名古屋駅構内(改札外)の驛麺通りにある「蔵まち」で、サクッとあっさり醤油らーめんを食べてきたのでレポート!

蔵まちのラーメン

名古屋駅でサクッとラーメンを食べたい時は、駅構内(改札の外)にある驛麺通りに行けば、駅周辺のお店を探すことなく食べられます。

今回お正月で妻の実家に帰省した帰りに立ち寄り、その中の「蔵まち」というお店のラーメンを食べてきたのでレポートしたいと思います。

喜多方らーめんという福島県喜多方市発祥のご当地ラーメンが食べられる同店ですが、感想を一言でまとめるなら、薄味醤油ラーメンでちょっと物足りなし!でした。

とは言え、駅構内で手軽にラーメンが食べられるのはありがたい限りなのでご紹介です。

蔵まちとはこんなお店

メニューの裏面

驛麺通りにはラーメン店が7店舗あります。

このラーメン街道の特徴は、名古屋ラーメンではなくご当地ラーメンが食べられることです。

蔵まちは喜多方ラーメンで、いわゆる醤油ラーメンを提供しているお店となっています。

店内

蔵まちの店内

驛麺通りの中では比較的大きめの店内。

カウンター席が6席・4席・3席と3ヶ所分断されてますが合計13席あり、上記写真のようにテーブル席も5卓ぐらいはあります。

ベビーカーが一緒でも入れるスペースはありますが、ちょっと狭いと感じるぐらいの店内です。

▼テーブルの上テーブルの上

ラーメン系の調味料はラーメンコショーのみで、シンプルになってました。

メニュー

メニュー

シンプルにラーメンのメニューは醤油らーめん(とチューシュー130gの肉そば)のみ。

何を注文しようか迷う必要がないのは楽かもしれません。

トッピングで肉増しなどもあります。

その他、サイドメニュー的にソースかつ丼(280円)や餃子(セット価格で160円)などがありました。

驛麺通りの店舗は食券制のお店もありますが、蔵まちはオーダー制のお店となっています。

スポンサーリンク

シンプルに醤油らーめん単品で注文しました!

お昼ご飯を食べてそこまで時間が経ってなかったので、単品で醤油らーめんを注文しました。

数分待ってすぐに来ました。

▼醤油らーめん蔵まちの醤油らーめん

▼アップで。蔵まちの醤油らーめん

メンマにネギに卵はゆで卵。そこにチャーシューが3枚ほど入ってました。

▼スープ。蔵まちの醤油らーめんのスープ

一口飲んで思ったことは薄い!です。

想像以上に味が薄くて、濃い味が好きな僕としてはかなり物足りなく感じました。

▼麺蔵まちの醤油らーめんの麺

麺は平打ちの中太ちぢれ麺。

麺自体はイヤじゃなかったものの、スープが薄味だからか麺との絡まりをあまり感じられなくて、うまく味わえませんでした。

▼チャーシューチャーシュー

チャーシューは適度な柔らかさもあって普通に美味しい。

が、もうスープの薄さが気になりすぎて、肉増しにしてまで食べたいとまでは思えませんでした。

(スープが薄味だと感じているのは、全て個人の好みです)

▼煮卵煮卵

お店では煮卵と書かれてましたが、ゆで卵でした。

ゆで卵も煮卵ですが、もう少しとろ~り感が欲しかったです。

蔵まちの醤油らーめん|まとめ

蔵まちののれん

名古屋駅構内(改札外)にあって駅構内でサクッと食べられるという点では、かなり重宝すると思いますが、個人的にはもう少し濃い味わいがあるといいなぁと思うラーメンでした。

名古屋駅周辺にはそれなりにラーメン店がありますが、少し歩かないといけなかったり距離があったり。

その点、新幹線に乗る前にサッと立ち寄りなども出来るので、覚えておいて損はないと思います。

逆に、こだわり満点の美味しいラーメンを求めてるなら、少し歩いてでも別のお店を探した方が良いと言えるかもしれません。

ぜひ参考にしてください。

驛麺通りのラーメンレビューはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)