感を美味しく味わえますよ。

▼もつをスープに投入!もつを投入

今回は2人鍋なのにたっぷり300gのもつを買いました。

▼ニラも含めて野菜を一気にドンします。野菜 投入

ニラは後から入れるとも書かれてますが、面倒なので一気に入れました。

今回の具材はキャベツににんじん、豆腐にえのきにニラです。あまっていたものなで若干淋しい具材でした。

もつ鍋には隠し味でごぼうが良いと言われているので、次の機会があれば入れてみたいと思います。

これで一煮立ちさせればすぐ完成です。

▼できあがりできあがり

もつのプリプリ感のある見栄えが超いいですね。

実食|実際に食べた鍋の味の感想

もつ鍋 実食

一口食べて思ったのは「あれっ味薄い?」でした。

もつはプリプリで美味しかったのですが、肝心のスープがなかなか絡んでこないのが残念な感じ。

一方、このスープにはにんじんとの相性が良かったです。

他の具材用に使おうとしていたにんじんなので千切りになってますが、ちゃんと輪切りにしてたらもっと美味しく食べられたかもしれません。

 

濃いもつ鍋のスープを欲してる我が家としては、もう少しパンチのある味を楽しみたかったのがホントのところでした。

ということで、今回の〆はなし。

鍋を食べてごちそうさまとなりました。

もつ鍋スープ まろやか味噌味|まとめ

もつ鍋のスープということで即買いでしたが、思ってたよりは薄味だったのが残念でした。

個人的に、もつ鍋のスープなら「ダイショー もつ鍋スープ みそ味」で十分美味しく食べられます。

もしくは、「モランボンのキャベツ鍋用スープ」がおすすめです。

美味しい鍋スープを探している方は、以下の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)