朝の飛行機に乗るなら! 新大阪から関西空港まではリムジンバスで行くのがおすすめ!

s-IMG_8576

どうもー最近仕事で関西空港を訪れたNon太(@LoveWifeLives)です。

大阪府の中心街である梅田から関西空港に行こうと思ったら、

  • 大阪駅からJRで
  • 難波駅まで乗り継いで南海電車で
  • 直通で行けるリムジンバスで

この3つが基本的な行き方です。

普通の街中を走ってるバスはどうも苦手ですが、高速バスやリムジンバスといった目的地に向けて一直線に走るだけのバスが僕は大好き。

飛行機の時間が合うなら、大阪からでも乗り換えなしで直行で行ってくれるリムジンバスがおすすめですね。

と言いながら、今回は大阪じゃなくて新大阪から関西空港に向かう場合のアクセス方法について。

新大阪からリムジンバスは出ていないと思ってましたが、調べてみると1日に1本だけ出ていることが分かりました

1日に1本だけとなると飛行機に乗るタイミングが合わないと使えないアクセス方法ですが、朝イチのフライトだったり朝から関西空港に行きたいという人にとってはおすすめなので、自分の備忘録のためにも残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

新大阪から関西空港へリムジンバスで行く時の予備知識

気になるところをサクッとまとめます!

出発時間

1日に1本出ているというその貴重なバスの出発時間はというと、6:29です。もちろん朝の6:29ですよ!

到着時間

で、到着の予定時間はと言うと、

関西空港第1ターミナル(普通は大体こっちのターミナル)が7:50

関西空港第2ターミナル(PEACHの飛行機はこっち)が8:01

となっています。

なのでこの到着時間に合うフライトじゃないと利用する意味はないので、タイミングが合わないとというのはこういうことです。

必然的にバスの所要時間は約1時間30分程となりますね。

乗車料金

乗換がなくて楽ちんと言えど、電車よりもべらぼうに高かったら意味ないですもんね。

ということで、サクッとまとめてみました。

新大阪駅からJR1本で関西空港へ行く場合

▼この乗り継ぎ方法です。norikae

所用時間 約1時間20分
料金 1,360円

新大阪駅から地下鉄で難波まで向かい、その後南海電車で関西空港へ行く場合

▼この乗り継ぎ方法です。norikae2

所用時間 約1時間15分
料金 1,200円

新大阪からリムジンバスで関西空港へ行く場合

新大阪から直通で乗り換えもなしにバスで行く場合です。

所用時間 約1時間20分(第1ターミナルまで)
料金 1,550円

 

電車のスタンダードな関空への行き方とリムジンバスの所要時間と料金を比較してみましたが、所用時間はほとんど変わらないものの料金は若干バスが高いですね。

どちらがお得かと感じるかは人それぞれの価値観だと思いますが、僕的には乗り継ぎがなくバスに乗れば関空まで到着出来るというのはかなりのメリットだと感じています。

乗車場所について

新大阪駅と一言に言ってもかなり広いですからね。バスに乗車する場所についてご紹介しておきます。

▼Google Mapで見るとこちらs-noriba

▼写真で見るとこちらs-IMG_8572

と言ってもまだ分かりにくいですよね。

この場所は他の高速バスが発着する場所でもあるので、駅員さんなどに聞いて向かう場合は、「阪急高速バス新大阪ターミナル」に行きたい旨を伝えれば案内してくれるはずです。

もしくは「ニッポンレンタカー新大阪店」を目指してもいいですね。

この2つは隣りあわせで並んでますし、どちらもバス乗り場の目の前にお店がありますので。

新大阪駅構内からバス乗り場へ向かう場合

新大阪駅の駅構内からバス乗り場へ行きたいという人もいるはずですよね。その場合の行き方はこちら。

まず探してほしいのはタリーズカフェです。

▼新大阪駅構内図s-Tully's_cafe

▼新幹線のりば(中央口)を右手に見ながら進みます。s-IMG_8653

▼この先左手にタリーズs-IMG_8654

▼タリーズの隣にこのエスカレーターが出てくるのでくだります。s-IMG_8655

▼エスカレーターを降りて、ぐるっと回って階段を降ります。s-IMG_8656

s-IMG_8657

▼自動扉を出たらバス乗り場が広がっています。s-IMG_8571

写真右手に見えているのがニッポンレンタカー新大阪店ですね。

ここまで来たらあとは1番のりばへと向かうだけ。そこが乗車場になります。

▼1番のりばs-IMG_8575

ここで待っていれば後はバスが来るので、乗車するだけで関空までひとっとびで移動が可能です。

スポンサーリンク

バスに乗る際の注意点

新大阪発、関西空港行きのリムジンバスは、乗り換えもないし朝も早い出発なので渋滞もほとんど気にならず大体定刻通りに到着してくれるので便利です。

注意点というほどではありませんが、僕が不安だったところをまとめておきます。

チケット売場はない!チケットはバス乗車時に運転手さんに払う!

大体高速バスやリムジンバスに乗る場合、チケット売場や券売機があってそこでチケットをあらかじめ買っておくことが多いんですが、新大阪から発車するバスに乗る場合、チケットを購入する場所はありません。

バスが来て乗車する時に運転手さんに希望のチケット(片道なのか往復なのか、はたまた日帰り往復なのか等)を伝えて、そこでそのまま料金を支払います。

トイレはないので済ませてから乗ろう!

高速バスだとトイレが付いていることがほとんどですが、関西空港行きのリムジンバスにはトイレが付いていません

1時間半程度の乗車時間ですしね。

僕は乗車寸前にコーヒーをがぶ飲みしてしまい、30分経ったぐらいでメチャクチャトイレに行きたくなり悶絶一歩手前までなってしまったので、同じような羽目にならないように気を付けましょう!

▼バスの車内はこんな感じの2列シートです。s-IMG_8577

好きな席に座ってOK!

s-IMG_8578

僕がバスに乗った時、一番前は何となくイヤだったので前から3列めのシートに座りました。

みんなどの席に座ろうとするのか見ていましたが、日本人が乗車して来たときはどんどん奥の方に座りたがるのに対し、外国人(特に欧米や南米)の人たちが乗ってきた時は、前から空いてる席を埋めていく傾向にありました。

面白いですね。

ちなみに、後ろの方に座るということは到着してバスを降りる時は最後の方になるので、やっぱり3列目ぐらいに陣取るのが良い気がします。

新大阪で往復券を買っても、帰りは大阪で降車OK!

新大阪で往復チケットを買った場合、関西空港から戻ってくる場合も新大阪でしか降りられないのか?と一瞬考えてしまいますが、大阪で降りることが可能です。

関空発新大阪行きのリムジンバスも1日に1本しか出ていませんからね。w

新大阪発着も大阪発着も料金は変わりません。

新大阪から関西空港へはリムジンバスで! / まとめ

s-IMG_8570

関西空港へは飛行機を利用するわけじゃなく仕事で行ったので、僕は日帰り往復というチケットを購入しました。

これは購入日のみ使える往復券ですが、往復で2,000円で販売しており片道1,000円の計算になります。(通常の往復券は2,760円)

ということは、乗り換えなしの一番楽ちんなのに一番安い方法となりました。

関空では色々なイベントごとも開催されているので、日帰りで行きたいという人に取ってはおすすめの方法かもしれませんね!

ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。