iPhoneの復元でiCloudのAppleIDとパスワードが分からずに困った…解決方法とそれまでの過程。復元前に確認するべきことは1つだけ!

s-iphone-563068_1280

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

最近、いつも使っているiPhone6の復元を試みました。すると、普段使っているはずのApple IDとパスワードでは全く進まない事態が起こりました…。

iPhone自体は復元されて、iPhoneの画面に「Hello!」の文字が出るまでは順調に進んだものの、そこから出てくる「iPhoneをアクティベートします」という表示のところで、今まで使っていたIDとパスでも、その他にも記憶にある全てのApple IDとパスワードを入れても「このメールアドレスを使用してこのiPhoneのロックを解除することはできません」という文言が出てきてしまい、全くどうにもこうにも訳が分からない状態になってしまったんです。

最終的には何とか解決出来たのですが…その解決のキーはと言うとiCloudのApple IDとパスワードでした。

それも今使っているIDやパスワードじゃなく、とにかく初めてiTunesに登録した時に設定していたIDとパスワードだったりするので厄介なんです。(自身で変更してれば変わっています。)

解決出来たからいいものの、恐らく同じことで悩む人はまだまだ続出するだろうし、一歩間違ってれば諦めないといけないぐらいに危ない大事件でした。

ということで、自分の備忘録でもあり同じパターンでどうしようもない時は諦めがつくように、今回のご紹介とともに記事にして残しておきたいと思います。

iPhoneの復元をしようとする人は絶対に見ておいて損はないと思います。しかも結構レアなパターンでしたし!

スポンサーリンク

まずはどういう状況だったか

まずは復元しようとしていた時の状況を説明したいと思います。

僕の場合、iCloudは全然使っていなくてもっぱらiTunesを利用していました。もちろんバックアップやアップデートなども全てiTunes上で行っていたんです。

新しい音楽を手に入れたらiTunesに取り込み、バックアップは「このコンピュータ」のラジオボタンを選択し行っていました。

▼良く見るiTunesの画面2016-01-24_20h21_06

画面右上に「サインイン」というところがありますが、もちろんいつも使っているIDとパスワードでログインも出来ていましたから、この時点ではIDとパスワードが分からないとは微塵も思っていなかったんです。

普段からログイン出来ていたんですから。

スポンサーリンク

復元が出来なかった4つの失敗

実は今回iPhoneの復元が出来なかった原因として、偶然が重なりつつ4つの失敗がありました。

これがまたかなりのレアケースでAppleのカスタマーセンターの人もお手上げでした。その4つの失敗を見ていきたいと思います。

1つ目の失敗 / 図らずもリカバリーモードからの復元を行ってしまった!

通常iPhoneを初期化・復元する場合、iTunesから行うという人は多いと思います。

ですが、iTunesの画面に出てくる「iPhoneを復元」をクリックすると、「iPhoneを探す」をオフにする必要があります、という文言が出てくるはずです。

▼「iPhoneを探す」をオフにする必要があります、という文言2016-01-24_20h37_12a

この文言が出てくれば、絶対にIDとパスワードのことには気付くはずなんです。なぜかというと、オフにするためにはIDとパスワードの入力が必要だから。

「iPhoneを探す」をオフにする方法はいくらでも書かれているので、その説明はここでは割愛します。iPhoneから出来ますし、PC上からでもiCloudのIDとパスワードが分かっていれば出来ます。

今回の僕の場合で言うと、通常行うであろうiTunesからの復元ではなく、リカバリーモードからの復元をしてしまったことが1つ目の失敗でした。

しかもリカバリーモードからの復元であることを、知っていた上ではなく知らないままにやっていたのです…。

そのリカバリーモードでの復元方法を簡単に説明すると、

  1. 電源を一度切ります。
  2. ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しします。
  3. Appleロゴがあらわれますが、そのまま長押しを続けます。
  4. iTunesのアイコンと充電差込口の画像(下図)が出てくればボタンを離してOK。

▼iTunesのアイコンと充電差込口の画像s-iphone6-ios9-recovery-mode-screen

リカバリーモードが機能するのは、上記を行った時にiPhoneとiTunesが接続された状態であること

iTunesと接続されてなければ、ただ単に電源がオンになるだけです。

僕の場合、本当はただ電源を一度オフにして再度オンしてもう一度iTunesに読み込ませようと思っていただけなのに、図らずもリカバリーモードの復元の方法をやってしまっていたんです。

そしてそのままリカバリーモードとは気付かず、ただiTunesに読み込まれたと思い込んだまま、PCのiTunes上にこんな画面(下図)が表示されたので、復元の操作を進めてしまいました。

itunes-recovery-mode-iphone

この表示が出てきて、「アップデート」を選択すれば表示されている説明のようにデータは削除されないままに機能する場合があるようです(僕は選択してないので)。

で、僕はと言うと、iTunesに事前にバックアップを取っていたので「復元」を選びました。

これが地獄への入口で、1つ目の失敗でした。

2つ目の失敗 / 表示されたアドレスの文字数の勘違い

iPhoneが復元する処理を終えると、画面はこんな表示になります。▼

s-iphone6-ios9-slide-to-setup

携帯を申し込んだ時に一番最初に設定する画面と同じです。この設定は何度もしたことがあるので、言語を選んで文字変換を選んでどんどん進んでいきます。

するとここで「iPhoneをアクティベートします」という文言とともに、Apple IDとパスワードを求める表示が出てきました。

▼Apple IDとパスワードを求める表示(PC画面)activate_iphone5a

「iPhoneをアクティベートします」という大きな文字の下に、また長い説明が書かれています。

上の画像ではアドレス部分をモザイクにしてしまいましたが、リアルに表示されていた文言を下記に記載します。

このiPhoneは現在Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)にリンクされています。このiPhoneを設定するために使用したApple IDでサインインしてください。

と書かれていました。

何の気もせずに僕は普段使っているApple IDとパスワードを入力しました。

すると…冒頭にも書いたように返ってきたメッセージは、「このメールアドレスを使用してこのiPhoneのロックを解除することはできません」でした。

…???ですよね。

これ以外に普段は使っていないのに、それがはじかれるなんて意味が分からないと。

もう一度表示されているメッセージを読み返しました。すると「現在Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)にリンクされている」と書かれていることに気付きました。

ここで2つ目の失敗というか勘違い

アルファベットの「n」の後ろに「●」が5個ついています。実はこれ、『「n」の後ろに5文字あるよ』という意味で表示されているのではありません

「n」の後ろに何文字続くかは分からないけど、頭文字は「n」だよというだけなんです。

僕がここで勘違いしたのは、よく普段使っているYahoo!のアドレスで「n」から始まり、@の前が「n●●●●●」の文字数のアドレスを使っていたんです。

普段使っているApple IDとは違うものの、ここで入力しないといけないApple IDはそのアドレスなんだ!と思い込んでしまいました。

さらに運が悪いことに、僕が普段から使っている「n●●●●●」のアドレスでもiTunesに登録したことがあり、Apple IDとして機能しているものだったんです。

それがなぜ分かったかというと、先程の画像を見てもらえれば分かりますが、Apple IDを入力するところの上に「お忘れですか?」というリンクがあります。

activate_iphone5a

これはどこにでもあるパスワードを忘れた時に再設定するためのリンクです。

そこをクリックするとApple IDを求められるので、「n●●●●●@yahoo.co.jp」のアドレスを入れてみると、パスワードリセットのための手順を進めることができたからなんです。

僕はすぐさまパスワードを再設定しました。

そしてもう一度ページに戻り、「n●●●●●@yahoo.co.jp」のアドレスと設定し直したパスワードを入力してみたんです。

すると…「このメールアドレスを使用してこのiPhoneのロックを解除することはできませんのメッセージ。

何でやねん!!!

と思わず言ってしまいましたよ。

この時の僕の思考はと言うと、完全に「n●●●●●@yahoo.co.jp」のアドレスに囚われてしまっていました。

表示された「n●●●●●」という説明と、僕が普段使っているアドレスの文字数が完全に一致してしまった偶然が引き起こした勘違いの失敗だったんです。

ここから5時間ぐらいは、このアドレスとパスワードのために調べに調べましたが全く解読できませんでした。

もちろん間違ったApple IDなので、どれだけパスワードをいじくろうと解決になるわけがありませんからね。

3つ目の失敗 / 何個ものApple IDのパスワードを同じにしていた

今回の僕の例でお話しすると、普段から使っているApple ID、全く使ってなかったけど出てきた「n●●●●●」のアドレスのApple ID、そして今回の解決に必要だった「n」から始まることだけ分かっているアドレスのApple IDの合計3つのApple IDを持っていたんです。(最初は普段使っているものだけだと思ってましたが、解決した今3つあったと分かっています。)

  • 例①:y.**********@i.softbank.jp(普段から使っている僕のリアルなアドレスのApple ID)
  • 例②:n●●●●●@yahoo.co.jp(全く使ってないけど、登録があることがわかって出てきたApple ID)
  • 例③:n*******************@yahoo.jp(記憶にもなかったけど、これが解決になったApple ID)

といった感じにアドレスは3つありました。

今もしApple IDを作ろうとすると、パスワードには大文字を入れたり8文字以上にしないといけないルールがありますが、僕がこのApple IDを取得した時はそんなにルールが厳しくなかったため、簡単なパスワードを設定していました。

しかも10年以上?ぐらい前から持ってるIDだったので、大文字を入れることも必要ありませんでした。

ここでの失敗は、3つのアドレスのApple IDがあるにも関わらずパスワードを全て同じにしていたので、IDが違うことなどは気にも留めていなかったということです。

どういうことかというと、iTunesで音楽を購入する時やiPhoneで有料アプリを購入する場合、パスワードを求められることがあると思います。

▼iPhoneで有料アプリを購入しようとする時の画面s-IMG_5567

Apple IDのところはモザイク処理してますが、ここにApple IDが記載されているわけです。そして求められるパスワード。

Apple IDごとに違うパスワードを設定していれば分かったことですが、僕は全部同じパスワードだったため、IDが何かを気にすることがなかったんです。

詳しくは後でわかってきますが、ここでのApple IDも実は例③のアドレスになっていたんですね。それを気にしないまま使っていました。

例①も例②も例③もApple IDは違うのにパスワードは全て同じにしていたことが、こういう勘違いを発生させた原因だったと思います。

4つ目の失敗 / 無効のアドレスで登録していた

もはやこれがそもそもの大失敗でした。

今まで読んでくれた方は一部違和感を感じたかもしれませんが…

activate_iphone5a

この画面が出た時に書かれていた文字をもう一度引用してみます。

このiPhoneは現在Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)にリンクされています。このiPhoneを設定するために使用したApple IDでサインインしてください。

と書かれていたとお伝えしました。どこか一部がおかしいと思いませんか?

そう、【Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)】と書かれていたんです。「@yahoo.co.jp」じゃなくて、「@yahoo.jp」です。「co.」が抜けたアドレス表示になっているんです。

3つ目の失敗の話しの時に、例のアドレスを3つ書きましたが例③のアドレスを見てもらえると、ちゃんと@yahoo.jpと書いています。記載抜けや間違いじゃなく、ホントにそう表示されていました。

上記の画像でそれを載せたらいいじゃないかと言われそうですが、スクリーンショットを取っていなかったのでありません。

話しは戻して、@(アットマーク)より後ろに、「yahoo.jp」というアドレスは存在しないんです。なのにApple IDとしては存在していたんです。

どういう事かというと、10年以上前に登録したApple IDなので今みたいにセキュリティがしっかりしていたわけじゃなかったということ。

もし今Apple IDを新規作成した場合、色々な情報を入力後、設定したApple ID(設定したアドレス)に確認用のメールが届きます。

そして、そのメールに書かれている数字を入力しないと登録が完了しないんです。

でも僕が初めて登録した時代は、とりあえず登録完了のメールは送信されるものの、今みたいに確認用のメールではなくただ登録されましたよーという内容のものが送信されるだけでした。

必要事項を入力し登録ボタンを押せば、それでIDとして活用できるようになっていたということです。

そんなバカな…と思うかもしれませんが、事実僕がそうだったので間違いありません。

「@yahoo.jp」と書かれていることは気付いてましたが、この時はただの記載間違いだと思っていたのであまり気にもしませんでした。

そしてAppleカスタマーセンターの人にも気にしないでいいと言われましたし!

覚えておいてほしいのは、「このiPhoneは現在Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)にリンクされています。このiPhoneを設定するために使用したApple IDでサインインしてください。」とメッセージが表示されている場合、

  • 「n」から始まるアドレスであること
  • ●の数は5個になっているけど、5個のわけじゃなく「n」の後に何かしら文字が続くということで、何文字かは不明
  • @の後ろは表示されたもので登録されている事に間違いはない

ということです。

これは解決した今だから話せることで、もはや完全お手上げ状態だった僕はAppleカスタマーセンターに頼ることにしました。

ここからもたらいまわしと誤案内が続きます。

Appleカスタマーセンターでのやり取り

自分一人では解決できないと思った僕はAppleカスタマーセンターに連絡し相談することにしました。

正直カスタマーセンターの対応はメチャクチャいいです。低姿勢だし客側の意見には素直に耳を傾けてくれて、すごい気にかけてくれる風を装ってくれます。

ですが、残念ながら知識としてはどうなの?というレベルで、僕は4回ぐらい電話するはめになり結局自分で解決することになったんです。

今回はそれについてお話ししたいと思います。

Appleカスタマーセンター1人目の案内

初めての電話ですので、しっかり状況を説明しないといけません。

僕がとりあえず伝えたのは下記のことです。

  • iPhoneを復元した(リカバリーモードで復元したことは気付いてなかったので、ただ復元したとだけ言った)
  • 復元自体は処理されて、「iPhoneをアクティベートします」という表示のところまで来た
  • そこで、Apple IDとパスワードを求められているが、自分が知っているApple IDとパスワードを入れても違うと言われる
  • 「n●●●●●@yahoo.jp」と書かれていたので、自分が使っている「n●●●●●@yahoo.co.jp」のアドレスでApple ID登録があるのかを確認すると実際にあった。でも全く覚えていないし使ったことがないと思っている
  • とりあえず「n●●●●●@yahoo.co.jp」のパスワードのリセットと再設定をした
  • 「n●●●●●@yahoo.co.jp」のアドレスと再設定パスワードを入れてもすすめない。
  • 「n●●●●●@yahoo.jp」と書かれているが、これは「n」から始まるアドレスと言うことで間違いない?
  • @yahoo.jp」と書かれているが、自分が持っているアドレスは「@yahoo.co.jp」だけど、これはただの記載間違い?
  • で、結局どうしたらいい?

というようなことを説明しました。

僕がApple IDが分からないから困っていると言っているのに、カスタマーセンターの人はちんぷんかんぷんな説明を10分ほどしてきました。

そしてここで「@yahoo.jp」と書かれているが、自分が持っているアドレスは「@yahoo.co.jp」だけど、これはただの記載間違い?という僕の質問に対して、

「それは気にしなくて大丈夫です」と完全に言い切りました。

そう言われると、「@yahoo.co.jp」で間違いないんだなと思うに決まってますよね。

そして、「では、リカバリーモードで復元というのがありますので、そちらで対応できるはずなのでご安心ください」なんて言ってきました。

その時はまだ、自分がリカバリーモードで復元していた事実に気付いていなかったので「わかりました」と答えます。

言われた通りにすすめ無事にリカバリーモードからの復元が始まりました。

するとカスタマーセンターの人は、「復元までに少しお時間かかりますが、それで処理できると思いますので」と言って電話を切ることになりました。

もちろんリカバリーモードで復元を始めても、行きつく先で求められるのはApple IDとパスワードです。これが分からないと言っているのに…まぁこの時は知る由もありませんでしたが。

そして電話を切って30分、復元が終わりiPhoneの設定を進めていくと、

activate_iphone5a

出てきたのは同じ画面。もちろん何も解決には至りませんでした。

Appleカスタマーセンター2人目の案内

ちょっとイラっとしてましたが、解決しなかったので再度Appleカスタマーセンターに電話しました。

1回目は営業開始すぐに電話したので繋がりましたが、少し時間が経過していたので回線が混み合っており大体10分ほど待ちました。

すでに1回目の電話で自分のiPhoneのIMEI番号を伝えていたため、履歴を確認してもらい、再度「iPhoneをアクティベートしますと表示が出てきている時のApple IDとパスワードが分からなくて困っている」と伝えました。

そしてとんでもない案内をされたんです。やり取りはこんな感じ。

Non太
Apple IDとパスワードが分からなくて困ってるんです…
Apple
それは大変お困りですね。ぜひ解決できるように努めさせて頂きます。
Non太
はい。お願いします!
Apple
一つお伺いしますが、iPhoneを購入した時に契約した携帯のキャリアはどこですか?
Non太
ソフトバンクです。
Apple
分かりました。ではiPhoneの左上に文字が書かれていると思いますが、何と書かれていますか?
Non太
文字は何も書かれてないです。文字と言うと4Gとだけ書かれてるだけですが…
Apple
4Gが書かれていれば問題ありません。その左には何と書かれてますか?
Non太
それ以外書かれてませんよ。4Gの隣には電波?の●が5個ぐらいあるだけです!

▼画像としてはこんな状態(引っ張ってきた画像なので3Gと書かれてますが、4Gと書かれてる以外は一緒です。)02

Apple
それはおかしいですね。普通だったら電波と4Gの間に「softbank」と携帯のキャリアが表示されるはずなんですが…もしかするとSIMカードとsoftbankとの接続がうまく出来ていない可能性がありますね。
Non太
携帯キャリアの表示は、設定が終わってから表示されるものじゃないんですか?今の段階ではどれでも表示されないと思うんですけど…
Apple
ん~、SIMカードとsoftbankとの接続がうまく反応していないと出来ないこともありますので…
Apple
一度ソフトバンクに行ってSIMカードが正常かどうか、必要であればSIMカードの交換なども行っていると思いますので、一度行ってみる方がいいかもしれません
Non太
分かりました。一度行って確認してきます。

これで電話は切れました。どれだけ素人の案内やねん!と思いました。

心の中ではSIMカードなんて全く関係ないに決まってるやんけ!と思いつつ、でもまぁ自分が間違っていない証明のためにソフトバンクショップに行きました。

結果はと言うと…もちろん全く何も解決するはずがありません。

一応ショップで使っている有効なSIMカードと入れ替えてみたりもしてくれましたが、もちろん画面は同じく「iPhoneをアクティベートします」と表示され、Apple IDとパスワードを求められるだけでした。

少しイラついてましたがこれも僕が復元したから悪いんだと言い聞かせ、Appleカスタマーセンターに3回目の電話をしました。

Appleカスタマーセンター3人目の案内

3回目の電話は待ち時間が10分以上ありましたが何とか繋がり、2回に渡って受けた案内のことを説明しました。

そして次に聞かれたことはこちらです。

  • 今までに案内されたこと、実践したことを全て教えてほしい
  • 他にApple IDを持っているか?
  • 持っていたらApple IDを教えてほしい

全て説明し保留にされた後、担当者は言いました。

Apple
今までのことをまとめますとスペシャリストがおりますので、そのスペシャリストにつないでご案内させて頂いても宜しいでしょうか?

最初からつないでくれよ…と思いましたが、お願いしました。このスペシャリストも混み合っているらしく、約20分近く保留のまま待たされましたが。

結局3人目の人は、状況を詳しく聞くだけで案内はせずスペシャリストと呼ばれる人に繋ぐことを選択してくれました。

Appleカスタマーセンター4人目のスペシャリストの案内

最終的にはこのスペシャリストでも解決できないまま、諦めかけた時に解決出来たのですが、その一部始終をレポートします。

まずは同じように今までの状況を説明したり解説したりします。

そして聞かれたことは以下のこと。

Apple
「n」から始まるアドレスで過去に使用したアドレスや思い当たるアドレスはありませんか?

やっとApple IDが分からないと言っているところを見てくれる人がきてくれたか!と思い、色々とアドレスを思い出してみます。するとたくさん出てきました。

まずはこれ。【n●●●●●@yahoo.co.jp

何度もここで記載した普段使いしているアドレス。

このアドレスはApple IDの登録があるが、パスワードも再設定して分かっている。そしてはじかれるためスペシャリストには違うと言われました。

次に思い出したアドレスがこれ。【n▲▲▲▲▲▲▲▲▲@yahoo.co.jp

これは昔に一度捨てアドレスとして作ったアドレス。スペシャリストに調べてもらうと、このアドレスでApple IDを作成したという履歴がないとのこと。

そして「n」から始まるアドレスで過去に作った記憶のあるもの【n*******************@yahoo.co.jp

これは10年以上前、まだiPhoneを持っていなくてiPod nanoを持っていた時代に、iTunesをダウンロードしApple IDを作成したことがあるような…というのを思い出しました。

しかしそれを伝えて調べてもらった後のスペシャリストの回答は、「このアドレスでもApple IDを作成した履歴がありませんね。」と。

カスタマーセンターでは、アドレスを言えばApple IDがあるかどうかは分かるようです。

もちろんどのApple IDでパスワードを入れてみても、「このメールアドレスを使用してこのiPhoneのロックを解除することはできません」というメッセージが出るのみ。

もはや僕もスペシャリストもお手上げ状態でした。

そんな時に最後の手段を提案してくれました。それは、

Apple IDとパスワードの完全リセット

です。

結局しなかったので詳細は分かりませんが、どんなものか簡単に言うと、

  • 別の部署対応で4営業日ぐらいかかる
  • するには携帯会社の契約書の控えなどの提出が必要
  • その控えがなければ、ショップで契約事項証明書なるものを発行してもらえるので、それで代用は可
  • 恐らくその証明書の発行にも数日かかり、手数料もかかるはず(自分で調べてと言われた)

上記を準備すれば、Apple IDとパスワードの完全リセットが出来て使えるようになるようです。どんな風にするかは分かりませんが。

僕は契約書の控えも見当たらず、これをすると約10日間ぐらいは間違いなく携帯が使えない。それは困る…という状況になっていました。

それでも完全リセット以外に手はないか…と諦めようとした時、もう一度PCの画面を見ました。

activate_iphone5a

このiPhoneは現在Apple ID(n●●●●●@yahoo.jp)にリンクされています。このiPhoneを設定するために使用したApple IDでサインインしてください。

こう書かれています。そしてもう一度聞きました。

Non太
「n」の後に●が5個ついてますけど、「n」の後に5文字あるという意味ではないんですね?何文字かはわからないけど、頭文字が「n」というだけで後は何文字続くかは分からないということですね?
Apple
そうです!Apple IDさえ分かれば対応の方法はあるんですが…
Non太
では、「n●●●●●@yahoo.jp」と書かれていますが、@の後が「yahoo.jp」になってます。

さっきも電話して聞いた時は気にしなくていいと言われたんですが、「@yahoo.co.jp」のアドレスではなくて「@yahoo.jp」というアドレスで登録しているということじゃないんですか?

もちろんyahoo.jpというアドレスが存在しないのは分かってますけど…

Apple
そうですよ。その画面に表示されているドメインは登録のものが表示されるので、@の後ろは「yahoo.jp」で登録されているということですよ

え…?

えぇ…?

おいおいおいおい!気にしなくていいって案内されたんやけど!!

間違った案内されてるやんけー!!という心の声は静めて聞きました。

Non太
じゃあ、さっき「n」から始まるアドレスで思い出せるだけ思い出しましたよね?それを全部「@yahoo.co.jp」じゃなくて「@yahoo.jp」っていう可能性はないですか…?
Apple
ちょっと調べてみましょうか。

と言ってくれたと同時に僕も自分でPC画面に入力してました。

まず一つ目の【n●●●●●@yahoo.co.jp】⇒【n●●●●●@yahoo.jp】で入力。

パスワードは分かっているため入力すると、「Apple IDまたはパスワードが間違っています」と表示されました。なので違います。

次に【n▲▲▲▲▲▲▲▲▲@yahoo.co.jp】⇒【n▲▲▲▲▲▲▲▲▲@yahoo.jp】と入力。

こちらも「Apple IDまたはパスワードが間違っています」と表示されましたので違う。

最後にこれ。【n*******************@yahoo.co.jp】⇒【n*******************@yahoo.jp

このアドレスはiPod nano時代に使っていたアドレスで、初めてiTunesをPCにダウンロードした時に登録したような…と思っていたアドレスです。

そしてそれがまさしくビンゴでした。アドレスの「co.」を抜いた存在しないアドレスを入れてパスワードを入力するとついに次の段階に進むことが出来たんです。

それをスペシャリストに言うと、

Apple
n*******************@yahoo.jp】で調べてみると、確かにApple IDが出てきました。履歴としては、メールの受信が未受信になった状態のままですね

ですって。

要するに、10年以上ぐらい前に登録したものだから、間違ったアドレスのままでもApple IDとして登録が出来たんだそうです。

そして、

Apple
受信できるメールアドレスに登録内容の変更はしているだろうけど、変更したアドレスにIDが変わるわけじゃない

IDはそのままなので今回のようなことが発生したんでしょう

とか言ってました。

まさしく勘違いが勘違いを呼んだ珍事件となりました。

iPhoneの復元 / まとめ

大変長くなりましたが、iPhoneの復元についてはかなり詳しくなりました。

僕はたまたまリカバリーモードでの復元を行い、Apple IDとパスワードが分からない事態になってしまいましたので、安易にリカバリーモードで復元するのは気を付けた方がいいですよ。

iPhoneの復元をする前に行うこととして、必ず役立つことをまとめておきます。

  • iPhoneのアプリ、設定>iCloud>とタップした後に、上部に表示されているIDを必ず確認しておく。(いつも自分が使っているApple IDとは違う場合がある)
  • 上部に表示されている名前とIDが書かれているところをタップし、パスワードを入れてログインしてみる。(パスワードが合っているか確認)
  • パスワードが分からなければ再設定する。

もうこれだけです。iCloudとしてのApple IDとパスワードを確認しておくだけ!

要するにiPhoneの中にあるiCloudに設定されているApple IDがなにかを把握しておくことが大切ということです。(PCのiCloudでもいいですが)

僕と同じ状況でApple IDが一切分からないという場合、必ずAppleカスタマーセンターに連絡しましょう。

思い当たるアドレスなどを言いまくってApple IDがあるかどうかを調べてもらうのも一つの手ですし、それでも出来ない場合はApple IDとパスワードの完全リセットなるものが出来ますので、それを利用するしかないでしょう。日数はかかるようですが…。

日数がかかるのがイヤと言いつつApple IDの見当もつかないというのであれば…もう選択肢はないということですね。

一度復元の処理をした後に、やっぱりやーめた!というのは出来ませんので。完全に密室に閉じ込められて、鍵穴はあるけど鍵はないという状況と同じです。

白ロムのiPhoneをヤフオクなどで購入するか、など新しい端末を用意するほかないですね。

起こったことをまとめるつもりが物語のようにメチャクチャ長くなってしまいましたが、iPhoneの復元で困った場合の対処法として少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

10 件のコメント

  • 僕も今ほとんど同じ状況で困っていて、いろいろ調べているとこのサイトに行き着きました。
    非常に分かりやすく、そして細かく書いてあるので助かりました。
    まだ直ってないのですが、あともうちょっと頑張ってみようと思います。
    ありがとうございました。

    • shady_crownさん
      コメントありがとうございます。
      無事にIDは見つかりましたでしょうか?
      めちゃくちゃ心配だとは思いますが、うまく見つかって復元できていることを願ってます!

  • iPhoneバックアップパスワードを解除したい場合は、Tenorshare iPhone Backup Unlockerで暗号化したバックアップを解除できます。

    • えぇ?!
      そんなソフトがあるんですね。。。
      有料みたいですが、困った時には役立つかもしれませんね。

  • Apple IDを忘れてしまい、数か月何度もチャレンジしてもう諦めかけていた時、『Apple ID 忘れ ・・・の数』で検索してこちらにたどり着きました!

    『「n」の後ろに5文字あるよ』という意味で表示されているのではありません。

    この文字を読んで、やっぱり合計6文字アドレスなんて思い出せないもん!違うよね~…なんだろ~…と思い出そうとしたら、
    なぜか数か月思い出せなかった、Apple IDがパッと思い出されました!

    きっかけをくださり感謝しています。
    おかげで2台のiphoneが使えるようになりました!
    本当にNon太さんのお陰です!ありがとうございました(*^O^*)

    • ごま油さん
      Apple IDはほんと曲者ですよね。w
      数ヶ月経ってから無事に解決したなんてすごい!
      でも良かったです。
      わざわざコメント頂きありがとうございます☆★

  • 私も同じ状況で困っております。
    やっていること全て同じで仲間がいた~!と安心しました。
    といっても私はまだID思い出せていないのですが…
    確認しましたが@以降も間違ってなく…。
    ここ2週間程iPhoneが使えなくて不安な日々を送っています。。。

    私もアップルサポートのスペシャリストなる方に相談しました。
    ただやはりだめで、、、
    Non太さんはApple IDとパスワードの完全リセットができると言われたようですが、それをやってもらったら今までのデータは消えないのでしょうか?
    私はID思い出せなかったら初期化するしかないと言われたので、どっちなのかな?と思いました。
    もちろん購入証明書はあります。

    それにしても細かい内容の記事、とても助かります!
    長文失礼致しました。

    • こんばんは!
      まさか同じ状況とは…
      2週間も使えないなんて気が遠くなりますよね。。。
      便利になったはいいけど、ホントIDとパスワードは厄介です…。
      僕はいつもiTunesでバックアップを取ってるんですが、完全リセットをしたからと言ってiTunesのバックアップ情報までなくなるわけじゃないと思ってるのですが…。
      実際その話を聞いたわけじゃないので定かではないんですけど(*_*)
      少しでも参考にしてもらえたなら良かったのですが、何とかIDが分かるといいですね!
      コメントありがとうございます!

  • 私も、アクティベーションロックがかかり、携帯がつかえなくなり、11日目になりました。。。AppleIDの復旧をしてるのですが、まだきません、、、。2ファクター認証をしてるからとか、iPhoneを探すをオンにしていたからだとか、パスコードをいれて、まちがえて冷静になればよかったのがテンパッていろいろやってこのありさまです。いつになったらAppleIDの復旧ができるんだろう、、、。これは、セキュリティーはすごいですが、ひどすぎます。携帯代が無駄になっています。共感できる人もいなく、にたような、状況なので少しすくわれました。Apple、ひどいです。何回か泣いてAppleサポートに電話しました。大丈夫ですよ。と優しくいわれるんですが、いつになったら、携帯が使えるようになるのだろうか、、、解約もよぎります。でも、Appleサポートは、大丈夫といいます。アメリカで手作業でひとつひとつ確認してるから、時間がかかってるらしいですが、遅すぎてもう、ブルーです。きいてもらえる、共感できる人がいなくて不安でした。11月13日から今日は26日です。恐るべしiPhoneです、、、(;_;)

    • megumiさん
      ホントにロックがかかった時の気持ちはならないと分からないですよね。例えパスワードを忘れた自分が悪いとは言え…
      Appleの物腰は柔らかいですが、ただのコールセンターの人なので知識もちょっと詳しいぐらいの人とあまり変わらないのも多いのですし、困ったものなのは良く分かります。
      修理等に出しているならもはや待つしかないと思いますが、何とか早く戻ってくると良いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。