神戸・南京町に行ったら絶対食べ歩きたい、厳選したおすすめのお店を3店舗ご紹介!

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

日本の三大中華街と言うと、横浜にある横浜中華街、長崎にある長崎新地中華街、そして神戸にある南京町が有名なところと言えるでしょう。

そこで今回は神戸の中華街、「南京町」にあるお店のご紹介。

中華街に行く一つの楽しみは気軽に食べ歩きが出来ること

なので、南京町の中でもお店の中に入っての食事ではなく、気軽に食べ歩けて料金も手軽で、それでいてメチャクチャ美味しいお店を3店舗だけ厳選してご紹介したいと思います。

王道のお店かもしれませんが、ホントに美味しいので初めての方も行ったことある方も、ぜひ立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク

1.老祥記(ろうしょうき)

老祥記は、創業1915年(大正4年)という老舗の豚まんのお店です。

まだ「豚饅頭(ぶたまんじゅう)」の専門店がなかった時代に「豚まん」と命名し、専門店としてオープンさせたのが老祥記であり豚まんの始まりと言われています。

南京町広場(中央あたり)の程近い場所にお店がありますので、そこにはいつも長蛇の列が出来ています。

回転率はものすごく良いので、100人ぐらい並んでても10分ぐらいでたどり着けると思います。

注文は3個以上から!

まず豚まんは1個90円です。かなり安いと感じますが、豚まん1つ1つはかなり小ぶりなのでその価格には納得です。

1個90円だからと言ってカップルや友達と2人で行って、1つずつにしようという目論見は残念ながら通りません。

“注文は3個以上から”

となっているので、二人で行っても必ず3つ以上を買わないといけません。

小ぶりの豚まんなので、3個と言っても一人でもペロリと食べられる程の量だとは思いますので心配はありませんが。

僕は3個を注文したので、3個/270円(税込み)を支払いました。

ちなみに店内で食べられる席が設けられてますが、そこに座って食べる場合は6個以上注文しないと席に座っては食べられません

忙しいからか、店員さんがかなりぶっきらぼうな言い方の場合もあります。w

豚まんがこちら!

▲3個買えば、こんな袋に入れて渡してくれます。

▼中身はこんな感じ

一つ一つが小ぶりであることが分かると思います。

僕は3個だけの注文だったので購入後すぐにお店を出さされましたが、目の前に南京町広場というベンチがある場所がありますので、そこに腰掛けて食べました。

▼南京町広場

肝心の味はと言うと、コンビニなどの豚まんとは全く似ても似つかない味です。

醤油っぽさのある出汁のきいた味というか、僕はクセになる味で好き。

でもこれは間違いなく「好み」によるんじゃないかと思います。

たまに苦手な人もいるようですので、まずは試しで3個から注文してみれば良いと思いますよ。

店舗名 老祥記
住所 神戸市中央区元町通2-1-14
電話番号 078-331-7714
営業時間 10:00~18:30(売り切れるまで)
定休日 月曜日
最寄駅 JR神戸線ほか元町駅より徒歩5分
公式ページ 老祥記
食べログ 老祥記

老祥「記」と老祥「紀」/ おまけ

最後に豆知識を。

実はこのお店、南京町にあるのが「老祥」というお店で、漢字1字違いで元町商店街にも「老祥」というお店があるんです。

南京町は観光スポットでもあるため、週末は特にかなりの行列になりますが、元町商店街にある「老祥紀」は比較的空いています。

この二つの「ろうしょうき」、親戚同士のお店なんだとか。

なので、材料も仕入先も作り方も変わらないので、基本的には味もほとんど変わりません

(と言っても実際食べ比べた結果、僕はかなり味が違うと感じましたので、感じ方には個人差があると思います)

値段は南京町の「老祥記」が3個/270円なのに対し、元町商店街の「老祥紀」は3個 / 240円と30円安いです。

混雑を避けるのであれば、元町商店街の「老祥紀」に行くのも手だとは思いますが、神戸・南京町に来たならまずは食べ歩きで「老祥記」の豚まんをぜひとも食べてほしいです。

実際に元町商店街の老祥紀の豚まんを食べた記事はこちら▼

南京町の老祥「記」ではなく、元町商店街にある老祥「紀」に豚まんを食べに行ってきました!

スポンサーリンク

2.ユンユン

MBSで放送されている「水野真紀の魔法のレストラン」でも紹介されたことのあるお店なので、かなり有名ですがメチャクチャ美味しいお店です。

この「ユンユン」というお店、ビーフンの専門店でもあるのですが、一番食べてもらいたいのが上海生煎饅頭(シャンハイセンチンマンジュウ)という焼小籠包です。

上海生煎饅頭 / 焼小籠包が絶品!

看板にも書かれてますが、3個/310円6個/620円で販売されてます。

▼上海生煎饅頭

1個100円と思うとなかなかなお値段ですが、それ相応の味にきっと満足できるはずですよ!

▼僕たちは6個を注文しました

出来たてを買った場合はとにかく熱いので、絶対に1口でほおばるのはやめた方が良いです。なぜなら熱すぎるから!

食べ方としては、以下を参考に!(個人的な食べ方です)

➀特製のタレをかけます。これはお好みで後からかけてもOKです。

➁お箸で上の袋を破ります。

こうすることで少し熱を冷ますことが出来ます。

そうしてから、熱いので注意しながら中の肉汁を吸うんです。これがまた美味しい!

その後少し熱さがおさまってから、ガブリといっちゃってください。

熱いのが比較的大丈夫な人は一口でも、猫舌の人は半分パクリといけば良いと思います。

肉汁を吸っておくのは、こうやってほおばった時に肉汁でヤケドをするのを避けるためですよ!

 

基本的に食べる時は、店前のカウンター席か、店内のテーブル席を利用すると便利です。

▼店前のカウンター

▼店内のテーブル席

2名掛けのテーブルが3卓あるぐらいですのでご注意を。

後は焼き上がりに少し時間がかかるので(一回にどれぐらいかかるのか聞いてみたものの、バイト君だったみたいで分からないと言われました…笑)、タイミングによっては10分近く待つことがあります。

▼大人気で列が出来ていることが多いです。

旨辛汁なし担々めんも美味しい!

前述したように、「ユンユン」はもとはと言えばビーフンの専門店です。

看板にも書かれてる「2015年KARA-1グランプリ 第2位入賞!」という、旨辛汁なし担々めんも注文しました。

ちなみに、KARA-1グランプリは約40店舗がしのぎを削った戦いだったようで、その中で第2位とはなかなか素晴らしい結果だと思います。

▼旨辛汁なし担々めん

麺はやっぱりビーフンです。

味はと言うと、甘辛ですが後からどんどんピリ辛が喉に来る感じ。

辛い食べ物が大好きな人には、ほんの少し物足りなさを感じるかもしれません。

が、辛いのが少し苦手な人には十分な辛さですが、タレがとにかく美味しくてビーフンとの相性は抜群です。

カリカリうさぎとごまだんごはどう?

焼小籠包を食べて美味しさに感動して、旨辛汁なし担々めんにも舌鼓を打ったので、調子に乗って「カリカリうさぎ」と「ごまだんご」もユンユンで買ってみました。

▼「カリカリうさぎ」と「ごまだんご」

カリカリうさぎとは揚げまんじゅうなんですが、正直これは普通。w

▼カリカリうさぎの中身

あんこ系やごまだんごはどこで買っても大体同じかなーと個人的には思っています。

ユンユンで食べるなら、「上海生煎饅頭 / 焼小籠包」と「旨辛汁なし担々めん」がおすすめですよ!

店舗名 ユンユン
住所 神戸市中央区元町通1-2-2
電話番号 078-392-2200
営業時間 11:30~19:30
定休日 不定休
公式ページ ユンユン
食べログ ユンユン

3.点心倶楽部 楽園

3店舗めのご紹介はこちら、「点心倶楽部 楽園」です。

ここでも豚まんや拉麺、ちまきにシュウマイと色々売られているのですが、絶対注文してほしいのがこちら!

ジャンボ餃子です。

このくたびれた色落ち感がたまらないですね。笑

ジャンボと書いているぐらいなので、通常一般的に食べるサイズと比べると大きめの餃子が出てきます。しかも4個入って300円はかなりの良心的な価格だと言えます。

ジャンボ餃子はこちら!

ということで早速注文です。

▼注文してから焼き上げてくれるのがまた嬉しい!

▼こちらがジャンボ餃子です!

ん~少し大きさが伝わりにくいかもしれませんが、1個が10cm近くある餃子です。

皮はパリッとしてて、中身は肉汁たっぷりのジューシーさが口の中で展開されます。

専用の餃子のタレ(受け取る時に店員さんがかけてくれます)とマッチして、抜群の美味しさが味わえますよ!

南京町の中で一番美味しい餃子は?と聞かれて答えるなら、点心倶楽部 楽園の餃子が一番美味しい!と答える程に美味しいと思っているので、南京町に食べ歩きに来たら毎回必ず訪れるお店です。

どこの餃子を食べようか悩むなら、一度食べてみることをおすすめします。

店舗名 点心倶楽部 楽園
住所 神戸市中央区元町通1-3-7
電話番号 078-332-1823
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日(食べログ情報)
食べログ 点心倶楽部 楽園

神戸・南京町 食べ歩き厳選3店舗 / まとめ

南京町にはこの他にもおすすめのお店はありますし、逆に食べてみたけどイマイチだったお店もあります。

食べ歩きといっても買いまくって食べ歩くとなると、それ相応の金額になりますしお腹も膨れます。

なので、しっかり厳選したお店を選びたいものですよね。なのでこんかいは3店舗に厳選してお届けしました。

 

ご紹介した3店舗は、南京町の公式HPの「ストリートマップ」に紹介されてます。

MAPが4分割されている左上のMAP内に「老祥記」、右上のMAP内には「ユンユン」・「点心倶楽部 楽園」がそれぞれありますので、ご参考に

 

というわけで、今回は豚まんと焼小籠包と餃子のご紹介でした。

初めての方も行ったことはあったけどまだ試したことがなかったという方に、少しでも参考になれば幸いです。

南京町に行くならこちらの記事も必見

神戸・南京町に行く時に知っておくと困らなくて良いかもしれない知っトクなアレコレ

2016.12.19

三ノ宮に行かれるならこちらの記事もどうぞ

三ノ宮のローストビーフはあの店だけじゃない!ローストビーフが食べ放題のお店「神戸ビアバル食堂73」へ

2016.06.18

神戸ルミナリエ2015 今年のルミナリエはスケールが違う!? 点灯の瞬間を見るための攻略方法と見るべきポイントを紹介します!

2015.12.11

妻と神戸・三ノ宮デート。通販よりウィンドウショッピングの方が好き

2015.07.20

食べ歩きならこちらの記事もよく読まれています

難波・道頓堀のたこ焼き食べ比べランキング!難波で美味しいたこ焼き屋はここ!!

2015.10.05

【伊勢神宮】 おかげ横丁とおはらい町に行ったらぜひ食べ歩きしたい、おすすめのお店を9店舗ご紹介!

2016.05.27
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)