【大阪周遊パスで巡る旅】 ガッカリスポットと言われる「大阪城」へ!展望台と思えば悪くない!

s-IMG_4563

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

大阪の観光スポットでガッカリスポットと言われている大阪城

確かにお城の中はコンクリートだしエレベーターがあるしで、戦国時代の名残は一つも見られません。

でも、大阪城をお城として期待して行くからガッカリするのであって、お城として考ではなく、お城から大阪の街が眺められる展望台だと思えばなかなか悪くないんじゃないかと思いました。

そして僕がおすすめする大阪周遊パスを使えば無料で観光出来る施設の一つとなっており、今回行ってきましたのでそのレポートを残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

大阪周遊パスで無料になるもの

大阪周遊パスを持っていれば、大阪城に入るための利用料が無料になります。

大阪城への入場料

  • 大人    600円
  • 中学生以下 無料

お城が見られる価格としては高くないはずなのに、「お城じゃないやん!」っていうガッカリが値段が高いという気持ちに拍車をかけてしまっている気がしないでもないですが…

とにかく大阪城に登るために大人で600円する料金が、大阪周遊パスを提示することで無料になるわけです。

しかも週末や連休などはチケットを買うために長蛇の列に並ばないといけないことがありますが、大阪周遊パスを持っていればチケットを買う必要はないので、チケットを渡す入口ゲートで周遊パスを提示すればバーコードを読み取ってくれてそのまま入場が可能です。

ムダな列に並ばなくていいのはありがたいですよね。

スポンサーリンク

大阪城への行き方

大阪城へのアクセスも実は色々な方面から行くことが出来ます。

JRでは大阪城公園駅をはじめ、森ノ宮駅、大阪ビジネスパーク駅、大阪城北詰駅などがあり、大阪に馴染みのない人に取っては難しく思う人もいるでしょう。

ここでは大阪周遊パスを使って行く大阪城への行き方となるので、おすすめはずばり地下鉄の谷町四丁目駅から行く方法です。

ものの10分程度歩けば大阪城が見える場所まで行けますよ。

ということで、まずは地下鉄の谷町四丁目駅を目指しましょう。

大阪主要駅の梅田からであれば、地下鉄谷町線の東梅田駅から乗車すれば一本で行けますが、なんば駅からだと一本では行けないので注意です。

そして谷町四丁目駅にたどり着いたら、出る駅は9番出口です。

▼谷町四丁目駅9番出口s-IMG_4521

この9番出口が大阪城に一番近い出口となります。

▼9番出口を地上へと出たところs-IMG_4522a

谷町四丁目駅の9番出口を出たら、上の画像のように大阪歴史博物館を左手に、矢印方面に歩いていけば大阪城方面へと向かうルートになります。

▼真っ直ぐ進んだ先にある大通りs-IMG_4548

先ほどの写真を真っ直ぐ進めば大通りが出てきます。写真の先に大阪城が見えているのが分かるでしょうか。

この大通りを渡り、大阪城が見えてる方面に歩いていけばOKです。

▼大通りを渡って進んでいくと広場が出てきます。s-IMG_4552

▼上の広場から右の方を向けば大阪城が見えてますね。s-IMG_4550

この広場を背にすると、前には大手門が見えてきます。

大手門s-IMG_4553

もうここまで来れば後は道なりに進むだけで大阪城の正門である桜門に到着出来るので、迷うことはないでしょう。

▼大手門をくぐると渡櫓(わたりやぐら)s-IMG_4554

実はここ、期間限定で特別公開されています。※櫓(やぐら)の入場料は大人で700円とかなり高いけど…。

でも大阪周遊パスがあればこちらも無料で入場が可能でした!素晴らしい!!

桜門s-IMG_4562

これが大阪城の正門にあたる桜門です。うまく撮影すれば、門の先に大阪城がすっぽり収まるような造りになっているようです。

(僕は知らなかったので気付かずただ桜門を撮影するのみでした…)

▼大阪城本丸に到着!osaka_castle

というルートで大阪城に到着出来ました。

このルート以外にも大阪城へと行く道はたくさんありますが、簡単だし近いしおすすめのルートだと思います。

大阪城で見て回ったところ

大坂城

このお城の右手にチケット売り場があり、入口もそこからになります。

僕らは大阪周遊パスを持っていたので、チケットを買うことなく入口ゲートでバーコードをピッとしてもらい入場しました。

▼お城への入口前にある大砲のようなものs-IMG_4566

大阪城は8階建てで8階が展望台となっており、その他の階は色々な展示がされています。

ちなみに、3階・4階は重要文化財などの展示があるそうで写真撮影は禁止なんだとか。

そして1階から5階までは直通のエレベーターがあるんです。

お城として期待して来た人にとってはこれもガッカリ萎えてしまうポイントなんでしょうね。

しかも土日や祝日は長蛇の列になることもあるし、僕らが行った時はエレベーターで30分待ちみたいな雰囲気だったので、階段で行くことにしました。

一番良いのはエレベーターで5階まで上がり、展望台の8階まで登った後に降りながら各フロアを見て回る方が良さそうです。

▼2階にある金のしゃちほこs-IMG_4567

良く分かりませんが、この金のしゃちほこ前は撮影スポットになってました。w

ということで、各フロアの近代的なものには全然興味を惹かれなかったので一気に8階の展望台へ。

ここからの見晴らしはカメラが高性能であれば素敵な写真が撮れるので、今回持って行ったCanon EOS Kiss X7iの力をお見せしましょう!

s-IMG_4569 s-IMG_4570 s-IMG_4577 s-IMG_4579

濃くくっきり残すような設定にすればこんなに緑が映える写真になりました。

と言っても素人がただ単にカメラの性能に頼って撮影しただけの写真ですけどね。

もっと柔らかい設定にしたら…全く違う雰囲気になります。

s-IMG_4571 s-IMG_4572 s-IMG_4574

iPhoneでは出せないような雰囲気の写真が撮れた気がしてます。(←素人目線)

展望台の撮影が終わったら、また一気に1階まで降りました。

大阪城は展望台として考えれば悪くない! / まとめ

大阪周遊パスで無料になるからこそ行く価値も出てくる大阪城。

お城として入場料が600円と言われるとその価値があったか?と聞かれると確かにガッカリしそうな気がします。

だって、お城としての名残は皆無ですもん。

でも展望台として考えれば、タワーの展望台などでも600円ぐらいはすると思うので、まぁいいかなと思えます。

一度くらいは行っておいてもいいんじゃないでしょうか。

▼今回撮影したカメラはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。