面接官をして初めて気付いた当たり前のこと。会社に魅力がないから採用に繋がらないということ

business-people

こんばんは。Non太(@LoveWifeLives)です。

僕は今の会社で(もうすぐ退職しますが)求人を出すことになった時、応募者の一時面接を担当することになりました。

というか、約5年かけて僕が退職することを決めてからやっと人が必要と思った社長が求人を出したわけなのですが、自分の下につける人材は自分で採用したらいい。ということで、僕が応募者に対する面接を行いました。

面接官をして初めて分かったこと、それはあまりにも会社に魅力がなかったということでした。

これについて少しお話ししようと思います。

スポンサーリンク

会社の募集情報はウソばっかり

面接の話しをする前に、僕が働いている会社の出していた求人情報を見てみましょう。(というか、このブログを書いている今、実は求人が出てます。ので、かなりリアルな情報)

この記事を書いた当時のことなので、2016年現在は求人はありません

勤務時間

10:00~19:00(実働8時間)

※●●の時間により多少変動します

※●●で夜遅くなった場合には、翌日お昼から出勤などフレキシブルに勤務可能です

雇用形態

正社員

※試用期間3ヶ月(期間中の待遇変更はありません)

給与

月給25万円~

待遇・福利厚生

  • 交通費支給
  • 各種社会保険完備
  • 研修有
  • 社員旅行

休日・休暇

  • 土日祝定休日※●●によっては土日出勤する時もありますが、代休取得できます。
  • 有給休暇
  • 年末年始・夏季休暇※●●が多い時期は、日程をずらしながら取得可能!
  • 慶弔休暇
完全コピペで書いているので、●●というところは『イベント』という文字に置き換えて読んでください。

という募集要項になってますが、8割がウソですね。というかかなりひどい。

どれぐらいのウソ情報なのか

必要ないかもしれませんが、一応どれほどのウソなのかを解説しておきます。

●勤務時間

10:00~19:00(実働8時間)

平日でイベントがない日はリアルに10:00出勤です。これだけは合ってます。

が、僕が勤務して19:00に上がれた事なんて、勤務開始の2,3日だけ。

19:00に仕事が終わるなんて奇跡のまた奇跡ですね。

確かに朝の6:00ぐらいまでイベントの本番があったり仕事終わりの撤去でかかった場合は昼出勤ということもありましたが、それでも帰宅してから睡眠含めて4時間後には会社にいるということもザラにありましたね。

全くの嘘っぱちです。

●雇用形態

正社員

正社員募集ですからね、普通です。でも、試用期間も待遇が変わらないって…次の項目に続きます。

給与

月給25万円~

月給25万円て…そんないきなりもらえるワケないやろボケ!と言いたくなるような給与です。

もちろん僕が辞めるからということで、人をいっぱい集めないといけないという意味でも応募させる動機としては十分な額でしょうが、逆に既存の社員のモチベーションを逆なでする金額ですね。

これはおそらくですが、現在34歳の既婚、子供二人いる僕の同僚とほぼ同じ給与水準だと思われる…。

さらには、勤続3年目の僕の後輩よりも高い金額だと思います。

そりゃ今まで頑張ってきている社員は納得しないでしょうね。

それに合わせて、先ほどの試用期間からその給与待遇って…なかなか考えられない給与です。

●待遇・福利厚生

・交通費支給
・各種社会保険完備
・研修有
・社員旅行

交通費支給は普通ですね。

上限は記載せずに、採用した後に遠すぎるやら交通費高すぎるやら、グチグチ言う社長ですが。(終わってます…)

研修なんてありませんけどね。勝手にお前ら教えとけよスタイル。

誰も適当にしか教えないので、自己が強くないと辞めていくか、全く仕事しないけどなぜかいるって状況になるのがオチ。

一応、5年間で退職する直前に一度だけ社員旅行に行きました。

●休日・休暇

●土日祝定休日※●●によっては土日出勤する時もありますが、代休取得できます。
●有給休暇
●年末年始・夏季休暇※●●が多い時期は、日程をずらしながら取得可能!
●慶弔休暇

これが一番あり得ない!!

代休なんて取得したことないし、土日連休取れた事なんてリアルに5年間で2回ぐらい!

辞めるっていうのに有給休暇もなければ、辞める前の最後の取得も出来ない予定。(出来ないまま終わりました)

人が休んでる時に働くんが俺らの仕事や!なんて言って、年末年始も毎回事務所で年越してるし、最近の夏も休みなんてなかったやんけ!という次第です。

休日・休暇は全てウソです。

慶弔休暇は一応取れます。

僕の場合で言うと、土日の連休は5年間で2回と言ったうちの1回は自分の結婚式です。日曜日に式だったので、さすがに前日の土曜日は休みをもらいました。

でも、式の次の月曜日から仕事に行ってました…。ひどすぎる。

振り返るだけで恐ろしい待遇ですが、とにかく募集要項はウソばっかりの情報でした。

スポンサーリンク

面接官として対応。あまりに会社のウリを話せなかった…

僕が会社を辞めると言って急きょ求人を出し、応募を募ったわけですが、なぜかそれでも辞める僕が面接官をしていました。

と言っても、僕は私服のままだし特に設問も決めてなかったし、とにかく僕のやりたいように勝手に面接して、良ければ社長の二次面接をして、最終的な合否は社長が判断するという仕組みでした。

最初は当たり障りのない事、どうして前の仕事を辞めたのか?や、何でこの会社に応募したのか?、もし働くとしたら~的な事や、いつから働けますか?などなど。

プラス、もし自分の下に入ってくる子なら、第一印象で僕とウマが合いそうに感じる人を二次面接に通そうという意識だけでした。

そうやって一通りの質問をした後、会社の仕事内容や概要を説明しようとしたのですが、なかなかうまくしゃべれなかったんです。

それは募集要項と僕自身が働いている勤務スタイルがあまりにかけ離れている事が一番の原因

あまりに入社する前と入社してからのギャップがあってはいけないと思いつつ、でも面接の段階でホントは徹夜ばっかりで…なんて言っても理解してもらえないし…といった葛藤に悩まされ悶々としていました。

僕は自分が働いている会社のウリや魅力、良いところを一つも話せずにいたのです。

最終的に見出した答えは自己抑制力

Non太
あなたは自己抑制力が強いと思いますか?

いきなり面接でこんなことを聞いてました。

会社のウリは?と聞かれても答えられない。(しいて言えば、昼ご飯が支給されるぐらい?)

そして仕事内容と募集要項があまりに違いすぎるため、上っ面だけ良いことを言って入社させたもん勝ちみたいになるのも避けたいので、あまり業務内容も話せない。

いきついた先は、人間的な魅力の話しをするしかない!ということ。

と言っても、自分が辞めた会社に人間的に魅力的な人はいませんでしたが。

 

自分が働いているこの会社は【自由な会社】という位置づけにしました。

そして自由というのは規律が少ないという言葉に置き変えて、

Non太
規律が少ない分自由に流されて自分自身が溺れるか、自由の中でもその良くない流れには流されない自分を作っていくか、自分次第で変えていける環境だよ!

と。

Non太
もし自分が流されない強い自分になっていくための力を付けたい!という風に思えるなら、僕たちは精一杯サポートするし、良い環境になるんじゃないかと思います

的なことを言ってました。(僕たちと言いつつ、僕一人のつもりでしたが)

 

ん~この言葉だけじゃ、なかなか30分程度の面接じゃ響いてくれなかったですね。。。

それでも大半は、僕の時は働く気満々になってくれていたにも関わらず、後日社長面談をした数日後には、「辞退させていただきます」という返事しか来ませんでした。

社長が一体どんな話をしているのかは知りません。

会社に魅力がないという時点で、社長に魅力があるわけないですね。

自分が働いている会社の魅力が伝えられない人は要注意かも?! / まとめ

今回は自分が面接官になって気付いた事でした。

こんなにも自分が働いている会社の良いところも話せず、考えてみても出てこないというろくでもない会社に働いていたんだと思うと、あまりに衝撃でした。

結果的に、退職する人間が面接官をするのはおかしいと伝え面接官から外れ、後輩が面接官になり、後輩が良いと思ったらしい子を社長も良いと思ったらしく採用となりました。

もちろん、言わなくてもわかると思いますが、全く頑張る気力のない残念な人でした。類は友を呼ぶんですよね。

※数ヶ月後、採用したこの人は音信不通で飛んだと聞きました

 

面接官をしていた時に少し調べてましたが、このブログが心に沁みたというか、何とも言えない気持ちになりました。

参考⇒「いい人が採れないのは、ダメな会社だからです」という経営者の話。

このブログを書いている安達さん。ホントにするどい記事を書かれてます。

ちなみに、中に出てくる良い会社の1~5は、僕が働いている会社は一つも該当しません…。

そりゃ素敵な人材を集められないよね。と思うとともに、僕も辞めることを決めて良かったと思いましたね。

今働いている会社の魅力を答えられない人、今一度考え直してみるのも大切かもしれませんね。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。