【イチビキ|赤から鍋スープ一番】辛さひかえめ・甘みのある鍋スープを食べたいならこれ!〆のリゾットは抜群の美味しさ!

赤から鍋スープ一番

数ある市販の鍋スープの中でも、我が家ではかなりのお気に入りの赤から鍋シリーズ

今回は辛さ控えめの「赤から鍋スープ 一番」を試してみました。

ピリ辛が楽しめる三番と比べると、かなり甘めのスープになっていましたが、十分美味しかったのでレビューしたいと思います。

〆のリゾットは抜群の美味しさで、やはり赤から鍋 × チーズリゾットは最強のコンビですよ!

赤から鍋スープ一番とはこんな鍋スープの素

赤から鍋スープ一番のパッケージ

辛すぎるのは苦手な僕ですが、一番はそんな心配は不要な辛さマイルドな鍋スープです。

むしろもう少し辛さはあっても良いかなと思えたレベル。

▼原材料名原材料名

三番と比べると、豆板醤の表示されている順番が違いますね。(三番の方が前に来ているので、その分だけ辛さが強いということでしょう)

▼材料例材料例

辛い系の鍋にはニラや鶏つくねが良く合いますよ!

今回は鶏つくねが間に合わなかったので、ニラのみ準備で食べます。

▼作り方作り方

さすが鍋スープ。

沸騰させて材料をドンして煮込めばOKという手軽さです。

スポンサーリンク

赤から鍋スープ一番を2人鍋で作りました

では、早速作っていきます。

▼土鍋にスープを投入。土鍋にスープを投入

ちょっと赤みがかってますが、そこまで辛そうな色ではありません。

▼今回の食材はこちら。鍋の具材

豚バラ肉・白菜・もやし・ネギ・豆腐・ニラ・えのきです。

お鍋に豆腐を入れるなら、写真に写っている鍋八が形が崩れにくく、でも味が染み込むのでおすすめです。

▼一度スープを煮立たせて豚バラ肉を投入!豚バラ肉を投入

▼煮立ったら野菜を一気にドン!野菜を投入

ニラともやし以外の野菜を入れています。

▼いい感じに煮込まれてきました。赤から鍋 完成間近

▼にらともやしを入れます。にらともやしを投入

▼煮立ってかき混ぜたら完成です。完成

ニラの緑が映えて、なかなか彩りも良いお鍋になりました。

実食|鍋の味の感想

赤から鍋の味の感想

辛すぎるのは苦手な僕ですが、個人的にもう少し辛さはあっても良くて、甘みの方がちょっと強いかなと思いました。

とは言え、完成度が高く美味しいお鍋には間違いありません。

今回の具材には入ってませんが、もち餃子とか鶏つくねは相性良いので、トッピングにおすすめですよ。

〆のチーズリゾットとの相性が抜群

「赤から鍋と言えばリゾット」というほどに、鍋の〆で食べるリゾットが美味しいです。(三番の時に食べて体験済み)

今回も迷わずチーズリゾットにしました。

▼残ったスープを煮立たせて残ったスープを煮立たせる

▼白ご飯を投入。白ご飯を投入

▼かき混ぜつつ再度煮立たったら、火を止めてチーズを投入!チーズを投入

▼かき混ぜたら完成です。チーズリゾットの完成

ちょっとチーズが少なかったです。。。

▼パセリとか振るといい感じに!チーズリゾット

辛さはどこへやら?といった味ですが、チーズの濃厚さとスープの甘さもあってメチャクチャ美味しいです。

赤から鍋の〆は、中華麺じゃなくリゾットをおすすめします。

赤から鍋スープ 一番|まとめ

赤から鍋スープ一番のパッケージ

辛さマイルド、甘さが強めの赤から鍋スープ一番でした。

辛さを求めるのであれば、一番ではなく三番もしくは五番(まだ未開拓)の方が良いと思います。

辛いの苦手な僕でさえ、もう少し辛さを求めるほどだったので。

とは言え、美味しさは抜群で、それでいて300円前後という価格は、コスパが良いと言えます。

楽に鍋をしたい時は、ぜひ候補の一つにしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)