子連れでも楽しめるイベント【ロハスフェスタ万博 2018 Autumn 1st】へ。持参したもの・食べたもの・買ったもの・楽しんだものレポート!

ロハスフェスタのチケット

一度行ってかなり楽しいイベントだと分かったロハスフェスタ。

2018年秋開催であるロハスフェスタ万博 2018 Autumnの【1st】に行ってきましたので、楽しみましたレポートをお届けしたいと思います。

内容としては、

  • 持っていったもの
  • 現地で食べたもの
  • 出店のお店で買ったもの
  • 子供と一緒に楽しんだもの

です。

完全僕主観の記事ですが、雰囲気は分かってもらえると思いますよ!

ロハスフェスタに持参したもの

ロハスフェスタの会場

ロハスフェスタに何を持って行ったらいいのか?というのは、良く聞かれる質問ですが、我が家はもうすでにイベント経験者。

最低限の荷物ですが、ちゃんと持参していきました。

マイ食器・マイフォーク・マイスプーン

マイ食器・マイフォーク・マイスプーン

ロハスフェスタはエコのイベント。

なるべくでもゴミを出さないようにしようということで、マイ食器やマイボトルなどの持参が推奨されています。

なので、我が家もちゃんとマイ食器にスプーンとフォークを持っていきました。

カラフルなお皿はイケアで買ったものですが、底が浅いと料理も入れにくいし持ち運びにくいので、もうちょっとフチのあるタッパー系がおすすめです。

リユース食器は1枚100円で購入可能!

もし手ぶらで来てしまった!という場合でも、リユース食器の購入は可能なので、グルメが楽しめないということはありません。

おはしやスプーンも1個10円で売られています。

▼おはし・スプーン無人販売所おはし・スプーン無人販売所

▲これはグルメエリアにいけば設置されています。

でも、せっかくのイベントの主旨がエコなわけなので、ぜひともマイ食器などは持参して楽しんでほしいなって思います。

▼エコステーションエコステーション

エコステーションがあり、ここで使ったマイ食器などが洗えますよ!

我が家は洗うのは家で!という考え方で、お皿を多めに持っていきました。(といっても4枚ぐらいですが)

ワンタッチテント

ワンタッチテント

ロハスフェスタは、大阪の万博記念公園の東の広場で開催されています。

上記はたたんだ状態のものですが、ワイドサイズで幅2,000mmの大きさのポップアップテントを持っていきました。

芝生の広いスペースなので、そこにテントを拡げてゆっくり過ごすのが気持ちいい。

これがレジャーシートだけだとなかなかくつろぎにくいので、テントがあるとゆっくり昼寝だって出来ますからね。

▼昼寝するニョロ助(息子のこと)昼寝するニョロ助

▼ちょっと寒かったのか、毛布にくるまってました。毛布にくるまるニョロ助

とにかくテントは持参しておくと楽しめる度が10倍増しになります。

▼持って来てる人は多いですよ。テント

コストコのレジャーシート

コストコのレジャーシート

これもたたんだ状態の写真ですが、コストコのレジャーシートを持っていきました。

テントを設置する場所は、大体木の下とか日陰を陣取るのですが、地面が濡れてることが良くあります。

テント自体も防水なので濡れるわけじゃないものの、でもちょっとおしりが冷たかったりします。

コストコのレジャーシートは、厚手・防水・大きい(二畳分)・持ち運びやすい(取っ手付き)・汚れても洗濯可能!という優れものです。

▼Amazonで調べたら同じようなのありました。w

テントの床に敷いて、防寒&防水対策で使います。


他にもニョロ助用に細々したものは持参してますが、ロハスフェスタを楽しむための持参物というとこれぐらいです。

スポンサーリンク

現地で食べた美味しいグルメ

ロハスフェスタの会場

ロハスフェスタのグルメはかなりクオリティが高いと感じています。

その分、お昼時になると行列必至。

そこまでの待ち時間なくスムーズにご飯を食べたいなら、昼前の11時半までには済ませておかないととんでもないことになります。

行列

入場してテントを張ったらすぐにグルメにGo!が良いです。

会場内に設置されたパンフレットの中に書いてあるMapの番号を、店名横に書いています。

▼場内Map(クリックで拡大)場内Map

【Map:A07】無農薬玄米カレー コブカフェ

無農薬玄米カレー コブカフェ

お昼の11時ごろでも大人気だったコブカフェ。

ロハスフェスタでは、何度もグルメアワードを受賞しているという本格カレーが食べられるお店です。

▼カレーメニュー。メニュー

どれも美味しそうですが、キーマカレーを選びました。

▼こちらがキーマカレー。キーマカレー

ご飯はニョロ助にもあげたかったので、ご飯とルーを別々のお皿に分けてもらいました。

味がしっかりしてて美味しかったです。

【Map:F62】龍馬の唐揚げ

龍馬の唐揚げ

お昼前なのに列が出来ていたので迷わず並んだのが龍馬の唐揚げ。

揚げたての唐揚げが食べられます。

500円するので何個もらえるのかと思いきや、3個でした。

▼龍馬の唐揚げ龍馬の唐揚げ

あともう1個入ってると嬉しかったのですが、唐揚げ自体は熱々で身もしっかり詰まってて美味しかったです。

そう考えると、イベント出店でこのボリュームでこの価格は高くないですね。

【Map:A11】ブランカ食堂

ブランカ食堂のメニュー

メニューを見て惹かれて食べたのがこちら。

ブランカ食堂のカリフォルニアチキンとプレミアムフランクのセットです。

豪快なソーセージが美味しそうです。

▼カリフォルニアチキンとプレミアムフランクのセット|800円カリフォルニアチキンとプレミアムフランクのセット

ちょっとタッパーに入れると色合いが悪く見えますが、そんなことないです。

イベントでこういうのを買うと、1,000円超えたりってイメージですが、これで800円なので嬉しい。

香草系の味が少ししますが、それが苦手な僕でも美味しく食べられました。


ホントはもっと食べたかったのですが、行列がありすぎて、この辺でストップしました。

出店しているお店で買ったもの

ロハスフェスタのお店

ロハスフェスタでは、出店しているお店がたくさんあります。

どんなお店があるのか?というのは、もう見て歩いた方がいいと思うのでここでは言及しませんが、我が家が買ったのは一つだけ。

▼こちら。フォルクスワーゲンのチョロキュー

フォルクスワーゲンのチョロQです。

全然ロハスフェスタに関係ないものですが、ニョロ助が欲しがったので買いました。

1個500円です。

と思ったら、フォルクスワーゲンに似せたもので、本物のワーゲンのチョロQではなさそうです。

とりあえず高速で走るので良しとします。w


ロハスフェスタの会場

他にも、ハンドメイドのお店や食べ物のお店からマッサージのお店まで、数百店舗が出店しているので、時間があればゆっくり見て回ると面白いですよ!

我が家はニョロ助がフラフラ寄り道して、あまり見れませんでしたが。w

子供も楽しめるエリア

会場の一角に、子供も楽しめるエリアがあります。

それがふれあい動物広場です。

ふれあい動物広場

3歳以上は入場料が300円かかりますが、結構楽しかったです。

▼アヒルに触ったりアヒルに触る

▼えさをあげたりえさをあげる

えさは別途200円必要です。

▼ひよこと触れ合ったりひよこと触れ合う

他にもうさぎや亀なども触れ合えます。

子供たちで混雑してますが、一緒に触れ合えば楽しいですよ。

ミニSLもあり!

ふれあい動物広場のまわりをミニSLが走っています。

ニョロ助はそれを見て大興奮。乗りたい乗りたいと叫んだので乗せてみました。

こちらも1回300円です。

落ち着いて座っていられるか心配でしたが、ちょっと緊張しながらも楽しんでました。

ミニSLに乗るニョロ助

1周だけなのであっという間ですが、ちゃんと手すりを持って座っていられたニョロ助に、成長しているんだなぁと嬉しくなりました。

朝から行って夕方までのんびり楽しむロハスフェスタ最高|まとめ

ロハスフェスタのロゴ

朝から行って、グルメを堪能して、テントで昼寝して、出店しているお店の商品を色々と吟味して、記念撮影をして夕方にのんびり帰る。

なかなか贅沢な休日の過ごし方が出来ました。

暑すぎず寒すぎずな気候(ちょっと暑いぐらいでしたが)で過ごしやすいので、この時期の屋外イベントは楽しいですね。

この記事を書いている時点では、週末に【2nd】が開催されるので、行こうと思っている人は参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)