ブログと100万個の風船の泉~第一話:100万個の風船の泉の存在~

s-cappadocia-828959_1280

ブログを始めようと思っている人は多い。

「何となくお小遣い稼ぎでも出来たらいいな」と思いながら始めてみたはいいものの、「なんだ、やっぱり儲からないじゃないか!」といって、更新を辞めていく人も後を絶たないと思う。

宝くじが”数億円当たる可能性のあるもの”であることを誰でも知っているように、ブログにも”100万円を稼げる可能性を秘めている”ことはたくさんの人が知っている。

それでも消えていく人が後を絶たないわけだ。しかも、宝くじのように毎回お金を消費して継続しないといけないわけではないにも関わらず、だ。

無料ブログはさておき、独自ドメインとサーバーを取得し安いものを使用すれば、1年間で5,000円もあれば運営出来る。

年払いをして一括で5,000円を支払えば、あとは100万円を掴む夢へとまっしぐら。それがブログというものであり、100万個の風船の泉というわけだ。

今回ふと思い立ってこんなフィクションの物語を作る気になったのだが、もしこれからブログを始めようと思っている人がいれば、一度この物語を読んでみるといい。

少しの淡い期待は破られ洗礼のように感じる者もいるだろう。だが、これを一筋の希望の光と感じ、行動に移せる者もいるだろう。

僕は後者を期待している。

今回は「です・ます」調の言葉は封印してお届けする。

スポンサーリンク

第一話:100万個の風船の泉の存在

しがないサラリーマンだった僕は、常々何か新しい話しはないか?を探していた。

そう、自分でいつかサラリーマンは辞めて、独立してでも歩んでいく何かを探していた。

「宝くじ当たらないかなぁ…」そう思って買ったこともあるし、「宝くじよりTOTOの方が確率高いそうだ!」という言葉を聞いて、TOTOに切り替えて毎週購入していたこともある。といっても、1,000円程度だが。

もちろん当たるはずはなく、数百円でさえ当たることがなかった。

現実離れしたことには見向きもせず、もっと現実的なものを探した。

でもやっぱりなかなか見つからないし、良いなと思っても手間がかかりそうで大変そうに思えて行動に移すことはなかった。

そんな僕でも、数年前から「100万個の風船が浮かんでいる泉」の存在は知っていた。そして、その100万個の風船の中の1つに100万円が入っているということも。

インターネットで「風船の泉」のことを検索すると、結構簡単に100万円見つかったという人もいたし、風船を膨らませるのには根気も必要と書かれていることもあった。

「初心者でも1万円ぐらいの風船なら、簡単に見つけられます。」こんな記事を見た。

「100万円が見つからなかったとしても、1万円が簡単に見つからんだったらやる価値あるかも!」

そう思えて僕は「100万個の風船が浮かぶ泉」に足を運ぶことにした。

風船の泉にたどり着くまでのガイドブックはたくさん販売されていたが、わざわざそこまで買う必要はないだろうと、僕はインターネットでルートを探した。

するとルートは比較的簡単に見つかる。書かれている記事通りに道を進むと、1人のガイドさんと出くわす。

「風船の泉に行くのかい?」

「そうです。」

「じゃあ泉のルートへの年間パスポートを買う必要がある。1年間で500円だ。」

泉へ行くにもお金がかかるのか?と思ったが、1年間で500円であれば全く苦にもならないので払うことにした。

ガイドさんに別れを告げようとすると、良いことを教えてくれた。

「風船の泉は無限にあるからな。泉にもちゃんとお金を払って、そこも年間自由に出入り出来るようにしておかないとダメだぞ」

言っている意味が良く分からなかったが、とりあえず泉に向けて出発した。

この道も500円の年間パスポートを買った人だけが歩ける道なんだと思うと、なんだか新鮮だった。

少し迷うこともあったが、何とか風船の泉と呼ばれる地までたどり着くことが出来た。

すると、またガイドの人に出会った。

「ようこそ風船の泉へ!」ウェルカムな雰囲気だ。

「ここには100万個の風船が浮かんでいる。と言っても、沈んでいたり森の方に隠れていたりと色々な所に風船はある。どこにあるかは私にも分からない。そして風船の中に何が入っているかも知らない。どの泉にするかは自由に決めてくれ。泉を決めたら年間で5,000円だ。どうする?」

早口でまくしたてられたので良く分からなかったが、とりあえず5,000円払うことで泉が自分のものになることだけは理解した。なので5,000円を払った。

「まいどあり!」そう言ってガイドの人は消えて行った。

ついに僕は「100万個の風船の泉」へとたどり着いたのだった。

続く。

第二話⇒100万個の風船の泉の実態

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。