iPhoneでアプリをアップデートする際に、求められるApple IDが違ってアップデートが出来ない時の対処法

先日iPhoneを新調しました。

以前使っていたiPhoneをiTunesにバックアップし、新しいiPhoneに復元させる作業をしたものの、なぜか中途半端な引継ぎになってしまいました。

というのも、全て復元されたと思っていたら、アプリ自体はiPhone内に表示されているものの、アプリのアイコンがグレーになったまま、使えない状態(待機中の表示のまま)だったんです。

なので動かないアプリを再度ダウンロードしようとすると、そのiPhoneで使用している(サインインしている)はずのApple IDとは違うIDが求められるという現象が起こりました。

もちろん求められたIDのパスワードを入れても、iPhoneが出す回答は「Apple IDまたはパスワードが正しくありません」の一点張りで、にっちもさっちもいきません。

しかも求められてたApple IDが、アドレス変更前の既に使っていないID(メールアドレス)だったから大変でした。(詳しくは後述)

最終的には解決したので良かったのですが、言葉では分かりにくいと思うので、実際に起こったことを図にしつつ備忘録として残しておこうと思います。

スポンサーリンク

使用しているApple IDと違うID(とパスワード)が求められる時の対処法

今回起こった詳しい事態や状況は後から詳しく述べるとして、先に結論である対処法についてお話ししておきます。

 

現在使っているiPhoneに登録している(サインインしている)Apple ID(以下:Aと呼びます)があるにも関わらず、アプリをアップデートしようとしたところ、違うApple ID(以下:Bと呼びます)が求められることがあります。

Aで登録している(サインインしている)にも関わらず、BのApple IDのパスワードが求められわけです。

しかもBのパスワードを入力しても、「Apple IDまたはパスワードが正しくありません」と表示されてしまい、アップデート(ダウンロード)が出来ない事態に陥ります。

この時にやるべきことは、

一度アプリを削除し、再度新たにダウンロードをする

です。

他にも、

  • 求められているIDのパスワードは無視して、サインインしているパスワードを入れてみる
  • 一旦サインアウトして、もう一度サインインし直してみる
  • iPhoneを再起動

などを試しましたが全く解決しませんでしたが、これをやれば一発で解決しました。

 

アプリ自体を一度削除するとデータが消えることもあるので注意!

今回の僕のケースで起こった問題のアプリはLINEでした。

LINEアプリの場合、機種変などでデータを引継ぎしたい時には「アカウント引き継ぎ設定」というものがあるので、その設定さえやっておけば、一度アプリを削除して再度ダウンロードをしても問題はありませんでした。

でも、同じような状況が起こってアプリの削除と再ダウンロードをしようと思った時、データの引継ぎが出来ないアプリだった場合は、削除と一緒にデータが全て消えてしまう恐れもあります。

この点は自己責任の上で慎重に行うことをおすすめします。

 

今回で言うと、LINEを削除する前に引継ぎのための設定を行い、iPhone画面にグレー表示で待機中になっているLINEアプリを一旦削除、その後再度LINEをダウンロードしました。

ここで言っている削除はアプリを長押しし、iPhone画面からアイコンを消す削除のことです。

再ダウンロードする時に求められたApple IDはAのアドレスのものだったし、そのままAのパスワードを入力すればダウンロードも始まります。

ダウンロード後にアカウント引き継ぎの設定を行ったところ、今までのトーク履歴とともに無事に利用出来るようになりました。

結論として、サインインしているApple IDと違うIDを求められた時の対処法は、問題のアプリを削除し、再度ダウンロードをするだけです。

再度ダウンロードする時には、登録している(サインインしている)Apple IDを求められるはずなので、いつものパスワードを入れればダウンロードが始まるはずです。

 

以下は参考までですが、自分が今回の状況に陥るまでに起こったことを時系列にまとめて、なぜそのような事態になったかも合わせてご紹介しておきます。

スポンサーリンク

まず、この話に出てくるApple IDのメールアドレスは3つ

今回の話しに出てくるApple IDのメールアドレスは3つです。

ここでは、以下を例に出して進めます。

  1. aaaaa@i.softbank.jp
  2. bbbbb@gmail.com
  3. ccccc@gmail.com

この3つが問題になったApple IDです。

3つのアドレスの設定関係

では、この3つのアドレスがどのような設定関係になっていたかというと、以下の通りです。

 

▼aaaaa@i.softbank.jp

このアドレスのApple IDは、すでに現在利用していないApple IDです。

自分が契約している携帯会社がソフトバンクの時は、このアドレスをApple IDとして利用していましたが、この度楽天モバイルに変更しました。

携帯会社を変更する時にこのアドレスを使っていると、ソフトバンクが使えなくなると同時に「aaaaa@i.sotbank.jp」も送受信が出来なくなることは分かっていたため、楽天モバイルに替える前にID(メールアドレス)の変更を行ったんです。

それが次に出てくる「bbbbb@gmail.com」のアドレスです。

 

▼bbbbb@gmail.com

実際に現役で利用しているApple IDです。

前述の通り、「aaaaa@i.softbank.jp」のアドレスからこのGmailのアドレスへと変更していました。

後の話しでも出てきますが、これは実際に僕が使っているApple IDです。

 

▼ccccc@gmail.com

これは妻が使っているApple IDです。

詳しい話しは後述していきますが、このApple IDでサインインしているのに、上記のIDを求められるという事態が起こっていたわけです。

 

3つのアドレスの因果関係は、以上の通りでした。

事態が起こるまでの経緯

次にその自体が起こるまでの経緯を説明しておきます。

この事態が起こったのは、妻のiPhoneをソフトバンクから楽天モバイルに移行させたのですが、その過程でiPhoneの復元を行った時に起こりました。

➀ソフトバンクで契約中のiPhoneをiTunesにバックアップ

携帯キャリアは【ソフトバンク】の時に、iTunesにバックアップを取りました。

その時にサインインして使っていたのは「ccccc@gmail.com」のアドレスのApple IDです。

➁新しいiPhoneに楽天モバイルを設定

新しくiPhoneを準備し、楽天モバイルのSIMカードを入れたりして初期設定を行いました。

設定が終われば、これで楽天モバイルとして使えるようになりました。

でも新しいiPhoneに設定を行ったので、画面はまだ初期のままです。

後はiTunesから復元すれば、自分が使っていたiPhoneのデータをよみがえらせて今まで通りに使えるというはず。

手元には、使えなくなったソフトバンクのiPhoneと楽天モバイルとして使えるようになったiPhoneの2台がありました。

③新しいiPhoneをiTunesにつなぎ、ソフトバンクで使っていたiPhoneのデータの復元を行う

これで無事に携帯会社が楽天モバイルに変わっただけで、今までと同じようにiPhoneが使えると思っていました。

のはずが、いざiPhoneを見てみると、ほとんど全てのアプリやデータが復元されていたにも関わらず、LINEアプリだけが待機中…になったまま動きませんでした。

④待機中のLINEアプリ、アップデートしようとしてもサインインしているIDと違うApple IDの表示が出る

上記の画像のように、復元した後もLINEアイコンがグレーでその下に「待機中…」の表示になっていました。

このままではLINEが使えないので、「App Store」から再度LINEをアップデートすることにしたんです。

もちろんこの時、iPhoneに設定していたApple IDは「ccccc@gmail.com」のアドレスでした。

そしてアップデートをしようとすると…▼

※画像は例なので、IDがgmail.comになっています

上記のような感じでパスワードが求められました

そして気付きました。

そこに表示されているApple IDが「aaaaa@i.softbank.jp」であることに。(上の画像は例なので「@gmail.com」になっています)

このiPhoneにサインインしているApple IDは「ccccc@gmail.com」であるにも関わらず、「aaaaa@i.softbank.jp」が表示されてパスワードが求められるという意味不明な状態が起こりました。

⑤「aaaaa@i.softbank.jp」はすでに変更して使っていないIDだった

最初の頃にも書きましたが、「aaaaa@i.softbank.jp」は過去に自分が使っていたApple IDでした。

でも、この症例が出たときにはすでに「aaaaa@i.softbank.jp」から「bbbbb@gmail.com」へと変更していたんです。

現在使っていないApple ID▶aaaaa@i.softbank.jp

現在僕が使っているApple ID▶bbbbb@gmail.com

現在妻が使っているApple ID▶ccccc@gmail.com

です。

妻のiPhoneで妻のApple IDでサインインしているのに、現在使っていないApple ID(メールアドレス)が表示されるなんておかしな話ですよね。

⑥実際にパスワードを入力してもOKにならない

「aaaaa@i.softbank.jp」から「bbbbb@gmail.com」に変更した時、パスワードは変更していません。

なので、仮に「aaaaa@i.softbank.jp」が使っていないIDだったとしても、正解のパスワードは知っているわけです。

でも残念ながらそのパスワードを入力しても、「Apple IDまたはパスワードが正しくありません」と表示されるだけで、アップデートは開始されませんでした。

⑦ついには「bbbbb@gmail.com」の表示が出てくる羽目に

「aaaaa@i.softbank.jp」が出てパスワードを入力してNGが出た後、なぜか「bbbbb@gmail.com」のパスワードを入力するようにポップアップが出てきました。

「bbbbb@gmail.com」の表示が出てきた時に、一度パスワードを入力するも(一致しているのに)「パスワードが正しくありません」と表示されるのみ。

その後は何度も、「aaaaa@i.softbank.jp」のIDのパスワードを求められ入力してNGとなり、次に「bbbbb@gmail.com」のIDのパスが求められるのでそれは「キャンセル」にしました(何度も間違ってIDがロックされてもイヤだったから)

の繰り返しです。

ここでAppleのカスタマーセンターに問い合わせを行い、事態を説明しました。

すると、「bbbbb@gmail.com」のIDのパスワードを入力すればアップデート出来るはず、という僕の説明を聞いていたのか?というようなとんちんかんな回答が出てきたので、話しをするのは諦めました。

2つのアドレスのパスワードを求められるの繰り返しで、何度やってもうまくいきませんでした。

ついには「この Apple ID はセキュリティ上の理由からロックされています」という表示が出てしまい、「aaaaa@i.softbank.jp」のパスワードの入力さえ出来なくなりました。

 

これが実際に事態が起こるまでの経緯です。

この症状が起こった原因

通常通り復元を行ったにも関わらず、他のアプリは使えるのにこのアプリだけ使えない、といった症状が出ることがあります。

恐らくこの原因は、

表示されてしまうApple IDでアプリをダウンロードしたから

だと考えられます。

妻のiPhoneに起こったことを例にすると、要はこういうことです。

➀初めてLINEアプリをダウンロードした時のApple IDは「aaaaa@i.softbank.jp」だった

そもそもの根本原因がこれだと考えられます。

一番最初にiPhoneを購入して設定した時、妻のiPhoneは僕が初期設定を行いました。

その時に誤って、僕が当時使っていた「aaaaa@i.softbank.jp」のApple IDでサインインし、LINEのダウンロードまでやってしまったのではないかと推察されるわけです。

➁初期設定が終わったと思って、妻のApple IDでサインインし直して他のアプリをダウンロード

上記のアプリはあくまで一例ですが、初期設定も終わり僕のApple ID(aaaaa@i.softbank.jp)はサインアウトして、再度妻のApple IDでサインインしました。

後は妻が自分の好きなアプリはダウンロードしたり、何不自由なく利用できるようになっていました。

自分のIDでアプリをダウンロードしているため、復元しようが何も問題なくアプリが引き継がれているのではないかと考えられるわけです。

③通常のLINEアップデートの時には問題にならなかった

妻の記憶は若干うる覚えですが、今まで利用していた時にもLINEのアップデートは頻繁に行われてきました。

その度にアプリの「App Store」からアップデートを行ってきたわけですが、その時は特にトラブルになることなくアップデートが出来ていました。

 

なので、今回はバックアップを取った後、新しいiPhoneにデータを戻すという時に、このような現象が出てくるのかな?と思ったりもしています。

あくまで自分に起こったことを例に、推測の話しも交えながら書きました。

間違っていることがあるかもしれませんので、その時はご了承ください。

Appleのコールセンターは対応者によって向き不向きがあるので、知識の豊富な人が対応してくれた場合は、他の方法で解決出来る可能性があるかもしれません。

結論&まとめ

今回の事例を一言でまとめるなら、冒頭にも書きましたが、

アプリを一度削除して、再度ダウンロードすれば改善された!

ということです。(あくまで僕の場合)

 

アプリをダウンロードする場合は、必ず自分自身が使っているApple IDかを確認してからダウンロードするように気を付けた方が良いかもしれませんね。

同じような人がいるかもしれないと、症状が出た時の経緯についても書きましたが、少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)