東芝の冷蔵庫が壊れたので、故障の症状、対処したことや行ったことをまとめてみました!

s-refrigerator

どうもこんにちは!Non太(@LoveWifeLives)です。

Twitterではちょこちょことつぶやいてましたが、最近自宅にある東芝の冷蔵庫が故障しました。

しかも故障するような身に覚えのあるようなことは一切なくて、朝仕事に行って夜帰ってきたら壊れてたんです。

家電の中でも冷蔵庫が壊れることってかなりのレベルで大惨事になることは想像に難くないと思います。

そしていきなり冷蔵庫が壊れたとなると、頭をよぎる疑問と言えば以下のことが多いはず。

  • まだ使って2年半しか経ってないのに壊れるとかあるの?
  • うわっ!保証期間の1年を過ぎてる!延長保証は加入してないし…どうすれば?
  • そもそもどこに連絡すればいいのか?
  • 修理にはすぐ来てくれるのか?
  • 修理代はどれくらいかかるのか?
  • 無料なんだろうか?
  • 買い替えた方が得なのか?
  • 壊れたままだったら冷えなくなってしまうし、中の食材が全部ダメになったらどうすればいいのか?弁償とかしてもらえるのか?
  • 電気代とかも無駄にかかってしまうがどうなるのか?

ざっと挙げてもこれだけ出てきたので、細かいものを含めるといくらでも疑問は出てきますね。

ということで今回は、

  • 冷蔵庫の故障の症状がどんなものだったのか。
  • 故障したと思ってから取った行動について。
  • 東芝とのやり取り。

について詳しくお話ししようと思います。

実際冷蔵庫が壊れた瞬間はどうしたらいいねん!って右往左往してましたが、同じように故障になった時の備忘録として、また同じような状況の人には参考にしてもらえる点があるはずですよ!

スポンサーリンク

冷蔵庫が故障した時の状況や症状、疑問について

まずは冷蔵庫が故障するに至った経緯や状況、さらにはどんな症状が出ていたのか、そしてそれに付随して自分が思った疑問を書いておきます。

冷蔵庫のスペック

s-IMG_8263s

自宅の冷蔵庫は東芝の【GR-E43F】というVEGETAシリーズの冷蔵庫。

残念ながらすでに生産は終了しているモデルですが、野菜室が下じゃなくて真ん中にあるのが使い勝手が良いとかなんとか言われている冷蔵庫です。

▼同じような冷蔵庫はこんな感じ。

↑の冷蔵庫は僕が使っているものよりは少し容量が大きくなってますが、両扉が開く形式で同じような形状の冷蔵庫を使っています。

2013年製で、購入から約2年半が経過したという状況でした。

故障するに至った経緯

故障が判明する前日まで何事もなく普通に運転していた冷蔵庫。翌日朝起きたときも何事もありませんでした。

それが、そのまま仕事に行き夜帰ってきたら…

s-IMG_8269 s-IMG_8270

普段は何も点灯しないはずのところに、「一気冷凍」が1回、その後に「一気製氷」が3回連続点滅するという現象が起きていました。

しかも冷蔵庫を開けると中の冷えが弱くなってるし、冷凍庫の氷もだいぶ溶けてるし、他にも凍らせておいた食材のほとんどが柔らかくなってました。

もちろん仕事に行っている間に冷蔵庫の開閉をしたわけはなく、ただ仕事に行って帰ってきたら故障を示す表示が点灯していたんです。

一気冷凍と一気製氷の点滅について

一気冷凍と一気製氷の表示が点滅していることは故障だとなぜわかったかというと、東芝のホームページに書かれていました。

下記はそのページに書かれている引用です。

Q.「一気冷凍」と「一気製氷」の表示が交互に点滅する

A. 冷蔵庫に異常が生じています。

お買い上げの販売店または、東芝生活家電ご相談センターへお問い合わせください。

■東芝生活家電ご相談センター 

0120-1048-76(フリーダイヤル 通話料:無料)
022-774-5402(携帯電話・PHSなどから 通話料:有料)
受付時間 9:00~20:00 365日

と書かれているので、点滅していると故障なんだと分かりました。

さらに後になって知りましたが、一気冷凍と一気製氷の点滅の回数に応じて、故障時の点検箇所がわかるようになっています。

以下は参考までに。

点滅回数 点検箇所
一気冷凍 一気製氷
1回 1回 除霜センサ
2回 1回 冷蔵室センサ
3回 1回 RT(温度)センサ・電源基板
4回 1回 製氷皿センサ(製氷機を取り外して点検)
5回 1回 フリーザ(冷凍室)センサ
6回 1回 RT(温度)センサ・操作基板
7回 1回 除霜センサ(パイプ)
1回 3回 パイプヒータ・DPヒータ・温度ヒューズ・電源基板
1回 4回 皿モータ(製氷機)・電源基板
2回 3回 Fファンモータ・電源基板
2回 4回 Cファンモータ・電源基板
2回 5回 Rファンモータ・電源基板
4回 2回 コンプレッサ
4回 3回 Fエバ・Rエバ・アキュームレータ(体圧側サイクル配管溶接部)
5回 3回 除霜センサ(アキューム)

これは出どころの分からないような真偽が不明の情報ではなく、東芝が出している情報です。

▼こちらの紙を見て書き出しました。s-IMG_8366

上記画像の説明書のような紙は、冷蔵庫の下部の取り外しが出来るところに入っているんです。(技術員が家に来た時に聞きました)

▼下記写真の赤枠で囲ったところを取り外したところに入っています。(※全ての冷蔵庫に入っているかは分かりません)fridge

細かい用語は専門用語になってくるので分かりませんが、とにかく「一気冷凍」や「一気製氷」の表示が点滅するということは、回数に関わらず何かしらの異常が出ていることには間違いないので、早急に修理などの対応が必要になります。

一気冷凍1回、一気製氷3回が点滅していた!

家に帰ってきて故障していた冷蔵庫は、一気冷凍が1回、一気製氷が3回の点滅を繰り返していました。

先ほどの表になぞってみてみると、「パイプヒータDPヒータ温度ヒューズ電源基板」のどこかに故障が出ていることになります。

詳しい話しや修理の経緯などは後述しますが、結果的には温度ヒューズ電源基板が故障していました。(もちろん両方取り換え…)

点滅回数に関する情報は全ての東芝の冷蔵庫に当てはまるかは分からないので、あくまで参考にとどめてもらった方が良いと思います。

故障した時に連絡するところ

購入した時から保証期間内か期間外かで連絡するところは変わるでしょう。

そしてメーカー保証なのか、家電量販店の延長保証なのかによっても変わると思います。

僕の場合、最悪なことに購入から2年半経過しているものの保証書は紛失家電量販店の延長保証なども入っていない状況でした。

これで連絡するところは、まずは東芝の「東芝生活家電ご相談センター」です。

東芝生活家電ご相談センター

フリーダイヤルの0120-1048-76と固定回線の022-774-5402があります。

残念ながらフリーダイヤルは固定電話からのみ、携帯やPHSの場合は繋がらないので固定電話がない人は有料の固定回線の方に架ける必要があります。

僕は固定電話を持っていないのでスマホから架けるしかなかったのですが、サポートセンターのようなコールセンターはフリーダイヤルのイメージがあるのでちょっと嫌でしたね。

冷蔵庫のコンセントを抜き差ししていいのか問題について

この疑問については、いまだに100%明確な回答は得られていませんし、絶対はないと思います。

ですが、故障して修理した後の経験を経た後の僕の答えは、

絶対抜き差ししない!

です。

これをどうとらえるかは記事を読んでくれる人の考えによると思うので、僕の冷蔵庫に起こった状況をお話ししておきます。

冷蔵庫の故障が発覚したのが夜。

東芝生活家電ご相談センターに連絡が繋がらなくてにっちもさっちもいかず、このまま指を加えて翌日を待っていると冷蔵庫の中の食材などは全てダメになってしまう可能性がある…どうしたらいいんだー!とネットで色々検索してました。

すると出てきます。

コンセントを一度抜いて、その後しばらくたってからもう一度差せば直った」や、「抜き差しすると良い」というコメントが。

「コンセントの抜き差しをするのは良くないはず…」と思っていたものの、この時は他に方法がないから仕方がないという思いで一度コンセントを抜くことにしました。

数分置いて再度コンセントを差すと…画面の「一気冷凍」や「一気製氷」の点滅は消え、冷蔵庫が稼働し始めたんです。もちろん冷凍庫も。

Non太
故障の表示が出てるのにコンセントの抜き差しするなんて、問題が目の前にあるのに蓋で隠して見えないようにしてるだけじゃないの?

と僕は思ってました。

でもとりあえず稼働したのは事実なので、その日はそのまま就寝。翌日の朝の様子を見てみることにしました。

そして翌日。

残念ながら、「一気冷凍」と「一気製氷」の点滅が起こっていました

この辺りも詳しくは東芝とのやり取りのところでお話ししますが、後は何度コンセントの抜き差しをしても、一時的には稼働するものの約7~8時間程度すると冷蔵庫を冷やす機能がダウンし、やがて点滅が始まるという繰り返しでした。

東芝の修理員に聞いたので間違いないと思いますが、

コンセントの抜き差しを頻繁に(3回とか4回以上)行うと、電源基板までやられてしまう可能性があるんだとか。

今回の症例で言うと、

  • 温度ヒューズが壊れたと同時に電源基板も一緒に壊れていたのかもしれない。
  • 温度ヒューズだけが壊れていたけど、コンセントの抜き差しを頻繁に行ったから電源基板が壊れたかもしれない。

このどちらかに該当するみたいです。

東芝側にコンセントの抜き差しをずっとやってくれと説明を受けたために、後になって結構な大問題になったのですが…w(詳しくは後で)

というわけなので、もしかするとコンセントの抜き差しを行うことで、壊れていなかった電源基板までも故障する羽目になる恐れがあり、出来るならばコンセントの抜き差しは行わない方が良いだろうという僕の見解になっています。

その代わり、冷蔵庫(冷凍庫)の冷えはなくなって食材が全部アウトになるかもしれませんけどね。w

2年半しか使っていないのに壊れることがあるのか?について

あるかないかで言うと、あるんだとか。

冷蔵庫は基本的に工場のライン作業で作られています。機械で機械を作っているんですね。

他と区別なく全く同じものを大量生産できるというのが基本ですが、やはり機械同士の不具合やほんの少しのズレが出ることもあるはずです。

そんな製品に当たってしまった場合、購入して1,2年しか経っていない、今回の僕のように2年半しか使っていなくても故障が発生することはあるんだそうです。

一言で済ませば「運が悪い」としか言いようがありませんが、すぐに故障してしまったからといってメーカー側に文句を言っても仕方ないので諦めた方が良いです。

メーカーが確実に1,2年で壊れる製品を作っていたと証明が出来るのであれば言い争ってもいいかもしれませんが、それはまず不可能だと思いますので、「長い期間使ったわけじゃないのに壊れた!どうしてくれるんだ!」という論争はしない方が賢明だと思います。

実際のところ10年使っても何も不具合がない冷蔵庫だってあるわけなので、理不尽と言えばそうなんですが仕方ないと割り切るしかありません。

かかった修理費用について

最終的にかかった費用は合計で25,866円でした。

修理をするための部品費出張費技術費、もろもろ全て合わせての値段です。保証期間内でもないし、そもそも保証書ないし仕方がない出費です。

今回は温度ヒューズ電源基板が故障していたわけなので、温度センサ?的なものとヒューズ、さらには電源基板の部品費用がかかっています。

また、あまりにも東芝の対応が異常だったこともあり、技術料や部品費が一部割引されてこの値段です。お金さえ安くすれば良いという考えがあまり好きではありませんでしたが…。

もしただ全てを言いなりに泣き寝入りしていると、あと1万円ぐらいはプラスで請求されていたはず。

故障が発覚してから完全に直るまでに6日間かかった

故障が発覚してすぐに東芝生活家電ご相談センターに連絡を取るも一向に繋がらず、翌日見に来てもらうも修理するための部品がないから修理は2日後になると言われ、2日後に来て修理が終わったと思ったのにまた翌日に一気冷凍と一気製氷の点滅が始まり、再度確認してみると電源基板もいかれているから修理が必要となり、修理に来たのがその3日後。

完全に直るまでには6日間かかりました。

その間はずっと冷蔵庫のコンセントの抜き差しを続けていたので、中は冷えては溶けてを繰り返してしまっていました。

まずメーカーは食材や電気代、何も保障はしてくれない

修理して完全に直るまでに6日間かかりました。

その間に食材が痛んだものは破棄。

コンセントを抜き差しすることで一時的に冷やす機能は復活しますが、ずっと家にいるわけじゃないので仕事に行っている間に冷やす機能はダウンします。

そしてどんどん冷蔵庫の中がぬるくなっていき、コンセントの抜き差しをして機能を復活させ、一気にまた冷やしていくことになるので電気代もいつも以上にかかります。

「ムダにかかってるんだから保障しろー!」とか、「保障しろや!それぐらい誠意を見せろ!」なんていうと恐喝と言われても仕方がないので、僕は「処分しないといけなくなったり無駄にかかっている電気代とかの件はどのように考えてますか?」と冷静に淡々と聞き続けました。

東芝生活家電ご相談センターでは「保障できない可能性がある」の一点張り。

「可能性ということは、出来ることもあるということ?してもらえるんであればしてほしいんですけど」と聞き返すも、「ここでは判断できません」の繰り返し。

東芝の場合、このコールセンターで明言してもらえることはまずないです。コールセンターは録音されているので、言った言わないが全てわかるし発言に責任持てませんからね。

あくまで修理の受付のための窓口としての対応しかしてくれないので、正直なところ、このやり取りもかなり労力使うし不毛な時間なのでやめておいた方がいいです

過去に傷んで破棄した食材を弁償してもらったりした例もゼロではないようですが、基本的にちょっとワーワーわめいたところで保障してくれるわけではありません。

食材が何十万円もしていたなら別ですが、数千円とかなら消耗するだけなので、仕方ないと割り切った方が楽だと思います。

修理箇所の保証について

修理が終わった後に、必ず修理明細書という紙をもらいます。

そこに書かれているのが下記のこと。

今回お直し致しました箇所、および取替部品が万一不具合の場合、次の通り保証いたします。

保証期間 修理後3ヶ月

また、次の場合は保証の対象外とさせて頂きます。

  1. 取扱いの誤りによる故障の場合
  2. 症状が同じでも故障場所が異なる場合
  3. ご使用者が部品・回路・その他を改造した場合
  4. 天災地変などによる故障、または損害の場合
  5. 本票を紛失、または破棄しご提示のない場合

要約すると、全く同じ箇所の修理なら3ヶ月以内は無料、ということです。

逆に、それ以外は全てお金がかかります、と書かれています。

僕の場合、最初にヒューズがおかしいからと言って修理してもらいました。

翌日、まったく同じ故障が出たにも関わらず、電源基板が壊れているからということで、再度の修理となりました。

上記のベースに当てはめると、同じ故障でも違う箇所の修理になるので全て有料という項目に当てはまりました。

さすがにそれで出張費や技術費なども請求されそうな雰囲気だったのでそこは追及しましたけど。w

追求した経緯ややり取りの全ては、この記事の後半に載せておきます。

こうして何とか無事に冷蔵庫の修理は終わったわけです。

スポンサーリンク

東芝とのやり取り一部始終を公開

では、次に東芝との一切のやり取りを書いておきたいと思います。

これを読んでもらえれば不毛なことに時間を割く必要はないし、実際に壊れた時にどう対応していけばいいかも勉強になるはずです。

ここで東芝とのやり取りを公開する理由は、僕が東芝に怒りを覚えたことを公表したいからとかではなく、僕たち消費者側も気持ちは分かるしお客さんであるのは確かだけど、自分の都合だけで話しをしてはいけないし、どうしても対応出来ない点は仕方がないと理解しないといけないし、メーカーである東芝側にももう少し誠意ある対応を望みたいという気持ちもありつつ書くことにします。

繋がらない東芝生活家電ご相談センター

一気冷凍が1回、一気製氷が3回の点滅が表示されていることに気付いたのが火曜日の19時頃。

ネットで検索し「東芝生活家電ご相談センター」に架けることが良いと分かった19:15、すぐに電話をしました。

すると聞こえてくるのは

回線が混み合っています。このままお待ちいただくか、後ほどお架け直し下さい」のアナウンス。

仕方ない、しばらく待つか…ということで、そのまま電話をつないだまま待ちます。

10分が経過…

まだアナウンスは続いています。

30分が経過…

もちろん変わらずにアナウンスは続いています。

そして、、、

45分が経過…

受付時間の20時を過ぎてしまったやん!

と思いつつ、それでも電話は繋がりません。アナウンスも変わりません。

受付時間が過ぎているにも関わらず「後ほどお架け直し下さい」とアナウンスが流れてます。(架け直そうとしても絶対営業時間外ってなるやん!と思いつつ)

で、さらに20分待ちました。

時間は20:20です。

 

諦めました…

 

我慢の限界だったので諦めました。

電話をひたすら待ち続けて65分。(スマホはスピーカー対応にしてましたけど)

通話料も無駄にかかり続けて約3,000円が飛んでいきました。

東芝とのやり取り後日談

このやり取りのことで東芝のコールセンターの人間に後日詳しく聞きました。それを以下に残しておきます。

●どうして1時間以上待っても繋がらなかったのか?詳しく理由を聞きたい

⇒「申し訳ございません」の回答しか聞けなかった。

●何人対応者がいて何件の入電があって等、詳しく教えてもらわないと納得できない。

⇒「申し訳ございません」の一点張り。上記については企業秘密となるため公表できないとしか言われない。

以上のことから、繋がらないことに関して問題を指摘しても「申し訳ございません」しか聞かれないので、腹は立つかもしれませんが抑えるしかありません。

ちなみに、時間帯によってはホントにすぐに繋がる時間帯もあります。

即日訪問が出来ないと言われることに関するやり取り

翌日の水曜日、仕事の休憩の合間に東芝生活家電ご相談センターに架電しました。するとすぐに繋がりました。

まずは冷蔵庫の状況を話します。

  • 点滅を繰り返していること
  • 何もドアを開閉していないのにいきなりなった

と。

では、「一度点検のために技術員を訪問させる手配を…」という話しが進みそうになったので、前日電話が繋がらなかったことを話しました。

  • 1時間以上電話をつなぎ続けたがつながらなかった
  • 今日の修理を希望
  • 冷蔵庫の冷えがなくなっているので、とにかく早く修理しに来てほしい。

と。

すると、「電話を受け付けた日の当日の訪問は基本行っていない」と言われます。

普通ならごもっともでしょう。でも炊飯器が壊れたとかテレビが壊れたとかではなく、冷蔵庫なんです。

炊飯器が壊れたからと言って持ってるお米が全てムダになるわけじゃないし、テレビが壊れたからと言って今まで買ってたDVDが全てなくなるとかありえません。(←例えばの話しです)

でも、冷蔵庫が壊れると冷凍保存や冷蔵保存が必要な食材はすべておじゃんになってしまう!と思ってたので、早急な訪問を希望したんです。

それなのに出来ないと言われたので困りました。

Non太
じゃあ前日に電話が繋がっていたら、今日の訪問は受け付けてくれたんですか?

と僕は聞きました。

答えは「それは分かりません」との回答。それもそうでしょう。訪問する会社の技術員との調整があるでしょうから、その時の状況を見てみないと分からないはずです。

でもその回答で納得出来なかった僕は、

  • もし前日に電話が繋がって今日の訪問が出来ていたというなら今日の訪問にしてほしい
  • 出来なかったというのであれば、それを納得出来る程のデータを出してほしい

と言いました。

すると、「本日の訪問が出来るかどうかを確認する」に変わりました。「訪問します」とは絶対に明言しませんが。

さらに修理代がどうなるかも質問しました。

一気冷凍1回、一気製氷3回の点滅だとヒューズや電源基板の修理の可能性があるので、その場合は約1万~2万円ほどになってます。

ただこれはその箇所を修理した場合のおおよその金額なので、全く違う箇所に故障が出ていた場合はこの限りじゃありません。

と言われました。さらには

出張費は2,200円、見積り料が1,000円かかります。

その見積もりを見てから修理をするかは判断してください。修理するとなった場合は、見積もり料は不要になります。

修理しない場合は見積もり料も含めて、その場でお支払になります。

恐らくこんな感じで言ってましたが、点検だけでも3,000円ぐらいするということですね。

ってか点検に来ただけで修理しない選択する人がいるの?と思いますね。

とにかくもうええわ!ってなります。w

勘違いしないでほしいこと

ここで色々とやり取りが発生してますが、最初に電話が繋がっていて、「翌日の訪問も予約が一杯で出来ない」と言われていたなら仕方ないと諦めるしかないと考えていました。

電話をしたにも関わらず1時間以上も待たされて、受付時間を過ぎてもまだ繋がらず通話料も3,000円をムダに払い、結局繋がらなかった、という事実がある上での即日訪問が出来ないと言われたので、上記のような要望になりました。

技術員のスケジュールにも限りがありますので、自分の要望だけを求めてクレームにするのはちょっと違うかなと思います。

冷蔵庫は特にこういうトラブルになる気がするので、経費がかかっても事前にそなえておくなどのメーカー側の企業努力も欲しいと思ってしまいますが…

修理ではなく点検のみ

一旦電話は終了し、技術員のスケジュールを確認次第折り返しの電話になりました。

夕方17時頃連絡があり、冷蔵庫の状況の話しをしました。

すると驚くべき発言が…

大体コンセントを抜いてもう一回差してもらったら復旧する事あるんですけどねぇ。」と。

もうすでに前日の夜に1度試していて、一時的には復旧した旨を伝えると、「やっぱり故障している箇所がある」と言われ、「18時~19時の間に訪問が可能」とのこと。

さらに電話の人は続けます。

  • 今回は修理ではなく、点検のみになります。
  • 修理が必要だった場合は後日になります。

何を寝ぼけたことを言っているんだ?と思いました。

Non太
点検だけこられても冷蔵庫が直らないしどうしたらいいねん?

という疑問にぶちあたりますよね。

修理が必要なのは仕方ないはずだけど、「なぜ後日になる?」、「修理が後日になれば完全に食材はアウトになるじゃないか!」と。

そしてそのことについても聞きました。

すると、「一般的には保障は出来ない」と言われます。不毛なのでこの話はすぐに終えて、もう一つ大事なことを聞きました。

Non太

仮に今日は点検しか出来なくて後日修理になった場合、コンセントの抜き差しをすれば一時的に機能が復活して冷えたりするんですけど、それはやっていいんですか?

コンセントの抜き差しを何回もして、今の症状が悪化してしまう等はないんですか?

コンセントの抜き差しが出来るのであれば、何とか後日修理になっても耐えられる!とは思っていたので質問したんです。すると、、、

コンセントを抜き差ししたからって、故障するとか悪化する等は全く関係ないですから大丈夫ですよ!

と言われました。

ここまで記事を読んでくれた方なら分かると思いますが、この言葉がトラブルの引金になったのは言うまでもありません。

この時の僕は、「それだったら別に後日対応になっても何とかやり過ごせる!これで不安が消えるんだから、最初からそうやって案内してくれたらいいのに!」とさえ思ってました。

後日談

電源基板が故障しているという話しになった時、技術員から原因の一つとして、「コンセントの抜き差しを頻繁に行ったからかもしれない」と言われました。

なのでトラブルになったわけですが…。

言った言わないになってしまう恐れがあるので、必要ならばメモを取っておくことも必要かもしれませんね。

点検をしてもらう

s-IMG_8275a

故障したのが火曜日、その翌日の水曜日に技術員の方が点検で来ました。

上記の写真のように冷蔵庫を開けて中の方を見ていきます。

結果はヒューズが機能していないので交換が必要とのこと。その交換部品を取り寄せられるのが2日後とのことで、金曜日の修理になると言われました。

ちなみに…

全ての部品が取り寄せになるわけじゃなく、故障頻度が高いと問い合わせのある部品等は事務所にストックしてるらしく、点検と一緒に修理が出来るみたいです。

修理をする会社が修理に必要な部品を置いていないとは筋が通らない話だとは思いましたが、面倒なので仕方がないで終わらせました。

さらに、修理に来るまでの2日間は、

面倒だけど、コンセントの抜き差しを8時間に一回ぐらい行ってもらえれば、冷蔵庫の機能は動くので。

と電話の人だけじゃなく技術員からも言われました。

何やら霜を取るセンサーがイカれてるみたいで、そのセンサーの稼働が8時間に一回ぐらいのペースらしく、そのセンサーが動いたら不具合で稼働もストップするらしいので8時間に一回ぐらいのペースなんだそうです。

2日後の修理

何とか仕事に行く前、仕事から帰ってきた時、夜寝る前のサイクルでコンセントの抜き差しを行い、何とか冷蔵庫の機能を維持していました。

点検してもらった日から2日後の金曜日、同じように冷蔵庫をばっくり開放して、ドリルなどを使って部品を交換していき、やっとのことで修理をしてもらいました。

▼掛かった費用はこちらfee

技術料があまりにも不明瞭ですが、合計で13,716円でした。

そして恐らく大丈夫ですが…と前置きのもと、以下のことを言われました。

  • この症状が出た場合、電源基板も故障していることがある。
  • 2012年ごろまでは頻繁に散見されたが、その頃から改善されてるので恐らく大丈夫だとは思うが…
  • もし万が一翌日同じ症状が出たら、修理明細書に書かれている電話番号に連絡をください。

とのこと。

分かりました!と言ってこの日は終了。

修理も終わってやっと無事に冷蔵庫が稼働したと思った矢先…

翌日の朝には同じように一気冷凍と一気製氷が点滅を繰り返していたんです。

次の修理の日取りが決まるまで

修理をした翌日、土曜日の朝。最初に故障したのと同じように一気冷凍と一気製氷の点滅が表示されていました。

すぐさま修理明細書に書かれている電話番号に電話するも、受付時間外のアナウンス…土曜日だから繋がらなかったんです。

明細書に記載されているフリーダイヤルも固定電話からのみなのでスマホからだと繋がらなかったため、結局東芝生活家電ご相談センターに電話することにしました。

5分ほど待たされた後に繋がったので、現在の状況を説明。

すると、「技術員の担当の者から電話させるので、修理の日取りをそこで決めて下さい」とのこと。

「何で丸投げやねん!」と思いつつ、連絡を待って金曜日に来てくれた人から連絡がありました。

  • 点滅しましたか…
  • 点滅したってことは電源基板もやられてますね。
  • 電源基板の修理も必要になります。
  • 今日の訪問は厳しくて…行けるかは調整したとしても18時とか19時頃かも…

と色々言ってましたが、結局訪問してもらったのは翌週の月曜日となりました。

再度の修理の時のやり取り

月曜日の夕方、18時頃で時間を取っていたので技術員が来ました。

これまでにも色々とやり取りはしていたのですが(長すぎるので割愛)、そんなのもあり技術員は言いました。

  • 電源基板の取り替える用の部品は持ってきている
  • その部品代として15,000円(税抜)が必要になる
  • 技術費用は前回貰っているので今回は貰わない。
  • コンセントの抜き差しを何回もされていたようで、それが電源基板の故障の原因になっているかも。

最後の一言には衝撃が走りました…。

言い方としては、完全に僕側がコンセントの抜き差しを何回もしたかのような言い方です。

さすがにそこは反論。

Non太

ちょっと待って!

コンセントの抜き差しに問題がないかは何度も確認した!

それで問題ないと言われたから抜き差ししたわけで、さすがにそれで壊れたかもしれないというなら、案内がそもそも間違っているしそれで部品代請求するのはおかしくないですか?

と。

すると、「事務所に相談する」と言って家を出て行きました。

約20分が経ち、話しが終わったようで戻ってきました。

すると、「今回の状況を顧みて、部品代を25%割引させてもらうのでそれで手を打ってもらえませんか?」と。

お金の問題だけじゃないよ!ということで、色々と質問しましたが、その2つだけピックアップします。

Q.今回のパターンでは修理2回目の訪問だけど、本来は出張費や技術費は取るの?僕が色々と問題提議したから無料になってるだけ?

A.修理箇所が違うので費用を頂くこともある…今回は費用は頂きません。

Q.それなら、なぜ一回目に訪問した時に電源基板が壊れているかもしれないと言いつつ点検しないの?出来る方法がないのか?それともしなかったのか?それともしないルールになっているのか?

わざわざ2回に分けて修理に来て、再度の出張費や技術料を取られたら誰だってイヤでしょう?

A.基本的には電源基板は様子を見て故障しているか判断しています。うんたらかんたらとながなが言い訳が続きました。

僕が聞きたかったのは、調べる方法がないなら技術員に何を言っても仕方ないと割り切るつもりでした。でも絶対に出来ないとは言わないんです。

次にしなかったのか?という事に関して、「基本的にはしない」というような曖昧な回答をするので、ホントはしようと思えば出来るけどしなかったのかな?と思ってしまうんです。

会社のルールになっているなら、それこそ技術員に話したところでどうしようもないので納得できるのですが…。

これが、もし何も言わずに東芝側が言うことだけを聞いていたら、修理費はさらにかさんでいたかもしれないということです。

今回は部品代25%割引で手を打ちました。

▼実際の領収書fee2

15,000円の25%割引で11,250円。そこから消費税はかかりましたけど…笑

こうして冷蔵庫の修理は全て終わりました。

東芝の冷蔵庫が壊れた時 / まとめ

かなり長くなりましたが、東芝冷蔵庫が壊れた時の対処法として、参考にしてもらえればと思います。

実際、折れなきゃいけない場面とあまりに矛盾している場面とで僕の発言も変わりますが、基本的には消費者が泣き寝入りせざるを得ないことが多いです。

いまだに技術員が電源基板の故障の有無を確認する術として、一回で見ることが出来るのか、それとも今回のように様子を見てからじゃないと判断する方法がないのか、は分からないままですが、ごまかそうとしたり謝りさえすればいいという姿勢はあきませんね。

こちらのワガママばっかりもダメですが、ネット上の情報を見てると理不尽な思いをされてる人もたくさんいるようで、少しずつでも状況が改善していってくれると嬉しいなと思います

少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。