悩んだときは人に会って相談することがおすすめな理由3つ。

s-silhouette-1082129_1280

人間ですから、生きてるだけで様々な悩みが出てきますよね。

人間関係にお金の問題、恋人や夫婦関係のことなど、考え出したらブラックホールかと思うぐらいに際限なく出てきます。

僕のように基本家にこもって仕事をしてるような人は、人と接しない分何も事件が起こらないので悩みがないように思われやすいですが、全くそんなことありません。

仕事がうまく進まない悩みであったり、人と会わないからこそ出てくる疑問と悩み。

生きている限り大小の大きさはあれど、悩みがゼロの人なんていないと思います。ポジティブにとらえて、悩みじゃないなんて言う人はいそうですが。

悩んで悩んで苦しい時、悩みが解決できるかどうかは分かりませんが、1人でただ考え尽くすだけよりも絶対に人と会った方が解消しやすいということを身を持って体験しました。

今日は、もし今悩みをもっているのなら絶対に人と会った方がいい、相談した方が良いということを、3つの理由とともにお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

理由その1 / 決断できる

s-decide-70742_1280

ひとたび悩み始めるとあれやこれやと考えが広がり、収集がつかないことがよくあります。

なんとか収束させたけれど、何となく腑に落ちない感じ。あと一押しあれば、悩みを忘れて全力疾走出来そうなのになぜか出来ない。 自分の中では解決できた!と思ったから走り出したはずなのに、なぜか違和感が残るという状況です。

こんなこと、少なからず経験したことがありませんか?

こんな時、自分の中では解決したつもりでも心のどこかには実はわだかまりやモヤモヤが残っていて、決断できていないけど悩み続けても仕方ないから、ということで走り出した時に起こることです。

もし悩んでることを人に相談して、「いいと思うよ!頑張ってみなよ!」なんて言われたら、あっさり決断できると思いませんか?

1人で悩んで1人で解決に向けて進んでいる時は、モヤモヤが取れず悩んでいたのに、人に相談して背中を押された途端悩みが吹っ飛んで決断できる。そんなキッカケを与えてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

理由その2 / 悩みを整理できる

s-book-978888_1280

誰かに相談しようと思うと、相手に話が伝わるように物事を話さないといけません。

でも悩んでいる時、実は2つぐらいのことでしか悩んでなくてそこまで大したことじゃないはずなのに、自分は世界一悩んでるんじゃないか?と思うほどに感じてしまうことがありますよね。

それは頭の中だけで考えてるからであって、人に会って言葉にして内容を確かめてみると、「あれっ?悩んでたのってこれだけ?」と思うことがあります。

良く悩んだら紙に書き出すと良いと言われますが、それと同じことです。

頭の中だけで悩みを考えると、1の悩みが10にも100にもなってしまう。 それを人と会って相談することで、いつの間にか悩みが整理されることに繋がるんです。

理由その3 / 新たな価値観が構築できる

s-neural-pathways-221718_1280

たいがい悩みを人に相談する時というのは、自分が考えてる内容に対して相手に肯定して欲しいという場合が多いです。

では、極端な例を1つ挙げてみます。

例えばAとBで悩んでて、「自分はAが良いと思ってるんだけどどう思う?」と聞いたとします。 その相手が「Aが良いよ」と言ってくれれば、悩みもぶっ飛んで決断できるでしょう。

では逆に「Bの方がいいと思うな」と言われた場合、「えっ?なんで?」となりますよね。

この後の発言をどう捉えるかはあなた次第ですが、「なるほどーそんな風に思う人がいたのか!」と、自分では想像もつかなかった発想を持っている人がいます。ここで新たな価値観が想像されるということですね。

自分1人では考えもつかなかった発想を聞くことで、別の視点で物事を見ることが出来るようになるかもしれませんし、そんな考えを聞くだけでも新鮮です。

ただ背中を押して欲しかっただけの場合に、別の意見を言われると「この人は自分のことを理解してくれない人」というようになりがちですが、すべての人が自分と同じ思考をしているわけではないので、そこはそういう物事の見方もあるんだと新たな発見をしたというように考えるようになりたいですね。

何を相談するかではなく誰に相談するかが大事!

mikulas-736057_1280

解決出来ずに長く悩むぐらいなら、人に会って相談した方がいい理由を3つ挙げてきましたが、1番大切なのは「相談する人」です。これが間違えば元も子もありません。

悩んでいる事に対して知識のある人に相談すること!

例えばブログを始めようか迷っているとします。 そのことで頭がいっぱいになり、何となく始めた方がいいと思ってるけど…みたいな状況の時に、自分の両親にブログを始めようか相談してみたとします。

もしくは、ブログの中身を何も知らない人に相談した場合の回答はどうなるでしょうか?

何の根拠もなしに「始めたいなら始めてみれば?」と言うかもしれませんし、「そんなことしてないでちゃんと働きなさい」と言うかもしれません。

あと一歩決断するためには背中を押してもらいたい気持ちを持って話をしてるなら、その内容に対して知識のある人に聞く・相談するのが大前提です。

中身を知らずに噂だけを耳にして浅はかな知識を持った人に相談してしまうと、とんちんかんな回答が出てくる可能性も大いにあるので注意しましょう。

損得が関わらない人に相談すること!

これも大切です。 人に会って相談するなら、その悩みが解決されたところで相手にとって損得が関係のない人にした方がいいです。

自分がブログを始めれば相手に千円が入るとします。そして自分はブログを始めようか悩んでる。

そんな相手にブログを開設しようか悩んでるという相談をしても、「始めた方がいい!」と言われるに決まってますよね。

肯定してくれることが分かっててただ背中を押してもらうためだけに、決断するためだけであればその人に相談しても良いと思いますが。 確かな情報と確かな知識で言ってくれているかどうかは疑いたくなります。

結果として損得が関わらない上に知識を伴っている人であれば、損得勘定を抜きにして個人の価値観に基づいて意見を言ってくれるからです。

悩みがあれば相談する / まとめ

悩んでも仕方がない。悩む暇があるなら行動すればいい!

確かにこの意見は僕もそうだと思います。 不安ながらも行動してみることで新たな発見があり、悩んでたことがいつの間にか消えているなんてことも日常茶飯事ですから。

でも、そう言っても人間は一人じゃ生きていけないし誰かと関わりを持って生活をしています。

一人で悩み続けて苦しくて逃げたくなるなら、誰かに会って話せばいいんです。

怖くて動けなくなっているのなら、行動する勇気は持てなくても人に話してみるという勇気だけ持ってみれば、何かが変わるかもしれませんよ。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。