治験申し込み後、 本試験前の初回検診を終えてから治験日を迎えるまでにやらなければいけないこと!

recommend-315914_1280

▼治験に関する記事はこちらにまとめています▼

治験に参加する前に、治験とは一体どういうものなのかを理解しておこう!

治験についに申込み! 本試験前には初回来院と初回検診から始まる。まずはここから!

・治験申し込み後、 本試験前の初回検診を終えてから治験日を迎えるまでにやらなければいけないこと!(←今はここ)

初回検診をクリアして治験の本試験初日に参加! この結果が悪ければとんぼ帰りが待っている…!

4泊5日の治験体験、入院2日目に行ったこと。 朝に結果が激変するとまた帰される…&採血のオンパレード!

治験入院4泊5日の3日目・4日目はフリータイムだらけ! 考えた時間の使い方をすれば有意義な時間を過ごせる!

治験体験4泊5日の最終日も通常通り検査を行ってから。退所はあっけなく終わります!

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

前回は本試験前に行う初回検診として、健康診断が終わったところまでのお話でした。

今回お話しするのは、その直後、初回検診としての健康診断が終わった後から、治験当日に参加できる資格を得るまでにやらないといけないことをお話ししたいと思います。

といっても、そんな大層なことは一つもありませんが。

スポンサーリンク

健康診断の結果を自分でチェックする

man-240910_1280

まずは健康診断を受けた数日後(大体2日後ぐらい)、その診察を受けた病院に電話をして、自分の健康診断の結果が問題ないかどうかを確認することから始まります。

「これで引っかかる奴なんて、相当不摂生な生活してるやろー?」と思ってしまいそうですが、その判断は僕には分かりません。

でも、一緒に健康診断を受けてた人が、治験当日に来ていなかったので、もしかしたらほんとに落ちた人もいるのかもしれません。辞退したのかもしれませんが。

とにかくこれが第一関門です。

もちろんこの診断で引っかかってしまうと、今回はご縁がありませんでしたということで終了です。治験日当日を迎えることはできません。

なので、初回の健康診断は大切なわけです。しっかりとこの診断で問題ないと判断されることが必要です。

僕は無事に通過することが出来ました。

スポンサーリンク

メールの最終確認

mobile-phone-579543_1280

次に治験当日の2日ほど前になると、再度の意思確認メールが届くので、それに返信するという作業があります。

注意事項とともに、体調にも問題がないかどうかなどが書かれており、当日に参加しますという意思表示としてメールに返信します。(文章はもう決まってるので、指示に従って名前や番号を返信するだけ)

これが第二関門です。と言っても、子供でも出来るようなことですね。

メールを返信するだけですので誰でも問題なく出来ると思いますが、これを忘れると参加できないかもしれません!(ともメールに掛かれてます。)

これで晴れて治験日当日に向かえる資格が揃いました。

でもまだ安心はできません。これはあくまで治験日当日に向かうことができるというだけ。治験日当日に最終選考が残ってますからね!

治験日初日の最終選考については、別の記事でご紹介しています。

以前にもお伝えしてますが、治験体験を受けるまでには、自分の体が健康体であることをデータ的にチェックされてからでないと受けられないため、申し込めば必ず治験者になれるわけではないことをお伝えしておきます。

治験日を迎えるまで / まとめ

僕は初回の健康診断も問題ないと判断されたので、ダメだった場合の返答や対応は分かりません。

ただ自分で電話して結果を確認する。自分でメールに返信する。というだけのことなので、治験日当日を迎えるまでに難しいことはありません。

次は実際に治験日初日の最終選考から、入所までの流れの他、検査、入院、食事、お風呂、などなど、実際に僕が体験してきたことを細かくお伝えしたいと思います。

おススメの治験紹介サイト

前回もおすすめしています。今でこそ認知は広くされてきている治験だと思いますが、どこに登録したら良いかわからないという人は、下記のいずれかにしておけば問題ないと思います。

インクロム ボランティアセンター

インクロム株式会社が運営しているインクロム ボランティアセンターです。

大阪と東京に拠点があり、その2つのエリアに特化した治験情報が多いです。

メールや電話で登録後、説明会があるのでそこに出席してからでないと治験に参加することは出来ません。

V-NET

株式会社ヒューマンリンクという会社が運営している治験情報V-NETです。

主に、関東圏と大阪、たまに北陸などの治験情報もあります。

また、健康成人を対象にしたもののほか、疾患者を対象にした治験も豊富にあるので、実際に病気を持っている人も治験に参加できる場合があります。

治験の詳細はこちら

ニューイング

特定非営利活動法人 ニューイングが運営しているニューイングです。

関東・関西のほか、北陸や福岡まで治験情報があります。

薬の治験から健康食品のモニターまで幅広く取り扱われてますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。