人の価値観は変わる。僕がブログを書く理由も変わっていく。それでも続けていくことが大事

road

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

気付けばこのブログも投稿した記事が400記事を超えました。(記事執筆時点で)

僕の記事は基本的に超長いので、恐らく1記事の平均文字数を出すと3,000文字はくだらないんじゃないかと思います。(多分)

ということは、400記事 × 3,000文字 = 120万字という計算になります。

ブログを運営している期間が1年数ヶ月なので、その間に120万字もの言葉を発信し続けていることになるわけです。

標準的な文庫本の小説一冊でも約10万~12万字と言われているぐらいなので、120万字は結構な文字数ですよね。

このブログを書いている今、世間はお盆休みと言われる期間なので、海外にバカンスに行ったり実家に帰省したりと遊びに夢中の人たちがたくさんいますね。

僕も遊びに行きたいなと思うことはゼロではありませんが、でもどちらかというと部屋にこもってブログを書くことが何よりの楽しみでもあるので、どこかに出かけられなくてもまったく苦になることはありません。

人が遊びに出掛けている時にこそ、せっせと読まれるブログにするための種まきをすることで、数か月後のブログは大きく芽を出し成長していきます。

だから僕は遊びもしたいけどせっせとブログを書き続けているんです。

ブログを始めた頃はこんな風に思えなかったかもしれません。

人の価値観が変わっていくように、僕がブログを書く理由もどんどん変わっていきます。

最初に言っていたことと全然違うかったとしても、ブログを続けていくということがブレなければ、人として道を外すことをしていなければ、それでいいと思っています。

大事なのはとにかく続けていくこと

今回は、ブログを書くことに悩んでいる人や書いてても読まれないと嘆いている人、さらには1万PVや10万PVってほんまにいけるの?と思ってる人にとっては勇気の出る話しをしたいと思います。

これだけ迷っても色々変化しても、続けることさえ出来れば読まれるブログへと変貌していけるということをお話しします。

スポンサーリンク

ブログを始めるキッカケは何でも良いと思う

start

そんな偉そうなことを言っている僕も、最初はお金を稼ぎたいLove Wife Lifeを世の中に広めたい!、なんて意気込んでブログを始めました。

もちろん始めるからには読まれるブログにしたい!という想いも。

その中でもキッカケとしては、お金を稼ぎたいが一番のウェートを占めていました。

多分9割以上の人(勝手な推測だけど)は、お金が稼げたら良いなと思ってブログを始めると思ってます。

それが独自ドメインだ、ワードプレスだと言って始めているならなおさらです。

始める前に色んな人のブログを読んでいると、「ブログを書くときにはテーマを決めた方が良い」と書かれているのをたくさん目にしていました。

コロコロ変わるテーマは微妙だし、世の中からなくなるかもしれないテーマも微妙、だったら日本でみても世界で見ても普遍的なテーマが良いなということで、夫婦関係はこの世から絶対なくならない!という考えにいきつき、このLove Wife Lifeは始まりました。

夫婦関係がうまく行くことは本当に大切なことだと思っているし、人のために生きるというと聞こえはいいですが、自分のことばっかりを優先する考え方から譲り合って相手の事を想って生きる、こんな考え方が広まっていくと素敵だなと思ってブログで発信しているのは事実です。

お金を稼げたら良いながキッカケでブログを始めたのは確かでも、お金のためだけにブログを書き続けているわけじゃないのも確かです。

でも綺麗ごとだけではやっていけなくて、やっぱり今でもブログを軸にお金を稼ぐ手段を作っていけたら良いなと常に考えています。

こんな風にブログを書く理由なんて、色んな人と出会って色んな思いを知って変わっていくもの。だからブログを始めるキッカケなんて人としてずれていなければ、お金でもビジネスのためでも何でもいいんです。

ただ変わっていないのは、継続して書くという気持ちだけでした。

スポンサーリンク

スタイルだってメチャクチャ変わる!

最初は自分が書いた記事が読まれるようになりたい!だからブログを書く!という気持ちが先行してブログを書いている自分がいました。

ちなみに結果だけを話すと、半年(2015年4月~2015年9月)が経った時でも1日のPVは100もいかないし、半年間を全て合わせて稼げたお金は今の1日分にも満たないレベルでした。

自分が書きたいと思わない記事は一切書きません。だから書けば恐らく読まれるようになるんじゃないか?と思える記事でも、あんまり気持ちが乗らない内容のものは記事にしませんでした。

でも、自分が気になること、絶対書きたい、誰かに伝えたい、そう思える内容のことは何時間かけても何日かけても記事にしてきました。

最近は自分の中で記事のリライトがマイブームです。1年前に書いた記事を、1年間記事を書き続けた自分が見直して修正していく作業をしています。

僕は2015年の6月に副鼻腔炎の手術をしたので、その術後の経過をブログにリアルタイムに発信してきました。

ということは、手術をした6月頃から毎月のように病院に行くたびに経過報告をし、ちょうど2ヶ月ぐらい前にほぼ完治という結果を得られるまで何度も書きました。と言っても10記事ぐらいですけど。

そして最近その10数記事のリライトを行ないました。

気付いたことは、驚く程に自分の記事を書く技術が上がっていたことです。

手術後すぐに書いた記事(1年前)と比べると、今年に入って書いた記事の方が格段に読みやすいし文章構成が分かりやすくなっていたんです。

記事を書いていた時々のブームがあって、四角で囲ってみたり色を変えてみたり会話調の形式が増えたり、試行錯誤して試しながらやっているので、1年前に書いていたスタイルと今のスタイルでは記事の書き方は劇的に変わっています。

変わらなかったのは、ウソを書かないことだけです。

どんなに書くスタイルが変わっても手法が変わっても、自分の作品であるブログ記事の中でウソを書くことだけは絶対にしないと心に決めて書き続けました。

変わっていった自分の想い

lake

最初の方で書いたように、お金が稼げたらいいながほぼ全てのキッカケでブログを書き始めました。

もちろん今もお金は稼げた方が良いと思っているし、もっとPVも上昇してもっと広告収入なんかも増えたらいいなと思っています。

これは記事を更新し続けることの一つの理由でもあります。お金を稼がないと生きていけませんから。

でも、それが今はメインではないなとも感じているんです。

約4ヶ月前、一つのセミナーに参加しました。

この時の記事では、ブログを始めた頃の苦悩や覚醒した時の想いなどをぶちまけています。

そしてこの頃からもまた一つ、違う想いが出てきているんです。

夫婦愛や家族、そういったテーマはこれからも出会う人には自分の想いをたくさん伝えていきたいし、月に何度でも書ける時には記事にしていこうと思っているものの、これでお金を取るビジネスは僕には向かないと感じたんです。

これがここ数ヶ月で一番変わったところかもしれません。

お金を頂くからこそ価値を提供できるだとか、無料でやるとヤル気のない人たちが集まるだとか冷やかしの人たちが集まるだとか言われますが、僕自身がビジネスとしてやっていくものではないと感じているので、お金を取ってやるべきことじゃないと思っています。

でもその代わりにやっていきたいことは出来ました。

僕が推奨したい「夫婦会」

lover

ここからはちょっと脱線して僕の考え方の話し。

女子会って数年前から流行り出して飲み会の一つの代名詞みたいになってますよね。

たま~に男子会なんて言葉も聞いたりしますが。

でも、「夫婦会」という言葉は誰も聞いたことないと思いませんか?そもそもそんな言葉はないと思うので、僕が作った事にします。w

簡単に言ってしまえばデートになるんでしょうが、夫婦2人だけの時間をちゃんと作り、夫婦の会話をするという意味で「夫婦会」というものを推奨したいと思っているんです。

最近、妻と一緒に食べに行ったお店のレポートや、妻と一緒に出掛けた場所の記事をたくさん書いています。

実はこれは、自分の中である検証を行うために書いている記事でもあったりします。

話しがどんどん逸れていくような…まぁ続けます!

ニッチな情報でキュレーションサイトに勝つ!

一つはPVを底上げしたいからという理由。

もしこのブログの書き方で少しずつでも順位が上がっていけば、この手法で過去の記事もたくさんリライトしていこうと思っています。

キュレーションサイトじゃ追いきれない(知る事が出来ない)ニッチな情報を織り込んだ記事を書くことで、超大型キーワードではキュレーションサイトに勝てなくてもニッチな複合キーワードと呼ばれるもので勝っていく戦法です。

全く的外れで終わるかもしれませんが…。

キュレーションサイトはほんの入口にしてもらって、詳しく調べるのは僕のブログで、という流れが作れたらいいなとか考えてます。

夫婦会として夫婦の会話がたくさん出来るキッカケになる場所を紹介する!

夫婦で外にご飯を食べに行けば、おのずと2人の会話になりますよね。

もし外食先の料理が美味しくなかったとしたら…弾むはずの会話が弾みにくくなるかもしれません。

ウソを付いて記事にするのはイヤなので、自分が食べに出掛けて美味しくなかったお店のことは記事にはしていません。

逆に外食した料理が美味しかったら、やっぱり気分も嬉しいし楽しいですよね。そこからさらに夫婦の会話も弾んでいくかもしれません。

そんなお店をたくさん紹介したいと思っているので、グルメレポートとして行った先のお店の紹介はたくさんしています。

そしてもう一つ。

僕が出かける先で紹介したいのは、夫婦の会話がたくさん出来る場所

梅田のデートスポットを紹介するのも良いですが、ハイキングや散歩のように二人で歩いたり、素敵な景色を見ながら二人でのんびりボーっと出来たり、そういう場所を紹介したいんです。

最近で行った伏見稲荷大社も箕面の滝も、先日行ったそのだ園地も、たくさん歩きますがその分二人で会話する時間がたくさんありました。

僕たち夫婦はいつも一緒と言われますが、こんな時には小学校の頃の笑い話しや恥ずかしい話、中学校の淡い思い出とか高校の頃の頑張ったこととか、とにかくいっぱいいっぱい話します。

ポケモンGOをしていない限り、歩いている時にスマホの画面を見ながらずっと歩くなんてことはないはずなので、こういう場所に出掛ければおのずと2人の会話の時間がたくさん出来ます。

ずっと一緒に同じ家で生活してても、子供の頃にあった出来事や面白かった事、お互いのことを知るにはまだまだ時間が足りないと思いませんか?

そして毎日忙しい生活をしている中で、どれだけそんな会話が出来るでしょうか?

僕が紹介するデートスポットや旅行先は、そんな時間を作ることが出来る場所でありたいという想いがあるんです

だから僕は妻と一緒に出掛けたご飯屋さんも、妻と遊びに行った場所も細かくレポートして記事にしているんです。

と言っても単におすすめだからという理由で書いている記事もたくさんありますけどね!

どれだけ悩んでも迷っても、手を動かすことだけはやめないこと!

ちょっと脱線しちゃいましたが、僕がブログを続けていく中で、今までに色々悩んでブログを書くスタイルが変わったり考え方が変わっていることは何となく伝わったんじゃないかと思います。

でもその中でも何一つ軸として変わらなかったことは、ウソの記事は書かずに想いを込めて継続して記事を更新することです。

正直変わっていないのはそれぐらいしかないかもしれません。

ブログを始めようと思った時に情報を調べてみると、ネット界隈で騒がれているほんの1%以下のスーパースターの人たちの情報が目立ちます。数ヶ月で何十万PV達成!だとか、半年で月収100万円!だとか。

その情報に目を輝かせていざ自分もやってみようと思っても、99%以上の人はそんな簡単にすぐに何十万PVも100万円もいかないでしょう。

僕と同じような結果をたどる人の方が断然多いはずです。

僕の場合であれば、今までにブログを書くために費やした時間を時給1,000円で換算すると、1年間で100万円以上の給料になっているはずです。

それなのに1年間でブログで稼げたのってその1/10ぐらいです。費やした時間は同じなのに、お金だけで見るとそんなものです。

それでも僕は記事を書くことを辞めませんでした。

それは記事を書くことが楽しかったからというのも理由の一つだし、ブログ自体が趣味になっているからというのも理由の一つ。

でも一番の理由は、生き方がどんどん変わっていったからだと思っています。

自分の想いを整理して文章にして誰かに伝える

こうすることでたくさんの物事を俯瞰的に見ることが出来、頭の中を整理することにも役立ちます。

そして自分の価値観はどんどん変わっていき、生き方が変わっていきました。

結果として、自分の生き方が良い方向に変わっていっていると実感できるようにもなりました。

これがブログを辞めなかった一番の理由です。

どれだけ迷っても考え方が変わっても、ブログを書くという道は歩みを止めずにひたすら歩き続けました。

道に迷っても寄り道をすることがあっても休憩することがあっても、ドロップアウトだけはしませんでした。

それが今になって少しずつ大きくなり始めたんです。

2015年4月にブログを始めて1年後にあたる2016年3月までの1年間のPV数と、直近である2016年7月の1ヶ月間のPV数を比べてみると、今の1ヶ月間の方が多いんです。

去年1年間の合計PV数よりも、現在の1ヶ月のPVの方が多いって、冷静に考えてみるとものすごいことですよね。

これが継続の力なんだと改めて実感できています。

人の価値観が変わるように、自分の考え方や手法はどんどん変わっていく。でも、走れなくても休憩してもいいから、まずは歩き続けることが大事です

僕自身の今が「夫婦会を推奨していきたい!」という一つの型が出来始めたように、歩き続けているといつの間にか自分なりの道が見つかると思います。

それまで歩き続けられるかどうかだけなんでしょうね、ブログがうまくいくかどうかって。

どこかの誰かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。