リーガロイヤルホテル大阪の「オールデイダイニング リモネ」で記念日ランチビュッフェに行ってきたのでレビュー!

リモネ 入口

大阪・中之島にあるリーガロイヤルホテル大阪の中の、「オールデイダイニング リモネ」というダイニングレストランに行ってきました。

ちょうど結婚記念日と僕の休みが重なったので、我が家ではお馴染みの一休.comレストラン から予約です。

ホテルとしての雰囲気の良さを感じつつ、美味しいご飯が食べられたので、行ってきたレビューをお届けします。

  • リモネのランチビュッフェってどうなの?
  • 料理はどんなの?
  • 子連れでも行けるの?

といったことが気になっている方は、ぜひ参考にしてください!

リーガロイヤルホテル大阪の「REMONE(リモネ)」について

リーガロイヤルホテル大阪

今回は大阪中之島にあるリーガロイヤルホテルのリモネというダイニングレストランで、ランチビュッフェを堪能してきました。

ホテルでのランチと聞くと、「服装はどうなのか?」、「子連れでは行きにくいんじゃ…?」とか、「マナー良く食べなきゃいけないんじゃ?」といったことを考えてしまう僕です。

ですが、リモネは服装も普段着で、子連れ(1歳8ヶ月)でも全く問題なく、指定されているようなテーブルマナーなどもなく、落ち着いてご飯が楽しめました!

むしろちょっと騒がしくても肝要に受け入れてくれていたので、非常にありがたかったです。

ランチビュッフェ【料理・デザートの種類について】

リモネ ランチビュッフェ

リモネのランチブッフェは、バイキング形式で料理は食べ放題、ドリンクはソフトドリンクが飲み放題になっています。

制限時間は90分なので、子連れだとちょっと短く感じるかもしれません。(僕はもう終わり?ってなってしまったので)

それでいて料金は、平日3,200円・土日祝3,500円となっています。(リーガロイヤルのサイトから申込んだ場合)

料理

どんな料理があるかは、言葉でいうよりも写真を見た方が早いと思うので、2列で写真を並べていきます。

クリックで拡大出来ますよ!

バゲット&パン
本日のピッツァ
出汁巻き玉子
カリフラワー&カレーミートソースのグラタン
鰆の野菜あんかけ チャイニーズテイスト
大人のナポリタンスパゲッティ
ミネストローネスープ
小海老&搾菜とレタスのフライドライス
鶏腿肉のオーブン焼き&白インゲン豆の軽い煮込み もち麦のアクセント
フリtt&ポテトフライ

ご飯系としては、これでほぼ全てです。

想像よりは少し種類が少ないなぁと思いました。

スタンドクッキングは2種類!

シェフがキッチンに立って、注文したら作ってくれるやつです。

これは2種類あって、両方とも美味しかったです。

そこまでダイナミックさはありませんが、一回は食べておきたいところ。

豚バラ肉の”ラケ” ナッツ&エピスの香り
アジアンスタイルヌードル

サラダ

サラダはただ野菜類が置かれているものだけじゃなく、創作サラダがありました。

サラダバー
サンドイッチ&ポテトサラダ
チキンのサラダタブレ
創作サラダ系

妻はただのサラダバーじゃないことをかなり喜んでたので、サラダ好きにはいいかもしれません。

デザート

デザートです。

生のフルーツ(せめてパイナップルやキウィなど)があれば、もっと良かった気がします。

デザート
ブラウニー&ベリーソースのスモア風 ミルクアイスクリーム添え

デザートコーナーにもスタンドキッチンで1つメニューがありました。

ドリンク

10種類以上のソフトドリンクは飲み放題で、コーヒーや紅茶もあります。

ソフトドリンクコーナー
コーヒーメーカー

他にももう少しありますが、大体これがランチビュッフェのラインナップといったところ。

もう少し全体的にボリュームがあれば、なおよしだったかな~とも思わなくないですが、雰囲気良く食べられるランチでした。

店内

リモネ 入口

▲お店の入口です。

白と黒でライトアップもいい感じで、さすがホテルのレストランって気分になります。

ちなみに、入口は照明でいい雰囲気ですが、店内奥は自然光が入ってきて明るい雰囲気です。

▼入口を入ってすぐの通路。リモネ 店内

ここも雰囲気良さげ感がありますよね。

▼店内リモネ 店内

テーブルの間隔は広く取られているので、落ち着いてご飯が食べられます。

特にソファー席などはなく、全部テーブル席になっていました。

もちろん子ども用イスもあります。

予約時に子連れであることを伝えていたので、テーブルに案内された時点で用意してくれていました。

▼テラス席もあり。リモネ テラス席

さすがに真冬に外で食べている人はいませんでしたが、気候が穏やかな時にはここも案内してもらえるのかもしれません。

もちろん普段着で問題なし!

記念撮影

上記は我が家の家族写真ですが、至ってどこにでも行くような服で来ています。

むしろドレスアップしているような人は見かけなかったので、服装を気にする必要は全くないと思います。

一般的なお店でランチをするのと、なんら変わらずに食べられます。

一休.comレストランからの予約でかなりお得に!

今回は一休.comレストランから予約していきました。

リーガロイヤルホテルの公式サイトから直接WEB予約をすると、平日3,200円・土日祝3,500円です。

それが、一休.comレストランを通して予約するだけで、平日は700円安い2,500円土日祝なら800円安い2,700円で予約することが出来ます。

しかも、入店時にワンドリンク(ワイン)が無料で飲めるし、お土産としてお菓子ももらえるプランでした。

レストラン系のランチやディナーは、一休.comレストランを利用されることをおすすめします!

公式サイトはこちら

一休.comレストラン

スポンサーリンク

結婚記念日のお祝いにリモネのランチビュッフェに行ってきました!

紹介はこれぐらいにして、実際に行ってきた時の様子をレビューしたいと思います。

JR大阪駅から無料のシャトルバスが出ているので、今回はバスに乗ってリーガロイヤルホテル大阪まで向かいました。

▼シャトルバスリーガロイヤルホテルのシャトルバス

お昼の時間は6分毎にバスが来るので、そんなに待つこともなく乗ることが出来ます。

▼10分弱ですぐにホテルに到着しました。リーガロイヤルホテル大阪

早速リモネに向かいます。

リーガロイヤルホテルの1F(ウエストウイング1階)にあるので、バスを降りたらすぐです。

13:30予約でしたが、5分ほど過ぎて到着しました。

 

▼テーブルの上テーブルの上

白い袋が2つありますが、これがお土産用でついてくるお菓子です。

 

今回のプランは有料のドリンク(ワインなど)が一つ無料になっていたので、僕は白ワイン、妻はぶどうジュースをオーダーしました。

注文したのもつかの間、早速ご飯を取りに行きました。

ランチビュッフェを堪能!

小さい子どもがいると、バイキングの料理を取るのも一苦労です。

が、1歳8ヶ月の子どもでも食べられるような料理もあったのは幸いでした。

▼とりあえずドリンクで乾杯です。乾杯

とりあえずざざっと取って食べたものは以下の通り

リモネ ランチブッフェ
リモネ ランチブッフェ
豚バラ肉の”ラケ” ナッツ&エピスの香り
アジアンスタイルヌードル
トマトチキンカレー
マグロと青葱のマリネ 柚子の香り

個人的に、

  • スタンドクッキングの2種類
  • 鶏腿肉のオーブン焼き&白インゲン豆の軽い煮込み もち麦のアクセント
  • 鰆の野菜あんかけ チャイニーズテイスト
  • トマトチキンカレー

は美味しかったのでおかわりした料理でした。

▼鶏腿肉のオーブン焼き&白インゲン豆の軽い煮込み もち麦のアクセント鶏腿肉のオーブン焼き&白インゲン豆の軽い煮込み もち麦のアクセント

これが想像以上においしいので、同じ期間に行く人はぜひ食べてみてください!

 

一通り食べて次はデザートです。

リモネ デザート
ブラウニー&ベリーソースのスモア風 ミルクアイスクリーム添え

デザートは劇的に美味しい!というのはなく、やっぱりフルーツはいくつか置いておいてほしかったなぁといったところ。

 

▼食後に飲んだカフェモカカフェモカ

ビュッフェが始まって1時間以上が過ぎた頃、食後の時間を過ごしていると店員さんがテーブルに来ました。

今日は結婚記念日としてご予約いただいたと思うのですが…?

一瞬なんで知ってるの?と思いましたが、一休.comで予約した際、結婚記念日の項目に✔を付けて予約したことを思い出しました。

なので、一輪のお花をプレゼントしてくれて、さらに記念撮影までしてもらえることに。

もらったお花 記念撮影

リーガロイヤルの公式ページから予約した場合、こういったサービスはなく且つ料金も少し高めであることを考えると、ホテルのレストランのランチは一休.comを通した方が良いですね。

楽しい記念日になりました。

お土産も付いてきます!

リモネ お土産

一休から予約した場合は、このお土産のお菓子も付いてくるプランになっています。

価格としては、リーフパイ6枚入りで1,188円のものが、僕と妻の2人分で4枚もらえました。

普通に美味しかったです。

リーガロイヤルホテル「リモネ」のランチビュッフェ|まとめ

リモネの外観

今回は夫婦の結婚記念日のお祝いランチとして行きましたが、特に記念日じゃなくても気軽に行けるのが良いなと思います。

料金的にも1人2,000円台ですし。

1歳の子連れであることを予約時に伝えておけば、子ども用のイスをあらかじめ準備してくれていましたし、角の席を確保してくれていました。

さらには、角の席の日差しがきつすぎてまぶしいと思っていたら、空いている違う席への移動を案内してくれたりもしたので、気持ち良く食事を楽しめました。

 

これで4,000円、5,000円となるとさすがにおすすめしませんが、一休を通せば週末でも2,700円で楽しめるので十分満足できるランチと言えると思います。

リモネのランチビュッフェってどうなの?って思っている方の参考になれば幸いです。

行く時は必ず一休から予約をしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)