初めての失業認定日に行ってきた! 合わせて求職活動としてパソコンの求人検索を忘れないようにしよう!

s-IMG_4686aaa

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

ハローワークの初回講習を受けてから、2週間ぶりにハローワークに行ってきました。

今日は初めての失業認定日ということで、この失業認定日にハローワークに手続きに行かないと失業手当がもらえないというものです。

なのでちゃんと行ってきました!そして認定を受けてきたので、今日はそのことを書いておこうと思います。

スポンサーリンク

認定手続きは1分で終わる

初めての認定日だったので手続きがどんな感じか全くわからなかったのですが、まさかの1分で終わりました。

驚く程に簡単で、担当の方も何人も手続きしないといけないので、超流れ作業のようなものです。

提出しないといけない書類

今回の初回認定日で提出しないといけない書類は3枚です。

▼まずは雇用保険受給資格者証s-IMG_4460_2

これがなければ始まりませんね。二回目にハローワークに行った時の雇用保険説明会の時にもらった紙です。

▼次に失業認定申告書s-IMG_4690

こちらも同様に雇用保険説明会の時にもらえる書類です。

こちらの失業認定申告書はちゃんと書いて出さないといけません。今回提出したものは写真を撮らずに提出してしまったので、次回分としてもらった写真を載せています。

 

▼そして最後に初回講習受講証明書s-IMG_4473

ちゃんと就職活動をしてますよというための書類です。

三回目に行った初回講習に参加すれば貰えます。初回講習を受けてさえいれば、初回認定日までは特に何の活動も必要ありません

この紙を提出するだけで認定を受けられます。

僕は特定理由離職者に認定されていたからです!通常の場合とは認定日までに行うことが異なります !

窓口で質問されること

認定の手続きの時に色々質問されるよー

妻からはそんな風に聞いていたのですが、実際聞かれた事は驚く程少なかったです。

上記にある失業認定申告書のチェック項目に、「働いていませんよ」ということであったり、「初回講習を受けて就職活動を行ってますよ」と書く項目があるのであすが、僕はその項目をちゃんと記入して行きました。

すると、書類をチェックしながら、「今までに何かアルバイトでも収入になる活動はしていませんかー?」と聞かれて、「していません」と答えただけです。

「では、書類も揃っているのでお名前を呼ばれるまでかけてお待ちくださいー」と言われ、終了しました。

恐らく書類に不備があったり、事前に書類に必要事項を記入して行かなかった場合は、そこでチェックをつけていくのでもう少し時間はかかるでしょうね。

▼窓口はこんな感じでマンツーマンです。s-IMG_4676

待機と書類の返却

上記窓口での手続きが終わり、再度名前が呼ばれるのを待ちます。これもそんなに混んでなかったので待ち時間は5分程度でした。

そして、提出した雇用保険受給資格者証新しい次回認定日に提出ための失業認定申告書を返却してもらい終了です。

これが終われば後は登録した口座に失業保険として給付されるお金が振り込まれるのを待つだけです。

今回はいつ頃振り込まれます、ということは言われませんでした。

調べてみるとおおよそ1週間前後と言われてますが、大体は2~3日で振り込まれるようですので、また振り込まれたらご報告したいと思います。

スポンサーリンク

パソコンで求人検索を行ってきた

ハローワークに通って失業手当(失業保険)をもらうまでは、講習を受けたりパソコンで求人を探したり、求職活動を行っているという実績が必要となります。

初めてハローワークに行った時から初回認定日までは、初回講習を受けただけで活動1回とみなされるのですぐに認定されました。
(僕は特定理由離職者に認定されているからですが、通常の場合は受給期間まで3ヶ月の猶予があり、この限りではない場合があるのでご注意ください)

そして、認定日から次の認定日までの間には、求職活動を行っている実績が最低2回は必要となります。

雇用保険説明会の時に、「認定日と認定日の間には2回の求職活動の実績を残す必要があります。わざわざハローワークに2回足を運ぶのが面倒だと言う人は、認定日の日に認定を受けた後にそのままパソコンで求人検索をすればそれで1回とみなされるので、あと1回だけ違う日に求人検索を行えば求職活動2回と認められますよ」と言っていました。

なので、僕もそれに倣って認定日の手続きを終えた後にちゃんとパソコンで求人検索をしてきました。

受付で番号札をもらう

s-IMG_4677

番号札と言っても受付カウンターで「求人検索がしたいんですけど」と言えば、何の手続きもなしにこの札(と言ってもA4サイズ!)がもらえます。

その番号と同じNoのパソコンで求人検索を行うことになります。

条件検索は様々あるものの、ほどほどにしておくこと!

s-IMG_4678

こんな風に色々な条件を入力できるのですが、あまりに入力しすぎるとすぐに「該当する求人件数 : 0件」という表示になります。

特に雇用期間という項目は、「こだわらない」に設定しないと求人がはじかれる気がします。

あとは就業時間。ここに希望を入れるとそれと全く同じ就業時間の求人しか出てきませんので、ここは外しておいた方が無難です。

僕の場合、フルタイム・正社員・大阪市内・30万円以上・就業時間/9:00~18:00といった感じで検索かけたら0件でした…。w

求人票の印刷も可能

適当に検索して色々と出てくる求人の中で、求人票というものがありますので、それを開くとこんな感じで開かれます。(細かい情報はモザイク加工しています)s-IMG_4679a

後は、印刷ボタンを押せば上部のプリンターから求人票が印刷されます。こんな感じです。

▼求人票(表)s-IMG_4688a

▼求人票(裏)s-IMG_4689a

応募するわけではありませんが、「広告業」という業種で調べてみたところ、面白そうな求人が1件だけありました。

色んな職種や業種を選別して探せますので、思っていた以上に色々な求人があって面白いですよ。

初めての失業認定日に行ってきた / まとめ

今回はハローワークに通い始めてから、初回の失業認定日で認定を受けたことをまとめてみました。

さらにはパソコン求人検索も行ってきたので、次回の認定日までにあと1回ハローワークに通って求職活動を行えば、もう次回の認定も受けられるということになります。

ちゃんとした権利ですので、不正はせずとも忘れることなく手続きをしていきたいと思います。

転職サイトに1つぐらいは登録してても良いと思う

何よりおすすめはリクナビNEXT ですけどね!

ハローワークの求人よりは良い求人があると思いますし、登録したからって言って電話が鳴るとかはありませんでしたから。

リクナビNEXT

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。