プロフィールを1年ぶりに更新! 自分の発言には責任を持つ!ということで顔出し決行しました!

s-2016-04-08_12h53_11a

こんにちは、Non太(@LoveWifeLives)です。

先日に行ったセミナー(「ブログで人生を変えたいならココに来い!!」と言われて行った「JUNICHI × 落合正和 ブログ運営ディスカッションセミナー」。 ブログで人生変えられると本気で思えた!)に触発されたわけじゃないけど、4月3日はLove Wife Lifeの記念日。

Love Wife Lifeを始める時にさらっと作ったプロフィールページが1年間そのままになっていたので、1周年記念の良い機会だということで1年ぶりにプロフィールを更新してみました。

色々と文章も改定したけど一番のポイントは顔出し。(僕の写真を見てみたいという人はプロフィールページへ!笑)

ネット界隈では顔出しのメリットやデメリットが言われておりますが、実際のところどうなのか、なぜ自分はブログで顔出しをしたのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

隠しておきたかったから顔出しはしなかった

本来僕は昔から先頭に立って、人の前に出てぐいぐい引っ張っていくタイプでした。

それが以前の職場に入って以来、自分以上に人が楽しんでいることに目くじらを立てる社長と出会い、彼と一緒の空間にいる時には美味しいご飯を食べても感動する表現が出来ず、楽しい仲間と楽しめる雰囲気の時でも、出来る限り自重して適度に楽しい風に装っていました。

本当ははしゃぎたいし、心から楽しいと思っている雰囲気を表現したかったのに。

そんな会社に勤めている時に始めたブログだったので、さすがにバレたらヤバい!と思っていたんです。

自分がブログをやっていることがバレたら…ネチネチ言われるか陰口をたたかれることは目に見えてました。(当時は会社のグチも言ってしまってたので)

だから実名も明かさず顔出しもせずに、ひっそりとやっていくブログにしていたんです。

スポンサーリンク

会社を辞めてもなぜ顔出しをしなかったのか?

僕は2015年9月末で以前の会社を辞めています。

それからもこのブログでは顔出しをすることなくモクモクと更新し、退職して半年が経ちました。

会社を辞めてバレたらヤバい!という状況がなくなったにも関わらず、なぜ顔出しをしなかったのか?

その理由を考えてみると、周りからとやかく言われるのがイヤだったからかなと思います。

このブログのことは友人には知らせてませんし、以前の会社で知り合った人たちにもわざわざ言っていません。

そう言いつつも、このブログのことは妻はもちろん知ってますし僕の親も読んでいます。

もし妻や親にも言えないような内容のブログを書いているんだったらそもそもNGですが、自分が自信と責任を持って発信しているはずなのに、どうして身内にだけは言えて周りの人たちには言えないのか?

それは僕自身が、家族は応援してくれると思っていたからでしょう。

自分の意見を否定するわけじゃなく、そっと背中を押してくれる人たちだと分かっていたから言えてるんだと思います。

逆に、周りからとやかく言われるのがイヤだったというのは、恥ずかしいの裏返しだったのかと考えました。

結果が出ていないのにブログを頑張るんだ!なんて言い出したら、世の中の一般常識としてサラリーマンとして働いている人の常識の中にはないでしょうから、自分の友人や近い人たちでさえとやかく言ってくるでしょう。

今までは、ブログをやっていることを友人や知人に話さないのも顔出しをしない理由も、「とやかく言われることがイヤなんじゃなくて、とやかく言ってきたことに反論することも納得させることも面倒だから」と回答してきました。

でもこれは恐らく違います。結局は恥ずかしいだけなんだろうと。

本当にブログは心から好きだし、毎日毎晩記事を書いていたい気持ちが出てくるし、伝えたいことも本音で言っている。

それを主張してもいざ「で、いくら稼いでるの?」と言われた時に、「まぁ、お小遣い程度は…」としか言えない状況が、結局のところは恥ずかしいんです。

だって、もし今のブログで本当に生活出来ていたら誰にも堂々と言えるでしょう。

僕が仕事を辞めても顔出しをしなかった理由は、まさしくブログだけで生活が出来ていないから、でした。

不言実行で行こうと思っていた

有言実行はみなさん知ってると思います。

成し遂げたい事を口に出して、言ったことは何が何でも成し遂げるということです。

こうすることで本気になるだとか決断出来るだとか色々言われますが、僕は無理でした。

とやかく言われるのが面倒だし何より恥ずかしい気持ちがあったから、僕は不言実行でいこうと思ってました。

不言実行とは、何も言わずただ実行に移して実現させていくことです。

不言実行でいけば、誰からも何も言われることなく進めることが出来、自分が納得いく結果が出たと思えばその時に言えば万事OK!

そうすれば自分のことを昔から知っている人には何も言われないし、うまくいった時だけ言えばいいだけなのでメチャクチャ楽ですよね。

最悪うまくいかなかった時は、何も言わなければ何もないままに終わりますし。

こう頭で考えてる時に、あぁまた結局お金の話しが先行しているな、とここで気付いたんです。

ブログで一番やりたいことは何か?

人生は何度でも修正がききます。

「始めるのに遅すぎることはない」と言われるように、「心を入れ替えて生活する」ことにも遅すぎることはありません。

反省する心を持っているならば、いくらでも人生には修正が可能だと思っています。

それと同じように、ブログを始めたキッカケが何であれ、ブログの方向性も何度でも修正することが出来ます。

「ブログでお金を稼げるようになりたい」で始まったとしても、今僕がブログで一番やりたいことというのは”伝えること“です。

その副産物としてお金を頂くということに繋げるべきだと思いました。

お金を稼げていようがいまいが、伝えるべきことを発信していくことがブログで一番やりたいことなんです。

お金がまだ稼げていないから恥ずかしい気持 < 伝えたいことを伝えたい

こういう方程式が出来上がりました。

自然と抵抗はなくなった

上記で書いてきた気持ちを持つと、自然と顔出しをすることには抵抗がなくなりました。

もしかすると、今までの友人がこのブログを見て「お前稼げてないやん」というような否定的な言葉を言ってくるかもしれません。

今まで働いていた時の僕のイメージを持っている人からは、「なんでそんな道に?!」なんてとがめてくるかもしれません。

確かにそう思われるのは悲しいし淋しい気持ちはゼロではありません。

もし間違ったお金の稼ぎ方や人を傷つけて成り上がっていく方法があったとして、人からとがめらてもその現状に打ち克たないと結果は出ないなんて言われれば、誰だってバレるのは恥ずかしいしそもそも自信を持って実践することはできませんよね。

でも、自分がただ恥ずかしいという気持ちよりも、人が人を大切に想い、人が人として協力し、まだ感覚でしかつかめてないけど夫婦が仲睦まじくやっていく、果ては人と人の在り方を伝えることの方が何倍も大切であるという想いが強くなったんです。

そう考えたら、自然と顔出しへの抵抗がなくなったんです。

時代の変遷を感じる

余談のようになりますが、ネットで顔出しをするかしないかという議論はここ数年で良く見られるようになっています。

そこで少し10年以上前のことにさかのぼってみます。

僕がまだ高校生だった頃、携帯はもちろんガラケー、画面は白黒でした。

その当時、「メル友」がメチャクチャ流行していたんです。もちろんメル友募集サイトは無料で利用できたし、会おうと思えばすぐに会えました。

そして流行していたメル友サイトには、なんと番地の手前までは住所を書いたりすることも日常茶飯事だったんです。

理由は自分の家の近くに住んでいる人を探せるし探されたいから。

それがいつしか事件が起こったのを期に、住所をさらすなんてことは一切なくなっていきましたね。

その当時も住所を入力する?しない?の議論は頻繁にされてたはずなんですが、今は住所をさらすかさらさないかの議論なんて一切行われないわけです。

IT技術が進んだのと同時に、住所を不用意に書かないというのが浸透したから。

これと同じように、今はまだブログで顔出しをするしないが議論されていますが、少し経てばネットで顔を出すことも普通になって議論自体なくなるんじゃないかと個人的には思っています。

メル友の住所は書かない方に浸透しましたが、顔出しはするという方向で浸透していくのでは?

あくまで僕の見解ですが、そうやって時代は変遷していくのかなと感じました。

これからもLove Wife Lifeを宜しくお願いします!

心機一転でプロフィールを更新したことでつらつらと書いてみました。

一度ネットに画像をアップすれば、全世界でデータを抹消させることは不可能とも言われてます。

顔出しをするにしても自己責任の上で画像はアップしていかないといけないと思いますが、僕はほんの少しでも自分の気持ちが伝わりやすくなるのであれば、抵抗がなくなったということです。

そして自分の発言には自信と責任を持つために顔出しを行いました。

記事は長いし熱くるしいかもしれませんが、これからもLove Wife Lifeを宜しくお願いします!ということです。

 

※注:もし顔出しの評判があまりに悪かったらやめようかな…(泣)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。