結果を出す方法を知りたいんじゃなくて、楽して結果を出す方法を知りたいんですよね? そんなのないけどね!

s-sunset-622966_1280

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

世の中にはありとあらゆる情報がそろえられているわけで、結果を出そうとするために色々と本を読んだりセミナーに参加したりネットで情報を探したりしますよね。

読書をすることもネットで情報を得ようとすることも、いわば先人の知恵を借りたいからでしょう。

その方が上手くいきやすいかなという思考も混じっているかもしれませんが、その通り大体の場合先人の知恵を借りるだけでスタート時は大いに助けられます。

例えばブログを読まれるブログにするための方法を探した場合、無料で情報はいくらでも転がっています。愚直にそれをこなせばいいんです。

有料なものや高度なものは、もっと自分のスキルが上がってきてから学べばいい。

にも関わらず、うまくいかない人だらけっておかしいなと思うんです。

今日はそんなお話し。

スポンサーリンク

常に思考に「楽して」がつきまとっている

例えば自分のブログを読まれるブログにするための方法を探してみると、ネットに無料で無数に転がっていることが分かります。

すると、「上位表示されるために質の濃い記事を書こう!」と書かれているんです。

上位表示という言葉が分からなくても、質の濃い記事がどんなのか分からなくてもとりあえず書いてみればいいのに、「上位表示って何やねん」、「質の濃い記事の例ってないんかな?」と、検索地獄に陥ります。

すると次に見つけたのが、「とにかく記事をたくさん書けば良い!」と書かれているのを見つけました。

さっきは質の濃いと書かれてましたが、こちらはただとにかく書けばいいだけなのでさっきよりは簡単です。

最終的には、「質の濃い記事 + 記事をたくさん書く」を合わせれば読まれるブログになるやん!という答えにたどり着きます。シンプルですよね。

では、質の濃い記事をたくさん書くということを実践してみました。すると気付くはずです。

メチャクチャ時間がかかることに…

今回はブログのアクセスアップを例に出してますが、何か参考にしようと思ったものを探し見つけた時、その方法を試すと始まりは特に時間がかかってしまうことがほとんどです。

ブログの記事を書くにしても慣れれば30分や1時間でも書くことができるようになりますが、最初は2時間かけても1,000文字に満たないなんてこともザラにあるわけです。

(ちなみにここまでで約1,000文字ですが20分かかりました…僕はもとから遅い方でしょうね笑)

最初にうまくいかないのは、文章を書くことに慣れてないから当たり前ですよね。

でも、参考にするものを調べている時は、「出来るだけ簡単で出来るだけしんどくなくて、出来る限り楽ちんな方法で」という思考がつきまとっています。

そりゃ、うまくもいかなければ継続も出来ないわけです。

根底にあわよくば精神が入り混じってるのに、出てくる情報は頑張れ!なわけですから、常に「出来る限り楽ちんな方法で」と考えている限り、物事はうまく進まないですよね。

スポンサーリンク

時給換算の考え方がそもそもの間違い

たまに高校生起業家!とか大学生で起業!とかも増えてますが、一般的に社会人になる前にお金を稼ぐ方法はアルバイトですよね。時給制です。

働いた時間 × 時給 =稼げるお金

という式でいくら稼げるかを計算する考え方を、初めてお金を稼ぐ時から始めているんです。そういうお金の稼ぎ方しか知らないと言われても当然と言えば当然ですが。

先程のブログのアクセスアップの方法が書かれたことを実践しようとすると、メチャクチャ時間がかかることに気付き、全然思ったように進まないことが分かり、気付けば何時間も経過していた。

そんな時、「もしこれが時給1,000円やったら…うわぁー!2万円分も稼げてたのに!!」なんて思ってしまうわけです。

楽ちんな方法を探していたはずが、むしろ逆効果のようになってると感じてしまいます。

こういう思考をすること自体がダメと言っているんじゃなくて、新しいことを始めようとした時に、最初から時給計算をしてしまうと割に合わないことが多いわけです。

ブログのアクセスアップでも、結果は複利のようなもので膨れ上がるものですからね。

だから1日5分で100万円!がまかり通る

よーく考えてください。

インターネットの世界では、「1日5分作業しただけで、1ヶ月後には月収100万円稼げるようになりました!」のようなページがたくさんありますね。

まったくの素人がですよ? もう何年も業界にいた人であれば、そのような仕組みを作り上げれば可能でしょう。

でも右も左も分からない素人が出来るわけないでしょ!って気付かないんですかね。

新しい何かを始めた時に、先人の知恵を借りようとした時に、「あわよくば楽な方法で」という考え方を持ってしまっているから、「あわよくばこれで100万円が…」なんて考え方になってしまうんでしょうね。

ネットが拡がってこれだけ自分で情報を手に入れられるようになったんですから、泥臭くてもしんどくても真っ直ぐな言葉で話している人を見極める力をつけないといけません。

ただ楽して結果を出す方法なんてない!

ブログを書くようになって、ネットのことを知らない人よりは知れるようになりました。

何百万PVをたたき出してるだとかネットビジネスで本当に何百万円という収益を生み出している人が、どれほどの作業量をこなしているのか明確には分からなくとも、生半可じゃない道を歩んできたことだけは分かります。

何万円を稼ぐだけでも大変だったので。

ロケットは打ち上げ時に積んでいる全体の燃料の7割とも8割とも言われる程にエネルギーがいると言われています。

積んでいるほとんどが燃料であるため、地上から離れるにしたがって使用済みのタンクはどんどん切り離していきます。

地上から離れれば離れる程身軽になって、少ないパワーで上昇していけるんです。

宇宙は無重力ですから、さらに小さいエネルギーでも慣性の法則のように一つ前に進めばずっと前に進んでいくわけです。

これと同じように、新しい何かを始めた時にはスタートから軌道に乗せるまでが一番パワーがいるわけです。

これを一番最初の段階で「あわよくば精神」であったり「楽ちんな方法で」と考えてしまうと、やっぱりうまくはいきませんよね。

ただ楽をして結果が出る方法はありません。

結果を出す方法 / まとめ

どこに行っても「あわよくば精神」は目につきます。

先日、オーストラリアで最年少ビリオネアと言われた人が破産したというニュースが報じられました。

豪の最年少ビリオネアが破産 / AFP

確かにこの人は一代で財を成したそうですから、スタートアップはメチャクチャ頑張ったんだと思いますよ。

でもニュースの記事を読むと、

財を成していく過程で多くの敵をつくるなどして注目を集めた

と書かれていますが、財を成したと言えど、最初から頑張り方を間違えてたようですが。

結果を出せるなら何をしても良いという考え方は捨てなければいけません

先程のオーストラリアの最年少ビリオネアのように、人を傷つけて人を蹴落としながら上昇していけばたくさんの批判が出てきますが、強力なパワーさえあればそれを打ち負かすパワーを手にしてしまうことも事実。

でも、日々の行いは確実に巡り巡って循環しますからね。その最たる例だと思わずにはいられません。

結果を出す方法を知りたいなら、すでに結果をちゃんと出してる人で自分が信じられる人が言っていることを愚直にこなせばいいですよ。

そんな人は特に楽して結果を出す方法は教えてくれませんから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。