副鼻腔炎の手術から4ヶ月。もう何も気にしない日々が続いていて、経過は良好!

s-IMG_4444

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

2015年6月に副鼻腔炎の手術を行ってから4ヶ月が経過しました。

前回の診察からは約2ヶ月が過ぎ、現在の経過状況を見てもらいに細田耳鼻科に行ってきましたので、現在の術後の状況を報告したいと思います。

もちろん経過は良好で快適な日々を過ごせています!

スポンサーリンク

カメラで鼻腔の確認から

lens

まずは今までと同様に、診察台に座って麻酔をしみ込ませたガーゼを鼻の中に入れます。それからは麻酔が効くまでの20分ぐらいは中待合で待つことに。

名前を呼ばれて次は寝る診察台に寝ころびます。そして前回同様に鼻の穴にカメラを挿入し鼻腔の確認をしました。

まずは何度も腫れたりしている左の鼻から。

「上のモニター見れますか?」と先生に言われ、恐る恐る目を開き確認すると、前回以上に綺麗になっているように感じられ、「ここが前頭洞ね~きれいに通ってますよ~」と言われました。

そのまますぐに右の鼻の中も見ましたが、以前から右の鼻は綺麗になっているとのことだったので変わらず綺麗ままで大丈夫でした。

処置は2分ぐらいで終了し、経過は良好と確認されました。

スポンサーリンク

次の診察は半年後

calendar

手術後数週間の頃は、自分の不摂生や激務で睡眠時間が取れなかった事が起因して、何度か再発したように頭痛がひどかったりすることがありました。

その頃は頻繁に病院に通っていましたが、前回の通院からは約2ヶ月後の診察だったのが今回であり、次の診察は6ヶ月後の来年4月となりました。

こうやって術後の経過に問題がなければ、頻繁に行く必要がないところも手術をして良かったと思える点ですね。

東京から診察に来ている人がいたことに少しの驚きと多くの納得

たまたまでしたが、麻酔ガーゼが効くまでに中待合で待っていた時に看護師さんと患者さんが話している声が聞こえてきました。

詳しくは聞かないようにしましたが、手術を考えている患者さんのようで、「でも東京に住んでいるから休みがなかなか取れず…」というような話しをされているのが聞こえてきました。

わざわざ東京から細田耳鼻科に来ているんだなと思うと少しの驚きがあったものの、副鼻腔炎や鼻炎、花粉症などそういった症状で悩んでるんだったら、藁にもすがる思いで大阪に来てでもこの病院で診察を受けたくなるなという気持ちに納得してしまいました。

僕が手術を受けた病院で、ホントにおすすめの細田耳鼻科です。

ハナクリーンSは継続すること!

手術後ガーゼがとれた数日後から4ヶ月経った今まで、ずっとハナクリーンSは継続して行ってきました。

ハナクリーンSとはこんなものです。Amazonや楽天でも売っているのでいつでも購入できます。

これは今後も続けるように言われています。

もはや完全に習慣化されてるので特に面倒くさいとかはありませんが、これは絶対やらないといけないのか?と聞かれてもそれは分かりません。

逆にこのハナクリーンをやめてしまうと悪化するのか?と聞かれても、それも正直分かりません。

でももうこれ以上再発したり悪化したりはしたくないので、僕はちゃんと継続して行うというだけです。

実際ハナクリーンをした後はスッキリしますしね!

副鼻腔炎の手術後4ヶ月が経過、その術後の経過と状況 / まとめ

前回の診察からの2ヶ月間も特に頭が痛くなることもなく平和に過ごせていたので、特に問題はないだろうと思っていましたが、改めて診察を受けて経過が良好と聞けてホッとしました。

このまま問題がなければ、恐らく今後も問題ないだろうと思っていますが、先ほども書いたようにハナクリーンSだけは忘れずに継続したいと思います。

風邪をひいたりすると、直接鼻に関わってきて違和感が出る可能性があるとだけ言われているので、今年の冬は風邪をひかないように健康に留意していきます。

手術をしてから後遺症が残るんじゃないか?

手術をして声が変わってしまうんじゃないか?

手術をしてから…と、後のことに悩んでしまう人は多いと思います。

手術後に一度再発とは言わないまでも、不摂生がたたって頭痛が再発してしまった僕でさえも、結果的に今は問題なく健康に過ごせているという事だけは自信を持って言いたいと思います。

こういった記事を読んで、副鼻腔炎に悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。