イタリアチーズの王様と言われる「パルミジャーノ・レッジャーノ」で作ったパスタ・リゾット・ピザが最高だった!

s-IMG_7861

どうもー料理はからっきし出来ないNon太(@LoveWifeLives)です。

先日兄の奥さん(お義姉さん)から色んな種類のチーズをもらいました。

どこかの大統領の食事の時にも提供されたことのあるチーズだとか、他にも有名なチーズを複数種類たくさんもらったのですが、そのまま食べてみると、無類のチーズ好きじゃないと食べられないんじゃないか?というぐらいに濃厚だったんです。

で、さすがにこんな量を全部食べられないなと思っていたところ、妻が一言。

パスタとかリゾットのチーズに使ったら美味しいんじゃない?

確かに!

ということで料理は完全に妻にお任せしましたが、もらったチーズの一つ「パルミジャーノレッジャーノ」のチーズを使って、ペンネパスタ・リゾット・ピザを作ってみました。

これが良い具合に濃厚さを引き出してくれて美味しかったんです。

スポンサーリンク

今回使ったチーズ「パルミジャーノレッジャーノ ヴァッケ・ブルーネ」

cheese

イタリアには有名なチーズがたくさんあるみたいで、その中でもイタリアチーズの王様とも言われているのが「パルミジャーノレッジャーノ」なんだそうです。

そして、DOP(詳しくはWikipediaを!)の認定を受けたものだけがちゃんと刻印を受けて「パルミジャーノレッジャーノ」を名乗れるんだそう。

上記写真はちゃんとその認定を受けているものですね。

実はパルミジャーノレッジャーノの中でも本当はいくつか種類があるらしく、今回使用したチーズは「ヴァッケ・ブルーネ」というチーズです。

▼ヴァッケ・ブルーネではないけど、パルミジャーノレッジャーノではこんな感じ

▼かなり固形のチーズですs-IMG_7778

ちなみに固形のまま食べるとめっちゃ濃厚です。

普段スーパーなどで食べるチーズと比べると…それはそれは濃厚さは全く違うしチーズ通ではない僕が食べるにはもったいないと思うほどのチーズでした。

一口二口だったらそのままでもいいけど、固形のまま何口も食べるのはちょっとしんどかったりしたので、たっぷりすりおろしました。

▼すりおろした粉チーズs-IMG_7836

今回はこのすりおろした粉チーズを贅沢に料理に使って作りました。(というか妻が作ってくれた)

スポンサーリンク

ペンネパスタ

まず最初に作ったのはペンネパスタ。

あんまりパスタの中ではペンネは食べる機会がありませんが、チーズ系とは絡まりやすくて相性的に良い気がしました。

材料

  • ペンネ
  • パルミジャーノレッジャーノ
  • 普通のチーズも少々
  • 牛乳
  • 生クリーム
  • 黒胡椒

妻に軽く聞く限り、上記の材料で作ったみたいです。

まずは牛乳と生クリームを熱しつつチーズを溶かします。

▼それがこちらs-IMG_7850

ここに茹で上がったペンネを投入するわけです。

▼茹で上がったペンネs-IMG_7851

▼入れていきます!(左に置いてるさいばしにペンネが突き刺さってるというミラクル!)s-IMG_7852

▼混ぜますs-IMG_7853

▼まだまだ混ぜますs-IMG_7855

だいぶ馴染んできましたね。(水分ほとんどないけど)

▼馴染んだ後は粗びきの黒胡椒を振りかけますs-IMG_7856

▼最後にお皿に盛ったペンネにさらに粉チーズを振りかけますs-IMG_7859

▼完成ですs-IMG_7861

食べた感想

確かに濃厚だったんですが、固形のまま口にした時のチーズの味とはうって変わって濃厚なのにまろやか、そして臭みもない!といった味に感じられました。

ほんとにシンプルなペンネパスタでしたが、美味しく食べられましたよ!

サラダと一緒に食べれば栄養面も気にせずいけちゃいますね!

チーズリゾット

次に作ったのはチーズリゾット。

僕はきのこ類が少し苦手なんですが、妻が食べなさいという事でしめじが入ったチーズリゾットになってます。

材料

  • お米
  • パルミジャーノレッジャーノ
  • 玉ねぎ
  • しめじ
  • にんにく
  • 生クリーム
  • パセリ
  • 黒胡椒

材料はたしかこんな感じ。

まずはにんにくをいためてから、たまねぎ、しめじ、お米をいためていき、そこに水を入れてさらに炒めていきます。

▼それがこんな感じs-IMG_7837

▼そこに生クリームを投入します(牛乳か豆乳も一緒に混ざってたはず!)s-IMG_7838

▼そして粉チーズを投入しますs-IMG_7839

粉チーズはたっぷり振りかけました。(この時に胡椒もちょいちょいと)

▼とりあえず出来上がりs-IMG_7841

これだけだと見た目が淋しい感じなので、最後にパセリをふって完成です。

▼完成!s-IMG_7847

食べた感想

ペンネパスタよりもさらに美味しく感じました。

チーズの濃厚さがうまい具合に薄まってて食べた瞬間美味しい!となります。

僕が苦手なきのこ(しめじ)の味もかき消えてて、チーズの風味で満たされました。

ピザ

最後にピザを。

これは材料とか良く分からないので…ざっくりです!

▼まずはこねて発酵させた生地を円形にしますs-IMG_7842

▼ヘルシオのオーブン設定で190℃ぐらい?s-IMG_7843

▼生地に粉チーズとともにスライスチーズも乗せていきますs-IMG_7845

▼で、完成したのがこんな感じs-IMG_7848

s-IMG_7849

ん~これはちょっとチーズ感がハンパなさ過ぎてちょっと微妙でした。美味しいは美味しいけどって感じ。

もうちょっと違う具材を乗せてればうまくいったかもしれませんが、具なしのチーズピザになってしまったので、少し味が濃すぎましたね。w

パルミジャーノレッジャーノで作る料理 / まとめ

高級チーズと聞くとどれだけ美味しいんだろうと想像しちゃってましたが、そのまま食べると思っていた以上に濃厚でむしろちょっと苦手かもと思うぐらいでした。

それが粉チーズにしてペンネやリゾット、ピザにして使用することで、濃厚さがうまくマッチして美味しい料理を作ることが出来ました。(僕は一切作ってませんが…)

もしパルミジャーノレッジャーノのチーズを買う機会がある人は、ペンネやリゾットを作るチーズとして利用すると美味しく食べられると思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。