常備茶でルイボスティーを飲みたいなら断然「なごみ」がおすすめ! クセもなくて毎日飲んでも飽きない美味しさ!

s-IMG_5703

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

ルイボスティーの効果や効能が話題になって早数年。もう説明不要なぐらい世間に浸透したお茶になりましたよね。

そんな僕も妻の勧めでルイボスティーを家の常備茶として、毎日飲んでいます。

でも、ルイボスティーを家の常備茶として飲もうと思った場合、一番気になるもの…

それはやっぱり値段です。

体に良いと言われても、高すぎると継続出来ないと思うのに、安すぎると大丈夫か?と思ってしまうし、何とも難しいところがあります。

ということで、今回は僕が実際に飲んでいる「ルイボスティー なごみ」が超おすすめなので、その理由とともにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

僕がルイボスティー なごみをおすすめする理由

そこで僕が毎日飲んでいるルイボスティー なごみをおすすめする理由を3つ述べたいと思います。

1.何といっても価格が安い

なごみをおすすめする一番の理由と言ってもいいぐらい、価格が安いことが魅力です。

とりあえずルイボスティーが体に良いのは分かったけど、成分がどうだとか最高級茶葉を使用!だとか言って、結局1ヶ月分だけで数千円もかかるとなるとさすがに負担が大きすぎるんですよね。

それが常備茶として、毎日飲むお茶であればあるほど気になるのも事実。

今まで麦茶やウーロン茶を飲んでいて、1ヶ月分のパックを買っても数百円程度で済んでたはずなのに、それが毎月のコストが数倍になってしまうとなかなか手が出しにくいというのが本音。

今までと変わらずに、家計の負担にならず飲めることは必須条件としていたので僕はなごみを選びました。

▼こちらが僕が毎日飲んでいるルイボスティー なごみ

毎日続けるものだからこそ、価格が安いというのは一番魅力的と言えます。

2.成分も問題なく有機JAS認定商品

価格が安くても、「安かろう悪かろう」では全く意味がありません。

その点、ルイボスティー なごみは原料に有機JAS認定オーガニックを使用しているんです。

簡単に言えば、正式な基準に則って安全を認められた場合にだけ有機JASマークを表示することが出来るわけなのですが、その有機JASマークをなごみは取得しているということです。

詳しくは以下の記事を全て読んでいただければ、有機JASについても説明しています。

安い上に安心して飲めるのは大切ですよね。

3.クセがなくて美味しく飲める

味については好みの問題なので、個人差があると思いますが…。

ルイボスティー自体がクセがあるって聞くから…と敬遠してしまっている人もいるかもしれませんが、僕自身はクセがなくてぐびぐび飲める美味しさがありました。

安くてもどれだけ体に安全だと言われても、口に合わなくて無理して飲むお茶だと常備茶としては難しいと思うので、美味しく飲めるという点も大切なポイントでした。

スポンサーリンク

我が家のなごみのルイボスティーの作り方

これだけなごみをおすすめしているので、実際に我が家でルイボスティーを飲むときはどのように作って飲んでいるのかをご紹介したいと思います。

まず大事なのはお湯で煮出すことです。水だけでは絶対作りません!

一度冷たい水にティーパックを浸してみたことはありますが、なかなかお茶の成分が出てきませんでした。(すぐやめたので最後まではちゃんと試せてませんが)

なので、ルイボスティーを作る時は必ず沸かしたお湯から作ることをおススメします。

▼まずはティファールで水を沸かしますs-IMG_5704

ほとんどの家で湯沸かし器は持ってると思いますが、ティファールのこの電気ケトルはホント便利ですよ。お茶を作る時なんかは特に。

是非一家に一台はあった方がなにかと便利かと。

▼お湯を沸かしている間に、お茶を入れる入れ物にティーパックを投入しておきます。s-IMG_5706

s-IMG_5707

気付きました?我が家ではティーパックは贅沢に2パック投入しちゃうんです。

100袋入っているなごみなので、仮に毎日2パック使っても50日持つ計算です。

夫婦二人だけなので1日でお茶が全部なくならない日もあるので、100袋あれば大体60日=2ヶ月ぐらいはもってると思います。

▼ちなみに、なごみの中身s-IMG_5705

紹介する順番が変ですが、入れ物の中はこんな風にティーパックが詰め込まれています。

▼お湯を投入s-IMG_5708

▼1リットルのボトルに800mlのお湯が入りましたs-IMG_5709

このボトルの容量は1リットルですが、ティファールの電気ケトルは800mlなので、満タンになるまであと200ml足りません。

そこは普通に水を足して満タンにするんです。

▼満タンになったボトルs-IMG_5710

これですぐ飲むとまだ味が薄いので、我が家では一日放置するようにしています。

▼1日置いたボトルs-IMG_5756

入れた直後は浮いていたティーパックが、1日置いたあとは沈んでました。笑

そしてお茶の色が少し濃くなってますね。

この後はわざわざティーパックは取り出さず、飲み干すまでずっと入れっぱなしにしています。

これが我が家でのなごみのルイボスティーの飲み方です。

どうして安くて美味しくて安全なのに、ルイボスティー なごみがネット界隈ではあまりおすすめされていないのか?

これだけ僕がおすすめしているにも関わらず、調べてみるとネット界隈でルイボスティー なごみをおすすめしているサイトがほとんどありませんでした。

それがどうしてなのか、思うところを書いておこうかと思います。(かなり余談ですが)

まずはGoogleで、「ルイボスティー ランキング」と調べてみてください。

大体ランキングに入っているルイボスティーはと言うと、「エルバランシア」・「ティーライフ」・「RTRoom」・「ノバテック」・「AMOMA」が多くなっていることに気付くと思います。

なぜなんでしょうか。

その理由の一つとして、自分のサイト経由で商品が売れた時に入ってくる報酬が高いからが挙げられるでしょう。

もし同じようなものを宣伝するとしたら、報酬が数百円のものと10円のものだったらどちらを宣伝したいですか?ということです。

上記商品はお試し商品で買ってもらっても、1つ売れただけで自分への報酬が600円800円1,000円を超えるものだってあります。

普通に考えれば報酬が高い方を宣伝した方が良いと、誰だって考えますよね。

だからランキングに入ってこないのかな?と考えています。

とは言え、僕はなごみ以外に上記商品は一つも飲んだことがないので、品質の良さがどうなのかは分かってません。

もしかすると、ホントになごみよりも他社商品の方が圧倒的に成分が良いのかもしれません。

ただ、お金にならない商品をすすめても商売にならないから、同じようなルイボスティーを紹介する場合に「なごみ」はランキングに入らない。

と、僕は勝手に思ってます。

実は量と値段を比較してもなごみがお得

あくまで僕の中でですが、なごみのルイボスティーは他の商品に比べても入っているパック数も多いし、1包のg数で比較しても一番割安だと感じています。

▼パック数と値段の比較

商品名 1包のg数 パック数 値段
エルバランシア 5g 35袋 2,750円
ティーライフ(ティーポット用) 4g 30袋 1,454円
RTRoom(スタンダード) 3g 20袋 1,260円
ノバテック(お試しセット) 3g※ 30袋 1,820円
AMOMA 5g 30袋 1,699円
なごみ 2g 100袋 1,000円

※ノバテックのお試しセットは、他に1.2g×3袋、3g×5袋が付いているセットです。

それぞれの商品の成分が違うというのはさておきですが、表を見てもらえば一目瞭然ですよね。

1包に入っているg数は2gと少ないものの、パック数と値段を合わせて比較すると、なごみのルイボスティーは一番安いし量もあることになります。

ざっくり調べたものを比較しただけなので、あとは初回限定購入だったらお試しでもう少し安くなってたり、逆に初回購入時に定期購読を約束しないと安くならない場合があったりします。

それぞれのお店の商品を見たい場合は検索すればすぐに公式サイトが出てくるので、すぐ確認できます。

僕が見た限りでは、サイト内に書かれているお得さがパッと見では良く分からず、色々な条件があったりでややこしくてちょっと大変でした。

その点でもなごみは公式サイトはあるものの、主戦場はもっぱら楽天って感じです。一応Amazon でも販売されてますが。

だから買うのもシンプル。システムもシンプルで楽ちんというわけなんです。

ティーライフの楽天ショップならお得度はアリかも!

と、ここまで記事を書きながら新たな事実を発見しました。

▼先程上記で表にした中の「ティーライフ」。楽天でも販売してることに気付きました。

もちろんAmazonでも! しかも3gで100個入りが1,000円となると、お得さだけならなごみよりも上回ってます!笑

ティーライフのルイボスティーは、ランキングサイトでは公式サイトばっかり誘導されてたので、楽天やAmazonで販売されているのに気付きませんでした。(公式サイト経由で売れた方が報酬が高い)

なごみとの違いと言えば「有機JAS認定」を受けているかどうかですね。

なごみは有機JAS認定を受けています。(ティーライフにも他に有機JAS認定を受けた商品が存在します)

とはいえ、僕はなごみのルイボスティーが大のお気に入りなので、今のところなごみ一筋の予定です。

結論を言うと、ルイボスティーを毎日の常備茶として長く飲み続けたいなら、なごみのルイボスティーがおすすめですよ!と言いたいわけです。

クセもなくて飲みやすいし、その上コスパも抜群ですから。

なごみのルイボスティー / まとめ

他社のルイボスティーを批判したような書き方になってしまいましたが…

そうではなくて、言いたいのはなごみのルイボスティーがお気に入り!ということです。

値段も安いし量も十分。それでいて美味しい。

毎日飲むのにもコストを気にせず飲めるのもいいところ。

常備茶としてルイボスティーを飲もうと思っているなら、なごみのルイボスティーはおすすめなので、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。