ムダなお金を払ってしまったと感じた時に使いたい思考法

s-thinking

例えば風邪をひいた時、病院に行くほどじゃないと思って市販の栄養ドリンクを買って市販の風邪薬を買って治そうとすることがあります。

それでも治らず、ついには悪化したので結局病院に行って診察してもらい薬を処方してもらってやっと治る…というような経験をしたことがある人も多いでしょう。

気付けば風邪を治すために市販の商品を買った時から払ったお金は5,000円、1万円となっていることもしばしば。

そんな時「あぁ…風邪なんてひいてなかったらこのお金で美味しいもの食べられたのになぁ…」なんて考えてしまうことってありませんか?

僕は過去にそんな風に思ってしまうことが何度もありました。

ムダなお金を払ってしまった…

と。

そんな風に考えてしまいそうな時でも気分良くいられる、自分が実践している考え方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

気付けなかったことに気付かせてもらえた

僕自身ここ1,2ヶ月で、もし出来事が起こってなかったら払わなくて良かったお金が結構ありました。

東芝の冷蔵庫が壊れた事件も、副鼻腔炎で手術をした後の症状が悪化したことも、本来何も起きなければ支払わなくて良かったお金です。

もうすでに修理費や通院費で5万円近いお金は払っているはず。

5万円と言ったら1泊2日の旅行だったら結構贅沢な旅行が出来るだろうし、リッツカールトンの高級レストラン「ラ・ベ」でも余裕でディナーが出来ちゃうほどです。

これについて、

Non太
あぁーマジでムダな出費をしてもったいない!これがなかったらもっと贅沢出来たのに!

と思ってしまうと、何となく心のモヤモヤがずっと残ってしまいます。

僕もそうなりそうになりますが、ここで取り入れたい思考法は、

気付けなかったことに気付かせてもらえた

という考え方です。

具体的には、

冷蔵庫が壊れた

あぁ、数万円の修理費がもったいない!

これがなかったらホントはもっと違うものに使えたのに!

という考え方が、

冷蔵庫が壊れた

そういえば、モノを大事にする気持ちを忘れてたな

この修理費だけで気付けて良かった

モノにも心はあるし、もっと大切に使おう!

っていう考え方に変わります。

一言で言うと、ただの気持ちのもちようかもしれません。

でも、人は胸が痛くなるような出来事などに遭遇しないとなかなか自分を振り返るようなこともしないし、自分が間違っていたと考えることも少ないです。

それが、毎回「ムダなお金を払って勿体ない!きー!!!!」ってなるぐらいだったら、もったいないと思うお金を支払った時に、少しでも自分の考え方や行動を振り返ったりモノの見方を考え直して、何か一つでも忘れてたことに気付くためのキッカケにする方が何倍も良いですよね。

そういう考え方です。

副鼻腔炎の病気でもそうです。

病院は家から徒歩で行ける距離ではないので、電車に乗って向かわないといけないし、治療費を払うとその度に毎回数千円が飛んでいきます。

で、僕は前頭洞というおでこの周辺の内側が腫れる症状があるわけですが、これがもしかすると常習性を持っているかもしれないという人間みたいです。

本来そんな常習性がなければ治療する必要はなく、そんな人と比較するとムダなお金が毎回出ていってると思ってしまいそうにもなります。

これが今は2、3日に一回のペースなわけですからね。

ここでも、健康でいられることの素晴らしさを身に染みて思い返したり普段の自分の行いが返ってきてるんじゃないかと考え直したり、そのために今の状況があるんだと思うようにしています。

気持ちのもちようかもしれませんが、こう考えるだけで自分の気持ちはものすごく落ち着くんです。

スポンサーリンク

落ち着いた生活をするためには落ち着いた心が必要

自分で自分を追い込んで、背水の陣で行動するというパターンが自分には合わないことが分かりました。

ブラック企業で朝から晩まで働いていた時に落ち着いた生活は出来なかったし、そもそも落ち着いた心を持つことも出来なかったように感じます。

もしその当時にこれだけムダと思える出費がかさんでいたら、イライラが重なって落ち着くどころか夫婦でもケンカが絶えなかったかもしれないし、周りにも当たり散らしていたかもしれません。(実際どうかはわかりませんが)

落ち着いた生活をするためには落ち着いた心が必要で、落ち着いた心を持つためには落ち着いた考え方をしていないと穏やかにいることは出来ないんです。

例えお金に余裕があっても、起こる出来事に反応してイライラして憔悴する毎日を送るぐらいなら、お金が少なくて節約が必要であっても穏やかにいられる日々の方が僕は良いと思っています。

世の中は無情でもあり無常とも言われます。

ずっと健康でいたいと願っても、なぜ自分だけ?と思うほどに、無情にも病気にかかり大変な思いをすることがあるかもしれません。

そして無常に時は過ぎ去り、いつしか人は死んでいきます。

そんな世界だからこそ、起こる出来事のあるがままを受け入れていくことが大切で、起こった出来事をしっかり反芻し、落ち着いたものの考え方をして、落ち着いた心を持っておきたいと思うんです。

それが心穏やかにいられる秘訣なのかもしれません。

ムダな出費と感じた時の思考法 / まとめ

なんか最後の方がスピリチュアルみたいになってしまいましたが、、、笑

でもホントのことです。

落ち着いたモノの考え方が出来るようになって、ホントに穏やかに落ち着いた生活が出来るようになっていっています。(心がね)

「あームダなお金を払ってしまった!」とイライラしてしまう前に、少し振り返って新たな一面に気付いて穏やかにいれる、そんな生活の方がずっと楽しくて前向きにいられますよ。

ぜひ試してみて下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。