メルカリとAmazonを使えば転売で稼げるってホントなんだね。その一つにたまたま気付いたのでご紹介!

sale

みなさんメルカリ使ってますか?

※メルカリが何か知らない方は…詳細はググって調べて下さい!

アプリはこれですね↓↓↓

簡単に言えば、自分で商品を出品して販売することが出来るアプリです。

オークションではなくフリマ的なもの。

ややこしい支払いの手続きは手数料10%を払うことでメルカリ側が全部やってくれるので、商品が売れた場合もメルカリからの支払いがされましたという通知を待って商品を発送するだけで完結します。

入金確認等も全部自分でしないといけなかったヤフオクなどとは手軽さは確かに全然違います。メルカリの方が超楽です。

で、実はたまたまでしたがメルカリに商品を出品する機会があり(妻が)、4個出品してみたらものの見事に数時間で全部売れました。

なぜか送料は出品者側負担が主流みたいなので、その送料分を差し引いても結果的に約4,000円ぐらいの利益になりました。

でも実はこれは転売の序の口で、妻が販売した人たち(いわゆる購入した人たち)はまたさらにアマゾンで転売しているという事実に気付いたんです。

確約があるわけじゃないですが、ほぼ間違いないです。

僕は転売はやっていないので紹介しても何も気まずいことはありません。

今回は実体験の話しをもとに商品名も出して、メルカリで仕入れてアマゾンで売るというものをご紹介したいと思います。

もしかしたら転売をしようと思っている人は参考に出来るかもしれませんよ!※あくまで自己責任でやって下さい!

スポンサーリンク

今回話題にしている商品はこれ!

結論から先に言っておきます。

今回の話題にしている商品は、「東芝 婦人用電子体温計」です。

僕自身は商品のことは良く分かりませんが、まぁアプリなんかと連動させられて便利に使える体温計だそうです。

これが今回の主役の商品です。

スポンサーリンク

そもそもなぜこの商品を出品できたのか?

妻はメルカリを利用してこの体温計を出品したわけですが、1つだけじゃなく4つも出品しました。

そもそもなぜこの体温計を4つも持っていて、出品が可能だったのか?さらにはどうして利益が出たのか?

その理由を先に述べておきます。

【理由その1】ミュゼプラチナムの会員になっていた

脱毛の会社で有名なミュゼプラチナム ってお店知ってますか?

▼これです。

妻は数ヶ月前にここで脱毛の契約をしました。と言っても、数千円の契約だけですが。

ここでちょっと余談ですが…

脱毛ってかなり高額なイメージですが、脇だけとかだとホントにかなり格安で出来るみたいです。

そしてミュゼプラチナムは、初回の訪問時に自分の希望に合わせてプランを提案してくれるみたいですが、この初回訪問の時だけはぐいぐい契約をしてよオーラ全開で来るとのこと。

それを蹴って自分の希望のプランを契約した後、施術で訪問する時や施術中、さらには施術後も一切勧誘はないそうです。

※あくまで妻談です。

で話しは戻して、ミュゼプラチナムでは何かしらのプランを契約することで会員になることができ、それによりIDが付与され専用のアプリにもログインが出来るようになるんだとか。

▼これが専用のアプリみたいです。

この専用アプリ内で様々な美容系の商品が販売しているらしいのですが、その中でも激安だったのが「東芝 婦人用電子体温計」だったんです。

【理由その2】紹介キャンペーンを利用してクーポンをゲットしていた

ミュゼプラチナム では紹介キャンペーンをやっており、自分の友人や知人を介して契約した場合、紹介した方も紹介されて契約した方も3,000円のクーポン券×3枚分がもらえるみたいなんです。

妻の友人がすでに脱毛の契約をしていたらしく、その紹介で行ったために3,000円のクーポン券を3枚もらえました。

このクーポン券を使って(1回の購入に1枚限り)、専用アプリ内で販売していた体温計をさらに安く購入することが出来たんです。

結果的に支払った料金

結果的に支払った料金は、4つ購入して1,800円ぐらいで済んだみたいです。

送料がかかってこの値段は確かに破格の値段で買えてますね。簡単に計算して、1個単価450円になりますからね。

ちなみに妻はこういう嗅覚に元々すぐれているわけではなく、すでに友人が同じようにミュゼで安く買ってメルカリで売るということをやっていたらしく、自分も出来るかなぁという感覚でやってみただけらしいです。

僕はメルカリを使ったことがなかったのであんまり分かってませんでしたが、確かに不器用な妻でも出来てるので非常に優れたシステムなんだと思います。

とまぁ、余談と言えば余談ですが、こういう経緯があってメルカリに出品するだけでも利益が出る商品を入手できたというわけです。

メルカリに出品、購入者はすべて男性だった!

話しが飛んでしまったので、メルカリの話しに戻しましょう。

実際に商品が届き、メルカリに出品しました(妻が)。

出品する前からすでに、いくつもメルカリで売られている商品だったので、それにならって値段設定をしました。1,400円に。

実際にメルカリのアプリを持っている人は、「東芝 婦人体温計」と検索してみるといいでしょう。

安ければ1,200円ぐらい、高ければ1,800円前後の価格で売られているものが検索結果として出てくると思います。

さらに、そのほとんどが「SOLD」となっておりすでに購入者が決まっているものばかりが目につきます。

▼一応アプリを見れない人用にスマホのスクリーンショットを載せておきます。(3枚のスクショを横に並べています)s-IMG_7862-horz

妻は初めての出品だったので、一気に4個を出品するのではなく1個ずつ出品しました。

1つ目を出品した1時間後、すぐに購入者が決まりました。

これは売れる!と思い、値段を100円上げて(と言っても1,500円)にして一気に2個出品してみました。するとこれもものの数十分で売れたんです。

しかも2個とも同じ人の購入で。

最後にさらに100円値上げして1,600円で出品しました。これも約2時間ほどで購入者が決まり、1日の内に4個が全て売れました。

ものの数十分・数時間で売れることにもビックリしてましたが、一番ビックリしたのがこの婦人電子体温計の3人の購入者(1人で2個買った人がいるため)、全て男性だったんです。

最初は何でなんやろー?、奥さん用に買ったんかな?とか不思議に思ってましたが、すぐにピンときました。

Amazonの価格を見てみよう!と。

まさしくこれがドンピシャだったんです。

メルカリとAmazonの価格差がすごい!

メルカリの体温計の平均的な価格は、1,200円~1,800円ぐらいの間で取引されているのがほとんどでした。

ということで、実際にAmazonの値段を見てみてください。(以下から見れます)

見てもらえれば分かりますが、4,580円となっていたのが確認できたと思います。(記事執筆時点での値段なので、今後変動している可能性があります!)

この時点で実に価格差は約3,000円です。

そりゃ買うよね。という結論が出てきました。

Amazonで売れなければ意味がないので、PRICE CHECKの確認も!

ここではAmazonで自分が販売する方法を述べたいのではないので、FBAの登録をして…みたいな説明は割愛しますが、Amazonを利用して転売をビジネスにしている人が使っていると言われているツールに「PRICE CHECK」というものがあります。

簡単に、Amazonで出品されている商品の価格の推移や売れ筋ランキングとして順位がどれくらいかを見ることが出来るサイトです。

ここで実際に東芝の電子婦人体温計がどんな感じなのかを見てみました。

▼売れ筋ランキングranking

売れ筋ランキングは記事執筆時点で30,000位ぐらいになってます。

一節では50万位ぐらいまではいけると言われてたり、3万位ぐらいまでに絞った方が良いとか言われてるみたいですが(←ほんのちょっと調べてみただけなので分かりません)、まぁ3万位だったら割と売れてると言っても過言じゃなさそうですね。

しかもこの体温計、発売してまだ2ヶ月も経っていないっていうことに気付きました…。まぁ売れるんでしょうね。

これこそがメルカリとAmazonを使って転売で稼ぐ一つの例と言えるでしょう。

価格差を利用したものは他にもあった!

せっかくなので、僕がチラッと調べてみたものをご紹介したいと思います。

僕自身使ったことはありませんが、「Wish」というアプリをご存知ですか?

これは海外の商品も簡単に購入できるというアプリです。

もしかしたらこういうアプリから購入したものを安く日本で売れるんじゃ?という安易な考えから、色々と調べてみました。

するとこんなものを見つけたんです。

▼ダースベイダーのキーチェーン(赤枠で囲ったもの)s-photo

ダースベイダーのキーチェーンで、目が光ったりするみたいです。w

これが103円って安い!なんて思いつつ見ていましたが、こんなのがもしかしてメルカリとかで売られてたりして?と思ってメルカリを見てみました。

すると…

▼まさかの599円で売られているのを発見!!s-merukari

しかも「SOLD」となっているので、実際に売れていることを意味しています。

メルカリとアマゾンのように価格差3,000円とはいきませんでしたが、200円~300円ぐらいの価格差にはなるのかもしれません。(送料とかゴチャゴチャ入れると差額はもっと少なくなるかもしれませんが)

転売ってまだまだ可能性があるのかもしれない

一つ売れただけで数千円、数万円の利益となればいいですが、先ほどのように1個売れて数百円の利益なんてのもたくさんあると思います。

これをたったの数百円と考えるか、これを100個売れば数万円になる!と考えるかによっても大きく変わりますが、海外から発送される商品がスマホ一台で簡単に購入出来、さらには出品も販売もスマホ一台で簡単に出来るようになっていることにはただただ驚きです。

すごい時代ですね。

ちなみにライブなどのチケットの転売は断固否定派ですが、このように頭と手間をかけて差額で稼ぐ転売に関してはなんとも思いません。

安く仕入れて高く売るのは商売の基本ですしね。

と言いつつも、これだけ説明しておきながら僕は転売はやらないと思います。w

ブログと株だけで十分お腹いっぱいでまだまだこれから学んでいきたいことだらけなので、そんな状況からさらに新しいことを始めるまでの余裕を見出せそうにないからです。

今回はたまたまメルカリとAmazonの差額に気付いて記事にしただけですが、こんな風に(全てじゃないけど)転売って行われているんだろうなと感じられて面白かったです。

気になる方は色々調べてメルカリもAmazonもWishも駆使してやれば、うまくいくかもしれませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。