第5回カレーEXPO2018 in 万博公園・東の広場 に行ってきました!行くなら午前中からが混雑を避けられておすすめ!

2016年に初めて開催された第1回から、カレー好きがこうじて皆勤賞で毎回参加しているNon太(@LoveWifeLives)です。

今回の第5回はゴールデンウィークの真っただ中での開催でしたが、相も変わらず行ってきました。

そしてカレーを堪能。

普段はおもいっきり下調べをして行くものの、今回は全くなしで、現地の雰囲気だけで4種類のカレーを選んでみました。

 

基本的に何でも美味しいと思うタイプなので、美味しいカレーを楽しめたには楽しめたのですが、ある程度食べたいカレーの下調べをしてから行った方が良いな、というのが今回の教訓です。

そして、

行くなら絶対午前中から!

というのが、今回の最大の教訓です。

もしGW中に行こうと思っている人がいるなら、頑張って午前中から行きましょう!

そうすれば、落ち着いてのんびりとカレーEXPOが楽しめると思いますよ!

スポンサーリンク

第5回カレーEXPO 2018はこんなイベント!

ざっくりとした概要はカレーエキスポの公式ページを見てもらうのが一番早いと思いますが、今回のカレーEXPOのご紹介もしておきます。

万博記念公園の東の広場で開催!

第5回は東の広場で開催されています。

あの、芝生が一面に広がったおっきな会場です。

我が家は電車で行きましたが、万博記念公園の中央入口からは徒歩10分弱かかる距離にあります。

かなり広いので、レジャーシートやテントを持って行けば、場所取りに困ることはないと思いますよー!

出店数は30店舗

今回の出店店舗数は30店舗となっていました。

それに便乗して、スイーツEXPOやパン博といったものも開催されています。

カレーパンサミットは大混雑!

今回初開催となるカレーパンサミットなるカレーパンの祭典も同時開催していたのですが…

朝から長蛇の列ができています。

これは何の列?と思ったら、カレーパンサミットの列でした。

▼こちら。

行く人は待ちを覚悟で行きましょう。

僕たちは小さい子供がいるので諦めました。

提供ライスの量が50g減少!

カレーEXPOの入場自体は無料となっていますが、公園への入園料として大人250円・小中学生70円が必要です

入場無料とは言え、チケットを買わないとカレーは買えません。

第1回から比べると、値段はどんどん上がり(第1回は1,000円、第4回は1,200円)、その代わりにご飯の量もアップする(第1回は200gが第4回は300g)という状況だったのですが、今回は第4回と比べて値段据え置き(1,200円)なのにご飯の量が少なくなってました(300g⇒250g)。

個人的には、やっぱりライスは300gあってほしいところです。

カレーEXPOの値段設定は、個人的にもう少し安くなるとメチャクチャ良いイベントなんですけどね。

カレーを食べるテントは常設あり!

東の広場の場合、芝生が一面にあって木陰もたくさんあるので、レジャーシートやテントを持ってくると気持ちよく食べられます。

ですが、手ぶらで来たいって人もいますよね。

今回もテント付きの飲食スペースが用意されているので、そこでも食べられますよ。

結構な席数があるにも関わらず、こちらも昼前からは大混雑してましたが。

専用喫煙所ありました!

東の広場の一番奥の方に、ひっそりとiQosの看板で専用の喫煙所が設けられていました。

授乳室・おむつ交換所も一応あるけど超簡易!

カレーEXPOの前週にロハスフェスタというイベントが開催されていました。

どちらも主催が同じ会社なので、そのままの使い回しで設置されていたようです。

おむつ交換室は、木のテーブルにテーブルクロスがかけられただけのものです。

そして授乳室は…(妻に撮影してもらってます)

あんまり使いたいとは思えないかと。w

授乳は万博公園内にある授乳室を利用するのが良いですよ。

スポンサーリンク

第5回カレーEXPOに行ってきたレビューはこちら!

今回のカレーEXPOがどんなのか分かったところで、実際に行ってきたレポートをお届けしたいと思います。

万博記念公園駅を降りてから中央口の入場まで

万博記念公園駅に到着したのが朝の10時。

行った日はFM802のファンキーマーケットが開催されていましたが、それでもそこまで人は多くありません。

▼万博記念公園へ向かう橋。

かなり少ないです。

▼チケット売場も数人の並びだけで購入可能でした。

入園後、東の広場へ一直線

あまりに何度も来ているので、太陽の塔も撮影せずに東の広場へ一直線に向かいました。

看板を横目に歩いていきます。

▼チケット売場の前にある看板

会場に入る前に出店店舗の看板が出ています。

会場内でパンフレットも入手できますが。

▼カレーEXPOの入口。

▼チケット売場。

▼無事にチケットをゲットしました。

ライスを先に交換!(待機列があるとご飯は冷たくなりますよ)

あったかいカレールーを食べたいので、カレーの前に先にライスブースで白ご飯をチケットと交換しました。

▼ライスブース。

もちろん午前中から行っているので、ここに行列はありません。

過去の開催では、ご飯を引き換えるだけで100人以上の列が出来ていることもあったので、やっぱり午前中から行くのが無難ですね。

この後カレーを引き換えに行くわけですが、結構時間がかかるので、食べる頃にはご飯は冷え冷えになってました…。

今回食べたカレー4種はこちら!

普段はしっかり事前調べをするところ、今回はその場の雰囲気で全部決めてみました。

過去の記事を見てみると、1種類第4回の時に食べたカレーを選んでいたりもありましたが、美味しく頂きました。

実際に食べたのは以下の4店舗です。

店舗No.29 / 炙り牛タンカレー / THE Mesi-kutan?

カレーエキスポ限定だという「炙り牛タンカレー」。

牛タン大好きなので食べてみたくなりました。

カレーEXPO限定で出してるメニューというのは良いですよね。

これでカレーが美味しい!となったら、実際に足を運んでお店に食べに行きたいってなりますし。

▼追加メニューもあり。

▼こちらが炙り牛タンカレー。

牛タンが下に沈んでしまってますが、結構シャビシャビ系のカレールーです。

▼こんな感じに牛タンが1枚どんと入ってます。

ちなみに、このカレー結構スパイス効いてます。

辛いのがあまり得意じゃない人は、ちょっと避けた方が無難かも…といったぐらいに効いてます。

僕はあまり辛いのが得意じゃないので、辛く感じました。

ちなみに、ここは午前中から結構列が出来ていましたよ。

 

店舗No.11 / バターチキンカレー / 本格インド料理 SAVERA

バターチキンカレーが好きで選んだお店でしたが、実は第4回の時にも食べてました。w

▼バターチキンカレーの他に、キーマカレーもあり、ナンも注文出来ます。

今回はバターチキンカレーとプレーンナンにしました。

▼ナンを焼いてるところ。

▼カレーとナンはこちら。

▼ナンをアップで。

これはやっぱり安定の美味しさでした。

辛すぎないし、かといって甘いだけじゃなく、両方をしっかり堪能できます。

ナンとの相性もバッチリで、これは一皿食べたい!と思えるカレーでした。

ここも午前中から10人~20人の行列がありました。

 

店舗No.13 / ダイヤモンド・チキン・カレー / ダイヤモンド・ビリヤニ

チキンが入っているカレーは美味しいに決まってる!と、なんとなくの雰囲気で選びました。

▼こちらがチキン・カレー。

見た目からして辛くて濃厚そうな雰囲気が…

個人的な感想としては、結構辛めです!

▼ゴロっとチキンも入ってます。

しっかり煮込まれていて、柔らかいチキンでした。

ちなみにここも大行列。

 

店舗No.14 / サンディーのチーズキーマカレー / AMMY(アミー)

今回食べた中では一番印象に残っているのがこちら。

カレーの中にモッツァレラチーズが入っているということで選んでみました。

▼サンディのチーズキーマカレーはこちら。

白くポツポツしてるのがモッツァレラチーズです。

▼こんな感じで入ってます。

一般的なチーズをカレーに入れると溶けますが、モッツァレラチーズだと固形のまま残るので食感があります。

今回食べたカレーの中では一番優しい味で、かなり食べやすかったことが印象に残ってます。

これはなかなか美味しいカレーでした。

ちなみに、ここも朝から結構長い列が出来ていましたよ!

第5回カレーEXPOに行ってきました!/ まとめ

約2年で5回も開催されているカレーEXPO。

そしてその全部に足を運んでいる僕。

5回も行ってると希望したくなるのは、「カレーEXPO限定メニュー」を大々的にやってほしいなってこと。

これがあるともっとおもしろくなりそうなんですけどね。

 

とにもかくにも、カレーEXPOに行こうと考えているなら、午前中から行くことをおすすめしますよ!

午後からだと、カレーが売切れることもあるし、何より大行列でカレーを頼むために1時間並ぶなんてことが起こる恐れも…。

▼午前中の人出。

▼午後の人出。

全く同じ場所からの撮影ではありませんが、人出と混雑は10倍以上になっていたはず。

 

と言いつつも、東の広場はカレーEXPOだけじゃなく、芝生が広がっている会場なので、レジャーシートを持って行ってピクニックとしても楽しめると思いますよ!

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)