楽天モバイルでiPhoneを使うために、ヤフオクでDoCoMoのiPhoneを落札しソフトバンクのiPhoneを出品した話

長年携帯はソフトバンクを利用していましたが、2年縛りの契約が切れたことをキッカケに、格安SIMである楽天モバイルへの乗り換えを実施しました。

乗り換えと聞くとただ申込すればいいだけだと思いそうになりますが、当時使っていた端末がiPhone6だったため、そのままではソフトバンクから楽天モバイルに移行することが出来なかったんです。

ソフトバンクで購入したiPhone6では、格安SIMとして利用するために必要な作業であるSIMロック解除が出来ない端末に指定されていたからです。

iPhoneを利用している人は、携帯の会社が変わったとしても今までと同じように使うスマホはiPhoneが良いという人が多いと思います。

ソフトバンクユーザーでありつつ、使っている端末がiPhone6やそれ以前のiPhoneを利用している人で、格安SIMに乗り換えもしたいしiPhoneを使っていたいという場合、新しく格安SIM会社で利用できるiPhoneを準備する以外に方法はありません。

そのため、ヤフオクでDoCoMoのiPhoneを落札し、今まで使っていたソフトバンクのiPhoneを出品するという作業を行いました。

ソフトバンクでiPhone6を利用していながらも楽天モバイル(格安SIM)に移行したいという人は、ヤフオクでうまく売買すればあまりお金をかけずに乗り換えが出来るかもしれませんよ!

ソフトバンクのiPhone6でも、非公式ではあるもののSIMロックを解除する方法は存在します。(SIM下駄と呼ばれていたりします)

その為のツールも1,000円ちょっとで購入できるので、それでSIMロック解除が出来るなら安い買い物だ!と思えますが、個人的には確実性があるわけじゃないようなので、ここではおすすめしていません。

Amazonなどで売っています⇒SIMロック解除アダプタ

スポンサーリンク

ヤフオクでDoCoMoキャリアのiPhone6をゲット!

yafuoku

僕が選んだ格安SIM会社は楽天モバイル です。

楽天モバイルはDoCoMo回線の格安SIMなので、必要なのはSIMフリーかDoCoMoキャリアのiPhoneとなります。

実際に出品されているページを見てみると一目瞭然ですが、DoCoMoよりもSIMフリーのiPhoneの方がやっぱり高いです。

なので、今回はDoCoMoキャリアのiPhoneに絞って検索しました。

▼ある日のiPhoneのヤフオク出品画面

s-auction-yahoo

上記写真は値段がかなり高くなってますが、iPhone6だけではなくiPhone6sの出品も混ざっているからです。

僕がざっくり見た限りでは、どこかのショップや中古販売店で購入するよりも、ヤフオクで購入する方がいくばくかは安い値段が付いていることの方が多く感じました。

最終的には20,000円台後半で、iPhone6の128GBのスペースグレイをGETしました。

▼これが実際に落札して楽天モバイルとして使用しているiPhones-IMG_0729

ちなみに落札したものはiPhone現物のみで、箱や充電器、イヤホンなどは付属していません。

スポンサーリンク

今まで使っていたソフトバンクのiPhoneを出品!

s-IMG_6205

ドコモのiPhoneを手に入れたことで、不要になった今まで利用していたソフトバンクのiPhoneを出品しました。

iPhoneは写真の撮り方がうまいからと言って入札に影響するとはあまり思いませんが(個人的には)、綺麗に映るように一眼レフで撮ったものをアップしました。

出品時のその一枚が上記写真です。

僕が出品した時に付属させたものは、箱一式とSIM取り出し用のピンだけです。

イヤホンや充電器は自分が使っているので付属させませんでした。

それでも、最終的には20,000円を越える額で落札してくれました。

約5,000円、落札の値段の方が高くなったけど満足

落札も出品も同じ額で売買が出来れば良かったものの、5,000円ぐらい落札の方が高くついてしまいました。

ざっくり言うと、落札出来たのは20,000円台後半で、出品して値が付いたのは20,000円ちょいと言った感じの差です。

この価格差をどう考えるかは個人の問題ですが、僕的にはかなり満足です。

s-IMG_6217

その理由は以下の通り。

非公式(SIM下駄など)でSIMロック解除を行った場合、価格は1,000円と少しで済みます。

でも、不具合が出る恐れがゼロではありませんし、後々電波の受信状況に影響する等の恐れが出るかもしれません。

うまくいけばいいですが、万が一うまくいかなければ…といった不安が常に付きまといます。

さらに、解除するための設定についても、解説されているブログをしっかり見ないと出来ないなと思いました。

 

一方、ヤフオクでドコモのiPhoneを落札してソフトバンクのiPhoneを出品して売った場合、価格差約5,000円で同じiPhoneを手に入れたわけです。

今回の場合は、容量が64GBのiPhoneだったのが128GBになってグレードアップもしています。

それでいて5,000円を払ったのみ。

さらに、ドコモのiPhoneなので、繋がらない・不具合があるといった恐れは皆無なわけです。

そう考えると、5,000円を払うことにはなったものの、確実性と安心性を手に入れられたと考えれば悪い買い物じゃなかったと思えるわけです。

もし中古のiPhoneを購入するなら、ネットワーク利用制限が〇、アクティベーションロックがオフの端末を購入すること!

ヤフオクだけじゃなく、メルカリでも実際の店舗でも、中古のiPhoneを購入する時は、確実にネットワーク利用制限が〇でアクティベーションロックがオフのものを選ぶべきです。

ネットワーク利用制限には、〇・△・×の3種類があります。(さらに「-」というのもあります)

ネットワーク利用制限が△の場合、それはまだ端末本体の料金の支払いが終わっていないことを意味しています。

ということは、端末の販売者(言い換えれば端末代を支払っている人)は端末本体は手元にないのに、端末代だけは支払い続けているということです。

もしその支払者が端末代金の支払いを踏み倒したなどが起こった時…自分が持っているiPhoneが突然使えなくなる!なんてことが起こるかもしれないわけです。

支払者が不手際を起こさない限りは何も問題なく使い続けられるとも言えますが。

とは言え、第三者の状況によって利用出来る出来ないが変化するのはイヤですよね。

なので、〇のものを選んでおくと安心だというわけです。

ちなみに、〇の場合は端末の支払は終わっていることを意味しているので、△の時のような心配はありません。

network

とは言っても、未来永劫100%何があっても大丈夫じゃないこともあるようなので、その辺りは理解した上で購入が必要です。

あくまで例えばの話しですが、ヤフオクで端末を販売した人がいました。

それから数ヶ月後、その販売者が「スマホが盗難(紛失)に合ったから」みたいなことを携帯会社に言ったとします。

連絡を受けた携帯会社は、即座に該当の携帯電話を利用不可にするわけです。

(これでネットワーク利用制限は「×」になるはず)

そしてその時に、販売者が紛失時に保証してくれるようなプランに入っていたら…新しい端末がもらえたり安い金額で購入出来たりがあるかもしれません。

といった悪用がゼロではないかもしれないというのです。

安く購入しやすいヤフオクですが、そういったことも理解した上で判断していく必要があるわけです。

ほぼないと思いますが…。

また、×の場合はすでに何かしらの不手際(支払滞納等)があり、すでに利用が制限されている端末です。(盗難などの場合で申告されていても×になっているはずです)

現在では中古市場に×が出てくることはほとんどないと思いますが、一応注意しておいてください。

もはや×の端末で普通に電話をかけたり出たりといった使い方は出来なくなりますので。

さらに「ー」と表示される場合もあります。

network-s

これは実際に僕が経験した端末の話しです。

今回じゃない時に、過去にヤフオクでiPhoneを購入したことがあるのですが、その購入時にはネットワーク利用制限は「〇」になっていたはずなのに、いつの間にか判定が「ー」になっていたんです。

通常「ー」判定は、購入後に修理を出した場合、最初に購入した時とはIMEI番号が変わるから、最初に購入した携帯会社では番号の識別が出来ない等々が言われています。

でも今回のケースになっていても、iPhoneは問題なく利用出来ていましたし何もトラブルはなかったものの、いつの間にか「〇」判定が「-」判定に変わっていたという事例です。

いまだに原因は良く分かってません。が、心配だったら「-」も避けておけば無難だということですね。

アクティベーションロックがオフになっているかも注意!

ネットワーク利用制限だけじゃなく、アクティベーションロックがオフになっているかも大事です。

端末を中古で売る時には、アクティベーションロックをオフにしておくのは鉄則なのですが、販売者が忘れてオンのままの場合があるわけです。

iPhoneを手にした時は自分用にするために初期化が必要になります。

これがオフになっていれば何も問題なく初期化が出来ますが、アクティベーションロックがオンになった状態で初期化の際には、Apple IDやパスワードが求められる仕様になっています。

ここで言うIDとパスワードとは、前所有者のApple IDとパスワードのことです。

オフにしていなかった前使用者(販売者)が悪いのは確かなのですが、もし万が一このパスワードが解明できなければ…そのiPhoneは使えないというわけです。

iPhoneを使う上で、Apple IDとパスワードはかなり重要なわけなので、アクティベーションロックがオフになっているものを選ぶようにしましょう。

ヤフオクで落札して出品して格安SIMに移行するのは良いかもしれない / まとめ

三大キャリア(DoCoMo・au・Softbank)から格安SIMに乗り換えすれば、月々の料金が安くなるのは周知の事実になりつつあります。

ですが、全てお任せでやってくれるわけじゃないし、自分で手続きしないといけないことがあるのも確かです。

そういう意味では、わずらわしい手続きがない分、高い携帯料金でもソフトバンクでいる方が良いと考える人もいるでしょう。

と考えるならば、例え格安SIMに移行出来ない(公式にはSIMロック解除が出来ない)ソフトバンクのiPhone6であっても、求めている人はいるし需要があるはずです。

そう考えている人に譲るというと聞こえがいいですが、そういうつもりで僕はDoCoMoのiPhoneを落札し、ソフトバンクのiPhoneを出品しました。

慣れてなければ少しは手こずるかもしれませんが、最終的に僕は楽天モバイルに移行してかなり良かったと思っているので、同じような境遇の人にはおすすめの方法と言えるかもしれません。

検討している人は、ぜひ頑張ってやってみて下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされますのでご注意ください。(スパム対策)