【ダイショー】白みそ鶏鍋スープ。濃すぎず薄すぎずな味を楽しめる鍋スープでした!

冬になるととにかく鍋が食べたくなるNon太(@LoveWifeLives)です。

今回、普段行っているスーパーでは一度も見かけたことのなかった鍋スープを発見しました。

▼それがこちら。

ダイショーからの「白みそ鶏鍋スープ」です。

我が家はみそも鶏も大好きなので、いつもとは違うスーパーに行った際、たまたま見かけてそのまま衝動買いしました。

結果、白みそと言うほど濃くはなく、でもかといって薄いわけでもない、という鍋が楽しめました。

白みそ鶏鍋スープとはこんなスープの素

白みそ鶏鍋スープのパッケージの写真

白みそのまろやかなコク、塩麹の風味、鶏の旨み」が特徴と言われている鍋スープです。

鶏鍋というぐらいなので、鶏もも肉を入れることがおすすめされています。

▼原材料

一番最初に塩麹と記載がある通り、スープを煮たたせる前は、かなり麹のにおいがします。

こんなににおって大丈夫か?と心配になりましたが、煮込んだ後は全く気にならなくなりました。

▼作り方例パッケージ裏の作り方の例

煮込む時に出るアクは取った方が良いみたいです。

我が家で作った時は取らずにそのまま食べてますが、そんなに気にならない程度でした。

▼〆はみそラーメンがおすすめされています。

〆はいつもラーメンかうどんか雑炊かで悩みますが、パッケージにおすすめを書いておいてくれると、悩まずにすむのでありがたいですね。

スポンサーリンク

白みそ鶏鍋スープで2人鍋!

そんな前置きはこれぐらいにして、サクッと作っていきます。

▼まずはスープを投入。鍋のスープの素

この時がお酒のような麹のにおいが結構きついです。

まずはスープだけで煮立たせます。

 

▼お鍋に入れる材料はこんな感じに。鍋の材料の写真

今回は結構材料多めに、右上から時計回りに、

  • 白菜
  • 鶏肉
  • 豆腐
  • エリンギ
  • えのき
  • ネギ
  • 鶏つくね(写真なし)

というラインナップで作ってみました。

あまり鍋に鶏肉を入れることはないのですが、この鍋スープを使うなら鶏肉は入れておいた方が良いです。

個人的にかなり美味しく感じられましたので。

 

▼スープが煮立ったら具材を一気にドン!鍋に具材を入れた写真

▼再度煮立たせたらあっという間に完成です!

色が白いので、見た感じ薄そうな味に見えると言えばそう見えますね。

白みそ鶏鍋を実食!

白みそ鶏鍋を盛った写真

いつの間にか麹のクセのある匂いはなくなってました。

食べてみた感想は、思っていた以上にコクがあって美味しかったです。

色味的に薄い味になるのか?と想定してましたが、しっかりみその味も口の中に広がるので、薄すぎずかと言って濃すぎない味を求めている人にはおすすめかもしれません。

〆はラーメンで!

生ラーメンの写真

パッケージに書かれていた通り、〆はラーメンでみそラーメンとして食べることに。

鍋で〆のラーメンを食べたい時、上記写真はTOPVALUの生ラーメンですが、これメチャクチャ美味しい上に安いのでおすすめですよ!

▼もちもちの麺とスープは相性〇でした。

みそラーメンという程に濃さはありませんでしたが、生麺で食べると美味しかったです。

白みそ鶏鍋スープ / まとめ

美味しく食べられた白みそ鶏鍋スープですが、我が家はかなり濃い目の味・スープが好きなので、どちらかというともっとガツンとした味があっても良いかなと思ったりしました。

とは言え、薄いスープの素というわけでもないので、安定した味を楽しめる鍋スープだと言えるのではないかと。

鶏肉との相性は良かったので、ぜひ食べられる際は忘れずに鶏肉を入れるのがおすすめですよー!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)