福井県小浜市の「漁師民宿たにひさ」に宿泊した感想・レビュー!新鮮な海鮮料理、子連れでも安心して泊まれる宿でした!

舟盛りの刺身

福井県に2泊3日の旅行に行ってきました。

新鮮な海の幸を食べたいということで、1泊目に選んだのは「漁師民宿 たにひさ」という昭和感のある民宿。

福井県の小浜市(おばまし)の中でもちょっと奥まった場所にありましたが、異次元というか非日常感をありありと感じられる宿でした。

福井で人気の海水浴場・水晶浜からは約1時間かかる行程ですが、刺身などの海鮮料理がおいしくて、子連れでも安心して泊まれる民宿としてレビューがてら、ご紹介したいと思います。

「漁師民宿たにひさ」について【場所・施設(客室|お風呂|トイレ)・その他情報】

たにひさ 外観

福井県小浜市の中でも北部の方に位置するたにひさ。

「施設自体は民宿だから、派手さや豪華さはない」と言いつつも、「海の幸にはこだわりがある」といった民宿です。

実際宿泊してみた感想としてはその通りで、田舎のおじいちゃんおばあちゃんのおうちに帰ってきたような気持ちになる宿でした。

場所

住所 福井県小浜市宇久6-3
電話番号 0770-52-2854
公式HP 漁師民宿たにひさ

大阪からでも名神と湖西道路を使えば約2時間ぐらいで到着できる場所にあります。

館内・施設について

たにひさ 入口

↑たにひさへの入口はここだったのですが、あまりにも普通の民家的な雰囲気がありすぎて、最初はどこから入ればいいの?ととまどいました。w

たにひさは、個人の家と民宿がセットになった宿で、奥に宿泊者用の部屋、手前側がたにひさの人たちが実際に住んでる家になってます。

宿泊客が泊まる隣で、たにひさの人たちが住んでるって、なんか面白いです。

玄関

たにひさ 入口

とは言っても、ちゃんと玄関は民宿の入口って感じでした。

とくにロビーとか受付とかそういうのはありません。

▼玄関入ったところ入口入ったところ

▼ちなみに、こっちがたにひさの家の玄関前です。玄関

ホントにふるさとに遊びに来た感覚になります。

▼入口を入るとすぐ階段です。階段

客室は2Fになっていました。

客室

客室

客室は8畳の部屋でしたが、家族3人で泊まる分には十分な広さです。

冷蔵庫はなし、その他にあるのはテレビと扇風機とエアコンでした。

また、部屋にはトイレやお風呂はついていません。

▼アメニティアメニティ

アメニティとして部屋にあったのはタオルだけ。

歯ブラシは共同の洗面所においてあり、浴衣などは冬場のみあるらしく、夏はないとのこと。

寝巻は必須ですね。

入口の扉はガラガラと音がたつ引き戸タイプ。

ちなみに上記写真に布団がうつってますが、正直めちゃくちゃ薄かったです。

薄いのに慣れてないので、起きたときに腰が痛くなっちゃいました。w

もう少し厚さのある布団だったら嬉しかったなと思いつつ、しいて言うなら、ここだけが残念ポイントってところでした。

▼Wi-Fiも完備されてて良いですね。Wi-Fiパスワード

お風呂

お風呂

お風呂も大浴場というよりは、自宅の大きいバージョンって感じです。

が、24時間いつでも入ってOK、貸切で入れるというのは嬉しいポイントと言えます。(温泉などではありません)

塩素の匂いはちょっとありますが、お湯の温度がちょうど気持ちよく、ニョロ助(我が家の息子のこと)は長風呂してました。

▼脱衣所はこんな感じで生活感がありありと感じられます。w脱衣所

トイレ&洗面所

トイレ

↑は1Fの共有トイレです。

2Fにも1つあり、個室の洋式のトイレになっています。

▼洗面所洗面所

1Fトイレ横に洗面所があります。

水周りはしっかりきれいにされてて、好感がもてました。

ここに使い捨ての歯ブラシもおかれています。

大広間

大広間

この大広間でご飯を食べます。

個人的にはイスじゃなく床に座って食べるのが好きなので、テーブル席じゃなくて座敷なのが良かったです。

▼子ども用イスやバンボもありました。子ども用イス・バンボ

ほかの宿泊客がいると、大広間で一緒に食べることになりますが、アットホームな感じでまったく気になりませんでした。

美味しかったご飯は、以下のレビューでご紹介しています。(こちらをクリックでレビューにジャンプ)

プライベートビーチにいける浜渡しサービスあり!(有料)

浜渡しサービス

民宿たにひさから徒歩2分ぐらいのところに、船の発着場があります。

そこから船に乗って、たにひさの若旦那が実際に船を運転してプライベートビーチまで連れて行ってくれるというサービスがあります。

若旦那は「ちょっと水がにごってた」と言ってましたが、透明度抜群で誰もいないビーチを堪能できました。

プライベートビーチ

ビーチがどんなところだったかは、以下のレビューで紹介しています。(こちらをクリックでレビューにジャンプ)


というわけで、前置きが長くなりましたが、以下漁師民宿たにひさに宿泊した日記レビューです。

スポンサーリンク

漁師民宿たにひさに宿泊して、魚料理を堪能しました!

お盆も過ぎた8月も後半の平日、2泊3日の福井旅行の1泊目にたにひさに宿泊しました。

水晶浜で遊んだあと、たにひさへ!

とある8月の月曜日、福井に向けて朝から大阪を出発。

昼すぎには水晶浜に到着し、妻とニョロ助と3人で海を満喫しました。

水晶浜

存分に楽しんだので、夕方16時半頃にビーチをあとにしてたにひさへと向かいます。

▼道中の田舎道もきれいな景色でした。たにひさへの道中

▼この看板の細道を入っていきます。看板

▼こんな道です。たにひさへのルート

ナビがあれば間違うことはないと思います。

水晶浜から約1時間かけてたにひさに到着しました。

▼駐車場駐車場

宿に隣接したところに駐車場がありますよ。

チェックイン

▼駐車場から少し道を下って左に民宿があります。道

▼民宿たにひさたにひさ 入口

前述してるように、最初ここを見たときどこが入口?となりました。

ちょうどそのときにたにひさの若旦那が出てきたので、今日の予約を伝えると、「部屋は2Fあがって右の部屋なんで~お風呂は入口右手にあるのでいつでも入ってくれていいですよ~」と教えてくれました。

一声かけとけば、勝手にチェックインして勝手に入っていっていいって感じでした。

ほぼ放置で自由にやって的な感じ、なんか嫌いじゃないんですよね。w

ついでに晩ご飯の時間は何時か聞くと、「大体19:30頃です~」とのこと。

もう自動的に決まってるんだなと思いつつ、なんかアバウトなのがまたいい感じに思えたり。

▼玄関入口

とりあえず玄関を抜けて、階段をあがり部屋へと入ります。

▼客室客室

荷物を降ろして一息つこうとしたころ、若旦那が冷たいお茶を持ってきてくれました。

到着したのが17時半ごろ、移動中にニョロ助が寝てしまってチェックインするまでに時間がかかったりしたので、結局お風呂に入る前に晩ご飯となりました。

豪華海鮮料理の晩ご飯を堪能!イカの刺身が超絶おいしかった!

しばらく部屋でゆっくりしつつ、部屋に呼びに来てくれるのかな?と待ってても19時半を過ぎても誰も来てくれません。

なので、下にある大広間に足を運ぶと、、、

▼サクッと準備が進められてました。たにひさ 晩ご飯

たにひさ 晩ご飯 たにひさ 晩ご飯

さざえとかイカのなんとかとか、焼き魚とか。

▼刺身たにひさ 刺身

「こちらが刺身です」と出されたもの。

Non太
あれっ?皿盛り海鮮コースを予約したはずやけど違うかったかな。

これが皿盛りやとさすがにさびしい…

皿で出てきたのは確かやけど、自分が想像してたのと違うー!なんて思ってたら、ちゃんと次に皿盛りの刺身が来ました。

▼こちら!舟盛りの刺身

そうそう、こういう刺身を待ってたんですよね。

舟盛りじゃないけど、妻と2人で思わず「いいね!」といっちゃいました。

特にイカのプリプリ感と弾力がすごくてめちゃくちゃおいしかったです。

▼ほかにも煮物系(これも魚料理)煮物系

▼カニまでカニ

▼全部でこんな感じです!たにひさ 晩ご飯

とにかく新鮮で豪華な海鮮料理を堪能しまくりました。

ビールは瓶ビールのみで、1本700円ぐらいだったと思います。

子ども用ご飯はこちら

子ども用ご飯

まだ刺身などの生の魚は食べさせていないニョロ助は、別に子ども用ご飯を準備してもらうことにしました。

こちらは魚というよりは、家庭で作る子どものご飯といった感じ。

ニョロ助の大好物である、から揚げにハンバーグにエビフライに、白ご飯とうどん、デザートにプリンという構成です。

手作りな感じはありましたが、これもおいしくてニョロ助もバクバク食べてました。


お腹がパンパンになるまで食べて、無事にごちそうさまです。

あとはゆっくりしつつ、3人で貸切のお風呂に入り就寝しました。

 

ちなみに部屋のカーテンは遮光カーテンじゃなかったです。

▼明け方5:00頃のカーテンのあかりカーテンのあかり

明け方まぶしくて目が覚めたら、カーテンからの明かりがけっこうまぶしかったです。

あとは布団が薄くて起きたときにちょっと痛かったというぐらいで、それ以外はゆっくりと寝られました。

多種多様な魚料理の朝ご飯

翌朝の朝食は8:00から、晩ご飯と同様に大広間でいただきます。

こちらも魚の料理がたんまりと出てきました。

魚料理の朝ご飯

▼味がしみてて美味しかったです。魚料理の朝ご飯

▼けっこう骨が多くて食べるのが大変だったりも。魚料理

あまり魚を食べるのに慣れてないので、なかなか骨を外して食べるのに苦労しました。w

▼黄色い皮のすいかも出てきました。黄色い皮のすいか

朝食を食べ終わったら、次はお待ちかねのプライベートビーチへの出航です。

浜渡しサービスを利用しプライベートビーチへ!

たにひさから徒歩2分ほど歩けば、船着き場があります。

浜渡しサービス

ここから船で5分ぐらいの場所にあるビーチへの浜渡しサービスをしているので、実際に利用してみました。

小学生まで無料で、宿泊者は1人1,200円で連れて行ってくれます。(一般利用は1,500円)

▼ちなみに、船着き場の前に車をとめていくことが可能です。駐車

▼いざ乗船しレッツゴー!舟

フェリーのような豪華なものではなく、ホントに漁に出る時に使っている舟で「谷久丸」と名付けられてました。

▼到着です。プライベートビーチ

天気が曇りだったので、いまいち海のきれいさが写真では伝わりませんが、かなり透明度は高かったです。

プライベートビーチ

▼海はきれいですが、砂浜に岩がころがってるのが惜しいところでした。プライベートビーチ

▼9:30頃に到着したあとは、1時間半ぐらいプライベートビーチを満喫です。プライベートビーチ

プライベートビーチ プライベートビーチで遊ぶ親子

誰もいない海の音しか聞こえないビーチで、家族だけでたっぷり楽しめたので良かったです。

11時頃に再び船で迎えに来てもらい、ビーチを後にしました。

プライベートビーチ

チェックアウトはしてましたが、宿に戻ってお風呂には入らせてもらえたのでありがたかったです。

「漁師民宿たにひさ」に宿泊した感想・レビュー|まとめ

漁師民宿たにひさ

2泊3日の福井旅行の1日目に宿泊した「たにひさ」。

ホテルのような雰囲気はありませんが、THE・民宿といった感じで、かなりのんびりと自由に過ごせたのでよかったです。

僕はそもそもイカが大好物なので、そのイカがめちゃくちゃ美味しくて、それだけで十分満足できてますが。

晩ご飯を食べた後は、実際に隣に住んでる子どもたちとニョロ助は遊んだりできたので、子連れにも理解があって宿泊しやすかったのも良かったです。

サービスを求めるならあまりおすすめできませんが、自由にのんびりと田舎にきた感じを堪能したいならおすすめできる民宿でしたよ!

福井で有名な若狭和田の海や水晶浜からは約1時間前後かかる場所にあります。

冬場はフグやかにが食べられるとのことなので、機会があれば、冬のシーズンにお邪魔したいところですね。

我が家は楽天トラベルで予約しましたが、公式HPから予約するときの料金と価格の差がなかったので、ポイントがある分楽天トラベルやじゃらんからの方がお得ですよ~!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)