比内地鶏を使ってる「心斎橋 今井屋本店」に行ってみた! 比内地鶏が高級鶏肉なんて知らなかった…

s-IMG_3744

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

大阪の心斎橋には飲食店はたくさんあるし、焼き鳥屋さんもたくさんあります。

今まで何度も前を歩いたことはあったものの、その高級な入口からなかなか入れずにいた「心斎橋 今井屋本店」。

以前の仕事で関わっていた友人がご飯をごちそうしていくれるというので、初めて行ってきました。

そのレポートをしておきたいと思います。

スポンサーリンク

比内地鶏ってどんなの?

比内地鶏とは、秋田県で育てられている鶏で、秋田県内でも高級食材として扱われているみたいです。(もちろんそんなことは知らずに入店しましたが…)

有名地鶏の一つで、噛めば噛むほど広がる深い旨みが特徴と言われています。

じゃあ地鶏って何やねん?と言うと、Wikipediaに載ってました。

日本農林規格 (JAS) に記載されている、在来種由来の血液百分率が50%以上の国産銘柄鶏の総称。

なんだそう。

市販されている鶏肉のほとんどはブロイラーと呼ばれ、短期間で急速に成長させる狙いで作られた品種が多く出回っています。

通常、自然界の鶏は成鶏に達するのに4〜5か月かかるところをブロイラーは40〜50日で成鶏に達するとのこと。

そう考えただけでも、比内地鶏がどれだけちゃんと育てられているのかも、味が確かなのもうなずけますね。さすがは高級食材です。

アラギドン酸が豊富

もう少し比内地鶏について書いておくと、農研機構というページに面白い記事を見つけました。

比内地鶏の「おいしさ」にアラキドン酸の関与を確認 / 農研機構

ここには、

  • 鶏肉の「おいしさ」の要因の一つとして、アラキドン酸の関与を確認しました。
  • 飼料へのアラキドン酸添加によって、鶏肉をよりおいしくする効果が期待できます。

と書かれています。

そして比内地鶏にはアラギドン酸が豊富に含まれていることが分かったというのです。

要するに、鶏肉を美味しいと感じる一つにアラギドン酸が含まれているかが一つのポイントで、比内地鶏にはそのアラギドン酸が豊富に含まれているということなんだそう。

ちなみにアラギドン酸とは…Wikipediaで確認してください。必須脂肪酸なんだとか。

でも取りすぎには注意しないといけないものでもあります。

まとめると、比内地鶏は手間暇かけて育てた地鶏のため、市販されているブロイラーのような鶏肉と比較してみても、高級で美味しい鶏肉ということです。

スポンサーリンク

心斎橋 今井屋本店に行ってきた!

ということで、比内地鶏に関する予備知識を手に入れたところで、実際に心斎橋 今井屋本店に行ってみたことをレポートします。

▼入口s-IMG_3744

和テイストな感じが出ていて照明もいい感じだし、ちょっと高級なお店を醸し出してますよね。

今回は友人が御馳走してくれるということだったので、遠慮なく入りました。(ちゃんとお礼してますよ!)

入って入口に一番近い席を案内されたので奥までは見られてませんが、入ってすぐに思ったのは「アジア系の外国人が多い」でした。中国人か韓国人と思われる人たちが多かったですかね。

着席してメニューを見てみました。

▼メニューs-IMG_3739

s-IMG_3740 s-IMG_3741

二人で行きましたが、出てきた言葉はお互いに値段高ない?でした。

確かに今記事を書いている時点では、比内地鶏をふんだんに使った料理を提供しているからなのかな?とも思えますが、お店にいた時はそんなことは微塵も分かってない時ですからね。

でも鶏肉を使ってない料理も高くない?という風にも思えてきます。

【炭火炙り焼】賀茂茄子 / @600円って書かれてます。写真を見ると茄子が3,4本入ってるだけ。さすがに高いやん!と思ってました。

でも調べてみると、賀茂茄子っていうのも高級野菜として扱われているらしいです。

で、結局頼んだのはこちら。

▼比内地鶏のなめろう風 / @680円s-IMG_3742

見た瞬間量少な!でした。笑

比内地鶏を使ってるから、これでもそれだけの価値があるんでしょうね。

でも20代と30代の男2人には物足りない量でした。

▼ねぎま / @530円s-IMG_3743

メニューに比内地鶏の焼き鳥がズラーっと並んでましたが、見たこともないような値段設定になってました。

店員さんに「焼き鳥って何本付いてるんですか?」と聞くと、「1本です」と回答され、さらに驚愕。

ネギマイッポンデゴヒャクサンジュウエン…(ねぎま1本で530円)

さすがにビビりましたが、とりあえず1本だけ頼んだねぎまでした。

▼出し巻き卵 / @1,000円ぐらいだったような…s-IMG_3745

見た目は超綺麗なんですよ!ツヤもあるし。

もしかしたら、これも比内地鶏の高級卵を使用してたのかもしれません。メニューで読んだわけでもないし覚えてないので分かりませんが。

でも出し巻き卵で1,000円(値段は少し不確かです)は高ぇーとヒーヒーしながら食べました。

▼ポテトフライs-IMG_3746

いくらだったか忘れてしまいました…。600円ぐらいだったと思います。

比内地鶏じゃないメニューも強気だったことは確かかと。

これももしかすると、国産の高級じゃがいもを使用して提供されているポテトフライかもしれません。

ファーストオーダーをする前に、「ガッツリ食べるのは次の店にしよう」と二人で決めたので、最初の注文の時にこれだけ注文しました。

気になるお会計

注文したものは以下だけです。

  • 生ビール × 2
  • 比内地鶏のなめろう風
  • ねぎま
  • 出し巻き卵
  • ポテトフライ

以上で5,000円を超えてました…。

確かに高級で味は美味しいんだろうけど、僕の味覚では街中の焼き鳥屋さんとそこまで変わらない味でした。僕の舌は高級でもなんでもありませんので。

ちなみに外国人にはその値段設定が高いのか安いのか、何となくの感覚だけで良く分かりませんよね。もしかすると入店した瞬間に外人が多いと思ったのは、あながち間違いじゃないかもしれません。

お金もちの中国人が多い(爆買の一つであるドラッグストアも乱立している)心斎橋だからこそ、観光客価格に設定しているのでは?と思ったのです。

でも、今井屋本店は東京にも多数お店があるチェーン店だったので、東京のお店も同じような料金設定なので、観光地価格ということではなさそうですね。

これが比内地鶏のブランド力なんでしょうね。

心斎橋 今井屋本店 / まとめ

想像以上に値段設定が強気のお店でした。

比内地鶏という鶏肉をはじめて調べましたが、確かに手間暇もかかるし育成し販売するまでに時間がかかるため、鶏肉自体が高級になるのも分かります。それが値段設定に反映されていることも。

比内地鶏は確かに美味しいと思いましたが、僕にはちょっと高すぎたというだけです。

高いからということで挑戦しませんでしたが、とろとろと言われている親子丼やお鍋などが看板料理のようなので、それを食べずして値段だけを見て評価をするのもどうかなと思っています。

なので、もう少し余裕が出来たりすれば再度訪問することはあるかもですが、しばらくはなさそうです。

行かれる方はもしお腹一杯食べようと思っているなら、お財布に少し余裕を持たせて行くことをおすすめします。

この日の僕らはサクッと食べて二軒目に移動し、リベンジとしてリーズナブルな焼き鳥屋でたらふく焼き鳥を食べましたとさ。

心斎橋 今井屋本店詳細

【施設名】  心斎橋 今井屋本店
【住所】   大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-26
【電話番号】 06-4963-9088
【営業時間】 11:00~15:00(土日祝のみ)
       17:00~24:00(LO / 23:00)
【定休日】  無休
 食べログ ⇒心斎橋 今井屋本店
 ぐるなび ⇒心斎橋 今井屋本店

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。