お手軽簡単一人鍋! 【味の素】鍋キューブ 鶏だし・うま塩を試してみました!

s-img_9067

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

これから寒い季節がやって来ると無性に食べたくなるのはやっぱりお鍋。

しかも市販で売っているスープの素を買ってくれば、一人でも大人数でも手軽に気軽に材料さえ用意すれば簡単に食べられます。

で、お鍋大好き濃いめの味が大好きな僕が、実際にスープの素から作ったお鍋の味がどうだったのか感想をお届けしたいと思います。

今回食べたのは、【味の素】から発売している鍋キューブ 鶏だし・うま塩というスープの素です。

では早速いってみましょう!

スポンサーリンク

「鍋キューブ」とはこんなスープの素

鍋キューブとは味の素から発売されているお鍋のスープの素。

全部で7種類が発売されています。

  • 鶏だし・うま塩
  • 濃厚白湯
  • 寄せ鍋しょうゆ
  • ピリ辛キムチ
  • とんこつ味噌
  • まろやか豆乳鍋
  • スープカレー鍋

以前にご紹介したことのあるエバラ食品の「プチッと鍋」と似たような商品になってますね。

こちらも一つ一つが個包装されているため、必要分に応じて使うことが出来るので一人鍋でも大活躍してくれます。

▼こちらもYouTubeの公式にCMがありました。

美味しそうに食べる吉高由里子さんの食べっぷりがいいですね!w

簡単に鍋キューブのご紹介はこれぐらいで、実際の味がどんなだったのかのレポートにいきましょう!

スポンサーリンク

鍋キューブ 鶏だし・うま塩で1人前鍋を作ってみました!

s-img_9067

今回も大活躍してくれる1人前鍋の御用達、常滑焼の土鍋である猫の土鍋を利用したいと思います。

▼猫の土鍋s-img_9068

これがね、結構可愛くて人気なんです。

もう使いすぎて取っ手のところが黒くなってしまってる…w

 

▼作り方は超カンタン、用意した水と一緒に鍋の中に入れるだけです。s-img_9069

【作り方】

  1. 鍋に水と「鍋キューブ」を入れ、火にかけます。
  2. 火の通りにくい材料から順に入れ、煮込みます。
  3. 材料に火が通ったら出来上がり。

もはやわざわざ説明の不要な作り方の記載ですね。

水の分量だけ間違わないように、180mlに対してキューブ1個が目安です。

180mlじゃ少なすぎるので、360ml+キューブ2個を入れることにしました。

▼キューブは1個ずつ個包装s-img_9070

▼封を開けるとこんな感じs-img_9071

▼お鍋に入れました!s-img_9072

後は火にかけてしばし待機ですね。

▼本日の材料s-img_9074

白いのばっかりですが、白菜・白ネギ・えのき・豆腐・鶏ひき肉のつみれの計5品で作ることにしました。

▼煮立ってきたのでまずはつみれを入れます。s-img_9075

▼後は一気に野菜をドンと!s-img_9076

s-img_9078

▼これで猫鍋にフタをして煮込むのを待つだけ。超簡単です。s-img_9079

▼大体10分ぐらい煮込んで完成!s-img_9080

いや、こういうスープの素とかがあれば、お鍋も具材を簡単なものにすれば誰でもいつでも作れるので重宝しますね!

ほんまにめっちゃ簡単に作ることが出来ます。

いざ、実食!!

s-img_9081

ん~普通に美味しいです!

でも濃い味好きな僕にとっては…

やっぱりちょっと物足りない!!

もうちょっと味にガツンとしたインパクトが欲しい!と思ってしまう濃い味好きな僕でした。

でも、出汁は効いてるしむしろさっぱりしてて食べやすさはピカイチなのかなと。

キューブの個数を変えればその分味を濃くすることも出来るみたいですが、多分そもそもの味が薄味だと思われるので、あまり入れても変わらないのかなぁ?とも思ったり。(やってないので正確には分かりません)

薄いと分かりつつ〆で中華麺を入れてみた!

s-img_9082

ええ。

やっぱり薄かった…!!

素うどんならぬ素ラーメンを食べてるような気分になりました。w(汁も少ないのが気になる…)

やっぱり一人鍋でもキューブは360mlで2個じゃなく3個の方が良かったりして、と最後に思うのでした。

鍋キューブ 鶏だし・うま塩を一人鍋で食す! / まとめ

こんなに気軽に手間ひま少なく鍋が出来るという点では、鍋キューブはホントにおすすめ!

調理時間10分、20分で十分なお鍋を楽しめます。

寒さが本格的になれば恋しくなるお鍋ですからね。ぜひお試しください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。