新大阪・大阪から行く高野山への行き方・アクセスについて! 特急やお得チケットは使った方がお得なのか?

s-高野山

どうもNon太(@LoveWifeLives)です。

気付けば紅葉シーズン。どんどんと葉っぱが色づいてきました。

平成27年(2015年)の高野山は開創1,200年という節目の年にあたるらしく、大々的に取り上げられていますね。

そんな和歌山県にある高野山へデートでぶらりと行くことにしたので、高野山への行き方や観光名所のまわり方なども含め、事前調べをすることにしました。

まずは新大阪・大阪からの高野山への行き方について、調べたことをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

高野山への行き方

今回は自分が住んでいる近くの駅となる新大阪駅を起点として考えたいと思います。

高野山駅までは特急や普通など色々と行く方法はあるようです。

電車で行く場合、高野山に行くには南海電車に乗車しないといけないのですが、南海電車の発着駅は南海難波駅として考えます。

南海新今宮駅を使う方法もありますが、難波駅からは1駅で料金も変わらないので、利便性を考えて難波駅を起点にすることにしました。

さらには時間と料金の目安もあります。あまりに電車に乗っている時間が長い代わりに安いものよりも、少し割高でも早く着いた方が現地で楽しめるし、といったことも踏まえて考えました。

さらに、出発時間が遅めだと現地で楽しむ時間が少なくなるので、日帰りであることを前提に朝早くからの行動と、高野山駅へは10:00までに到着することをベースにしたいと思います。

まとめると、

  • 出発地点は新大阪駅
  • 南海電車の起点は難波駅
  • 日帰り旅行/デートとして楽しめる移動行程に
  • 高野山駅には10:00までに到着

としてまずは行き方を調べます。

南海電車のことについて

高野山までの行き方を調べる前に、南海電車の路線図や時刻表、特急電車についても調べておきます。その方が予備知識も合って移動がスムーズになるだろうということからです。

▼難波~高野山の路線図

高野山へと行くには、難波駅~極楽橋駅までは南海電鉄で、極楽橋駅~高野山駅まではケーブルで向かうことになります。

▼高野線・難波駅発の時刻表

<平日>

<土日>

※画像下部の文字をリンクすることで、大きい時刻表の掲載ページに移動します。

平日と週末じゃ出発時間帯に変動があるようですが、週末は大いに混むことが想定されるので僕らは平日で行くことを予定しています。

▼特急こうや・特急りんかん

南海電車のHPから一部抜粋

南海電車のHPから一部抜粋

特急こうやなんば駅~極楽橋駅までの特急で、特急りんかんになるとなんば駅~橋本駅までしか行かないので、極楽橋駅まで行くには乗換が必要になるということですね。その分、特急りんかんの方が特急料金も270円安くなるみたいですけど。

では、そんな予備知識を入れたところで、高野山までの行き方を調べたいと思います。

新大阪駅からの高野山への行き方①~特急を使う場合~

南海難波駅から特急を使った場合の行き方ですね。

10:00到着を目指すとすると…9:10着になってしまう…!

▼この乗換です。しかも極楽橋までの特急じゃなくて、橋本で乗換が必要になるし…2015-10-27_10h37_40

 

もし10:00着の規定を破ると…10:30着になってしまう…!2015-10-27_10h43_01

特急を使うと僕が目指す10:00着よりもかなり早いかかなり遅いかの、どちらかの到着しか出来なくなることが分かりました。

朝は7:11発の電車…なかなか早いです。移動時間も約2時間で行けるという事ですね。

新大阪発の高野山までの電車料金は、特急りんかん(橋本駅までしか行かない特急)で行くと2,050円、特急こうや(極楽橋駅まで行く特急)の場合は2,320円となります。

これで片道ですからね。夫婦2人で往復となると8,000~9,000円になると思うと、なかなかな値段ですね。

次は特急を使わない場合の行き方です。

新大阪駅からの高野山への行き方②~特急を使わない場合~

南海難波駅からは特急を使わない場合の行き方です。

▼10:00までの到着を目指した場合は、こちらの行き方ですね。2015-10-27_11h07_52

朝は7:21発の電車です。移動時間が2時間15分と特急りんかんを使った場合と約15分しか変わりません。

それなのに電車料金は片道1,540円。夫婦2人の往復で見ても約6,000円なので、特急は使わない行き方の方が安い上にそこまで時間も変わらない、というのが僕の見解になりました。

お得チケットを使って行くことも可能!その種類について

高野山へと行くために南海電車が発売しているお得チケットが多数発売されています。

ここでは、その種類について事前調べの情報をご紹介したいと思います。

高野山・世界遺産きっぷ

南海電鉄のHPから一部抜粋

南海電鉄のHPから一部抜粋

やっぱりちゃんとありますね。

普通に行くよりは断然お得になるチケットと、100円ぐらいしか変わらないのに制約が多いチケット等の場合もあるので、そこはしっかり見極めないといけません。

この高野山・世界遺産きっぷの内容としては、

  • 電車割引往復乗車券
  • 高野山内バス2日フリー乗車券
  • 【特典】拝観料2割引サービス券(金剛峯寺・金堂・根本大塔・霊宝館)
  • 【特典】お土産1割引サービス券(珠数屋四郎兵衛・中本名玉堂・高野茶屋 和久)

がついています。

気になる料金は、なんば駅を発着として…2,860円!!もちろん往復です。ということは、片道1,430円となり断然こちらの方が安くなります!

しかも高野山内のバスのフリー乗車券付きですからね。普通に行くよりもかなりお得に行けると思います。

さらには拝観料2割引きのサービス券も付いているので、特急を使わずに電車で行く場合は絶対に購入した方がお得なチケットになってます!

発着の駅によって料金は少し変動するので、詳しくは南海電鉄のページをご覧ください。

高野山1dayチケット

シーズンによって名称は変わっているようです。

次に見つけたチケットが、高野山1dayチケット

難波駅~高野山駅までのチケットにプラスして、阪急・阪神・京阪・近鉄・地下鉄など、色々な電車とセットにした1dayチケットです。

「高野山・世界遺産きっぷ」との一番の違いは、高野山内のバスのフリー乗車券は付かないところです。

ちなみに、高野山内のバスのフリー乗車券を単体で購入すると830円もします。

なので、高野山でバスに乗ろうとしてる人は、高野山・世界遺産きっぷの方が良いかもしれませんし、自分の最寄り駅(阪急や阪神などの場合)によっては高野山1dayチケットの方が安くなるかもしれませんね。安く済ませたい人は、しっかり調べる必要がありそうです。

高野山1dayチケットの詳しい情報は、南海高野ほっと・ねっとが提供しているページや、高野山1dayチケットの発表ページをご覧ください。※このチケットは平成27年は11月30日までの発売となっています。

スポンサーリンク

高野山への行き方 / まとめ

高野山デートをするための事前調べとして、まずは行き方を調べてみました。

まとめてみると、

  • 新大阪(梅田)~難波までは地下鉄で向かう(280円)
  • 南海難波駅で「高野山・世界遺産きっぷ」を購入する(2,860円 / 往復)
  • 特急には乗車せずに高野山までは向かう(特急と15分ぐらいしか変わらない)
  • 高野山の移動にはバスを使う!(「高野山・世界遺産きっぷ」にバスのフリーパスが付いているから)

上記の方法が一番楽ちんに、しかもお得に行ける方法となりました。

もしお得チケットを買わずに、普通に電車で新大阪~高野山まで向かった場合の料金は、

1,540円(片道電車代) × 2人(僕と妻) × 2回(往復)=6,160円となります。

お得チケット「高野山・世界遺産きっぷ」を買った場合の料金は、

2,860円(往復の電車代) × 2人(僕と妻)=5,720円となります。

これに新大阪からなんばまでの地下鉄代が2人で560円なので、

5,720円 + 560円 = 6,280円

という結果になりました。

差額は120円で、金額だけを見ると「高野山・世界遺産きっぷ」を買わずに向かった方が安いと感じてしまいますが、この高野山・世界遺産きっぷには高野山内のバスのフリー乗車券が付いていることを忘れてはいけません。

高野山と一言で言ってもかなり広域になりますので、バスには絶対乗らない!という人は買う必要はないと思いますが、普通乗車より往復で120円払うだけでバスのフリー乗車券が付いてくることにお得感を感じられるなら、高野山・世界遺産きっぷは買って行くことをおすすめします。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。