コンビニ(セブンイレブン)のコピー機でスキャンしたPDFデータをスマホ(iPhone)に保存する方法とその手順

保存中と表示

出先でUSBやSDカードを持っておらず、でも持っている書類をスキャンしてPDFファイルにしないといけないという場面がありました。

保存のためだけにUSBメモリーを買うのも気が引けるし、でも今PDFにしないと…といった状況です。

そんな時便利なのが、コンビニ(セブンイレブン)のコピー機でスキャンを行い、そのデータをスマホ(今回はiPhone)に保存するという方法です。

保存したデータはLINEに添付して送ることも、Gmailで転送することも出来るので、使い勝手はかなり良いと思います。

今回実際にスキャンしたPDFデータをiPhoneに保存し、Gmailで転送するところまでをやってみたので、その手順を画像付きでご紹介します。

コンビニはセブンイレブン、スマホはiPhoneということで解説しています。

スキャンの前に必要な事前準備

コピー機でスキャンしたデータを保存するために、事前準備としてiPhoneにアプリをインストールしておく必要があります。

と言っても有料で特別なアプリなどではなく、セブンイレブンの「マルチコピー」というアプリをインストールするだけです。

このアプリを入れておけば、そのアプリ内に保存が出来るようになります。

また、セブンイレブンのアプリで「かんたんnetprint」というものがありますが、これはiPhone内のデータをコピー機で印刷したい場合のアプリなので、今回のものと混同しないようご注意ください。

▼解説図マルチコピー アプリ

スポンサーリンク

スキャンデータをiPhoneに保存するまでの手順

アプリをインストールしたら、次は実際にコピー機でスキャンしてiPhoneに保存することをやっていきます。

スキャンする

まずはセブンイレブンのマルチコピー機を使って、スキャンすることからです。

▼まずは、マルチコピー機のトップ画面で「スキャン」をタップします。「スキャン」をタップ

▼「スマートフォンへ保存」をタップします。スマートフォンに保存

▼「同意する」をタップします。同意する

▼「iPhone/iPadのお客様」をタップします。iPhone/iPadのお客様

▼「スキャンの設定へ進む」をタップします。スキャンの設定に進む

「Wi-Fi接続の確認へ進む」で検証してもいいのですが、正直やらなくてもよいと思います。

▼この画面はとりあえず読んで「確認 次へ進む」をタップします。確認して次へ

まだここではアプリは起動させなくて大丈夫です。

▼カラーモードや読み取りサイズを指定して、「これで決定 次へ進む」をタップします。これで決定 次へ進む

今回は「フルカラー」、「A4サイズ」に設定しています。

▼PDFかJPEGかを選択し、「これで決定 次へ進む」をタップします。これで決定 次へ進む

今回はPDFを選択しました。

▼この画面が出たら、実際にスキャンしたいものを設置し、「原稿を読み取る」をタップします。原稿を読み取る

▼読み取ったデータが表示されるので、問題なければ「これで決定 次へ進む」をタップします。これで決定 次へ進む

▼「これで決定 読み取り終了」をタップします。これで決定 読み取り終了

これでスキャンまでが出来ました。

続いて画面の表示に従って、アプリを起動させていきます。

アプリの起動(iPhoneの操作)

▼この表示が出たら、アプリを起動させてiPhoneで操作していきます。iPhoneの操作案内

まずはインストールしたアプリ「マルチコピー」を起動させます。

▼「スキャン」をタップします。「スキャン」をタップ

▼「接続」をタップします。「接続」をタップ

▼「接続を開始する」をタップします。「接続を開始する」をタップ

この時、Wi-Fiはオンにしておく必要があります。

▼こういった表示が出てくるので、「接続」をタップします。「接続」をタップ

これでコピー機とスマホが繋がっている状態になります。

▼接続番号という4ケタの数字が出てくるので、それを覚えておきます。接続番号

再度コピー機で操作する

接続番号が確認出来たら、マルチコピー機にその番号を入力していきます。

▼4ケタの接続番号を入力し「確認」をタップします。接続番号入力

▼画面には保存中と表示されているはずです。保存中と表示

▼この表示が出れば完了です。完了

▼マルチコピーのアプリにもデータが保存されているのを確認します。データ確認

これで無事に、スキャンしたPDFデータがマルチコピーアプリの中に保存されました。

保存したデータをGmailやライン(LINE)で転送する

無事に保存できたと言っても、マルチコピーというアプリ内に保存されているだけの状態です。

これをPCなどでも閲覧できるように、データの転送をしておくことをおすすめします。

Gmailはもちろん、LINEなどにも添付できるので便利ですよ!

▼「マルチコピー」のアプリを起動し、「スキャン」⇒「該当のファイル名(scan-001.pdf)」の順にタップします。データ転送 説明

▼データの内容が表示されたら、真ん中下部にある矢印をタップします。矢印 タップ

▼ここでGmailやLINEなどを選べば、データが添付されて転送することが可能です。Gmailやlineなどを選んで転送

もしGmailのアイコンなどがないという場合は、一番右に「その他」という項目があるので、それをタップします。

▼そこで、表示させたいものをオン(緑色)にすればOKです。表示をオン

コピー機でスキャンしたPDFデータをiPhoneに保存する方法|まとめ

手持ちの資料をサクッとPDF化して、メールやLINEで送ることが出来るなんて、ホント便利な世の中になったものです。

一度やってしまえば問題なく出来ると思いますが、初めての時は少しあたふたするかと思ったので、今回記事にまとめてみました。

また時間が空くと自分自身も忘れてしまうので。

ちなみに、1回の利用につき30円かかります。

それでもこれだけのサービスが出来るのであれば安いものですよね。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)