神戸ルミナリエ2015 今年のルミナリエはスケールが違う!? 点灯の瞬間を見るための攻略方法と見るべきポイントを紹介します!

s-IMG_3337

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

神戸ルミナリエ2015に行ってきました。

ここ数年は行けてなかったので、以前と比べて色の違いがどうなったかなどまでは詳しくは分かりませんが、さすがは21回目を迎えるイルミネーションイベントだなと思える程に素晴らしいものでした。

開催終了まではあと数日となりましたが、もし行こうと思っている人がいるなら、絶対に点灯の瞬間を見届けることをおすすめします。

今回は僕も点灯の瞬間を見る事が出来たのですが、その瞬間を見るためにしておくべきことや、事前に待機列に並んだ方がいいのか?

あまりおすすめはしないけどちょっとした裏技、はたまたルミナリエに行ったなら絶対見てまわるべき最低限のポイントをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ルミナリエに行くなら絶対昼特きっぷを使って三ノ宮/元町駅まで行くこと!

とりあえずルミナリエの点灯のお話しをする前に、ルミナエリの会場である神戸・元町(三ノ宮)までの行き方について。

ルミナリエの概要などはもうほとんどの人がご存じだと思うので、さっくりとだけお話しすると、神戸は元町で開催されるイルミネーションイベントです。

大阪駅(梅田駅)を拠点とするなら、絶対に昼特きっぷを使って行くことをおすすめします

三ノ宮からであればブラブラ歩きながら、元町からだとすぐに会場まで到着出来るので、どちらで降りても問題ありませんがとにかく昼特きっぷを使うことは忘れないでください。

昼特きっぷを簡単に説明すると、平日の10時~17時土日祝は終日通常よりも割安で行ける切符のことです。

ICOCAやPitapaというICカードを利用している身としては、切符を買ったり改札に通したりというのがいささか面倒な気もしますが、大阪駅~三ノ宮/元町間の通常価格が410円なのに対し、昼特きっぷを使うと280円~310円ぐらいで行けてしまいます。

街中の金券ショップでも売っていますので、購入するならそちらを利用するのがおすすめですが、ショップによって値段が数十円変動します。

とにかく昼特きっぷで三ノ宮駅/元町駅まで行く場合、片道一人100円~130円ぐらい変わってくるので、週末のデートで2人分の往復となると400円~500円くらい変わってくることを考えると、かなりお得になることは理解いただけると思います。

ちなみに、昼特きっぷは大阪駅を起点として、三ノ宮駅でも元町駅でも降りられますのでご安心を!

三ノ宮駅で降りても、センター街など色々とブラブラ出来る場所がたくさんあるので、三ノ宮駅で降りて食べ歩きやショッピングをしながら向かうのもおすすめです。

スポンサーリンク

ルミナリエの点灯の瞬間を見るためにするべきこと

神戸ルミナリエ2015だけじゃないですが、イルミネーションを見に行く場合、点灯の瞬間や消える瞬間というのは、刹那の素晴らしさがあります。

僕としてはルミナリエの点灯の瞬間を見てメチャメチャ感動しました!

なので、ぜひぜひルミナリエに行くなら点灯の瞬間を見てほしいと思ったので、今回は点灯の瞬間を見るためにするべきことをまとめておきたいと思います。

1.点灯時間に注意する

ルミナリエ公式サイトの開催概要のページを見てもらえば分かりますが、平日と土日で点灯する時間が1時間近く変わります。

  • 月~金曜日・・・18:00頃
  • 土日・・・・・・17:00頃

平日より週末の方が混雑する分点灯時間が早くなるということでしょう。

まずは、平日に行く人は18:00頃、週末に行く人は17:00頃が点灯時間であることは覚えておきましょう。

2.待機列が始まる時間

僕がルミナリエに行った時は平日の水曜日だったので、リアルな状況は平日しか分かりません。

ただ、その平日でさえも16:15の時点で既に100人程度の待機列が出来ていました

しかも道路を挟んで左右の歩道両方に列があったので、合わせると200人ぐらい。

16:15と言うと、平日であれば点灯予定時間の約2時間前ですよ。

週末のUSJの人気アトラクションと同じぐらいの待ち時間です。と、ついついツイッターにも呟いてしまいました。

なので、もし一番最前列で点灯を見たいと言うのであれば、平日の15時、週末の14時頃でも遅いかもしれませんね。すでに点灯を見るための待機列が出来ているかもしれません。

僕の場合、数百人は前にいましたがなんら問題なく点灯の瞬間は見れたので、どうしても最前列で!という人以外は、2時間前に並び始めれば十分間に合うでしょう。(2時間でもすごい長い時間ですが…)

3.待機列が始まる場所

待機列が始まる場所も重要ですよね。公式サイトのMAPを借りるとして、ここから始まります。

s-r-map2a

MAPを参照にしながら待機列は赤い線のように並ぶのですが、イルミネーションが始まる場所から大通りを挟んで待機列はスタートします。

Twitterにも画像はアップしてますが、16:15頃僕たちが待機列に並び始めた時点でこれほどの待機列が出来てました。s-IMG_3324

両方の歩道にズラーっと列をなして、列を作った16:30頃の時点では真ん中の車道はまだ車が自由に行き来します。

僕らが並び始めたのは16:15頃。ものの15分で後ろまでかなり長い列が出来ていました。s-IMG_3325a

たったの15分で1ブロック後ろまでズラーっと列が出来ており、MAPにも赤線を引いてますが、三井住友銀行の角を曲がってさらに列を作っていかないといけないんです。

もしこのあたり(三井住友銀行を曲がった後)の列になってしまったとしても問題ありません

なぜなら、最終的には真ん中の車道が歩行者天国となるので、列がグッと前に進められるからです

4.17時から歩行者天国にかわる(平日の場合)

並び始めて約45分。17:00をめどに車道が歩行者天国となり、歩道に作っていた待機列が車道になだれ込みます。

でもこれも心配はいりません。みんながルールを守ればですが。

なぜかと言うと、端に待機列があり、真ん中の車道を警備員が歩いていきます。

警備員が自分の横を通りすぎない限り車道には出てはいけないというルールがあったので、結局は並んでいる順番に車道へといけるようになっていたんです。

それでもルールを守らずに、警備員が自分の横を通りすぎていないにも関わらず車道に出て、前の位置を取ろうとする輩はいましたが…。

基本的には、後ろに並んでいる人が自分より先にダーッと押し寄せてくることはないものと思っていて大丈夫です。

これが歩行者天国になった後の写真です。s-IMG_3327

やっぱり僕の前には数百人ぐらいいますが、それでも点灯の瞬間には問題なく見られる場所だと思います。

これがさらに後ろになったとしても、あと1,000人分ぐらいは点灯の瞬間が見られるぐらいに列は作れる気がします。

それを超えてくると、三井住友銀行の角を曲がって待機させられるので、点灯の瞬間を見る事が出来ないということになり、待ち損になってしまいます。

5.点灯開始時間は変更になる場合がある

s-IMG_3329

平日の通常の点灯時間は18:00となっていました。

なのに、どういう基準で変更しているのか分かりませんが、僕が行った時は「混雑しているから」という理由で、30分早い17:30に点灯しました

日常茶飯事で起こっていることかどうかは分かりませんが、混み具合によっては前倒しで点灯になる場合があるということは覚えておいた方が良いでしょう。

僕たちにとってはラッキーでしたけどね。

歩行者天国になってからあと1時間待たないといけないと思っていたところに、30分で点灯してくれたので。

もし点灯の瞬間を見ようと思っているなら、そういうこともあるということは頭に入れておきましょう。

6.点灯の瞬間を見るための攻略方法をまとめると(平日の場合)

かなり安全な方法としては、待機列には16:30までに(点灯の1時間半前ぐらいまでに)並ぶ!というのが一番おすすめな方法だと思います。

それ以降だと一気に人が並びだして、三井住友銀行の角を曲がった後の列にも並べなくて、せっかく並んだのに万が一点灯の瞬間に見られないなんてことがあるかもしれません。

我慢と感動は紙一重ですからね。

素敵なイルミネーションの点灯の瞬間を見るためには、待機する我慢が必要になると言えます。

番外編:僕はやらないけど、通行規制がある所に入る裏ワザ

s-IMG_5001

ルミナリエのイルミネーションが点灯してからは、入口に行くまでに通行規制が始まってものすごい長い距離をぐるぐる歩かされて、全く動かないまま待ちぼうけ、という状況が起こることがあります。

これは、入口付近のイルミネーションがメチャクチャ綺麗なので、みんなここを歩くスピードがかなり遅くなってしまうため、前に進まなくなるんです。

そこで、僕はやらないけど、そこを一気に飛ばして入口付近にまで行ける裏技をこっそり教えましょう。

それは、、、

ちょうど僕が点灯を待ちながら待機列に並んでた時というのは、隣にDIESEL(服屋さん)がありました。

そういうSHOPの名前を出して、

SHOPに取り置きをしてもらってるから、その商品を取りに行きたい」と言うのです。

誰に言うのか?って、規制を守っている警備員さんにです。

私はルミナリエを見たいんじゃなくて、SHOPで買った服を取り置きしてもらってたから、それを取りに行きたいだけ!」という意味合いにするのです。

ルミナリエに行く人はちゃんと順番を守って規制を守らせますが、SHOPに行きたい人は通過させるというわけです。

そうやって、スーッとその規制の中に入れちゃったりします。

知り合いがこのようにして中に入ったことがあるらしく、正確な真偽のほどは分かりませんが、一つの裏技ですよね。

僕はしませんが、もしやられる方は自己責任で行ってください。

ルミナリエで見るべきポイント3つと補足3つ

1.点灯の瞬間

これは先ほど点灯の瞬間を見るために、という項でお話ししたので詳しいことは書きませんが、やっぱりイルミネーションでしかも長い距離の点灯となると、その瞬間は必見です。

わざわざ足を運んでいくのなら、少し寒いのを我慢して、少し待機するのを我慢して、刹那だけど感動出来る瞬間を味わえた方が良いと僕は思います。

2.ガレリアコペルタ

s-IMG_3335

公式ホームページでも公表されてますが、入口はいってすぐ、日本初公開という屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」がライトアップされているんです。

この「ガレリアコペルタ」はホントに圧巻です。

真ん中から見るのも素敵だし、左右から見てもとにかく神秘的な形でライトアップされるので、とにかくサーッと歩かずにゆっくりゆっくり時間をかけて歩くべきです。

もちろんここを背景に自撮りしたのですが…s-s-IMG_5010a

ライトアップが明るすぎてフラッシュなしでは真っ暗になります。(ちょっとだけ顔は映ってたので、黒く塗りましたw)

でもとにかく、ただ綺麗なライトアップというだけじゃなくて、四方に張り巡らされた形だとか、遠目から見る神秘的な感じとか、とにかくメチャメチャ綺麗なので見逃さずに見てほしいです。

3.踊る! KOBE光のファウンテン

s-IMG_3374

まずは、光の回廊を抜けて広場に行くと、サークル上に囲まれたライトアップが出てきますよね。

これはベタベタな毎年あるスポットですが、こういうライトアップになってます。s-IMG_3349

今年からこの広場の先にもライトアップされた場所が出来ているんです。

こういった看板も出てました。s-IMG_3361

それが「踊る!KOBE光のファウンテン」というものです。

こちらは動画でどうぞ。

ここのすごいところは、18:00~21:00の間の00分と30分は、音楽に合わせた光のショーが行われるんです。

残念ながら僕はこのタイミングにいなかったので見れませんでしたが…というか、この記事を見てからそんなショーが行われていることを知りました。。。

ショーをやっているときだけじゃなくても、噴水とライトアップのコントラストが綺麗で見応えがあります。

ので、光りの回廊を抜けて、広場のライトアップを見た後も、忘れずに「踊る!KOBE光のファウンテン」まで足を運びましょう。

補足1.募金は鐘を狙って!

s-IMG_3357

見るべきポイントとは別の話しなので補足の話しです。

毎年お金の問題で開催が危ぶまれている神戸ルミナリエですが、今年も盛大に募金活動を行っていました。

来場者数が期間を通して200万人を超しているわけですが、全て無料でやっているのでなかなか募金が集まらないようです。

僕と妻2人はいいものを見せてもらったという気持ちで、100円ずつ募金してきました。s-IMG_3353

先程写真も挙げてますが、光の回廊を抜けて広場まで行き、そこの中央には募金するためのお金を投げ入れる場所があるんです。

そこに鐘のような金色のものが吊り下げられてるのですが、そこにお金が当たると「カ~ン!」といった音が鳴るので、ただ募金するだけじゃなくてそこをめがけてお金を投げ入れましょう。w

補足2.ルミナリエ宝くじに挑戦しよう!

今年初めてというわけではないようですが、ルミナリエ宝くじなるものの販売所が会場には設置されています。s-IMG_3375

1枚200円ですが、ばら売りはしておらず、5枚/1,000円からの販売となります。

僕たちも5枚買ってみました。s-IMG_3376

左の赤枠で囲われた9マスをこすって、絵が揃えば最高100万円というスクラッチです。最低の5等は200円。

5枚セットで買えば1枚は必ず5等が当たるようになってるのかな?僕らも当選したのは5等が1枚のみでした。s-IMG_3379

ぜひ行った機会にどうぞ。

ちなみに、販売所の隣にスクラッチを削るスペースがありますが、ライトが一つもないのでメチャ暗いです。笑

補足3.喫煙したいなら広場の先に

s-IMG_3358

たばこを吸う人は広場の端っこに「SMOKING SPACE」として、JTが運営している喫煙所がありました。

こういうイベントごとの喫煙所では、たばこやノベルティのサンプリングを行っていることも多いので、喫煙される方は行ってみても良いかもしれませんね。

僕はたばこは吸わないのでどんな内容かは分かりませんが、スタッフの人はいたので何かは配ってると思います。

神戸ルミナリエ2015 / まとめ

数年ぶりのルミナリエでした。今まで白熱電球を使用していたところ、今年からはLED電球を使用したそうです。

それですごい綺麗なライトアップになっているのかどうかまでは分かりませんが、とにかく過去何回か見てきた中では一番綺麗で感動するものでした。

昼得きっぷを使って安く神戸まで行って、お昼は近くにある南京町で食べ歩きでもして、最後に夜はルミナエリで神戸のイルミネーションを堪能ってもう最高プランですね。

2015年のルミナリエも12月13日(日)で終了となります。

ぜひお時間があるなら、足を運んでみることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。