子授け寺で有名な奈良の浄願寺。癒される雰囲気と自然がただただ最高だった

s-DSC02285

僕が思春期を過ごした奈良県には自然がたくさんあります。

夏には耳を突く程のセミの大合唱が聞こえ、それが落ち着いた夜にはカエルのぼやきがたくさん聞こえてきます。

その音を聞くことが日常だった僕には、むしろ自然がない、虫の声が聞こえない方が違和感を感じるぐらい。

2015年の夏の終わり。残暑厳しい日に、子授け寺で有名な奈良の浄願寺というお寺に行きました。

このお寺の周辺が、とにかく自然にまわりを囲まれていてただただ癒されて最高だったんです。

スポンサーリンク

浄願寺について

s-DSC02285

子授け寺と言われているぐらいですから、子宝に恵まれるということで有名なお寺です。

いつかの時代の天皇である文徳天皇が、「子宝にめぐまれずこの寺を訪れて祈願したところ、めでたく子供が出来た」ということから、文徳天皇ゆかりの子授け寺として受け継がれているようです。

癒しの庭という庭園もあり

s-DSC02282

お寺への参拝が出来るほか、隣には庭園がありました。

▼ここがその入口s-DSC02289

この庭を回るのに500円ぐらいの料金が必要だったはず…(料金は忘れました)なので、庭をまわることはしませんでしたが、お寺の庭は手入れされていて綺麗なのも多いので、また機会があれば行ってみたいと思います。

駐車場も完備

s-DSC02281

訪れた日は平日だったので僕たち以外に参拝している人はおらず車も止まってませんでしたが、約30台ぐらいは止められるスペースがありました。

▼駐車場の横にはトイレも設置されてます。(スマホのエフェクトカメラで撮影するとこんな雰囲気になって、ちょっとイイ感じ。)s-IMG_4104

入口には迷わないように気を付けよう!

浄願寺は最寄り駅がないため、訪れる大半の人が車で行くと思います。(一応近鉄新庄駅から2km程なので歩けないわけではない)

駐車場に車を止めたはいいものの、入口はどこ?となってしまったのでMAPを付けておきます。

▼浄願寺周辺のMAPs-jouganji_map

上記MAPを見てもらえれば分かりますが、駐車場に車を止めて最初に目に入るのは癒しの庭です。

浄願寺の本堂へ向かうためには、ぐるっと回って緑色の⇒のところから入ることが出来ます。

スポンサーリンク

癒される穴場スポット「浄願寺」へ行ってきました!

僕は特に宗教がどうのこうのというのはないので、お寺や神社と言っても基本的にはデートで行くというがベースにあります。

この浄願寺の雰囲気は、都会の喧騒を忘れられるめっちゃおすすめのスポットでした。

▼この日の空は近かったs-IMG_4147

浄願寺へ到着し車を降りました。

人の声は一つも聞こえない。ただただ鳴いている虫の声と空気の音だけがかすかに聞こえるほど。

街中にいてて人の声が聞こえない、生活音が聞こえない場所ってそうそうありません。それがこの場所には、車を降りてすぐに感じられました。

▼ということで参拝に向かいます。s-IMG_4146

▼手水舎s-DSC02286

入口右手にあった手水舎ですが、水は溜まっているだけで流れてはいませんでした…。

人っ子一人いなかったので、ちょっと雰囲気ありすぎるぐらいでしたが。

▼本堂前s-DSC02287

ちっちゃなちっちゃな本堂です。祈願じゃないと中には入れないようでした。

本堂の前には子授け地蔵が立ってます。(写真は撮り忘れました)

▼一応お賽銭を払ってろうそくに火をs-DSC02288

もしご祈祷などをしたいという場合、この本堂に向かって左に住職の家がありますので、頼めばやってもらえます。(飛び入りでやってもらえるのかは分かりません。)

都会の喧騒を忘れ、心地良い虫の声が聞こえる雰囲気が良いお寺でした。

浄願寺に来たなら二塚古墳もおすすめ!

s-MAP

浄願寺の裏に二塚古墳(新庄二塚古墳)があります。二塚古墳について詳しくはWikipediaを!

この古墳が良かったというよりは、その周りの風景がとっても気に入ったんです。もし浄願寺に行った場合は、歩いて回れる距離なので合わせて二塚古墳にも行くことをおすすめします。

上記MAPは浄願寺から僕がたどったルートを赤線で表示してます。

オレンジ色の三角は写真を撮影した箇所。やっぱり自然は最高です!

▼①ただの石垣だけど、それもまた良く見えるs-DSC02291

▼②細道だけど雰囲気ある小道(車は通れません)komichi

▼③二塚古墳の看板s-DSC02303

ここから登り坂が続きますが、普通に登っていけます。

▼④二塚古墳のことが書かれた看板futatsuka_kohun

この先に見えているのが二塚古墳なんですね。もはや草むらと化してました…

▼⑤実るほど頭を垂れる稲穂かなinaho

s-DSC02298

稲穂が一面に広がっていて綺麗でした。

▼⑥まだ青いけど栗の木もkuri

▼⑦大和盆地を一望s-DSC02300

s-DSC02302

この場所が葛城山の山麓の標高200mの場所に位置しているようで、二塚古墳を通り過ぎてもう少し登っていくと大和盆地が一望できます。

そんなに標高が高いわけじゃないけど、夜は夜景なんかも綺麗に見えたりして。

こんな風に浄願寺の周辺散策として、二塚古墳を見にいくと素敵な自然も見ることが出来ますよ!

浄願寺 / まとめ

結婚していない二人が、デートで「よしっ浄願寺に行こう!」と言うと、子授け寺と言われているお寺なのでちょっと意味深になってしまうかもしれませんね。w

それはさておき、浄願寺の雰囲気も周辺の自然も、都会の雑踏を抜け出したかのように感じられる場所だったのでおすすめです!

二塚古墳と合わせてぜひ行ってみて下さい。

浄願寺

【住所】   奈良県葛城市寺口1170
【電話番号】 0745-69-5601
【公式ページ】布施山 浄願寺

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。