JINSのメガネは安くて早くて本当におすすめなのか?実際に購入したので受け渡しまでの流れと感想をまとめました!

我が家は夫婦そろって目が悪く、外ではコンタクトだけど家ではメガネで過ごすという生活を送っています。

子供が生まれて以来、外に出られない日も多かったこともあり在宅+メガネ率が高かったのですが、最近になってメガネに対する不満が勃発した妻。

ニョロ助を抱っこしてあやしてると、毎回メガネがずり落ちてきて大変…

ニョロ助とは我が家の息子のこと。

まだ生後数ヶ月の赤ちゃんなので、寝かせる時に抱っこしてゆらゆらさせることが日常茶飯事。

ただでさえ大変な育児なので、メガネがずり落ちるといった余計なことは極力排除しておきたいと思う僕。

聞いてみると、もう10年使い続けているメガネなんだとか…。

これは新しいメガネを新調しなければ!ということで、JINSでメガネを購入することにしました。

こんな経緯を経てメガネを買うに至ったわけですが、

  • JINSのメガネは安いと噂では聞くけど、本当に安いのか?
  • 即日渡しをしてくれるってどんな感じなのか?
  • また、安い・早いだけじゃなくて品質としても問題ないのか?
  • おすすめとよく言われているけど、実際のところはどうなのか?

と、今まで気になっていたことがちょこちょことありましたが、実際に購入したことで良く分かりました。

ホントのところ、メガネを買うならJINSはめちゃくちゃおすすめだと言えると思います。

スポンサーリンク

JINS実店舗で購入から受け渡しまでの流れ

我が家から比較的近所にある新大阪駅。

その駅構内にある「JINS アルデ新大阪店」に出向いて購入することに。

JINSはネット注文も可能ですので、近くに店舗がないという方はネットで購入することも出来ます。

とは言っても、自分の骨格に合うのかどうかは実際にかけてみたいと思っていたことや、セールで安くなっているフレームがあるかもしれなかったので実店舗で買うことにしました。

まずはフレームを選択

JINS アルデ新大阪店はあまり大きな店舗ではありませんでしたが、店内には所狭しと様々なフレームが置かれていました。

僕も妻もあまりゴリゴリと近寄ってきて声をかけてくる接客が苦手なのですが、この店舗では一言声をかけてくる程度で、自由に見て回ることが出来ました。

探してみると、セールをしているフレームがありました!

▼セール中のフレーム

通常5,000円のフレームが3,900円になっていたり、8,000円のフレームが4,900円(全て税別)になっているセールをやっていました。

▼これですこれ。

写真に映っているフレームは5,900円のものばかりですが、ちゃんと3,900円や4,900円のフレームも多数揃えられていましたよ!

もちろんレンズ代込みの値段です。

一通り見た中で気に入ったフレームがあったので、それを手に取って店員さんに声を掛けます。

視力測定⇒度数決定

フレームが決まれば、後は実際にどれくらいの視力でどれぐらいの度数のレンズにするのか、測定をしていきます。

もちろんコンタクトをした状態で行ったとしても安心です。

▼コンタクト入れをもらえたり

▼コンタクトレンズ用食塩水も準備されています。

保存液とコンタクトを入れる用のケースをくれるので、特にコンタクトを外すための用意は必要ありません。

この白いコンタクトケースは、そのままもらえるので持ち帰ってOKのもの。

使いまわしのものを渡されるわけではありませんでした。

 

▼問診を受けつつ測定している妻

  • 現在の視力がどれぐらいか
  • メガネはどういう頻度で使うのか(常用か在宅用かなど)
  • 乱視が入っているかどうか
  • 矯正視力をどれぐらいにするか

などを聞かれつつ、測定は進んでいきます。

幸い妻に乱視などはなく、ただレンズに度を入れた矯正メガネで大丈夫とのことでした。

この測定の所用時間も大体10分程度で終了です。

ちなみに…

乱視を入れたとしても、かなりの度数のレンズを注文しても追加料金は一切ありません

僕は極度の近視で裸眼で0.01程、コンタクトの度数は-9.0を越えてますが、それでもレンズの追加料金は掛からないとのことでした。

参考▶乱視を入れると料金は変わりますか?/ JIN’s オンラインショップのよくある質問

30分程度でメガネが完成⇒引取

フレームを決めてレンズの度数も決まったら、後は完成を待つばかり。

混雑していなかったので、お会計を済ませてから大体30分後には引取可能と引き換え伝票をもらいました。


新大阪駅をふらふらしつつ、時間を潰していたらあっという間に引取の時間です。

▼無料でメガネケースがもらえます。

妻は赤の方が良いとのことで、今回は赤のケースを選びました。

 

お店の訪問からフレームの選定、視力の測定やレンズの度数決め、メガネの引取まで、およそ所要時間1時間で終了です。

このスピーディーさは、かなりのおすすめと言えるでしょう。

▼料金は税込で5,292円!

本当にフレーム代の4,900円+税8%の値段だけで購入出来ました。

これほど迅速に受け渡しまでしてくれるJINSすごい!と思ったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

メガネを買うならJINSがおすすめと思ったポイント4つ

実際に購入するまでの流れが分かったところで、JINS良いやん!と思ったポイントを4つご紹介したいと思います。

1.安い、圧倒的に安い!

これは先程までに書いてきた通りです。

セールで安ければ3,900円でレンズ込みでメガネが買えることもあるわけですから。(通常は5,000円~が多いです。それでも安いけど)

10年ほど前にメガネを買った記憶しかなく、フレームで数万円、さらにレンズで数万円、特殊加工で数万円の記憶しかなかった僕からすると、圧倒的な安さにビビりました。

2.完成までスピーディー

まぁ、これも色々なところで言われていることですが、実際に買ってみてそんな簡単に出来るの?ってぐらいにスピーディーでした。

これも技術の進歩というやつなのでしょうか…。

今回行った新大阪 アルデ店であれば、駅に降り立ち商談前にメガネを注文して、それが終わって電車に乗る前に引き取るなんてことも簡単に出来てしまいます。

とにかく、お店に行って注文して、即日引取が出来るのは非常にありがたいです。

レンズによっては即日引取が出来ない場合もあります。

3.6ヶ月間2回まで無料の保証対応あり

実はJINSで購入する前から使っていたメガネと、今回買ったメガネ、度数が大きく違っていたようです。

JINSの方が度数を弱くしてしまっていました。

店頭では「この度数で大丈夫です」と言っていたにも関わらず、いざ家に帰ってかけてみると度数が弱くて見えにくいという始末。w

こんな時にも購入日から6ヶ月以内であれば、無料でレンズの度数交換をしてくれます。

実際に、購入から1週間後に再訪問し妻のメガネは度数を一段階アップしてもらいました。

もちろん無料で。

1回ならず2回分の保証対応が付いているので、妻のように万が一レンズの度数を変えたい!と思った時にも無料で交換が出来るので安心ですよね。

4.フレームなどの微調整(アフターサービス)もしっかりやってくれる

今回妻がメガネを買ったキッカケは、「メガネがずり落ちてきて大変だから」です。

これもまた、店頭でかけた時はずり落ちてくることもないと思っていたようで、いざ家に帰って長い時間かけたりニョロ助をあやすと、ずり落ちてくる問題が勃発しました。

レンズの度は弱いしずり落ちてくるし…ということで、レンズの度数をあげるのと一緒に再訪問をした際に相談しました。

 

店員さんに確認してもらうと、妻の骨格の問題でずり落ちてきやすいということが判明。

「メガネの幅を少し狭くして、耳に引っかけるところをもう少し曲げると、ホールド感が強くなってずり落ちにくくなると思います」とのこと。

とりあえず言われるがままに、フレームを少し小さくしてもらってかけてみると…

見事にニョロ助を抱っこしてあやすような仕草をしても、ずり落ちてくることはなくなりました。

こういったサービスは当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

ですが、これで育児をしつつ抱っこであやしている時にメガネがずり落ちてくる問題からも解放されることになると考えると、親身になって対応してくれたところは非常に好感が持てました。


こういったところが、JINSでメガネ買うの良いやん!と思ったポイントです。

ネットで注文したいけど、自分の顔に合うか分からない!という時に使いたいアプリ

僕も妻も、実際に自分の顔や骨格に合うメガネがどれかなんて分かりません。

なので、実際に店舗に行ってかけてみて、それで合ってる合っていないを判断するしかないなと。

と思っていたのですが、JINSからは面白いアプリが出ていました。

▼それがこちら

JINS VIRTUAL-FIT CAMERA

JINS VIRTUAL-FIT CAMERA
開発元:JINS Inc.
無料
posted with アプリーチ

JINS VIRTUAL FIT CAMERAというアプリです。

これはスマホで自分の顔を撮影した後に、発行されるID(Face No)とパスワードをJINSのサイトで入力すれば、自分の顔にメガネを合わせられるっていうアプリです。

どんな感じで進めていくかというと、アプリを起動したら写真撮影から始まります。(正確には正面・右・左を向く動画を撮るのですが)

▼写真を撮影したら解析されます

▼解析が終わると、こんな感じで自分の写真が表示されるので、パスワードを設定します。

(あまりに顔面がドアップなので、公開は自粛しました)

▼設定完了です。

あとはJINSのサイトに行って、発行されるFace Noと自分で設定したパスワードを入れれば、自分の顔が表示されながらメガネの試着が出来るというものです。

実際使ってみましたが、完璧には出来なくても少しは参考になると思うので、JINSのネット注文を考えている人は一度使ってみると良いですよ!

JINSでメガネ購入はおすすめ!は本当だと実感できた / まとめ

かなり久しぶりにメガネを購入しました(妻が)。

僕自身も最後にメガネを買ってから10年近くが経ってしまっていたので、完全に浦島太郎状態。

でも実際に買ってみて、安くて早くてアフターサービスもバッチシで大満足の買い物になりました。

あくまで個人的な買い物をまとめたものになりますが、メガネの新規購入や買い替えを考えている人には、JINSに行っておけばまず間違いないよと言います。

ぜひ参考にしてください!

▼こちらからJINSのオンラインショップサイトにいけますよ▼

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)