阪急箕面駅から箕面大滝へ到着するまでに、見ておきたい場所や休憩におすすめのポイント5ヶ所!

s-IMG_8144

大阪の中心地梅田から30分もあれば到着する阪急箕面駅。

そこから滝道という箕面大滝へと続く道があります。これが約2.8kmの道のり。

黙々と歩けば1時間も掛からずに箕面大滝へは到着するものの、せっかく都会の喧騒を抜け出して自然がいっぱいの道を歩いていくわけですから、色々と寄り道したり休憩したりしたいものですよね。

ということで、阪急箕面駅を降りてから箕面大滝へ到着するまでに、見ておきたい場所や休憩にもおすすめの場所を5ヶ所ご紹介したいと思います。

完全に僕主観の話しなので、巷で言われているのとは全然違うかもしれませんがご了承を!

スポンサーリンク

見ておきたい場所や休憩におすすめのポイント5ヶ所

1.梅屋敷

umeyashiki

阪急箕面駅を降りて滝道を歩いていくと、500mも歩いていないぐらいの途中に出てくる「梅屋敷」です。

特に観光スポットと言うほどのものでもないし、ちょっと休憩がてらで寄れるポイントです。

▼場所はこの辺りs-Map_umeyashiki

▼入口前に立てかけられた看板kanban

梅屋敷は「網代の天井」が特徴の建物です。

と書かれています。

ちなみに網代天井(あじろてんじょう)とは…

天井の仕上げによる名称のひとつで、竹皮や割竹、杉(すぎ)、檜(ひのき)、椹(さわら)などの片板(へぎいた・枌板)を互い違いにくぐらせて編んだものを張った天井のこと

だそうです。

▼これが天井です。ajiro_tenjou

確かに編んだような感じになってますね。

▼ここで座ったり休憩したりできます。s-IMG_8212

自販機やお茶屋さんではないので、飲み物とかは売っていません。↑は靴を脱いで上がってOKのスペースです。

滝へ向かう時でも帰りの道中でも、休憩がてらにおすすめですね。

2.遊べる小川

s-IMG_8144

暑い季節はもちろん、あったかい時期には水遊びが出来る小川です。

▼小川はこの辺s-Map_ogawa

梅屋敷からは目と鼻の先です。

そしてこの小川の近くにはゆずりはというランチの出来るお店もあります。

▼小川にはキッズたちがいっぱいいました!ogawa

上記の写真の橋を渡るとこんなところがあります。

夏休みシーズンに行ってしまったので、子供連れの家族が数組いました。

▼家族連れにまみれて夫婦で遊んだりs-IMG_8149

夏場だったので実際に川の水に足を付けることもできるので気持ちが良いですよ!

▼トイレも完備されてます。toilet

滝道の中にあるトイレの中では綺麗めな方なんじゃないでしょうか。

川遊びも出来てトイレも完備されてるので、滝へと向かう道中にはぜひ寄りたい場所ですね。

3.瀧安寺霊園横の公園

park

川遊びが出来る小川から少し進んでいくと、大阪府内で唯一と言われている箕面公園昆虫館が出てきます。

▼箕面公園昆虫館konchukan

ここを抜けると左手に瀧安寺霊園(りゅうあんじれいえん)が出てきます。

▼瀧安寺霊園ryuanji

ここを抜けた先にある公園です。公園と言ってもベンチしかありませんでしたが。

▼地図的にはこの辺s-Map_park

この公園のベンチに座って正面をみると、目の前に広がる山々の景色に癒されるんです。

▼山々s-IMG_8164

s-IMG_8211

阪急箕面駅からは大体1/3ぐらい進んだあたりの場所なので、ちょっと歩いたなぁって時の休憩にもおすすめです。

隣の昆虫館には飲み物の自販機なども売ってますので、喉をうるおしながらベンチに座ってのんびりも出来ておすすめの休憩スポットです。

4.唐人戻岩

今回唯一スポット的に紹介する唐人戻岩(とうじんもどりいわ)。

さっきの場所からはだいぶ歩いて箕面大滝にだいぶ近いところにあります。

▼場所はこの辺s-MAP_modoriiwa

▼看板kanban

看板に書かれているように、唐の貴人が箕面の滝を見に来たはずなのにこの岩が大きすぎてビビッて帰ってしまったという伝説の岩なんだとか。

まぁ確かにデカいです。

でも、何も知らずにあるいていると見過ごすぐらいにひっそりとたたずんでます。

▼唐人戻岩s-IMG_8181

人が映ってますが、それと比べるとどれほど大きいのかもわかると思います。

一応パワースポットと言われてるので、触れていくといいかもしれませんね。

▼岩はコケだらけですが笑koke

5.ゆずるの箕面温泉 足湯

ashiyu

本当は阪急箕面駅からすぐ近くにあるこの足湯

箕面駅にも足湯がありますが、そこは有料(150円)でもここは無料で利用できる足湯です。

▼場所としてはここら辺s-Map_ashiyu

僕が入ろうとした時はかなり混雑してたので諦めましたが、2.8kmもの滝道を往復するだけで5km以上です。

そんな日ごろの運動不足がたたって疲れた足を癒してくれる足湯には、行きではなく帰りに浸かっていくのがおすすめです。

▼足湯に浸かる人たちashiyu2

無料で利用できるのはありがたいですね。

ここの先には箕面でも有名?な、まるで遊園地のアトラクションのような展望エレベーターがありますよ。

▼これs-IMG_8132

アトラクションのようですが、ただのエレベーターみたいです。w

スポンサーリンク

箕面大滝までのおすすめポイント5ヶ所 / まとめ

紹介していて初めて気付きましたが、全く持ってお金がかからない紹介。笑

休憩も屋外だし、川で遊ぶのも岩に触れるのも足湯に浸かるのもみーんなタダです。

お金をかければ楽しめるものはたくさんありますが、お金をかけなくても楽しめるものもたくさんあります。

箕面の滝は間違いなく後者。自然で遊べるおすすめの場所ですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。