小さな出来事に気付く事から始めよう!

f55df4a14a573069b5cbc8da9054dc8b_s

小さな出来事に気付く事って本当に大事ですよね!今日はそんなどんな中にも存在する、この”小さな出来事への気付き”についてお話ししたいと思います。

僕は今の会社に勤め始めてまだ5年、中堅もいいところの中堅ポジションのサラリーマンです。

大学は中退、フリーターを経験しつつ、正社員になったり派遣社員になったり、はたまた海外の放浪をしながらも、今の仕事が勤続年数で言うと一番続いています。

ブラック企業と言いながらも、それだけでは言いまとめられないような事もあり、結局今の仕事にかじりついてしまっている状況ではありますが、そんな中でも言える事は、このブラック企業で働き続けた事でつちかわれた事は間違いなくあるなと思う、

“小さな出来事への気付き”

そんなんわかってるわ!!なんて声もたくさん聞こえてきそうですが、改めて意識して考えてみると、ホントに身の回りにたくさんありますよね。それをもう一度、振り返る事も含めて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

妻に対する小さな出来事を振り返ってみる

僕は今はまだ妻と二人暮らし。子供もいなければペットもいません。なので、まだ家事と言っても二人分なので、子供やペットのいる家庭と比べると比べ物にならないくらい少ない家事の量かもしれません。それでも僕はほとんど仕事で帰らなかったり、帰っても夜が遅いので家事の98%は妻がしてくれています。残りの2%は、僕はお風呂掃除だけはしています。。。w

この家事をしてくれている、という言葉一つで片づけてしまうと、なかなか小さな気付きには繋がりにくいと思います。なので、少しだけ分解して考えてみると、、、

  • ご飯を作ってくれる。

このご飯を作ってくれるというものを細かく見てみると、気付いた事は1週間の内で同じ料理が並ぶ事はまずないんですね。

もちろん僕が帰らないから料理を作らなくていい日があったりもするので、1週間の内7日間全部ご飯を出すというわけではありませんが。それでも、大体がご飯、ハンバーグ等のメインのおかず、野菜たっぷりのおかず、小鉢に入った料理、などなど毎回4品~5品は出してくれます。

そして食べた後の洗い物、その後に流し台の1日の排水溝の掃除とやってくれています。

こうしてみても、料理と一言で言っても冷凍食品をチンするだけの料理なんて一切なく、手料理を毎回作ってくれて品数も多い、そしてその後の洗い物や掃除、これらが全て入って”料理をやってくれてる”って言葉で片付けられます。

この作業一つ取って見ても小さな事がたくさんあるんですね。

  • 洗濯も全てやってくれる

この洗濯も料理を作ってくれるというのと同じように色々とありますよね。洗濯機に取りこんで回すところから、洗濯物を干す、そして乾いたものを取りこんでたたむ、さらにはスーツのカッターシャツなどについては、アイロンがけをしてくれる。僕の衣類のタンスに収納してくれる。(僕はあまりタンスに勝手に収納されるのが好きではなかったのですが、あまりに僕がしないので入れてくれる事になりました。)

この一連の事全てを含めて洗濯となってます。こちらにも色々と小さな事はたくさんあります。

スポンサーリンク

小さな出来事に気付くと感謝の気持ちが出てくる

5604a2f1d2687ba3dc302d33f8d011f3_s

これは至極当たり前の事ではあるのですが、忘れてしまいがちな事ですよね。

先程の妻の例もそうですが、冷静に見てみると色々な事をしてくれていて、それに気付けると

“ありがとう”

という気持ちになります。

自分の中では全く気にも留めなかった一言二言が、一瞬妻に冷たい態度と映ってしまう事っていうのも良くある夫婦の場面だと思います。僕はそういう時にこの事を思い出すようにしています。

それをまた言葉で態度で表現する事で、妻の【私はこれだけやってるのに・・・】なんて気持ちにはならないし、いつも仲良しでやれているような気がします。

細かいことに気付きだすと仕事にも活かされてくる

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

これも至極当たり前の事ですが、マメな人とずぼらな人とどっちと仕事したいですか?なんてアンケートを取ったら、普通はマメな人が圧倒的多数で結果が返ってくると思います。(こういう時に、アルバイトだったら適当な方がいいから、そんな結果じゃないなどというのはなしです。)

小さな出来事に気付けるようになると、小さな人の気持ちの変化にも気付くことが出来るようになったり、細かな作業にも注力して出来るようになったり。そうする事で人望が上がるかもしれませんし、仕事が出来る人と思われるかもしれません。

たまに、もしかしたら余計な事をやりすぎてありがた迷惑的に捉えられる事もあるかもしれません。でもそれもいいと思いませんか?

ただやみくもにポカをして怒られてるよりも、少しでもありがとうという気持ちを持ちつつ怒られる方が。これは人それぞれだとも思いますが、それでも僕はその方がいいなと思ってしまいます。

結局は相手の気持ちをくみ取ることが出来るかどうか

“この小さな出来事に気付く”

って、相手の気持ちを考える事が出来るか、そしてその気持ちを考慮して行動を起こせるかどうかだと思います。

誰だって自分自身が一番可愛くて自分に一番都合良く回ればいいのにって思ってます。そんなところにこういう風に気を回せて、妻や相手の人の事を想いやれる人がいると素敵だなと感じられると思います。

今日を機に、少しでもこの小さな出来事に気付いていくと、色々変わっていくかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。