道後温泉の旅行に来たなら、色々と食べ歩きもできる「道後ハイカラ通り」を満喫しよう!

s-IMG_2919

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

道後温泉1泊2日旅行の旅行記を書いてます。

今回は道後温泉駅を降りてからすぐに始まり、道後温泉 本館まで続く商店街、「道後ハイカラ通り」についてご紹介したいと思います。

想像以上に楽しめるところでした。

スポンサーリンク

食べ歩きが満喫できる商店街

温泉地に来たなら、そのご当地の食べ物を食べ歩きしたいと思いますよね。

安心してください!このハイカラ通りでは、たくさん食べられるものがありますよ。

実際に食べ歩いたお店などを数店舗ご紹介します!

谷本蒲鉾店 道後店

s-IMG_2915

道後温泉と言えば「じゃこ天」が有名ですが、この谷本蒲鉾店のじゃこ天が特に有名です。

▼ネームバリューがあるだけじゃなく味も美味しいと言われてます。その他にもかまぼこがメインなので色々な商品が売られているんです。s-IMG_2916

▼僕らも王道のじゃこ天を頼みました。s-IMG_2918

写真の色が悪い…!と言っても夜だったからです。

ちなみに、妻はあまりじゃこ天は口に合わなかった模様…。僕もそこまでがっつく程ではありませんでしたが美味しく頂きました。

道後麦酒館

s-IMG_2912

ここは居酒屋のように店内でも食べられますし、ご当地ビールである道後ビールなどをテイクアウトでも頼めちゃうんです。

お酒というかビールが好きな僕にとっては絶対に頼みたい一品なのですが、ハイカラ通りをぐるりと一周したあと、帰りに買ってホテルに戻ろうと計画してたのですが、22:00で閉店のためまさかの購入できず…。

道後ビールは次回のお楽しみにしたいと思います。

でも、道後ビールジョッキ(500ml)で860円はなかなかなお値段ですね。

一六本舗

このお店の一六タルトはかなり有名ですね。

色んな芸能人がロケでも来たりしています。と言いながら外観の写真は撮り忘れてるという…。

ここのタルトはゆずの香りが付いたタルトなんですが、僕はドライフルーツ系があまり得意ではなく、一方妻は大好きなタイプ。

▼なので1個だけ購入して分け分けしました。s-IMG_3056

多分好きな人にはものすごく好きなんだろうなという味ですよ。

1個120円程度で買えるので、1つは買って試してもいいかなと思う一品です。

道後温泉駅近くのお店のごま団子

▼お店が何という名前だったか分からなくなってしまったのですが、ハイカラ通りを歩いてる道中でこんなごま団子のようなものが店先に出ていました。s-IMG_2921

(もちろん、野ざらしじゃなくて箱に詰まってるのを開けてもらって撮影してます)

▼1個100円です~と言われたので、ついつい購入してしまいました。s-IMG_2922

中に白あん的なものが入ってて美味しかったです。

道後温泉 本館から真っ直ぐすすみ、左折して道後駅に向かって少し歩いたところにあったお店です。

団子の看板が出てるので恐らく分かると思います。

10 FACTORY

s-IMG_2924

愛媛県に本店があって、東京にも1店舗だけあるようですが、愛媛のみかんを中心に取り扱って作ったドリンクのカフェですね。

テイクアウトも出来ますし、中で座って飲めるスペースもちゃんと用意されてます。

▼さて、この入口の看板を見て惹かれない人がいるんでしょうか? みかんビールですよ!みかんビールs-IMG_2925

▼ということで、僕はみかんビール、妻は生しぼりみかんジュースをオーダーしました。もちろん店内ではなく飲み歩きで。s-IMG_2926

▼みかんビールs-IMG_2929

このみかんビールってどんな味がするのよ?と思ったので店員さんに聞いてみました。すると、「レッドアイって知ってますか?それのみかんバージョンです」とのこと。

レッドアイとはビールとトマトを混ぜ合わせたトマトビールです。僕はそれが結構好きなので、このみかんビール(と言ってもほぼビールっぽい味だったけど)も気に入りました。

そして生しぼりみかんジュース。これもホントにミカンをスロージューサー?のようなマシンにどんどん入れて絞った、純度100%のみかんで作られたジュースなんです。

▼こうやってみかんを入れてs-IMG_2927

▼絞りカスがちゃんと出てきてます。s-IMG_2928

▼で、出来上がりがこちら!s-IMG_2930

みかんの味しかしない(当たり前ですが)美味しいみかんジュースでした。

柑橘ジュレ(飲むゼリー)はれひめ

お土産屋さんの色々なところで買えるので商品の名前でご紹介ですが、さすがはみかんの産地の愛媛県。

▼柑橘ジュレと言って飲むゼリーが売っているのですが、これがまたたくさんの種類があるんです。s-IMG_2944

さっきみかんのドリンクを飲んだのに、さらにみかんのゼリーを買おうなんて、完全にミーハーですね。。。

▼あまり酸っぱすぎるのは苦手なので、今回ははれひめに決定。s-IMG_2945

▼「温州みかんの甘みとオレンジの酸味」と紹介されていて、甘味の方が★印が高いので選びました。s-IMG_2946

ん~残念ながら、みかんビールやみかんジュースのように「美味しい~」とまではいきませんでした。。。ガッツリみかん味でしたけど。笑

他にも食べ歩けるものはたくさんありますが、今回はこれでとどめておきました。

スポンサーリンク

観光スポットもあります!

道後ハイカラ通りだけでも何個か観光スポットと呼べる場所があるので寄ってきました。

どのサイトにもどの雑誌にも載ってるぐらいに有名な場所だと思いますが、一応紹介しちゃいます!

カラクリ時計

s-IMG_2931

道後温泉駅を降りて、ハイカラ通りに入る前にすぐ見えます。

時間によっては、かわいいショータイムが始まります。8時~22時までの毎時00分に小説の坊っちゃんの登場人物が出てくるというショーですね。

僕らは見られませんでしたが、昼間よりも夜のライトアップの方が綺麗な気がします。

その隣には足湯もありますよ!

坊っちゃん列車

s-IMG_2935

これも道後温泉駅を降りてすぐにあります。

どうしてこういう乗り物や限定のものって、その土地に来たら乗りたくなるんでしょうね。

実際に街の中をこの機関車が走っているなんて素晴らしい。

今回の旅では市電に乗っていないので乗れてませんが、次回はぜひ坊っちゃん列車に乗りたいですね。

蜷川実花とコラボした入口の装飾

s-IMG_2933

何度も言ってますが、蜷川実花 × 道後温泉のコラボが2016年2月29日まで開催されています。それにちなんで、この道後温泉駅側のハイカラ通りの入口にも蜷川実花の装飾が施されてます。

夜のライトアップは綺麗ですので必見です。

▼普段はこの赤文字の「道後」だけのライトアップのはずが、その下のちょうちんのように灯っているのが限定のライトアップです。s-IMG_2934

もしかしたらこのライトアップはもう一生見られないかもしれませんよ!

2016年7月現在もうすでに終わった展示のほか、期間が延長されて展示しているものもあるようです。

椿の湯

s-IMG_2920

これを観光スポットと言うのかは別として、ただ道後温泉に入浴したいと思っている人には、こちらの「椿の湯」の方が良いかもしれませんね。

椿の湯は長らく地元の間で親しまれているお風呂やさんです。地元の人たちが行くのはこっちの方が多いとも言われてたり。

▼ここにも蜷川実花のデザインした横断幕が掛かっています。s-IMG_2943

▼観光スポットとは言わないまでも、チラッとでも見ておきたくなりました。s-IMG_2942

地元の人からするとただの大衆浴場だとは思いますが、普段立ち寄れない人からすると観光スポットになるんでしょうね。

坊っちゃん広場

s-IMG_2914

看板の後ろに見えるのが、夏目漱石やらがいる人形で一緒に写真を撮りたかったのですが…ベビーカーを引くおかあさんがずっと座ってたので、今回は断念しました。

ここは昼に来ると色んなイベントをやっていることがあるので、タイミングが良ければ色々と見られることがあるかもしれません。

道後温泉ハイカラ通り / まとめ

道後ハイカラ通りは、道後温泉 本館から道後温泉駅前まで続く約200mぐらいの短い商店街です。

しっかり観光業として定着しているので、全てのお店ではないものの夜の22時まで営業しているというのは良いですね。

道後温泉に着いたらすぐひとっ風呂浴びて、美味しいご飯を食べて、浴衣でブラリと道後ハイカラ通りを散歩する。

そして旅館に戻って就寝前にもう一度温泉に浸かる。

理想の旅を実現できたのが道後温泉でした。

ぜひ道後温泉に行った時は、ハイカラ通りも満喫するようなプランにすると良いと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。