【ヤマキ】キムチ鍋つゆ。辛さ控えめ甘みもある鍋つゆで、無難に美味しい鍋スープでした!

キムチ鍋 完成

市販の鍋スープが好きな我が家は、ほぼ毎週のように色んな鍋つゆを試しています。

今回見つけたのはこちら。

▼ヤマキのキムチ鍋つゆヤマキのキムチ鍋つゆ

ピリ辛で濃い味が好みなので、新しいキムチ系の鍋ということで買ってみました。

実際に食べてみたので、どんな味だったのかレビューしたいと思います。

ヤマキのキムチ鍋つゆとはこんな鍋スープの素

ヤマキのキムチ鍋つゆ パッケージ

だし系の商品で有名なヤマキから販売されている鍋スープです。

▼原材料名原材料名

食塩が一番多いみたいで、味は大丈夫か?って気持ちになりました。

▼材料例材料例

王道の鍋食材でOKです。

▼我が家の今回の食材食材

例と同じような食材になりました。

▼作り方作り方

これも基本的な通りで、スープを入れてただ煮込めば完成します。

正直、どの順番で煮込んでも大差ないので、そんなに気にしなくていいと思います。

▼〆のおすすめは雑炊〆のおすすめは雑炊

個人的にキムチ鍋は中華麺よりもリゾットの方が合う気がします。

特にチーズリゾットがおすすめです。

スポンサーリンク

夫婦2人のキムチ鍋を堪能しました!

▼まずはスープを土鍋に投入し、煮立たせていきます。スープ 投入

「煮えにくい具材を順番に」ということですが、とりあえず肉を入れて野菜を一気にドンと入れました。

▼こんな感じで。野菜を投入

蓋をして煮立たせます。

▼煮立ってきました。鍋を煮る

あとはもう少しニラを浸して混ぜ合わせれば出来上がりです。

▼完成しました!キムチ鍋 完成

赤赤しいキムチ鍋というよりは、見た目赤っぽさも控えめで、出汁が効いてる鍋かなといった感じに見えます。

実食|食べてみた味の感想

キムチ鍋 取り分け

いいにおいが漂ってきていましたが、辛さ控えめのキムチ鍋でした。

これ!といったパンチ力はないものの、無難に美味しく食べられるお鍋とも言えます。

小さすぎるとまだ辛いと言うと思いますが、少しぐらい辛いのへっちゃら!という子供であれば、食べられるレベルかもしれません。(個人差でしょうが)

辛い系の鍋だと赤から鍋三番にはかないませんが、美味しく食べられました。

〆にチーズリゾットはおすすめ!

キムチ鍋の〆には断然チーズリゾットをおすすめします。

味もまろやかになって、バクバク食べられちゃう美味しさです。

どんなキムチ系の鍋であっても、チーズがまろやかさを演出してくれるので、大体美味しくなりますよ!

▼残ったスープを煮立たせて残ったスープを煮立たせて

▼煮立ったらご飯を入れて、馴染ませます。ご飯 なじませる

▼火を止めてチーズを入れます。火を止めて チーズ投入

▼完成です。チーズリゾット 完成

今回は残りのスープに対してご飯の量が少なかったので、失敗作になってしまいました。

それでもとがった味がまろやかになるので美味しく食べられました。

やっぱりキムチ鍋には中華麺よりチーズリゾットがおすすめです。

ヤマキのキムチ鍋つゆ|まとめ

市販の鍋のスープを色々食べ比べた知見から、正直なところキムチ鍋スープとひとくくりにすると、そこまで大きな大差はありません。

多少の好みや味の濃さはあるものの、大体がちょい辛のちょい甘みのあるスープといったところ。

今回のヤマキのキムチ鍋つゆも、ガツンと特徴を感じるスープではなかったものの、無難に美味しく食べられました。

手軽にキムチ鍋がしたいなら、買ってみてもよいかもしれませんよ!

▼我が家のおすすめランキングはこちらです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)