親テーマから子テーマへ、カスタマイズしたいページをコピーする方法【ロリポップサーバーの場合】

css_code

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

WordPressでブログを書いていると、最初の頃は記事を書くことに必死でも、時間をかけて育てた愛着あるサイトを自分用にカスタマイズしたくなってくる人って多いと思います。

かくいう僕もそんな一人。

アルバトロスという素晴らしいテーマを使っているにも関わらず、このブログも自分色に染めたくなり色々とカスタマイズを施しています。

カスタマイズする時に良く聞かれるのが、

  • カスタマイズにはバックアップを取っておく!
  • 親テーマではなく子テーマでカスタマイズする方が良い!

ということ。

バックアップを取っておくことは、万が一ミスった時に戻せるからということで意味は分かりますが、親テーマじゃなく子テーマでカスタマイズをした方がいいということには、いまいちピンときませんでした。

今回は子テーマでカスタマイズした方が良いこととともに、カスタマイズしたいページが親テーマにしかない場合、そのぺージを子テーマにコピーする方法を備忘録として残しておきたいと思います。

僕が使っているロリポップサーバーの場合限定です。ちなみにFTPサーバーでやる方法はここでは記載していません。

スポンサーリンク

子テーマでカスタマイズした方が良い理由

子テーマでカスタマイズした方が良い理由については、ここではさっくりとだけ述べておきます。それは、

親テーマがアップデートされても、子テーマで行ったカスタマイズは残るから

理由はこれに尽きます。

頻繁に更新しているテーマであれば、数ヶ月に一回ぐらいでアップデートがあったりします。

親テーマをカスタマイズしていた場合、せっかく頑張ってカスタマイズしたものをあざ笑うかのように、全て消されてアップデートが行われるんです。

ということは、アップデートともにカスタマイズしてブログ内で表示していたものも、崩れた表示になることがあるわけです。

子テーマでカスタマイズしておけば、親テーマがアップデートされてもカスタマイズしたものは残るんです。

それが一番の理由です。

さらに詳しい説明はこちらの記事(WordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方など) / 寝ログに詳しく書かれているので、ぜひ一度読まれることをおすすめします。

ちなみに、親テーマが大幅アップデートによってコードも大きく変更になった場合、それまでカスタマイズしていたものが残っていても機能しない場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク

親テーマにあるカスタマイズしたいページを子テーマにコピーする方法

先程の寝ログには自分が使っているテーマが親テーマしかない場合に、子テーマを作る方法を説明してくれています。

もし子テーマがないテーマを利用している場合は、子テーマを作っていただくとして、ここではすでに子テーマが付随されており、子テーマを採用している場合の方法として説明したいと思います。

手順1.ロリポップのFTPサーバーにログインする

まずはロリポップにログインし、その中のFTPサーバーにログインします。

▼こちらからlolipop_server2

ロリポップのサイドバーの【WEBツール】にカーソルを合わせ、【ロリポップ!FTP】をクリックします。

すると、こんな風にFTPサーバーにログインが出来ます。

▼FTPサーバーlolipop_ftp2

サーバー内で複数サイトを運営していれば、複数のフォルダがありますが、これがログインして出てくる最初のページです。

手順2.必要なページをコピーする

今回はテーマ【Simplicity】から、【list.php】というページをちょうどカスタマイズしたいことがあったので、そのページをコピーしたいという場合を例にしてみます。

この【list.php】は親テーマにしかないページなので、FTPサーバーでまずは子ページへコピーすることになるわけです。

選択する順番は以下の通り。

データが入っているフォルダ⇒wp-content⇒theme⇒Simplicity2の順番です。

wp-contentをクリックwp-content

▲この中にプラグインやテーマの情報が入っています。

themeをクリックtheme

▲WordPressに取り込んだテーマの情報が入っています。

Simplicity2をクリックSimplicity2

▲まずはコピー元の選択となっているので、親テーマである【Simplicity2】をクリックします。

▼自分がコピーしたいものにチェックを付ける(今回はlist.phplist.php

今回はlist.phpを選択してますが、自分がカスタマイズしたいページのものにチェックを付ければどれでもコピーは可能です。

▼一番下部までスクロールして「コピーする」をクリックs-ftp+++++2

これでまずは親テーマにしかなかったページがコピーされました。

手順3.コピーしたページを子テーマに貼り付ける

「コピーする」をクリックすると、次にコピー先のフォルダを選択するように促されます。

この時に子テーマである【Simplicity2-child】というフォルダを選択してあげればコピーができるんです。

▼コピー先のフォルダがどこか?と聞かれるので選択するftp

  1. 【+】を押して、【Simplicity-child】までフォルダを開いていきます。
  2. 該当のフォルダの左側にあるラジオボタンにチェックを付ける
  3. 「このフォルダへコピーする」をクリックしてコピーする

これで、親テーマにしかなかった【list.php】が子テーマにもコピーされたことになります。

手順4.Word Pressの管理画面で反映されているか確認する

最後に、実際にWord Pressでもコピーされているかを確認します。

まずはWord Pressの管理画面にログインして、左のサイドバーから「外観」⇒「テーマの編集」を選択します。

すると、右のサイドバーに色々と「スタイルシート(style.css)」や「テーマのための関数(function.php)」といったものが書かれていると思います。

その中にlist.phpが追加されていれば、ちゃんとコピーされていることになります。

▼list.phpが追加されているlist.php

もしカスタマイズしたいページ(CSSを記述したいページ)が親テーマにしかない場合は、こうやって子テーマにコピーしてから記述するようにすれば良いというわけですね。

親テーマから子テーマへコピーする方法 / まとめ

最初の頃は子テーマでカスタマイズした方が良い!と言われても、「いや、そのページは親テーマにしかないんだけど…」というようなことが良くありました。

最近カスタマイズのために色んな人のブログを徘徊しまくって、自分なりに少しずつでも分かるようになってきた気がします。

まだまだカスタマイズに関しては初心者の域を出ないかもしれませんが、参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。