その使い方あってますか?『可能性』という言葉の本当の使い方。

maybe-68482_1280

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

みなさん「可能性」って言葉の本当の使い方を知ってますか?

恐らく大多数の人が気にせずに「可能性」という言葉を頻発して使っていると思います。

本当の使い方を知ってしまうと、さらに使いにくくなること必至ですが、今日は「可能性」の本当の使い方を簡単にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

”〇〇にならないでほしい、でも〇〇になる確率が高い”というような場面では使用できない

テレビの天気予報コーナーで、お天気お姉さんが「明日の〇日に、台風〇号は日本に上陸する可能性があります。」といった発言は気にしなくとも聞いたことがあるでしょう。

また、友達が「明日雨降るかなぁ?」と質問してきて、「降る可能性が高いよ」なんて返答をしたことがある人もいるでしょう。

この「可能性」の使い方、実は全て間違っているんです!

上記2つの例では、もちろん台風が上陸しないでほしい雨が降らないでほしいと思っていることが前提となりますが、ここでの「可能性」という言葉の使い方は、「台風がこないで(雨が降らないで)ほしい。でも来る(降る)確率の方が高い」という使い方です。

〇〇にならないでほしいというような場面での、「可能性」という言葉の使い方は間違っていると言われています。

ではこういう場面での使い方はどう使うのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

可能性に代わる言葉は「恐れ」

〇〇にならないでほしいという気持ちがある上で、それでもそうなってしまう確率の方が高い場合の言葉の使い方として一番分かりやすいのは「恐れ」です。

「台風が上陸する恐れがあります。」これは何となく読めますし、言葉としても理解しやすいですね。

「雨が降る恐れがあるよ。」 これが本当の使い方なんですが、友達同士の会話でこんな言い方すると違和感があります。

「可能性」という言葉を気にせずに、未来に思うプラスの場面にもマイナスの場面にも使い続けてきた結果、本来の使い方に違和感を感じてしまうようになっています。

「可能性」は期待値を込めた時にしか使うことが出来ない言葉

「可能性」という言葉を辞書で引いてみました。

  1.  物事が実現できる見込み。例:「成功の可能性が高い」 
  2. 事実がそうである見込み。例:「生存している可能性もある」
  3.  潜在的な発展性。例:「無限の可能性を秘める」 
  4. 認識論で、ある命題が論理的に矛盾を含んでいないという側面を示す様態。

デジタル大辞泉より引用

例文を添えて辞書にちゃんと書かれてましたね。

解説も例文も全て”見込み”がある場合や、期待値が含まれている場面での使い方になっています。

「可能性」という言葉は、未来に向けて期待を込めた時に使うべき言葉だったんです。

「可能性」という言葉の使い方 / まとめ

今回はさっくりまとめましたが、僕が言うまでもなく辞書にちゃんと書かれていました。

ただ、とある過去の辞書には「(”遭難したくない”という気持ちが前提に)全員遭難の可能性が強い」という例文を載せていたことがあるようです。

それを読者が指摘したところ、『マイナスの場合にも”可能性”は使うんだ』と一蹴し用例をそのまま掲載し続けました。

しばらくしてやはりまずいと思ったのか、『(合格してほしいという期待値も込められて)審査に合格する可能性が強い』という用例を付け足し、さらには1番目の用例として掲載するようになったみたいです。

この「可能性」という言葉を本来の使い方で使うと、ものすごくしゃべりにくくなります。笑 

そこは可能性という言葉で終わらせてたのに~!という事が多々起こるはず。

日本語と一言に言っても、昔は使っていた言葉が使われなくなったり、この可能性という言葉のように、昔に使っていた言葉の意味が取って代わったりしています。

日本語を覚えることは世界一難しいとも言われることもありますからね、奥が深い言葉です。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。